2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

« 和倉昭和博物館とおもちゃ館(その1) | トップページ | 能登中島駅の郵便車 »

2008.08.06

和倉昭和博物館とおもちゃ館(その2)

昨日の続きです。

2階へ上がると、ここでもアトムがお出迎えです。


Dscf2293


展示はいろんなコーナーに分かれています。
ここは電車やバスなどのコーナーです。


Dscf2301


ここでいきなりすごいのを見つけてしまいました。


Dscf2297


テッカマンバスです。
若い人は知らないか……


なぜかジュークボックスが置いてありました。


Dscf2307


後ろに飾られたシングルレコードのジャケットを見ているだけでずいぶんと時間が経ってしまいました。


ルーレットみたいなおもちゃです。


Dscf2319


私も持ってました。祭の夜店で買ってもらった覚えがあります。


これもキャラクターもので、ウルトラマンレースカーと書いてあります。


Dscf2340


帰ってきたウルトラマンですね。
しかし、車に対して顔が大きすぎ。


こちらはロボットコーナーです。


Dscf2347


ロボットのおもちゃというのはここの目玉だそうです。


駄菓子屋などで売っていためんこです。


Dscf2371


未開封の帯付きのものまでありました。


ミニカーもたくさんありました。


Dscf2400


自分が持っていた物もあったりして、懐かしかったです。


ミニカーの前には突然巨大なマジンガーZが現れます。


Dscf2407


体長180cmほどでしょうか。かなりの迫力です。


人形もいろいろとあります。


Dscf2420


こんなのも昔家にあったような記憶が。


Dscf2428




こちらは企業物貯金箱ばかりを集めたコーナーです。

Dscf2453




ほかにもいろんなものがありました。
驚いたのは出口付近にあるお土産物を売っているところで、なんとブリキのおもちゃやホーロー看板まで売っているのです。
アースの水原弘は8,000円、由美かおるは13,000円でした。
ほかにもボンカレーの松山容子(9,000円)、オロナミンCの大村崑(10,000円)なども。
買っていく人はいるんでしょうか?


入館料700円の価値は十分にあったと思います。
昭和博物館のほうは40歳以上向けかもしれませんが、おもちゃ館のほうは子供でも楽しめると思います。
平日と言うこともあってか、私が入ったときにはほかのお客さんが誰もいなくて貸し切り状態でした。帰り際に数組のお客さんが立て続けに入ってきていましたので、ちょうどいいタイミングだったと思います。

次は高山昭和館へ行きたいですね。

« 和倉昭和博物館とおもちゃ館(その1) | トップページ | 能登中島駅の郵便車 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/39755/42091179

この記事へのトラックバック一覧です: 和倉昭和博物館とおもちゃ館(その2):

« 和倉昭和博物館とおもちゃ館(その1) | トップページ | 能登中島駅の郵便車 »

にほんブログ村

Amazon.co.jp