2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »

2009.05.31

麺や 福座

このところ金沢に新しいラーメン屋が次々とオープンしています。
気になる店が多くて行きたいのは山々ですが、そもそも外食をあまりしないこともあってなかなか行く機会がありません。だいたい月に1回のペースです。
先月は「客野製麺所」へ行ってきましたが今月は29日になってようやく、2月にオープンした有松の「麺や 福座(ふくぞ)」へ行ってきました。


Dscf7673


カウンターのみ10席ほどのお店です。
ご主人は京都で人気の「福三(ふくさん)」というお店を営んでいた方で、出身地である金沢にお店を出したとのことです。
福三といえば、「のぼる」ご主人が以前いたお店だそうです。同じ通り沿いに店があるわけですが、何かとご縁があるのかもしれませんね。

メインのラーメンはお店の名前を冠した「福座ラーメン」だと思われますが、京都のお店で出していたラーメンを再現させたという「福さんラーメン」も気になります。
悩んだ結果、「福さんラーメン」(650円)を注文することに。


Dscf7677


背脂たっぷりの京都らしいラーメンです。
スープは豚骨をベースに隠し味に魚出汁を合わせているとのこと。少しとろみがあってこってりしていますが、見た目ほどしつこくはありませんでした。味はちょっと濃いめですが、このところあっさり系のラーメンが続いたので余計にそう感じたのかも。唐辛子が少し利いているのもしつこさを和らげているのかもしれません。
麺は細麺のストレート。ゆで加減はあまり固くはないので、のんびりと食べていると最後の方は柔らかすぎになってしまいそうですね。
チャーシューは脂身の少ないしっかりしたものが1枚。食べ応えがあります。
こってり系ですが、最近金沢近辺で多い醤油豚骨とはまた違った味で、大変おいしく頂きました。


こちらは一緒に注文した「梅ぶたおにぎり」(100円)です。


Dscf7675


かつお梅と細かくばらしたチャーシューが入っています。梅の香りがいいですね。
こちらもおいしく頂きました。


ラーメンは650円という最近のラーメン屋としてはリーズナブルな値段が嬉しいです。
『ホームインホーマ』の駐車場が利用出来るというのもありがたいですね。
今度は「福座ラーメン」を食べてみたいです。


すぐ近くには「冨單(ふうたん)」というつけ麺がメインのお店も最近オープンしました。
六厘舎で修行された方が出したお店ということと、地元ローカルテレビで特番が放送されたこともあって、かなり人気のようです。
この日も行列が出来ていました。


Dscf7670


こちらも是非行ってみたいと思うのですが、少し落ち着いてからのほうが良さそうです。

2009.05.30

今度は本物の声! リアルにゃウンド肉球

にゃウンド肉球の新製品、『プニッとやみつき リアルにゃウンド肉球』が出たので買ってみました。


Imgp36657


前回のにゃウンド肉球では猫の声を担当していたのは声優さんでしたが、今回は本物の猫の声が出ます。
基本的な仕様は前回と同じで、シークレットボイスも入っています。

なお、今回発売されたのはカプセル自動販売機(ガシャポン)用のものです。一般店頭版とは異なり植毛はされていません。


Imgp36649


Imgp36654


一般店頭版も製作中ということで、夏に発売予定とのこと。カプセル版とは違った声を収録する予定だそうですので、こちらも楽しみです。

声優さんの声というのも悪くはないですし、シークレットボイスにセリフが入っているパターンのものは本物の猫の声では作れないおもしろさがあります。
しかしそれとは別に本物の鳴き声バージョンも欲しかったので、前回の発売時にも1バリエーションとして出してくれたらと思っていました。なので今回の発売はとても嬉しいですね。



【コンプリート】プニッとやみつきリアルにゃウンド肉球全5種***

2009.05.29

映画「ニセ札」

映画「ニセ札」を見てきました。
キム兄の長編映画初監督ということでかなり期待していましたが、ちょっと微妙。

言いたいことは判りますし、テーマとしては面白いと思います。しかし、無難というか、予想通りというか、驚きのようなものが無いんですよね。山場のシーンも今ひとつ盛り上がりに欠ける感じがしました。
コピーには
『"キム兄流" 痛快エンタテイメント・ムービー!』
って書いてありましたけど、痛快って感じでもなかったです。

哲也の役回りも何か今ひとつ中途半端な感じですし、豪華なキャストの割には……という感じは否めません。

決して面白くなかった訳ではありませんが、かと言って見に行って良かったと思えるほどではありませんでした。


ところで今回見に行ったのが平日の昼間だったこともあってか、観客は私も含めて3人でした。これまでは5人が最低だったので記録更新です。さすがになかなか1人貸し切り状態にはなりませんけどね。
しかも他の二人のうちの一人は劇場で偶然出会った中学時代の同級生でした。このことの方が映画よりもインパクトが大きかったですね。

DA18-250mm持って木場潟へ

DA18-250mmのテストを兼ねての撮影その2ということで、昨日は木場潟へ行ってきました。
富樫では比較的望遠側の撮影が多かったので、木場潟なら広角側の撮影が多くなるかな、と思ったのです。
それに、仕事が休業になってから全く歩いていないので、潟の周りを一周してくれば運動にもなるだろうという思惑もありました。


Imgp36516


曇りがちの天気で、風景撮影にはあまり向いていませんでしたけど。


この時期木場潟といえば菖蒲園のショウブですが、さすがにまだ早かったですね。


Imgp36330


ほんの一部で咲き始めてはいますが、まだ手入れを行っているところでした。
また、カキツバタはもう最後のほうといった感じで、周りに枯れた花があって写真を撮るのには向いていない時期でした。


Imgp36317


6/1からは花菖蒲まつりも始まりますが、見頃になるのは写真撮影会などが行われる14日以降ではないでしょうか。


Dscf7668


あじさいもまだまだですが、気の早いのがほんの一部だけ色を付けていました。


Imgp36332


キショウブは潟の周りあちこちで咲いていましたが、こちらもカキツバタと似たような状況です。
枯れた部分が写らないように撮ったりもしてみましたが、茎の部分が枯れ始めているのが写ってしまっていますね。


Imgp36432


その代わり(というわけでもありませんが)、中央園地近くのビオトープでは、「ルイジアナアヤメ」というのが見頃になっていました。


Imgp36537


ショウブやらアヤメやらカキツバタやらよく似た花なので、実は違いがよく判っていなかったりしますけどcoldsweats01

ビオトープには他にもいくつかの花が咲いていました。
中にはこんなものも。


Imgp36553


「カラー」というサトイモ科の植物で、花に見える部分は葉なんだそうです。
ちょっと雰囲気がミズバショウに似ていますね。


周回コース近くの麦畑では麦の穂がきれいでした。


Imgp36447


やはり曇っていたのが残念ですね。晴れていればもっときれいだったように思います。


橋の上に積もっているのはポプラの種でしょうか?


Imgp36619


ちょっとべったりした感じもしますので違うのかもしれませんが、時期的にはちょうど今頃だと思います。


さて、DA18-250mmですが、気になった点が一つ。
ワイド端で無限遠あたりのときにAFが合焦しないことがしばしばありました。AFはレンズだけの問題でもないのかもしれませんが、SIGMA 18-200mmでは起きていなかった現象です。
同じようなところにフォーカスを合わせようとしても合焦するときとしないときがあったりするので、合焦しにくい場面というわけでもないと思うのですが。
メーカー保証は1年あるので、ボディを替えても同じようなら一度メーカーに見てもらった方がいいのかもしれません。
ピントの精度(というかボディとの相性なのかもしれませんが)はSIGMA 18-200mmよりも良好に思えます。

2009.05.28

DA18-250mmを購入してしまいました

PENTAXのDA18-250mmF3.5-6.3ED AL[IF]を購入しました。


Dscf7647


Dscf7662


これまでSIGMAの18-200mm F3.5-6.3 DCを使っていて特に不満も無かったのですが、SIGMAのレンズはPENTAX純正レンズとはリングの回転方向が逆になるので、その点だけはちょっとまだるっこしいなと思っていました。気にならないという人も多いでしょうけど。

このレンズ、元々デジイチのボディを買い替えるときに購入しようと思っていたレンズなのです。
ボディのほうはK-7を購入する気満々なのですが、予約してまで買おうというつもりはありません。しかしこのレンズはいつのまにか製造中止になっていたため、ボディ購入まで待っていたら在庫がなくなっているかもしれないと思ったのです。

というわけで、昨日は急遽新レンズでのテストを兼ねて撮影となったわけです。
カメラのキタムラにて注文したのは5/26でした。店に在庫は無く、早ければ一週間ほどで入荷するとの事だったのですが、翌日の27日には入荷したとの連絡がありました。どこか別の店舗にあった在庫を回してもらったのかもしれません。

なお、予算のほうはデジイチ購入用に貯めておいたものがありましたので、それを使いました。
今の仕事の状況を考えると、何ヶ月か後には「使わずに残しておけば……」ということになる可能性もあるのですが。


SIGMAの18-200mmは下取りに出してしまったので直接比較することは出来ませんが、ズームリングやフォーカスリングがSIGMAに比べて少し固いですね。
そのため、ズームリングはロックせずに持ち歩いていても鏡胴が延びにくい(延びないというわけではないけど)です。フォーカスリングも適度な固さがあるので使いやすいですね。SIGMAのレンズはちょっと軽すぎて使いにくかったので。
ロックスイッチの位置はSIGMAのほうが使いやすいように思いますが、単に慣れの問題かもしれません。
マクロ的な使い方では最短撮影距離は0.45mとスペック上はどちらも同じですが、テレ端が50mm長い分、ほんのわずかですがDA18-250mmのほうが大きく写せます。


Imgp35994


ワイド端では樽型歪みがかなり大きいですし、テレ端では若干糸巻き歪みがあります。


Imgp36085

(ワイド端)


Imgp36082

(テレ端)


絞り開放ではシーンによっては周辺減光も気になりますが、F8以上に絞ると気にならなくなりました。

いずれも高倍率ズームとしてはこんなものでしょう。
画質も絞り開放ではなんだかシャキッとしないですが、多少絞ってやれば私には十分満足のいくものになります。
ただ、等倍鑑賞がメインの人や画質が最優先という人にはオススメできませんけどね。高倍率ズーム自体がそういう目的のレンズではありませんから。


リングの回転方向さえ気にしなければSIGMA 18-200mmから買い替える必要も無かったのですが、それでも買って良かったと思います。
欲を言えばクイックシフト・フォーカス・システムを採用して欲しかったところですが、TAMRONのOEMですからね。
はたしてPENTAXからこのレンズの後継機が出るのかどうかは判りませんが(18-270mm? 個人的には出ない可能性が高いような気がする)、出たとしても買い替える必要性は感じませんね。クイックシフト・フォーカス・システムとSDMが採用されればちょっと気になる存在となりますが、またTAMRONのOEMだとするとどちらも採用される可能性はなさそうですし。

2009.05.27

富樫のバラ園

今日は富樫のバラ園へ行ってきました。
当初は今週末の土曜にでも行こうと思っていたのですが、ちょっとした理由があって、急遽本日行くことになりました。
(その理由については明日にでも)

バラは見事に満開でした。


Imgp35782


Imgp35944


平日なので人も少なくゆっくりと写真が撮れるのではないかと思っていたのですが、とてもたくさんの人が来ていて、土日よりも多いのではないかと思ったほどです。


Imgp36077


一部の花は既に痛みかかってきていました。
先週末くらいならもっときれいだったのかもと思うと、結果的には今日行ったのは正解だったのかもしれません。

それでもまだ蕾のたくさん来ているものも多くありました。


Imgp35791


もうしばらくは楽しめそうですね。


ここにはとてもたくさんの種類のバラが咲いています。
いかにも「バラ」という形の花もありますし、


Imgp35814


Imgp36042


一見、バラには思えないような形の花もあります。


Imgp35968


Imgp35974


Imgp36116


色もいろいろ豊富で、こんなツートンカラー(?)の花もありました。


Imgp36131


着いた当初は日が差していたのですが、だんだん曇ってきてしまったのがちょっと残念でした。
それでも満開のバラは十分に堪能できました。

2009.05.26

こんなパターンもあった

電柱の町名表示ですが、こんなパターンもありました。


Dscf6869


「ここは」と言わず、どこでも交通安全には心がけたいものですね。

2009.05.25

今日からプー

……と言ってもディズニーの黄色いクマではありません。
とうとう今日から仕事が無くなりました。
週に1日だけ教育ということで出社はするので

週休6日

ですね。

6割とはいえ給与は支給される(手取りでは5割ほど)ので正確にはプータローではないのですが、それだけでは生活していけない状況になるのは確かです。しかもそれがいつまで続くのかが判らないのです。
期間が決まっていないというのはまた別の問題もあるんですよね。
休業中のバイトはやむを得ないということで認められてはいるのですが、バイトを始めたとたんに仕事に出てこいと言われる可能性も(少ないとは言え)あるわけです。そんな状態ではバイトも探せませんし、雇う方だって敬遠するでしょう。それでなくても年齢的に条件は不利なのに。

それでもリストラされるよりはましなんだろうか?
しかし1年経ってもお呼びがかからなかったら、次に待っているのはリストラかも……
不安は募るばかりです。

せっかく休みなんだからと開き直ってみても、最近のインフルエンザ騒動のためにあまり出かけようという気にもなりません。それに出かけるとなるとなにがしかのお金はかかりますからね。
まあ、一ヶ月くらいは長期休暇だと思ってのんびりと過ごすつもりではいるのですが、あまり家に籠もっていると鬱になりそうだし。


さらに追い打ちをかけるように、6月には車検と任意保険の更新があります。

10万kmを超えて初めての車検となりますのでどれだけかかるのか不安になり、概算で見積もりを出してもらって来ました。
出来ればエンジンマウントやブッシュ類の交換もやりたいと思っていたのですが、とてもそんな贅沢は出来ません。最低限交換が必要なところだけ交換してもらうことにしたところ、12万円ちょっとでした。
既にタイミングベルトの交換は終えているのと、先日壊れたクランク角センサーは交換済みだったので思っていたよりは安かったのですが、それでも任意保険と合わせて約15万5千円という金額はこの状況では大きいです。


それでも車検があることは前々から判っていましたので多少なりとも用意しておいたものがありますが、もう一つ全く予定していなかった出費が。
なんとカーオーディオのスピーカーが壊れてしまったのです。左のMIDからビリビリという音が出るようになってきました。
MIDに使用しているユニットはDYNAUDIOのMW-160GTです。以前に「ボイスコイルに錆が出ているからそのうち音が出なくなるかも」とは言われていました。
こちらもいくらくらいかかるか見積もりを出してもらおうとショップで話を聞いてみると、MW-160GTやモデルチェンジ後のMW-162GTで同じ現象が多く起きているそうで、ひどいときには1年ちょっとでだめになるそうです。
ユニット交換だけで済むのでMW-162GTに交換しようと思っていたのですが、MW-162MW-152のほうを勧められました。しかしそうなるとバッフルも作り直しになって金額が上がってしまいます。
それでも1年程度でだめになってもらっても困りますし、MW-152に交換することにしました。本体5万円(2本)とバッフル作成が2万円で計7万円です。DSPの調整は無料でやってもらえると言うことなので、合計金額はなんとか想定していた金額で収まりそうです。


ということで、6月早々にも約22万5千円の支払いが必要になりました。
まさに踏んだり蹴ったりですね。

2009.05.24

三度コードクリップ

うちから一番便利がいいところにある100均といえばダイソーですので、100均へ行くというのはダイソーへ行くというのとほど同義語となっています。
それでもたまには他の店に行ってみようと思って、野々市にあるSeriaというところへ行ってみました。
ここはダイソーとは違って全ての商品が100円(税別)という、100均の基本を守っているところが気に入っています。
そこで見かけたハンズフリーイヤホンマイクにもコードクリップが付いていました。


Dscf7116


しかも、ダイソーでは200円以上のイヤホンマイクに付いていたコードクリップと同じものが付いています。


Dscf7133


左の黒いのが今回のもので、右のシルバーのものが前回ダイソーで購入した200円の商品に付いていたものです。
色が違うだけで全く同じですね。

こんな事なら最初からこちらへ来れば良かった……

2009.05.23

サンダーバード

加賀温泉駅に停車していたサンダーバードです。


Dscf6467


先頭車両のどちらか一方は貫通タイプの車両が使われていると思っていたのですが、この列車は両方とも非貫通タイプでした。


Dscf6477


大阪方面の車両は(たぶん)683系ですね。681系はサンダーバード用で、683系はしらさぎ・はくたか用だとなんとなく思いこんでいましたが、そんなことはないんですね。
そういえば6月から導入されるサンダーバードの新型車両も683系でしたね。


大聖寺方面から加賀温泉駅手前で見た貫通タイプです。
電車の中から撮ったので絵が傾いてますcoldsweats01


Dscf6528


681系や683系の非貫通タイプはカッコイイと思うのですが、貫通タイプの顔つきはどうも好きになれません。
サンダーバードの新型車両は先頭車両が両方とも貫通タイプになるようです。編成の自由度とかいろんな点で貫通タイプのほうが便利なんでしょうけど、ちょっと残念です。

2009.05.22

PENTAX K-7 発表

PENTAXからデジタル一眼レフの新製品K-7が発表されました。
発売予定日は6月末となっています。

これはいいですね。
ライブビューや動画撮影など最近の一眼レフに付いているものは一通り付いてますし(個人的には必要とは思ってないけど、販売上は必要なのでしょう)、値段もレンズキットが14万円台とかなりがんばった値段になっています。個人的には液晶モニタのチルトが付いていれば完璧だったんですが。

当然ボディは防塵・防滴仕様となっています。
同時に発表されたズームレンズ2本(smc PENTAX-DA18-55mmF3.5-5.6AL WR、smc PENTAX-DA50-200mmF4-5.6ED WR)は簡易防塵・防滴仕様となっています。レンズキットのレンズも18-55mm WRとなりますので、ここはレンズキットを購入したいところです。
簡易というのがどの程度まで大丈夫なのかはよく判りませんが、WRというのがWater Resistantの略なんだそうですから、普通のレンズのように神経質にならなくてもいいのではないかと思います。土砂降りの雨はさすがに無理でしょうけど、小雨程度ならタオルでもちょっとかけてやるとかすれば大丈夫なのではないかと。

ようやくK100Dから買い換えたいと思うカメラが出て来たという感じです。重さは100gほど重いものの、サイズはK100Dとほぼ同じ(高さは4mmほど高いですが)ですし。専用バッテリになってしまうのはちょっと残念ですが、これは予想してましたし。
まあ、私にはかなりオーバースペックな機種ではありますが……
発売から2、3ヶ月経てばさらに値段も下がるでしょうから、今年の秋頃にはなんとかしたいですね。
ただ、その頃になるとK200D後継機の話も聞こえてきそうです。これがK-7とK-mの中間くらいのスペックで出てくるのであれば魅力的ですしね。こちらは単三電池が使えるかもしれませんし、そうなるとまた迷うことになりそう?


ところで、PENTAXの高倍率ズームレンズDA18-250mmF3.5-6.3ED AL[IF]っていつの間にかディスコンになっていたんですね。ボディの買い換えと同時に、SIGMAの18-200mm F3.5-6.3 DCから買い換えようと思っていたのに……
TAMRONの高倍率ズームもAF18-270mmになっていますが、これはVC(手ぶれ補正機能)付きなので、18-270mmのPENTAX用やPENTAXブランドの18-270mmが発売されるかどうかは微妙ですね。あまり期待は出来ないかも。

DA18-250mmが無いとなると、K-7を購入したときにレンズをどうするかという問題も出てきます。
現状、ズームレンズは前述のSIGMA 18-200mm F3.5-6.3 DCとPENTAX FA80-320mmF4.5-5.6の2本立てとなっています。
標準ズームはレンズキットの18-55mmでいいとして、55mmから80mmの間を埋めたくなってきます。FA80-320mmをDA55-300mmF4-5.8EDに買い換えるのが一番手っ取り早い気がしますが、悩むところです。レンズキットのレンズが18-80mmとかだったら良かったんですけど。

また、高倍率ズームは便利なので、これはこれで1本欲しいところです。
今ならまだ流通在庫が残っているようなので、今のうちにDA18-250mmを買ってしまうという手はありますが、SIGMA 18-200mmをそのまま残しておくという方向になりそうです。

2009.05.21

ビデオリワインダー購入

ビデオテープのリワインダーを購入しました。
LPL ハイスピードビデオリワインダー HR-200Vです。


Dscf7319


avacにて31,300円(税込み)でした。
今月赤字の元凶はこいつと自動車税ですね(笑)。

目的の一つはカビ対策です。根本的な対策にはならないとは思うのですが、既存テープを一度すべて早送り・巻き戻しはしておきたいと思っており、デッキでやってもいいのですが、リワインダーがあれば便利かと思いまして。
もう一つの目的としては、カビが生えてしまっているテープはできるだけデッキに入れずにリワインダーで早送り・巻き戻しを行い、ダビングなど必要最小限のときにだけデッキに入れたいと思ったのです。


このリワインダーには消去機能とクリーナー機能があります(イレーサーユニットとクリーナーユニットは排他利用となります)。


Dscf7275


クリーナーは乾式で、テープ表面の磁性粉などの除去が目的のものですのでカビが取れるわけではありません。
それでも付いていれば使えることもあるでしょう。表面的なカビなら少しは取れるかもしれませんし(期待は出来ませんが)。
クリーナーパッドはユニットに一つ装着されており、交換用パッドが二つ付属しています。
消去機能はテープを捨てたいときには便利ですね。私が持っているテープはテレビ放送を録画したものばかりですのでそれほど神経質になる必要はありませんが、ビデオカメラで撮影したものなどはやはり消去して捨てたいですからね。
なお、VHSテープ用ですが、アダプタを使えばVHS-Cテープにも利用できます。


3万円を超える値段は決して安いとは言えません。今時ならビデオデッキの方が安く買えるのではないでしょうか。
しかし、巻き戻し・早送り時間が約2分、消去・クリーニング時間が約4分(いずれもT120テープ使用時)という早さは魅力です。なにせ本数が多いので。
また、デッキと違ってテープがローディングされない(ビデオテープはコンパクトカセットのような単純な構造ではないのでハウジング内でという訳にはいかないものの、最低限のテープの引き出しだけが行われる)ところもいいところです。

そして、MADE IN JAPANであるところもうれしいところです。


Dscf7292


今ビデオデッキを購入してもMADE IN JAPANはあり得ないですからね。

なお、メーカーの商品ページには「爪折れテープは、イレースできない安心設計」と書かれていますが、実際に爪の有無を判定する機構はありませんので、爪を折ったテープも消去できてしまいます。
本体にも大きく注意書きのシールが貼られています。


Dscf7415


説明書にも爪を折ってあるテープは消去できないという記述があるのですが、シールを貼って消してあったり、「爪が折れたテープもイレースされます」と書いたシールが上から貼られていたりします。当初は(初期の製品では?)爪の有無を判断する仕様だったのかもしれません。
もともとこのメーカーの製品はプロや業者向けのものなので、爪が折れたテープは消せないとかクリーニング時にもテープなどを貼ってやらないといけないというほうが不便だということでこのような仕様になったのではないかと想像されます。うちの録画済みテープはほぼ全て爪を折ってあるため、クリーニング時にいちいちテープを貼ったりしなくていいという点ではありがたい仕様です。
消去/クリーニング用のボタンを押さないと消去やクリーニングは出来ないようになっていますが、イレーサーユニットは消去を行わない場合でもテープの近くにいることになるので、(本体に貼られた注意書きにも書いてありますが)消去時以外はイレーサーユニットは外しておくのがいいと思います。


問題点としては、テープを取り出すときに引き出されたテープがハウジング内に完全に戻っていない時があり、閉じられたカバーにテープが挟まれて折り目が付いてしまうということがあります。これまでに150本強のテープを巻き戻しましたが、そのうち8回起きています。
困るのは、起きてしまうとリカバリーのしようがないという事です。
頻度が低いこともあって、起きるときの法則のようなものも判っていません。起きないときはずっと起きないのですが、起き始めると続けて起きたりするんですよね。
製品の問題なのか個体の問題なのかは判りませんが、この製品はかなり以前から発売されているもののようなので、個体の問題のような気もしています。
とりあえず、何か逃げの方法を考えた方が早そうです。






LPL(エルピーエル) HR-200V ビデオリワインダー
      

LPL HR-200V用取替えクリーナーパッド

2009.05.20

わすれものいろいろ

最近あちこちで見かけるので、まとめてみました。

◆その1◆

誰かが上着を忘れていったようです。


Dscf7098


木にかけておいて忘れていったのか、それとも落としていったのを誰かが木にかけておいてくれたのか。

ふと上を見上げると、ベンチの横にも黒い上着が。


Dscf7108


この日は暖かかったので、脱いだ上着を忘れていってしまった人が多かったのでしょう。


◆その2◆

トイレの前にスニーカーが片方だけ。


Imgp35021


さらにすぐ近くには赤いスウェットが。


Imgp35022


ちゃんと畳んでありますし、トイレに入っている人がそこに置いて入っているだけで、すぐにでも出てくるんじゃないかと思ったりもしましたが、誰も出てくるような気配はありませんでした。


Imgp35026


さすがに同じ持ち主のものではないと思いますけど。


◆その3◆


駐車場に忘れられていった帽子が落ちていました。


Dscf6358


この日は雨だったので、すっかり濡れてしまって寂しそうに見えました。


◆その4◆

ベンチの上にくしゃくしゃになったハンカチが。


Imgp35339


遠目には紙くずに見えたのですが、近づいてみるとハンカチでした。
いくらくしゃくしゃだとはいえ、捨てていったわけではないと思うのですが。


◆その5◆

道路脇にスニーカーが片方だけ落ちています。


Imgp33928


場所はそこそこ交通量の多い場所でしたので、忘れていった訳ではなく車の中から捨てていったのでしょうけど。
まだ新しそうに見えるのですが。もったいないですね。

2009.05.19

桐の花?

川の向こう岸に紫色の花が咲いていました。


Dscf7452


排水用(?)の小さな穴から生えてきているように見えましたので、何か雑草かとも思いましたが、大きめの花が咲いているので橋を渡って近づいてみると……


Dscf7472


桐の花ではないでしょうか?
桐といえば花札か家紋でくらいしか見たことが無く(そういえば500円硬貨の裏にも桐の絵が描かれていましたね)、実物の桐というのは見たことがありませんのでちょっと自信はありません。
それに、桐って大きな木だと思っていたので(総桐箪笥とか桐の下駄とかありますから)、こんなところにこんな風に咲くものなのかという気もしますし。

でも花は桐の花に見えるのですが。

2009.05.18

ドリームジャンボ発売開始

ドリームジャンボ宝くじが本日から発売開始です。
初日なのでエムザの売り場には行列が出来ているかと思いましたが……。


Dscf7581


人はいるものの、行列にはほど遠いです。平日なのでこんなものなのかも。
あるいは大安ではなかったからなのかもしれません。


同時にミリオンドリームも発売されていました。前回の発売で評判が良かったそうです。
今月は既に赤字で来月分に食い込んでいる状態なのですが(赤字の原因になったモノについてはまた後日)、今回も10枚だけ購入してみました。


Dscf7594


来週からはいよいよ仕事がなくなり全休となりますが、100万円当たればしばらく生活していけるので、是非とも当たって欲しいです。まあ、10枚くらいじゃ無理でしょうけど……


さて、今回の粗品は「ロッティーちゃんのマグネット」でした。


Dscf7590


外見は昨年のドリームジャンボのときにもらった「ロッティーちゃんの健康メジャー」と同じような気もします。


Dscf1002


同じ型を使っている?

2009.05.17

ビデオソフトにもカビが……

録画済みのビデオテープにカビが見つかってから、購入したビデオソフトはどうなんだろうかと気になってきました。
本数は30本ほどと録画済みテープに比べて数は少ないものの、駄目になって困る率は高いです。DVDが発売されていて既に購入しているものや購入可能なものも一部にはありますが、全てがそうだというわけではありませんし。

ということで調べてみたところ、完全にカビが生えているものが1本と、ちょっと怪しいものが4本と見つかりました。


Dscf7322


録画済みテープの状況に比べるとずいぶんとましです(写真ではちょっと判りにくいですね)。一番ひどいものでもこの程度というのは不幸中の幸いかもしれません。
ちょっと怪しいものは数回早送り・巻き戻しを行えば見えているカビは無くなるだろうというもので、発生箇所も見えている部分では1カ所のみというものです。
とはいえ、既にテープ表面はやられてしまっているでしょうから再生には影響しそうですけど。

見た目に問題なかったものも含めて、今後のためにもDVDにでも焼いて残しておくことはできないかと思ってHDDレコーダーで録画を試みましたが、「コピー禁止コードが出ているので録画できない」というようなメッセージが出てきて録画できませんでした(;_;)。

さて、どうしたものか……

2009.05.16

疲れたらここで一休み?

つつじを観賞した後はこちらで一休み。
応接セットをご用意しております。


Imgp34994


って、そんな訳はありませんね。

いわゆる不法投棄というやつでしょうか。
それにしてはきちんと並べてあるところが「捨ててあるんじゃなくて置いてあるんだよ」と言っている様にも見えます。
場所も捨てていったにしてはかなり大胆なところでしたし、とっととその場から離れるのが普通でしょうから、わざわざこんな風に並べたりはしないようにも思います。

「不法」ではないのかも?

2009.05.15

コロナワールドの顔ハメ看板が増えていた

久しぶりにコロナワールドへ行きましたが、なんと顔ハメ看板が増えていました。


Dscf7243


Dscf7245


どちらも1階のエスカレーター近くにありました。
ただ、「天地人」や「直江兼続」は石川県や金沢とは何の関わりもないと思うんですけどね。

以前に行ったときの顔ハメ看板も2階に残っていましたし、温泉の入り口のところにも別の顔ハメ看板がありました。

コロナワールドでは顔ハメ看板が流行なのでしょうか。

2009.05.14

西部緑地公園の猫

西部緑地公園へ行った一番の目的は猫でした。
SLがきれいになっているという思わぬ収穫もありましたが、やはりメインの目的を達成せねばなりません。
最初は全く姿が見えなかったのですが、ようやく一匹がどこからか現れました。


Imgp35443


しかしカメラを向けるとまたどこかへ行ってしまいました。

他の猫たちはどうしたのかと周辺を廻っていると、貨車の下に一匹発見。


Imgp35555


さらに、SLの下にも一匹。近づいていくとちょっと外に出てきてくれました。


Imgp35595


そのうち二匹そろって外へ出てきました。


Imgp35632


白い猫が座ると、その近くでもう一匹はごろりと転がり始めました。


Imgp35651


Imgp35654




二匹の写真を撮っていると、どこからか黒猫がやって来ました。


Imgp35692


首になにやらぶら下げています。
よく見ると、「クロちゃん」と名前が書いてありました。
ここに住んでいる猫とは違って、どこかの飼い猫がやって来ているのでしょうか?

とりあえず猫の居場所は無くならなかったようで一安心です。


ところでSLの近くにはまだら色のつつじが咲いていました。


Imgp35769


花びらの半分が白で半分がピンクというのはよく見かけますが、こういうのはあまり見かけませんね。
つつじの雑種(?)のようなものでしょうか。

2009.05.13

西部緑地公園のSLがお色直し

昨年7月に行ったときにはかなりひどい状態になっていた西部緑地公園のSLがきれいに塗装されていました。


Imgp35508


痛みのひどかったところは補修もされており、なくなっていた前照灯も復活しています。
スカートは新たに作成したもののようですが、カッティングシートだけは無いほうがいいと思うんですけど。
新しく運転席までの通路も作られているのですが、入り口は封鎖されていて「入らないで」と書いてあります。


Imgp35510


運転席へは入れないようにドアが設置されています。


Imgp35475


Imgp35473


何かイベントがあるような時だけ解放されると言うことなのかもしれませんね。
運転席内もきれいになっているようでしたので、できれば終日開放してもらえると嬉しいのですが。


Imgp35604


保存との両立は難しいと言うことなのかもしれませんね。


簡単な説明ですが、案内版も設置されていました。


Imgp35493


機関車そのものの運用経歴なども書かれているともっと良かったのですが、今までの何もない状態よりはずっと良くなっています。


動輪もきれいに磨かれています。


Dscf7258


しかし、左側の動輪は黒く塗装されていています。


Dscf7248


右側は連結棒も未塗装のようですし、ひょっとしたらまだ作業の途中なのかもしれません。


今回、いろんなパーツに車両番号の刻印があるのを見かけました。


Imgp35610


今までも何台か展示されているSLを見てきましたが、こんなのがあるとは気がつきませんでした。
中に一つだけ車両番号の異なるパーツが。


Imgp35619


別の車両のパーツを使って補修しているのでしょうか。
今回の補修にはかなり力が入っているように見えますね。お金もしっかりかけている感じがします。


Imgp35488


せっかく保存しているのですから、しっかりと補修してもらえるのはとても嬉しいことです。


後ろの貨車も再塗装されていました。


Dscf7253


ところがよく見ると窓が付いていたりします。何かに利用しているのでしょうね。
エアコンの室外機と思われるものも設置されていました。


Imgp35550


改造されているのは少し残念なところもありますが、室外機を黒く塗装しているのは良心的ですね。


案内看板によると、このSLを管理しているのは「財団法人エムエス環境育英財団」というところのようです。
調べてみると、SL事業部というところがあって、保守管理のための寄付金を受け付けていました。
改修完了は平成22年4月初旬を予定とのことですので、やはりまだ途中のようですね。
ホームページには今年の4月5日に行われた「春のD51まつり」の写真も掲載されていました。やはり何かイベントがあるようなときには運転席も開放されるようです。

2009.05.12

コンプライのイヤホンチップ

marantz HP101用にコンプライのイヤホンチップを購入しました。
対応リストにはHP101は出ていませんのでどれを買えばいいのか悩みましたが、100均の4mm用イヤーチップがぴったりだったことと、どこかのブログでHP101にSONYのイヤーチップを使っているという記事があり、そのイヤーチップが対応しているイヤホンがリスト中にあったため、T400を購入することにしました。


Dscf6875


6個入りで2,100円と安くはないので、使えなかったらどうしようという心配もわずかにありましたが、とりあえず問題なく使えています。カチッとはまるような感触はありませんが、簡単に取れてしまうような事もありません。

装着する際にちょっと潰してから耳に入れるという手間はありますが、純正イヤーチップのように耳が痛くなることはありませんでした。
遮音性は純正イヤーチップよりも若干ですが良くなっています。その代わり、タッチノイズは大きくなります。歩きながら使っていると振動が伝わってきますので、動きながらの使用には向かないかもしれません。そもそもカナル型イヤホンを使って道を歩くようなこと自体やらないほうがいいとは思いますが。
音質は確実に向上しました。若干不足気味に感じていた低音の量感も増えましたし、かと言って100均のキノコ型イヤーチップのときのような高音の落ち込みもありません。低音が増えたことによってバランスも良くなりました。
1セット700円の価値は十分にありますね。

ただ、純正のイヤーチップでも耳に合っていれば装着感の問題もないのでしょうし、これに近い音質は得られるようにも思います。
運良く純正イヤーチップが耳に合っている人はわざわざ使う必要は無いかもしれませんが、そうでない人は試してみる価値があるでしょう。サイズは1種類しかありませんが、ウレタンチップですので純正イヤーチップよりも適応範囲は広いです。

2009.05.11

映画「余命1ヶ月の花嫁」

長かったゴールデンウィークも最終日となりました。
月曜は一部映画館でメンズデーということで料金が1,000円となります。
そこで話題の映画「余命1ヶ月の花嫁」を見てきました。

原作はTBSでドキュメンタリーとして放送され、書籍も発売されているものですが、映画は映画ですので創作部分はいろいろありますし、あくまで「事実を元にしたフィクション」だと思っています。
ということで、あくまで「映画」として見に行ったつもりなのですが、どうしてもオリジナルを(TVなり書籍なりで)知っていると、「この部分は創作だ」とかいうところに気が行ってしまいます。それに、いくら上手く作ったとしてもドキュメンタリーにはかないませんね。
泣いている人も多かったようですが、私は泣けませんでした。年齢を重ねる毎に涙腺が弱くなっては来ているのですが……

榮倉奈々が元気すぎて病人に見えないと言うところもあるのかもしれません。


実在の人物に関してはいろんな噂もありますが(まとめサイト)、実際はどうなのか判りませんし、どうでもいいと思います。
それよりも、故人を使って金儲けをしようとしている人たちの姿が後に透けて見えるような気がしてくるのです。
こんな記事もありましたし。
書籍や映画の収益でさくらパンダ前線キャンペーンが行われたりはしています。キャンペーンそのものはすばらしいことだと思いますが、収益が全てキャンペーンに使われているわけでもないでしょう。企業である以上、利益を求めるのは当然のことではありますが……


とりあえず、TVを見たり書籍を読んだりして「感動した!」っていう人は見に行かない方がいいかも。
あまり予備知識がなく、ケータイ小説なんかが好きな人なら楽しめるような気がします。


榮倉奈々は髪長いほうが好きだな……

2009.05.10

卯辰山の猫

卯辰山の望湖台前の駐車場にはいつも何匹かの猫がいます。
この日は3匹の猫がいました。

1匹は黒っぽい猫で、塀の上で寝ていました。


Imgp35227


ちょっと体がはみ出していますね。
落ちないかと心配です

もう2匹は親子でしょうか。


Imgp35364


ちょっと体が大きいメス(奥)が母親のようで、小さめの猫(手前)が近くに寄り添っている感じです。


Imgp35382




また、仔猫のほうはちょっとした物音にもすぐに反応して動きだします。
母親(?)のほうは何事にも動じないといった感じですけど。

2匹並んでお昼寝中。


Imgp35421


仔猫は何かを見つけたのか、突然起き上がって動き出しました。


Imgp35423


Imgp35425


しかしこちらは我関せずといった感じでお休み中。


Imgp35437


ごちそうを食べている夢でも見ているのかも。

一風堂の博多つけ麺

土曜の夜の部で中学時代の同級生との集まりがあって片町へ飲みに行きました。
締めは一風堂でラーメンと言うことになりましたので、4月20日から発売されている「博多つけ麺」を食べてきました。


Dscf7239


麺は太麺です。そのため、「茹で上げに多少時間がかかります」と言われました。
堅めのストレートで、食感はつるっとしていますが、かなりもっちりとした歯ごたえがあります。スープとの絡みもいいです。
スープは豚骨ベースですが、魚介系の味が強いです。かなり濃厚なスープですが、つけ麺なのでこれくらいの濃厚さは必要なのでしょう。
隠れてしまって見えませんが、半熟玉子が半分入っています。

つけ麺ブーム(とまでは言えないかもしれませんが、かなり流行っていると思います)に乗って出てきたメニューなんでしょうね。一風堂のラーメンとはかなり異なる味と食感ですが、これはこれでおいしいと思います。
暖かいスープと冷たい麺の組み合わせは賛否両論ありますが、つけ麺はこのパターンが多いような気がします。
また、器が大きいので量が少ないように見えますが、実際にはかなりの量があります。大盛りも同じ値段で出来ますと言われたのですが、既に十分飲み食いした後だったので大盛りにしていたら食べきれなかったと思われます。


一緒に注文した餃子です。


Dscf7236


こちらもおいしく頂きました。

2009.05.09

奥卯辰山健民公園と卯辰山花木園

今日はちょっと早いかなと思いつつも、奥卯辰山健民公園のキショウブとカキツバタを見に行ってきました。
昨日とは別方向へ向かおうと思っていたのに、今日もまた山環を走ることになってしまいましたが……


Dscf7184


やはりまだ咲き始めと言うところです。見頃は5月下旬ごろでしょうか。
それでもある程度の花は咲いていましたし、まだ新しい花が多かったので、傷みもなくきれいでした。


Imgp35128


Imgp35138


白鳥は池の外でくつろいでいました。


Imgp35145




その後、卯辰山の花木園へ移動。つつじを見に行きました。
こちらも少し早いかと思ったのですが、どちらかというと少し遅かったくらいかもしれません。


Imgp35320


近寄ってみると痛みかけている花もありましたが、遠目には大変きれいでした。


Imgp35254


Imgp35321


ここもいいところなのですが、もう少し全体を見渡せる場所があればいいのになと思います。


なぜかタケノコが。


Imgp35290


しかも掘り起こされて倒されていました。

2009.05.08

大乗寺丘陵総合公園(仮称)のつつじ

今年のゴールデンウィークは今ひとつ天気に恵まれません。
昨日は一日雨でしたし、今日も晴れてはいるものの雲が多く、すっきりとした青空は望めませんでした。
世間一般のゴールデンウィークが終わって人出も減ってきたいるでしょうからちょっと遠出もしてみたいところですが、どうも今ひとつ乗り気になれません。
そこで今日も近場ですが、大乗寺丘陵総合公園(仮称)へ行ってきました。


Imgp34736


天気が良ければもっと見晴らしもいいのでしょうけど、ちょっと残念です。

さて、今回の目的はつつじ園のつつじでした。


Dscf7141


Imgp34804


県内につつじの名所はいくつかありますが、ここのつつじ園もなかなかだと思います。


Imgp34759


Imgp34944




既に一番いい時期は過ぎてしまっていたのか、痛んできている花も多かったです。


Imgp34768


それでもまだ蕾の一角もありました。


Imgp34859


花が痛んでいるのはここ数日の雨の影響もあるのかもしれません。
今週末はまだまだ見頃でしょう。


上の方から眺めると、つつじの先に街が見えるというのもなかなか面白いロケーションだと思います。


Imgp34878


下からの眺めをパノラマにしてみました。


Imgp34815

(クリックすると拡大します)


ところでこの公園、まだ整備中ということで名称は仮称となっています。


Imgp34972


整備中のためなのか、車で行くと駐車場への入り口が判りにくかったり、トイレが一カ所にしかないなど不便な点もいくつかあります。
場所そのものは山環沿いのとても判りやすいところにあるんですけどね。

2009.05.07

超合金魂

何を今頃という気はしますが、超合金魂「GX-01R マジンガーZ」を購入してしまいました。


Dscf6911


今月末には「GX-45 マジンガーZ」も発売されます。
しかしGX-45は「真マジンガー衝撃! Z編」のマジンガーZです。原作のデザインに近くなってはいますが、私にとっては原作よりもTVのマジンガーZのほうが思い入れがあるのでこちらを購入しました。


昔の超合金とはずいぶん違いますね。
デザインはもちろんのこと、可動部分も多いですし、パーツもたくさん付いてきます。


Dscf6923


とりあえず組み立ててみました。


Dscf7091


これからじっくりとポーズを決めて行きたいと思います。


ところで秋には200万円のマジンガーZが予約受付開始されるそうです。
素材にはチタンとカーボンが使われており、大きさはなんと60cm(ジャンボマシンダーと同じサイズ)だそうです。
とてもじゃないですがそんな物は買えません。
でも、一度実物は見てみたいですね。






      


2009.05.06

ビデオテープにカビが……

世間ではゴールデンウイークも最終日ですが、私のゴールデンウイークはちょうど折り返し地点。
今日は時折小雨がぱらつく天気となったので(結局午後からは晴れ間も見えましたが)、出かけるのはあきらめて家の中で休み中にやりたかったビデオテープのメディア移行をすることにしました。

HDDレコーダー導入に際して、ビデオテープのディスクメディアへの移行は行わないことにしたのですが、ごく一部(本数にして7本)だけはディスクにも残しておきたかったのです。ということで、まずは一旦HDDに取り込むことにしました。
が、そのテープの一部には……


Dscf7081


盛大にカビが生えていますweep
特に下のテープがひどいですね。'95年頃に録画したテープなのですが、もっと古い('89年から'90年の)物でも全く問題はなかったのでこんな事になっているとは思ってもいませんでした。

5~6回早送り・巻き戻しを繰り返したところ、見た目は少しましになりましたが、落ちたカビの塊がケース内に散乱しています。また、カビの胞子は既に内部に浸食しているので再生にも影響が出てきます。試しに再生してみたところ、やはりノイズが入りますし、一部再生出来ないところもありました。
全部が見られなくならないうちにメディア移行しておかなければ……


しかし他のテープは大丈夫なのだろうかと心配になってきたので、メディア移行は後回しで、まずは全てのテープを目視確認してみると、その結果は悲しい物でした。
全519本のテープのうち、
 ・全域にカビが発生している物 13本(2.5%)
 ・広範囲にカビが発生している物 5本(0.96%)
 ・1、2点の小さなカビが発生している物 14本(2.7%)
という状況です。
特筆すべきは全域にカビが発生している物13本のうち、12本がVictor製のテープだったことです。
特に気をつけて保存していたわけではないのでカビが発生してしまったこと自体は保存方法にも問題があったのでしょうが、他社製のテープも状況としてはおなじなので、この発生率はやはり高いと言えるのではないでしょうか。さらに、これらのテープが録画された時期は'91年~95年頃で、Victor製テープの使用頻度自体がそれほど高くないのです。それを考えるやはりかなり高い率であると言わざるを得ません。
ちなみに当時メインで使用していたScotchやFUJIのテープでこれほどひどいのはありませんでした。
'98年頃からはVictor製テープの使用頻度が高くなっているので、今後がちょっと心配です。
また、一部の透明ハウジングを採用したテープ以外は窓の部分から見えているところだけで判断しているので、小さなカビが発生している物については見えないところでカビが発生している可能性も十分に考えられます。

さらにはカビが生えたテープを早送り・巻き戻ししている途中にテープが切れてしまったものもあります。
ここまで来るともう個人ではお手上げですね。ハウジングをバラしてテープをスプライシングテープで繋いで……という方法はありますが、ここは一つ、きっぱりとあきらめることにしました。

とりあえずは問題のなかったテープを一度早送り・巻き戻しして風を当ててやろうかと。カビ以外の事も考えると一度再生してやるのが一番なのでしょうけど、500本もあるとね……


【注意】
カビの付いたビデオテープを再生するとビデオデッキ側にもカビが移ってしまい、ビデオデッキが壊れたり、別のテープにカビが移植したりすることもあるそうです。
再生する場合にはこれらの問題があることを踏まえた上で自己責任で行ってください。
ビデオテープのクリーニングを行ってくれる業者はたくさんあります(1本数千円かかります)ので、できればそのような業者に頼んだほうがいいでしょう。切れたテープの接合や、DVDへのダビングも行ってくれます。

2009.05.05

松任グリーンパークのふじは見頃になっていました

4/29にはまだ早かった松任グリーンパークのふじですが、そろそろ見頃を迎えていました。


Imgp34650


満開にはまだ少し早いですが、それでも十分に見頃となってきています。


Imgp34333


天気はちょっと曇り気味でしたが、多くの家族連れが訪れていました。


道路側の藤棚はテニスコート側に比べて木が若いのでまだ少し寂しいです。


Imgp34402


しかし、道路側にはピンク色のふじが咲いているところがあります。


Imgp34433


ピンク色のふじはかなり目立っていて、写真を取ったりする人も多く、いつも人が集まっていました。


Imgp34667


ふじというと紫の花というイメージがありますので、ピンクの花というのは不思議な感じがします。


Imgp34498


福井の紫式部公園には白いふじの花が咲くそうで、是非一度行ってみたいと思っていますが、今年もタイミングが合わず行くことができませんでした。来年こそはと思っているのですが……


グリーンパークではふじ以外にも多くの花が咲いています。
つつじも満開とまでは行きませんが、多くの花が咲いていました。


Imgp34620


黄ショウブやカキツバタも咲き始めています。


Imgp34573


隣の広場では名前は判りませんが、黄色い小さな花がたくさん咲いていました。


Imgp34707


その中にはこんなものも。


Imgp34711


カマキリの卵でしょうか。
大きさはウズラの卵ほどでした。

2009.05.04

鶴来駅

ゴールデンウイークまっただ中、どこへ行っても人がいっぱいです。
遠出は渋滞に巻き込まれそうですし、近場では行きたいところもあるのですが、ちょうどイベントをやっている時期なので2日ほど後になってから行こうかと考えています。

そんなわけで今日は散歩がてら鶴来駅周辺を歩き回ってきました。


Imgp34123


駅そのものに用はないのですが、ここには北鉄の車両工場もあり、古い車両も残っていたりするので、何年かに一度は写真を撮りに来ています。
今日は鶴来ではあまり見かけない車両がいました。


Imgp34258


浅野川線を走っているのはこのタイプの電車ですね。
石川線を走っているのは下のような電車なんですけど。


Imgp34152


検査か何かだったのでしょうか。


また、ここには「ED201形」や「ED301形」電気機関車が残されていて、除雪用に使用されています。


Imgp34215


Imgp34161


写真を撮りやすい場所には無いのが残念ですが、展示しているわけではないので仕方がありませんね。

他にも「ホム1形」、「モハ3750形」などが保存されています。


Imgp34191


Imgp34203


「モハ3750形」は昭和26年製と書いてありました。


Imgp34201


何年か前までは予備車として車籍もあったそうですが、この状態を見る限り、現在では車籍も無くなっているのではないでしょうか。

これらの電車がここにあることは意外と有名なようで、この日も写真を撮りに来ていた人を数名見かけました。

2009.05.03

ぽつんと……

水辺に菜の花が咲いています。


Imgp33967


周りにはなにもなく、ちょっと寂しそうでした。

2009.05.02

今日からゴールデンウィーク

4/29も休みでしたが、4/30、5/1と出勤だったため、個人的には今日からが本格的なゴールデンウィークです。
初日は知人宅にてバーベキューでした。


Dscf6961


毎年この時期の恒例行事となっているのですが、今年も天気に恵まれバーベキュー日和となりました。


Dscf6955


今年は新兵器(?)も登場です。


Dscf6970


ダッチオーブンというキャンプなどでは定番となっているものだそうです。
今回はブイヤベースを作っていました。


Dscf6991


リクエストしておけば何でも作ってくれそうです。


そして宴の後。


Dscf7060


例年だと焼きそばで締めとなるのですが、今年はブイヤベースが出てきたりしたこともあって焼きそばは作らずじまいとなってしまいました。準備はしていたんですけどね。

最後はみんな酔っぱらいとなりましたが、とても楽しい一日でした。

2009.05.01

富山ブラック風むすび

カップ麺に続いて、こちらも購入してみました。
「富山ブラック風むすび」です。


Dscf6902


Dscf6905


それほど濃い味付けだとは思いませんでした。どこが「富山ブラック」なんだというほどです。
それでも味そのものは悪くないと思います。
ただ、握りが弱いというか、すぐにぼろぼろと崩れてきてしまいます。
今回は写真を撮るために通常の開け方ではなく全体を出してしまったということもあるのですが、最後はおむすびではなくご飯になってしまいました。


富山ブラックベビースターも一緒に買おうかと思ったのですが、大きかったので止めました。
ベビースターということであの小さな袋のパッケージを想像していたのですが、実際には普通のスナック菓子よりも一回り小さい程度で、とても食べきれない(食べられないことはないけどカロリーや塩分の取りすぎになりそう)と思ったのでした。

« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »

にほんブログ村

Amazon.co.jp