2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

« コンプライのイヤホンチップ | トップページ | 西部緑地公園の猫 »

2009.05.13

西部緑地公園のSLがお色直し

昨年7月に行ったときにはかなりひどい状態になっていた西部緑地公園のSLがきれいに塗装されていました。


Imgp35508


痛みのひどかったところは補修もされており、なくなっていた前照灯も復活しています。
スカートは新たに作成したもののようですが、カッティングシートだけは無いほうがいいと思うんですけど。
新しく運転席までの通路も作られているのですが、入り口は封鎖されていて「入らないで」と書いてあります。


Imgp35510


運転席へは入れないようにドアが設置されています。


Imgp35475


Imgp35473


何かイベントがあるような時だけ解放されると言うことなのかもしれませんね。
運転席内もきれいになっているようでしたので、できれば終日開放してもらえると嬉しいのですが。


Imgp35604


保存との両立は難しいと言うことなのかもしれませんね。


簡単な説明ですが、案内版も設置されていました。


Imgp35493


機関車そのものの運用経歴なども書かれているともっと良かったのですが、今までの何もない状態よりはずっと良くなっています。


動輪もきれいに磨かれています。


Dscf7258


しかし、左側の動輪は黒く塗装されていています。


Dscf7248


右側は連結棒も未塗装のようですし、ひょっとしたらまだ作業の途中なのかもしれません。


今回、いろんなパーツに車両番号の刻印があるのを見かけました。


Imgp35610


今までも何台か展示されているSLを見てきましたが、こんなのがあるとは気がつきませんでした。
中に一つだけ車両番号の異なるパーツが。


Imgp35619


別の車両のパーツを使って補修しているのでしょうか。
今回の補修にはかなり力が入っているように見えますね。お金もしっかりかけている感じがします。


Imgp35488


せっかく保存しているのですから、しっかりと補修してもらえるのはとても嬉しいことです。


後ろの貨車も再塗装されていました。


Dscf7253


ところがよく見ると窓が付いていたりします。何かに利用しているのでしょうね。
エアコンの室外機と思われるものも設置されていました。


Imgp35550


改造されているのは少し残念なところもありますが、室外機を黒く塗装しているのは良心的ですね。


案内看板によると、このSLを管理しているのは「財団法人エムエス環境育英財団」というところのようです。
調べてみると、SL事業部というところがあって、保守管理のための寄付金を受け付けていました。
改修完了は平成22年4月初旬を予定とのことですので、やはりまだ途中のようですね。
ホームページには今年の4月5日に行われた「春のD51まつり」の写真も掲載されていました。やはり何かイベントがあるようなときには運転席も開放されるようです。

« コンプライのイヤホンチップ | トップページ | 西部緑地公園の猫 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/39755/44995215

この記事へのトラックバック一覧です: 西部緑地公園のSLがお色直し:

« コンプライのイヤホンチップ | トップページ | 西部緑地公園の猫 »

にほんブログ村

Amazon.co.jp