2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

« 富樫のバラ園 | トップページ | DA18-250mm持って木場潟へ »

2009.05.28

DA18-250mmを購入してしまいました

PENTAXのDA18-250mmF3.5-6.3ED AL[IF]を購入しました。


Dscf7647


Dscf7662


これまでSIGMAの18-200mm F3.5-6.3 DCを使っていて特に不満も無かったのですが、SIGMAのレンズはPENTAX純正レンズとはリングの回転方向が逆になるので、その点だけはちょっとまだるっこしいなと思っていました。気にならないという人も多いでしょうけど。

このレンズ、元々デジイチのボディを買い替えるときに購入しようと思っていたレンズなのです。
ボディのほうはK-7を購入する気満々なのですが、予約してまで買おうというつもりはありません。しかしこのレンズはいつのまにか製造中止になっていたため、ボディ購入まで待っていたら在庫がなくなっているかもしれないと思ったのです。

というわけで、昨日は急遽新レンズでのテストを兼ねて撮影となったわけです。
カメラのキタムラにて注文したのは5/26でした。店に在庫は無く、早ければ一週間ほどで入荷するとの事だったのですが、翌日の27日には入荷したとの連絡がありました。どこか別の店舗にあった在庫を回してもらったのかもしれません。

なお、予算のほうはデジイチ購入用に貯めておいたものがありましたので、それを使いました。
今の仕事の状況を考えると、何ヶ月か後には「使わずに残しておけば……」ということになる可能性もあるのですが。


SIGMAの18-200mmは下取りに出してしまったので直接比較することは出来ませんが、ズームリングやフォーカスリングがSIGMAに比べて少し固いですね。
そのため、ズームリングはロックせずに持ち歩いていても鏡胴が延びにくい(延びないというわけではないけど)です。フォーカスリングも適度な固さがあるので使いやすいですね。SIGMAのレンズはちょっと軽すぎて使いにくかったので。
ロックスイッチの位置はSIGMAのほうが使いやすいように思いますが、単に慣れの問題かもしれません。
マクロ的な使い方では最短撮影距離は0.45mとスペック上はどちらも同じですが、テレ端が50mm長い分、ほんのわずかですがDA18-250mmのほうが大きく写せます。


Imgp35994


ワイド端では樽型歪みがかなり大きいですし、テレ端では若干糸巻き歪みがあります。


Imgp36085

(ワイド端)


Imgp36082

(テレ端)


絞り開放ではシーンによっては周辺減光も気になりますが、F8以上に絞ると気にならなくなりました。

いずれも高倍率ズームとしてはこんなものでしょう。
画質も絞り開放ではなんだかシャキッとしないですが、多少絞ってやれば私には十分満足のいくものになります。
ただ、等倍鑑賞がメインの人や画質が最優先という人にはオススメできませんけどね。高倍率ズーム自体がそういう目的のレンズではありませんから。


リングの回転方向さえ気にしなければSIGMA 18-200mmから買い替える必要も無かったのですが、それでも買って良かったと思います。
欲を言えばクイックシフト・フォーカス・システムを採用して欲しかったところですが、TAMRONのOEMですからね。
はたしてPENTAXからこのレンズの後継機が出るのかどうかは判りませんが(18-270mm? 個人的には出ない可能性が高いような気がする)、出たとしても買い替える必要性は感じませんね。クイックシフト・フォーカス・システムとSDMが採用されればちょっと気になる存在となりますが、またTAMRONのOEMだとするとどちらも採用される可能性はなさそうですし。

« 富樫のバラ園 | トップページ | DA18-250mm持って木場潟へ »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/39755/45156881

この記事へのトラックバック一覧です: DA18-250mmを購入してしまいました:

« 富樫のバラ園 | トップページ | DA18-250mm持って木場潟へ »

にほんブログ村

Amazon.co.jp