2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

« 水虫退治のご用命は…… | トップページ | PENTAX k-mにさわってきました »

2008.10.24

LGのS-IPSって……

先日購入したMITSUBISHIのRDT202S(BK)ですが、IPSだと喜んでいたものの、国産ではなくLG製のS-IPSで、しかもこれがずいぶんと評判が悪いのでした。

一週間弱経過した現在の設定は
 ・色温度6500K(sRGB)
 ・ブライトネス30%
 ・コントラスト5%
というところで、なんとかぎらつきは気にならない程度にまで抑えられています。
巷で言われているように
『いわゆる目潰しパネル。目の焦点が合わず、短時間の作業でもとても疲労がたまる。』
というほどまでにひどくは感じませんが、初期設定のままで使っていれば確かにそんな感じになるかもしれませんね。

フィルタや保護パネルを付けるといいのでしょうが、いい物は高いですね。
評判がいいのは光興業や東レですが、東レには20型用のものは見あたりませんでした。
光興業のものは値段も高く(そのぶん効果も高いのでしょうけど)、直販価格は20型用で40,000円です。通販で安い店を探しても、中古で購入したディスプレイと同じほどの金額が必要になります。

家で使っているEIZOのS2410Wは純正の保護パネルを付けることによってかなりぎらつきを抑えることが出来ています。これを使えないだろうかと思ったりもしましたが、そもそも他社製品に使えるという保証は無いですし、メーカー自身があくまで保護パネルであってフィルタとしての機能は無いと言っていますので効果があるという保証もありません。
光興業のものほどではありませんが、決して安いものではありません。付けられなかったり効果がなかったりすると厳しい物がありますから、試しに買ってみようという勇気はありません。

まあ、これ以上金をかけたくはないということもあってしばらくはこの設定で使っていくつもりです。

それでもUXGAの広い画面は快適ですし、WSXGA+のワイドディスプレイを買うよりは結果的には良かったと思います。

« 水虫退治のご用命は…… | トップページ | PENTAX k-mにさわってきました »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/39755/42886247

この記事へのトラックバック一覧です: LGのS-IPSって……:

« 水虫退治のご用命は…… | トップページ | PENTAX k-mにさわってきました »

にほんブログ村

Amazon.co.jp