2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

« 同じ名前 | トップページ | 日食 »

2009.07.21

映画「ウルトラミラクルラブストーリー」

石川では先週からシネモンドにて公開された「ウルトラミラクルラブストーリー」を見に行ってきました。


【注意】
以下、多少のネタバレはあります。
まあ、既に他県では公開から1ヶ月以上経ってはいますけどね。

うーん、何なんでしょうね、これ。
どうもよく判らないというか、何と言っていいのか判らない映画です。
タイトルには「ラブストーリー」とあるんですけど、ラブストーリーなのかどうかも判りません。陽人(松山ケンイチ)の一途な思いというところだけ見るとたしかにラブストーリーなんですけど。
しかし、心臓が止まっても生きているのに、撃たれると死んでしまうんですね(笑)。棺桶の中から蘇ってくるのかと思いましたが、ホントに死んでしまいました。
まあ、死なない話だと「鈍獣」になってしまうか。

かなめが出てくるシーンはかなりシュールで好きでした。
靴の話がもう少し広がるのかと思ったのですが、町子先生(麻生久美子)が気づいたところで終わってしまいましたね。それともあの靴のおかげで生きていたのでしょうか?
町子以外(かなめもですけど)のセリフが全て津軽弁というところも判りにくい部分ではあります。流れの中で意味は大体判るんですが、やはり何を言っているのか判らないところはありますしね。
ただ、津軽弁を使っていることによって出てくる雰囲気というのはありますので、全て標準語のセリフにしてしまうとだめなんでしょうけど。

ラストはやっぱり判りません。
いいも悪いも、意味が判らないので判断のしようが無いという感じです。
「えーっ!? 食われて終わり??」って思ってしまいました。
何かとても深いものが隠されていて、私がそれを理解できなかっただけなのかもしれませんけど。
あのとき町子先生には何が聞こえたんでしょう?

以上、ネタバレ部分終了。


キャストはすばらしいです。特に松山ケンイチが良かったですね。「人のセックスを笑うな」の時も上手いなとは思いましたが、今回の役はかなりぶっ飛んだところもありますし、スゴイの一言です。

見終わった後にすっきりとする映画ではないので誰にでも勧められるものではありませんが、不思議と引きつけられるところがりますので、興味がある人は見て損はないのではないかと思います。


町子先生と「両想い」になりたいなhappy01

« 同じ名前 | トップページ | 日食 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/39755/45697774

この記事へのトラックバック一覧です: 映画「ウルトラミラクルラブストーリー」:

« 同じ名前 | トップページ | 日食 »

にほんブログ村

Amazon.co.jp