2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« やっぱり絵を描きたがる? | トップページ | 灯台笹駅跡 »

2008.08.16

まだあるVistaの機能ダウン & 問題点

Windows Vistaにも少しずつ慣れてきましたが、使うほどにXPよりも悪くなってしまったところが目につきます。
今回困ったのは「ディスク デフラグ ツール」でした。

Windows2000の頃からでしょうか、標準のデフラグツールがそこそこ使い物になるものが付属するようになり、市販ソフトを購入しなくても良くなったのはありがたい話でした。
ところがVistaのデフラグツールは見事に退化してしまいました。
XPまでは大まかにではあるものの表示されていたファイル配置がVistaでは全く表示されません。これでは今デフラグをやるべきかどうかの判断が全くできません。
また、デフラグを実行しても進捗状況が全くわからないので、いつになったら終わるのかが全く見当がつきません。
時間もかなり長くかかるようになってしまい、Cドライブ(使用サイズは35GB、うち7GBはページファイルとハイバネ用の保存ファイルなので、デフラグ対象は28GBくらいか)のデフラグに2時間弱かかってしまいました。断片化の状況によっても実行時間は変わるでしょうが、ここでも進捗状況が全くわからないと言うことが問題になってきます。
もちろんキャンセルはできるのですが、この手のツールは途中で止めると問題が起きる可能性があるので、できれば最後まで動かしてしまいたいですからね。

また、デフラグのスケジュール実行がデフォルトになり、初期状態ではすべてのディスクが対象になっています。
これも余計なお世話という気がしますね。
Cドライブはまだしも、別のパーティションのドライブは勝手にやって欲しくない場合もあると思います。
私の場合、あるドライブはワーク的な使い方をしているのでファイルの書き込み・削除がかなり頻繁に発生します。ファイルの断片化も半端ではありませんが、そんなことは承知の上でわざわざドライブを分けているのです。
とりあえず、スケジュールの対象はCドライブのみに変更しました。
でもデフラグ中だと気づかずに電源を切ってしまったら、と思うと、Cドライブのスケジュール実行もやめるべきかと思案中です。

スケジュール実行はオフにできるからいいとして、ファイル配置の状態と進捗状況は(2000/XPと同じレベルでいいので)表示して欲しいところです。普段は出ていなくてもいいから、[詳細表示] みたいなボタンを押すと表示されるとか。


そして最近の問題点はCD-RやDVD-Rへの書き込みに関連する問題です。
VistaではDVD-Rへの書き込みにも対応し、CD-Rへの書き込みも含めてXPの頃よりは簡単になっているそうです。
ただ、その機能のせいなのか、ファイナライズも行われていて書き込めないDVD-RやCD-Rをドライブに挿入すると、勝手にdesktop.iniを作成し、「書き込む準備ができたファイル」などと訳のわからないことを言い出します。
ファイナライズされているんだから、書き込めないはずなんですけど?
それに、書き込めたとしてもそんなファイルは書き込みたくは無いんですけど。
この変な機能はどうやったら止められるんでしょうかね。
XPの頃はCD-Rへの書き込みを禁止する設定があったと思うのですが、Vistaではそのような設定が見つけられずにいます。
そもそもdesktop.iniを勝手に作ってしまうというのもやっかいな問題なんですけどね。

« やっぱり絵を描きたがる? | トップページ | 灯台笹駅跡 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/39755/42183767

この記事へのトラックバック一覧です: まだあるVistaの機能ダウン & 問題点:

« やっぱり絵を描きたがる? | トップページ | 灯台笹駅跡 »

にほんブログ村

Amazon.co.jp