2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

« 鶴仙渓 | トップページ | おとしもの »

2008.11.23

山中温泉ゆげ街道

山中温泉へは会社の忘年会で何度か来ているはずですが、宿へ着くのは暗くなってからですし、宿から外へ出ることもありません。
帰りも車で直接帰ってしまうので、町中を歩くというようなことはありませんでした。

今回通ってきたのはこおろぎ橋から総湯までの通りで、「山中温泉ゆげ街道」という名前が付けられています。


Imgp28320


お土産屋から一般の商店までいろんな店が並んでいます。
電線は地中化されているので、電柱がなくすっきりとしています。


Imgp28324


通りにあったバス停は「こおろぎ橋」というバス停でした。


Imgp28327


街並みの雰囲気に合わせてか、ポストも丸形の懐かしいものが使われています。


Imgp28336


履き物屋さんの前には大きな下駄が。


Imgp28339


「あ~した天気にな~あれっ」って書いてありますが、この大きさだと重さもかなりのものでしょうから、飛ばすのは難しそうですね。

他にも「山中片岡鶴太郎工芸館」なんていうのもありました。
なにか山中とゆかりがあるのでしょうか?


総湯「菊の湯」です。


Imgp28374


総湯の前にはお湯が沸き出しています。


Imgp28351


Imgp28358
かなり熱いお湯でした。

隣にももう一軒同じような建物が。


Imgp28365


名前も同じ「菊の湯」です。
どういう事かと思ったら、なんと男湯と女湯が別の建物になっているんですね。
なんとも贅沢なというか、さすが温泉地というべきか……

女湯のほうの横には足湯もあります。


Imgp28370


今回は時間もなく(準備もしてなかったし)温泉に入ってくることはできませんでしたが、今度は入りに行きたいですね。


ゆげ街道から一本隣の通りにあった街灯です。


Imgp28389


山中漆器をイメージして、おわんの形をしています。


山中温泉観光協会のホームページにあるお散歩マップを見るといろんなスポットや散策コースが紹介されていました。
次回(来年?)はこれらを参考に回ってみるのもおもしろいかなと思います。

« 鶴仙渓 | トップページ | おとしもの »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/39755/43196588

この記事へのトラックバック一覧です: 山中温泉ゆげ街道:

« 鶴仙渓 | トップページ | おとしもの »

にほんブログ村

Amazon.co.jp