2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

« 冨樫のバラはまだ早かった | トップページ | 高山昭和館 »

2008.10.06

蕪村 & 一風堂

土曜の昼食にて、ようやく「蕪村」へ行くことができました。


Dscf3825


入店したのは12時半ごろだったのですが、店内にお客は誰もいません。
もう流行らなくなってしまったのかとちょっと心配してしまいましたが、食券を買って席に付こうとしたところ、立て続けに2名が来店。その直後にも1名が来店し、私が食べている間には2人連れが2組やって来て、カウンターのみ8席の店内はあっという間に満席になってしまいました。
私が入ったときがちょうどお客さんの切れ目だったようですね。

注文したのは「蕪村そば」とトッピングの「ねぎ」です。


Dscf3830


トッピングのねぎは値上がりしたようで、メニューに訂正の跡が。


Dscf3829


店内には「鰹命」とかかれた紙が貼ってあったりするくらい、魚介系の味が強いスープです。
中太の麺はもっちりとしてスープに良く合います。
チャーシューはかなり厚めのものが1枚。柔らかく煮込まれていて、食べ応えのあるものでした。
たいへんおいしく頂きました。


また、先日小中学校時代の同級生たちと集まって飲む機会があって、そのときの〆に一風堂へ行ってきました。
以前の赤丸新味が赤丸かさね味に代わっており、他にもからか麺などのメニューも増えていました。

注文したのは赤丸かさね味です。


Dscf3824


おいしく頂きましたが、かなり酔っていたので赤丸新味とどう変わったのは全く判りませんでした(^^;)。

« 冨樫のバラはまだ早かった | トップページ | 高山昭和館 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/39755/42692027

この記事へのトラックバック一覧です: 蕪村 & 一風堂:

« 冨樫のバラはまだ早かった | トップページ | 高山昭和館 »

にほんブログ村

Amazon.co.jp