2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

« かくれんぼ | トップページ | 青葉のカップ麺 »

2009.06.05

被害が広がっているビデオテープのカビ

リワインダー導入によりビデオテープの風通しを行っていると、外観からはカビが確認出来なかったテープからもカビの被害が見つかってきています。早送り/巻き戻しが出来ないテープがあるのです。

このリワインダーの巻き取りトルクはビデオデッキよりも弱いようで、デッキで早送り/巻き戻しや再生を行うとちゃんとリールが回るのですが、リワインダーではリールが回らずに止まってしまうのです。
こういったテープはとりあえずデッキで10秒ほど再生してテープを動かしてやることでリワインダーでもリールが回るようになります。どうやらカビのためテープが固着してしまっているようなのです。テープ表面に大きなカビが見つかったものもありました。
また、固着がひどいものになるとデッキで再生したときにテープが切れてしまいます。

このような状態になるテープというのはかなりカビがひどいものに限られてくるので、とりあえず外見からカビが見えていないテープの中にもカビが生えているものはかなりの数になりそうです。


また、リワインダーで問題となっていたテープがハウジング内に完全に戻っていない時があるという点について、どのようなテープが起きやすいのかは判らないものの、巻き取りトルクの弱さが多少影響しているのではないかと思えてきました。
巻き戻し後に取り出したテープを見てみると、巻きたるみの大きなものが多いのです。それがひどくなるとテープが外に出てしまうのではないかと考えています。
逃げとしては、巻き戻し完了後にテープを取り出す前に、リワインダーの蓋を押さえながらイジェクトボタンを押し、ロックが外れる程度にわずかに蓋を開けた後にもう一度蓋をロックするまで閉じます。そうすると巻きたるみを取るための機能が働いて巻きたるみを取ってくれます。
この操作を行ってからテープを取り出すようにしてからはテープが挟まれたことは一度もありません。ちょっと面倒ですが、これが一番簡単な方法だと思います。

« かくれんぼ | トップページ | 青葉のカップ麺 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/39755/45236806

この記事へのトラックバック一覧です: 被害が広がっているビデオテープのカビ:

« かくれんぼ | トップページ | 青葉のカップ麺 »

にほんブログ村

Amazon.co.jp