2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

« ルネッサ~ンス! | トップページ | 銀の風 まっとう車遊館 »

2008.11.06

みくに龍翔館

ようやく話は1日に戻ります。

今回三国でもう一つ行きたかったところと言うのはみくに龍翔館という所でした。


Imgp26388


建物は明治12年(1879年)に作られた龍翔小学校の外観を模して復元したものです。
中は「三国博物館」と行ったところでしょうか。5階建て(4階は展望室、5階には展示スペースなし)の建物の中には石器時代から昭和まで、三国に関することなら何でもありといった感じでいろんなものが展示されています。
三国は港ということもあって、北前船に関する資料も多く、入口を入ってすぐの所にはベザイ船という形式の船を1/5サイズで作成したものが展示されています。


Dscf4232




また別館には三国祭の山車(再現)が展示されています。


Dscf4243


三国祭は大きな山車が特徴の祭で、現在では電線などの影響で高さ4m~5mほどの山車が使われるそうですが、明治時代には高さ11mほどの山車が練り歩いたそうです。
これは明治末期の最大級のものを再現したものだそうです。
これがとにかくでかくて、すごくインパクトがあります。


4階はトリックアートワールドと展望室があり、三国の町や港を一望できます。
今回はあまり時間がなく、4階に着いた頃には閉館時間間近となってしまったのでゆっくりと景色を眺めることができなかったのが残念です。
トリックアートワールドには「みくにトリックアートコンペ」の優秀作品が展示されており、これがなかなかおもしろかったです。


地元小中学校の社会科の授業などにはいいところだと思います。
そのような事を考えてか、入館料は高校生以上が300円、中学生以下が150円ですが、坂井市内の小中学生は無料だそうです。
展示物が多いので、展望室も含めてじっくり見て回ろうと思ったら2時間近くの時間を見ておいた方がよさそうでした。

« ルネッサ~ンス! | トップページ | 銀の風 まっとう車遊館 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/39755/43031202

この記事へのトラックバック一覧です: みくに龍翔館:

« ルネッサ~ンス! | トップページ | 銀の風 まっとう車遊館 »

にほんブログ村

Amazon.co.jp