2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« プリンタを買い換えようと思っていたのだが…… | トップページ | EPSON CD Direct Print3をVistaにインストール »

2009.01.04

PM-930CのVista附属ドライバ

ものは試しと言うことで、PM-930CのVista附属のドライバを使ってみました。

ドライバ自体はEPSONが提供しているようで、インク残量も表示されますし、カラー調整もできます(但しsRGBとICMの設定はない)。
インク残量が表示できるのは基本設定画面のみで詳細設定表示時には表示されないところがちょっと残念ですが、目詰まりパターン印刷、ヘッドクリーニング、ギャップ調整などのユーティリティも付いています。

純正XPドライバと比べて無くなった機能のうち大きなものは、
 ・縁なし印刷のはみ出し量設定
 ・スタンプマーク設定
 ・印刷可能領域設定
 ・印刷のカラー/黒設定
といったところです。

縁なし印刷のはみ出し量指定ができないというのは厳しいですね。私の場合、はみ出し量指定には「少ない」もしくは「より少ない」を使用していたためかなり辛いです。
また、用紙サイズにL版がない(9x13cmというL版に近いものはある)ので、写真印刷には妥協が必要のようですね。
印刷可能領域設定もよく使っていたので、使えなくなったのは残念です。
インク交換のガイダンスが表示されるかどうかはまだ判りませんが、EPSONプリンタウィンドウ!3に相当する機能は無いようなので、表示されないかもしれません。インク残量は表示されるのでガイダンスは無くても問題ないでしょう。


ということで、縁なし印刷が必要な場合を除けばVista附属のドライバでも大きな問題なさそうです。
縁なし印刷時のはみ出し量設定を「標準」で使っていて、カラー調整に「sRGB」や「ICM」を使っていなかった人であれば写真印刷にも問題なく使えるのではないでしょうか。

しかしVista附属のドライバを提供しているのであれば、純正のVista用ドライバ(もちろんはみ出し量の設定などが可能なもの)を提供してくれてもいいんじゃないかと思いますけどね>EPSONさん

« プリンタを買い換えようと思っていたのだが…… | トップページ | EPSON CD Direct Print3をVistaにインストール »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/39755/43630701

この記事へのトラックバック一覧です: PM-930CのVista附属ドライバ:

« プリンタを買い換えようと思っていたのだが…… | トップページ | EPSON CD Direct Print3をVistaにインストール »

にほんブログ村

Amazon.co.jp