2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »

2008.07.31

「ブログ通信簿」ってのをやってみた

最近巷で話題の「ブログ通信簿」ってのをやってみました。


Tushinbo_img_20080730rb


ブログ年齢は40歳だそうです。
まあ実年齢に近いところですね。年相応ということでしょうか。
実年齢よりもわずかにですが下なので一安心。

何の主張もないと思っているのですが、主張度は4とそこそこ高い数字です。
「ソフトウェアの知識や経験を生かして写真家を目指す」というのが意味不明でおもしろいですね。

最近の記事10件を元に採点しているということなので、すべての記事が入れ替わった頃にまたやってみると違う結果が出そうで楽しみです。
皆さんもやってみては?

2008.07.30

徐行

こんな所は言われなくても徐行します。


Imgp21541


そもそも道じゃないですけどね。

2008.07.29

公衆トイレの営業時間

この公衆トイレは午前9時から午後7時までしか使えないようです。


Dscf1551


年末年始などは終日使えないんですね。

しかし公衆トイレなんていつでも入れるだろうに、と思ったら……


Dscf1552


なんと入り口にシャッターが付いていました。
これを閉めてしまうようですね。
そこまでしなくてはいけないという状況というのはなんだか悲しい感じがします。

2008.07.28

旬です。ねあがり

能美市(旧根上町)にてこんなものを見かけました。


Dscf1743


何の塔かは判りませんが、「旬です。ねあがり」というのは、合併前の根上町のキャッチフレーズだったそうです。
こういったものが残っているのはいいですよね。
合併前のものはどんどん無くしていこうとしている白山市とは大違いです。

今年の8耐はHONDAが雪辱!!

2008年鈴鹿8時間耐久ロードレースはHONDAワークスの#11 清成/チェカ組が優勝し、昨年の雪辱を果たしました。
2位となった#12 ヨシムラSUZUKI withデンソーIRIDIUMPOWERも同一周回でチェッカーを受けていますので、SUZUKIとしてはとても悔しい結果だったと思います。

熱中症に対する注意を呼びかけるほどの炎天下だったようですが、途中で雷雨が降り出すという波乱もありました。
個人的に一番期待していた#2 F.C.C.TSR Hondaの辻村/伊藤組は伊藤が3時間を目前にしたところで転倒し、マシンを修復できずにリタイア。もう一台のHONDAワークス、#33 高橋/レイ組も転倒・リタイアと残念な結果に終わってしまいました。
伊藤は史上最多となる7回目のPPを獲得していましたし、かなり期待していたんですが、残念です。
SUZUKIは#34 ヨシムラSUZUKI withJOMOも4位と、優勝は逃したものの今年も強さを見せてくれました。
しばらくはHONDA対SUZUKIという図式が続くのかもしれませんね。

最終リザルトはこちら

2008.07.27

パソコン不調の原因はメモリ?

購入店にて不調の原因を調査してもらっていた新パソコンですが、原因はメモリというちょっと意外な結果となりました。

メモリを交換してもらい(これは無償)、OSとビデオカードの純正ドライバをインストールした状態で起動することを店頭で確認。たしかにちゃんと動いています。
このままOSインストール代8,000円を払って持って帰ってきてもよかったのですが、やはりOSのインストール自体を自分でやりたかったので、HDDをクリアしてもらって持ち帰りました。

しかし、メモリが原因とは思いもよりませんでしたね。
ノートパソコンみたいにメインメモリの一部をビデオメモリに流用するようなものなら十分にありそうな話ですが、今回の場合はそんな使い方はしていないはず。
それでもメモリ交換でちゃんと動くようになったところを見ると、やはりメモリが原因だったと思うしかありません。
まあ、ドライバが何をやっているかわからないので、全く関係ないとは言い切れないとは思いますが……


とりあえずブラウザとメーラの移行は完了し、これは新しいパソコンで書いています。
ただ、ソフトのインストールはまだ最低限必要なものしか行っていません。
それに、根本的にVistaに対応していないソフトの問題などもあるので、しばらくは2台体制となりそうです。

しかしWindows Vistaはまだよくわかりませんね。
XPに比べて格段に使いやすくなったとも思えませんし。
新しい操作を覚えないといけなかったり、動かないソフトがあったりする分、XPからの移行が進まないというのも納得できる話ではあります。

2008.07.26

暑い……

今日も暑いです。
もうすっかり夏ですね。

近江町市場の入り口にはこんなものが置かれていました。


Dscf2041


風流ですね。
あまりの暑さに氷の溶けるペースが速く、下のバケツにはすごい勢いで水が落ちていました。

雲も夏の雲です。


Dscf2053


でも考えてみれば、学校はもう夏休みに入っているんですから、やっぱり夏ですよね……

2008.07.25

SO706iの感想など

すっかりパソコントラブルの影に隠れてしまったSO706iへの機種変更ですが、ほぼ一週間使ってみての感想などをいくつか。

そもそも今回の機種変更ですが、これと言って欲しい端末があったわけではありませんでした。これまで使っていたSO902iと同じコンセプトの端末は無くなってしまっていますし。
そんなわけで、今回のポイントは「薄さ」でした。
N706iのほうがわずかに薄いのですが、デザインはSO706iのほうが好みでした。
また、(まだ発売されていませんが)P706iのほうがもっと薄いのですが、P705iからのプッシュボタンで開くというのがどうも私には合っていないようです。店頭のデモ機で頻繁にあったことなのですが、ボタンで開くのは楽でいいんですけど、なぜか閉じてくれないんですよね。閉じようとしてもロックしてくれないというか、手を離すと開いてしまうんです。P706iもデモ機を見る限り同じ機構のようなので、これも却下です。
Bluetoothに対応していれば外付けキーボードを付けることも出来たのですが、対応しているのはSH906iだけです。906iとなると値段も高くなりますし、薄さの点でも706iと比べると厚くなってしまいます。

そんな消極的な理由で決まったSO706iですが、使い勝手はそんなに悪くはありませんでした。
SO902iで一番の不満であった「もっさり感」もなく、キビキビと動いてくれます。ただ、これは最近の機種ではごく普通の速度なんでしょうけど。
USBモードをmicroSDモードにすると、microSDカードのReader/Writerとして使えるのはなかなか便利だと思います。
シートキーのようなキーもクリック感はしっかりとあるので使いやすいです。でも、耐久性がちょっと心配ですね。最低でも2年は使うことになるので、その前に壊れてしまうのではないかと心配です。
ソフトウェア的にはSOと言いながらも中身はNなので、これまでのSO端末とはちょっと操作に違いがあるところが難点ですが、慣れてくれば問題はないでしょう。

いまいち使えなかった機能はシールドビューでした。
のぞき見を防止するということらしいのですが、横からどころか、正面から見てもとっても見えにくくなります。人に見えないようにするために自分にも見えにくくすると言うのはどういう発想なんだか。若い人にはこれで十分見えるのかもしれませんが、だとするとのぞき見防止にもなっていないことになります。面白そうな機能だと思っていただけに期待はずれ感も大きかったです。


かなり気に入ってはいますが、果たして私にとって3万円(ポイントがなければ4万円以上)もの価値があるものなのかどうかは微妙なところです。

2008.07.24

あさがおの群生地?

現在の勤務地は駐車場がない(あるにはあるのですが、正規の社員の為の駐車場なので私たちが止めるところはない)ので近くに月極駐車場を借りていて、そこから仕事場まで少し歩いていきます。
その道すがら、あさがおの群生地(?)がありました。


Dsc00010


あさがおといえば棒やひもにツルを巻きつけて咲いているというイメージが浮かびますが、地面を這うあさがおというのも以外と良いものです。


今回の写真はSO706iで撮ってみました。
オートホワイトバランスがいまいちという印象ですが、携帯のカメラにあまり多くを期待してはいないのでこんな物ではないかと思います。
200万画素のカメラで、上の写真は200万画素サイズで撮ったものを縮小しています。
ワイドサイズ(240x427ドットで、液晶画面と同じサイズ)で撮った写真のほうがきれいに撮れているような気もしますが、同じ被写体を撮り比べたわけではないのではっきりとしたことは言えません。
時間が出来たらその辺の比較もやってみたいと思っています。

2008.07.23

根上隕石

寺井駅からほど近いところに、こんな看板が。


Dscf1747


1995年2月18日23時55分頃、旧根上町の民家前に隕石が落下、駐車していた乗用車のトランクを突き破りました。
その落下地点には記念の石碑が建てられているのです。


Dscf1749_2


Dscf1753


しかし記念とは言え、家の前にこんなのがあるのはある意味迷惑かも。
奥には車庫もありますし、車が入るときに邪魔にならないんだろうかと心配してしまいます。


なお、根上学習センター2階の「子ども宇宙科学室」では隕石のレプリカと隕石が落下した乗用車を見学することができるそうです。
こちらは公共施設の中ですのでじっくりと見学できそうです。
このときは時間の都合で行けませんでしたが、一度行ってみたいですね。

2008.07.22

HI-Cの看板

かなり錆がひどいですが、缶の形を模したHI-Cの看板です。


Imgp21658


最近の若い人はそもそもHI-Cを知らないかもしれませんけど。

上にある「塩小売所」の看板もかなり年期が入っていますね。

2008.07.21

パソコン入院中……

ビデオカードのドライバをインストールするとWindowsが起動しなくなってしまう新しいパソコンですが、入院(?)することになりました。

とにかくOSすら起動しないので、設定を変えてみるとかそんなレベルではありません。
PCIスロットならスロットを変えてみるとかいう手もありますが、PCI Express x16のスロットなんて一つしか無いですし。
ネットで調べてもこれといった情報無し。
ということで、購入店へ相談に行ってみました。
扱っている数が個人とは雲底の差なので、何かしら情報を持っているかもと期待したのですが……
結局ほとんどのパーツを一カ所で購入していたので、持ってくれば調査しますよと言うことになり、PC本体を店に持っていきました。

まずは現象の再現です。
標準VGAドライバの状態でOSが起動することと、ビデオカードのドライバをインストールしてOSが起動しなくなることを確認しました。ただ、一回だけドライバをインストールした状態でもOSが起動したんですよね。その後はまたリブートを繰り返しましたけど。
次は店のパソコンに私のビデオカードを入れて起動確認。問題なく起動します。ハード自体に問題があるとはあまり思っていなかったので予想通りといえば予想通り。ただ、OSがXPだったので確認としてはちょっと不十分かも。
また、運良くその店のパソコンが同じHD 8450を使っていたので、そのカードを私のパソコンに刺して起動してみました。ここで問題なく起動してくれるとビデオカードと何かの相性という事になったかもしれないのですが、やっぱり起動しませんでした。これで、ビデオカード自体は白確定です。
簡易ハードチェックなどもやってもらって、特に問題なしということでますます原因が分からなくなりました。

店頭で調べられるのはやはりこの程度。ということで、数日預けてもらえればOSのインストールからやり直してチェックしてくれるというので、預けてくることにしました。
料金は、OSのインストール代として8,000円です。
但し、あくまでOSのインストール代なので、店頭で動作を確認した後で一旦OSを削除し、持ち帰ってから自分でOSをインストールするのであれば料金はいらないと言うことです。しかもどちらにするかは持ち帰るときに決めてよいということなので、受け取り時の状況を見てから決めることに。
平日は行けないので、取りに行くのは次の土曜か日曜になるでしょう。
さて、どうなりますことやら。


しかし、これまでにも何台かPCの自作ってやってますけど、こんなはまり方をしたのは初めてですね。
土曜の占いに「衝動買いに注意」って出ていたのは当たっていたのかもしれません。
ブログのネタにはなりましたけど、やっぱり嬉しくないですよね。

とりあえず復活させた旧パソコンも、ボタン電池を替えたにも係わらず、相変わらずC-MOSクリアの現象が出ています。やっぱり早いところ新しいほうに移行しないとまずそうです。

動かない(;_;)

新しいパソコンがうまく動きません。weep
OSのインストールまでは何の問題もないのですが、ビデオカード(RADEON HD 4850)のドライバをインストールすると、棒グラフみたいなのが出た後で再起動されてしまいます。

AMDのサイトから最新版のドライバをダウンロードしてきましたが同じでした(ただ、一覧の中にHD 4850がなかったのが気になりますが)。

Vistaでは、標準VGAドライバが1600x1200までの解像度をサポートしているので、とりあえず標準VGAドライバを使って先に進めてもいいのですが、うちのディスプレイはEIZO S2410Wなので1920x1200なんですよね。
せっかくなので1920x1200で使いたいですし。
気になるのは、動いてはいるものの、標準VGAの時点でデバイスの競合が出ているところです。
単にビデオカードだけの問題ではなく、M/Bとの組み合わせの問題なのかも。

ハードウェアの初期不良はなさそうなので、とりあえずは一安心。
しかしビデオカードのおかげでOSのインストールも4回目です。
疲れたので今日はもう寝ます。外も白々と明るくなってきてるし。

2008.07.20

Windows Vistaインストール中

新パソコンの組み立ても終わり、ようやくOSのインストール開始です。

旧パソコンは問題なく動くように回復したと思われたのですが、電源を落としてもタッチアンドゴーで再起動されてしまうという問題が発生中。とりあえず動くので対処は後回しです。

新パソコンもHDDとPOWERのLEDが点灯していませんが、+-が逆なのでしょう。これも後回しです。


さて、今回購入したハードウェアです。

CPU Intel Core 2 Duo E8400
M/B GIGABYTE GA-EP45-DS3R
Memory PC2-6400 DDR2 2GB x 2
HDD HGST SATA300 500GB 7200rpm
VIDEO A-Open XIFiF485-WDC512X (RADEON HD 4850)
電源 玄人志向 KRPW-V500W (500W)
MOUSE Microsoft Wialess Laser MOuse 6000
OS Windows Vista Business (SP1)

ケース、キーボード、光学ドライブは使いまわしです。
光学ドライブは欲しいと思っていたものがなかったので、後日SATAのDVDを購入予定。

Mouseも使いまわす予定だったのですが、ワイヤレスのものが欲しくなって別途100萬ボルトにて購入。
それ以外はオタク工房(すっかりかっとしさんに影響されてこの呼び方が定着してしまいました)で、総額101,191円でした。光学ドライブを後日購入しても11万以内ですね。
予算は10万円以内というところでしたが、また2年、3年と使うことになるでしょうから、ある程度のスペックは欲しかったですし、やはり12万くらいは必要だろうと思っていたので、予想よりは若干安くなりました。

とりあえずは早いところ使えるようにしなくては。
しかし、突然の購入となったので、Vistaに乗り換えたた場合の問題点というのがまったく解決していないんですよね。どうしたものだろうか。

パソコン購入

携帯の機種変更を終えて、新規パソコンのスペックを検討するためにパソコン屋を回ってきました。

今日の所は見てくるだけで、購入する気は全く無かったのですが、コメントを頂いたかっとしさんオススメのオタク工房(笑)へ行ったところ、10万円ちょっとで希望するスペックのものが揃うことが判明。
その場で購入してしまいました。

突然の購入となったため、現パソコンからの移行やインストールしなければならないソフトの準備などが全く出来ていません。
家に帰ってから現パソコンの必要なデータなどを外付けHDDにコピーしていたら、突然電源が落ちてしまいました。
やっぱり早めの購入は正解だったのかもと思いつつも、結局は現パソコンもなんとか動くようにしてやらないといけないことに。

そんなわけで3連休残り2日はパソコン2台のセットアップとなりそうです。
ようやく現パソコンの電源を交換し、なんとか動くようになりました。
今から新パソコンの組み立てに入ります。
スペック等の詳細はまた後ほど。

2008.07.19

携帯の機種変更

2年と3ヶ月ぶりの機種変更です。

世間ではiPhoneが話題ですが、今回機種変更したのはSO706iです。


Dscf2027


今まで使っていたSO902iと並べてみると、折りたたんだ状態での大きさはほぼ同じです。厚さはSO706iのほうが薄いです。
SO902iはストレートなので、折りたたんだSO706iと比べることにあまり意味は無いかもしれませんけど。

ポイントが12,000点ちょっとあったため、支払額は約31,000円でした。
高いですね。
こんな高い携帯を買ったのは初めてです。
パソコンの買い換えも考えなければいけなくなったのでどうしようかと悩んだのですが、既に機種変更を見越してMicroSDカードまで購入してしまっていたので、初志貫徹ということになりました。
SO902iはとても気に入っていたのですが、動作が鈍いのがだんだん我慢できなくなってきたのです。

しかしこの後、さらに大きな事件(?)が……

2008.07.18

ドッグヒルの看板?

先日初めて通った道の道沿いにこんなものが。


Dscf1782


かなり大きいモニュメントです。
一体何があるのかと思って車を降りて見てみると、近くにこんな看板が。


Dscf1785


ドッグヒルだそうです。
石川県にもこういったものがあったんですね。

ということはモニュメントはドッグヒルの看板と言うことになるのでしょうか。
大きいのでとっても目立つのですが、これを見てもここがドッグヒルだとは判らないんですけどね。


後から調べてみたところ、モニュメントに書かれている「夢想苑」というのは能美市和気町にあるペット葬儀屋さんでした。
モニュメントの上の犬はここのシンボルマークみたいなもののようです。


Dscf1777


ホームページに同じような像が乗った合同墓の写真が出ていました。
ということは、別にドッグヒルの看板ではなくて店の宣伝なのかも。ちなみに店舗はこのモニュメントがある場所からは少し離れたところにあります。

2008.07.17

のの石・ばば石

能美市の旧辰口にある、「のの石・ばば石」と呼ばれている石です。


Dscf1661


単にちょっと大きな石ではありますが、その場所があんまり普通ではありません。
車道から見ると、こんな場所にあります。


Dscf1664


歩道にあるので車道が狭くなったりしているわけではありませんが、ここだけ歩道が広くなっているにもかかわらず、その半分以上を占拠しています。


Dscf1659


いろんな言い伝えがある石で、石の横には説明の書かれた看板が立っています。


Dscf1656


昭和29年の区画整理の際、移動しようとしたところ急に天気が悪くなったそうです。
そんなわけでこの場所にずっと残っているんですね。
なんとものどかな話ですが、その心意気がとっても素敵だと思います。

2008.07.16

とうとうパソコンが壊れた?

昨日の夜、家に帰ってデスクトップパソコンの電源を入れたところ、なんと電源が入りません。shock
電源のLEDが一瞬光ったあとすぐに消えてしまい、その後は何度電源ボタンを押しても反応無し。
とうとう壊れたのかも……


その後、ケース側のスイッチではなく電源本体に付いているスイッチを入れたり切ったりを繰り返しているとなんとか電源が入りました。
ところが今度はC-MOSがクリアされているというメッセージが出ています。

C-MOSクリアのメッセージは3ヶ月ほど前に出るようになって、交換用のボタン電池を買ってきたとたんに出なくなったという経緯があります。
その後は出なくなってしまったので結局電池は交換しなかったのですが、今回ちょうど良い機会だと思って一旦電源を落として電池を交換。
そして再度電源を入れようとしたのですが、またまた電源が入りません。
またもや電源に付いているスイッチを入れたり切ったりを繰り返し、数十回目の操作でようやく電源が入りました。


電源さえ入ってしまえば問題なく動いているようなので、壊れているのは電源部だと思われます。
とりあえず電源だけ買ってこようかと思ったのですが、その後は問題なく電源が入るようになってしまったので、しばらく様子を見ることにしました。
今日も今のところ問題なく動いています。
まるで、昨日の騒ぎは何だったんだというくらい、何の問題もありません。think

ただ、問題が一つ。
最近は暑くなってきたので電源ファンの回転が速くなってかなり大きな音をたてていたのですが、今回の件以来ファンの回転が上がらなくなってしまいました(回っていないわけではない)。
静かなのはいいのですが、やっぱり電源が壊れかけているのかも。動作も心なしか重く感じます。


もう4年半も使っているパソコンなので、3連休に新しいのを購入しようかと考えたりもしていますが、突然の話なので先立つものが……
とりあえずは電源だけ交換でしょうかね……

2008.07.15

弁慶謝罪の地

勧進帳で有名な安宅の関があるのは小松市ですが、弁慶が安宅の関にて主君を打ったことを謝罪した場所とされる道林寺跡地が能美市にあり、銅像と石碑が建てられています。


Dscf1730


Dscf1708




また、勧進帳は歌舞伎の演目としても有名なためか、何人もの歌舞伎俳優がここを訪れて記念植樹をしています。


Dscf1699




勧進帳とは全く無関係ですが、ここにはもう一つこんなものが。


Dscf1693


歌詞は出ていますが、曲が全くわからないのでどんな歌なのかわかりません。
秋祭りではこの歌に合わせて獅子舞が舞うそうなので、地元の人たちには有名な歌なのでしょう。

2008.07.14

西部緑地公園のSL

金沢の西部緑地公園にはSL(D51)が静態保存されています。


Dscf1819


昭和15年浜松工場製の522号機です。


Dscf1863


しかし西部緑地公園にSLがあると言うことを知らない人が以外と多いんですね。
単に興味がないだけなのかもしれませんけど。

かく言う私もここにSLが静態保存されている事を知ったのはそんなに昔のことではありません。せいぜい5、6年前でしょうか。
産業展示館にはずいぶん前から何度となく行っているのですが、SLが置いてある場所は野球場の横(3塁側入り口のあたり)なので、産業展示館へ行くときには通らない場所だということもあるでしょうけど。


ちゃんと屋根のある場所に展示されているのですが、状態はかなり悪いです。
錆はひどいですし、前照灯はレンズが無くなっています。


Dscf1911


運転席へ上る階段があるのですが、入れないようにチェーンが張ってあります。


Dscf1823


展示当初は入ることが出来たのでしょうね。
せっかく保存しているのならもう少し手入れしてもらえると嬉しいんですけどね。


後ろには貨車が一両。


Dscf1878


こちらは後から追加されたのか、屋根からはみ出しています。
しかも、単に後ろにあると言うだけで連結されているわけではありません。


Dscf1881


線路も後から付け足したのか、あり得ない状態で繋がっています。


Dscf1871




ところで、ここは屋根があるためか、猫の住処になっているようです。
この日も4匹見かけました。


Dscf1930


Dscf1914


とても暑い日だったので、すっかりだれてますね。

2008.07.13

徳光海浜公園の蓮

徳光海浜公園の風車前の池に蓮が咲いています。


Imgp22205


かなりたくさん咲いているのですが、きれいな形のものとなるとあまり多くありません。


Imgp22224


また、池の縁から花が咲いているところまでがかなり離れていることもあって、あまり思うような写真は撮れませんでした。


Imgp22234




水辺と言うこともあってか、トンボがたくさん飛んでいました。


Imgp22347


なので、蓮が撮れなかった分トンボばかり撮っていました。


Imgp22291


その中に一匹だけ赤いのがいたので「シャア」と呼んでました。


Imgp22386


秋に見かける赤トンボよりも鮮やかな赤をしているような気がしますが、気のせいでしょうか。


もうすっかり真夏の暑さといった感じですが、北陸地方の梅雨明けってまだ宣言されてませんよね?
徳光の浜には泳ぎに来ている人たちの姿もちらほらと見られました。
カメラを持って海岸に近づくのは危険な季節になってきました。
特に海水浴場にはなっていないところにでも泳ぎに来ている人はいますからね。危うきには近寄らずと言うところでしょうか。

2008.07.12

映画「スピード・レーサー」

本日、「スピード・レーサー」を見てきました。

マッハGoGoGoが原作ということで、絶対に見に行こうと思っていた映画でした。
ところが世間の評判はあまり良くないようでちょっと不安もありましたが、なかなか面白かったです。

登場人物とごく一部のセット以外はほとんどCGというところで好き嫌いが別れてしまうのかもしれませんが、そこがアニメっぽさを感じさせて良かったです(車も停車中の一部は実車のようですけど)。
刺客が変な忍者だったり、冒頭の回想シーンが入り交じるところがわかりにくかったりというところもあるのですが、ハリウッドの大作なので、細かいストーリーがどうのこうのといった映画では無いと思いますし、CGの映像とスピード感で十分楽しめる映画でした。


また、思った以上に原作が生かされているところも驚きです。
マッハ号のデザインは原作のデザインを上手く取り入れていましたし、主人公のコスチューム(青いシャツに赤いマフラー)やヘルメットといった細かいところも原作に合わせられていたりして嬉しくなりました。
特にマッハ号のステアリングについているボタンとマッハ号の各種装備(細かい違いはありますけど)も再現されており、(実際に使われなかったけど)ギズモ号まで装備されていたのは驚きでした。
主題歌もアニメの主題歌がベースになっていますし、エンディングの最初のほうでは日本語版の主題歌の一部がそのまま使われていました(吹き替え版だけなのかどうかは不明)。
エンディングのクレジットに吉田竜夫氏とタツノコプロの名前が出てきたのには感動しましたね。

もちろん原作と全く同じということはありえないですし、ストーリーや登場人物も原作とは違います。
しかし、ハリウッドのGODZILLAは日本のゴジラとは全く別物のトカゲみたいな生物にされてしまいましたし、日本映画でマンガやアニメが原作の実写映画を作っても全く別物になってしまうことも珍しくありません。そんな中でハリウッドの映画がここまで原作を意識しているのにはかなり好感が持てます。


さて、今回はやはり映像がメインだろうということで吹き替え版を見てきました。
最近の洋画は字幕版と吹き替え版の両方が公開されることも多くなっています。どちらも一長一短なのでどちらを見るべきか悩むところですけど。
原語が理解できればそれがベストなのは言うまでもないのですが、私には無理な話です。
映画の種類やその人の思い入れ(出ている俳優のファンだとか)によっても変わってくるでしょうから、一概にどちらがいいと言えるものでもありませんし。

私の場合、字幕が出ているとどうしても文字を読む方に神経が集中してしまうところがあって、字幕はあまり好きになれないんですよね。これが洋画をほとんど見ない理由の一つでもあります。
最近はテレビのバラエティ番組でも字幕が氾濫していてちょっとどうにかならないのかと思うこともあります。
エンタの神様みたいに、一字一句漏らさずという感じで字幕を出されると、いい加減にしてほしいなと感じてしまうのは私だけでしょうか。

2008.07.11

甲子園高校野球大会歌碑

今年も夏の全国高校野球大会の季節ですね。
石川県予選も始まりました。今年はどこが甲子園へ行くことになるでしょうか。

さて、夏の高校野球といえば「栄冠は君に輝く」です。
誰でも一度は聞いたことがあるのではないかと思われるほど有名なテーマソングですが、この歌の歌碑が能美市の根上野球場にあります。


Dscf1673


なぜ根上にあるのかというと、この歌の作詞者である加賀大介さんという方が旧根上町生まれの人だからなんだそうです。
奇しくもヤンキースの松井秀喜と同じ根上出身というのは何かの縁なんでしょうか。
歌碑にはその略歴も記されていました。


Dscf1667


歌碑の隣にはボール型のボタンがあって、これを押すと「栄冠は君に輝く」の歌が流れると書いてありました。


Dscf1668


試しに押してみましたが、残念ながら歌は流れませんでした。
壊れてしまっているのでしょうか。
あるいは、この日は球場が休みだったので電源が入っていなかったのかもしれません。

2008.07.10

手取川水辺プラザと水害記念碑

手取川の辰口橋から上流約300mのところに「手取川水辺プラザ」というのがあります。
以前、通勤で辰口橋を通っていたこともあり、そこにそのようなものがあると言うことは知っていたのですが、どんなものなのかは全く知りませんでした。
何か建物が見えているので、その建物が水辺プラザで、中では手取川に関する展示のようなものがあるのだろうとなんとなく想像していました。


Imgp22197


ところが実際に行ってみると、想像とは全く違ったものでした。
まず、水辺プラザとはその建物のことではなく、その周辺一帯が水辺プラザであるということ、建物は「ナビゲーションセンター」と言われているものであることが判りました。


Imgp22177


で、行ってはみたものの、水辺プラザとは一体何なのかという事については良く判りませんでした。
ナビゲーションセンターにあるのはトイレくらいのものでしたし(但しバリアフリーに対応した立派なものでした)、芝生広場があるくらいで、これといったものがあるわけでもありません。

ナビゲーションセンターの近くには「手取川の玉石」という石を積み上げたものがありました。


Imgp22135


大雨の時に堤防を守るための資材として近くの河原から集められたものだそうで、上部はデッキとなっています。
「仰向けになって手取川の大自然を体感してください」と書いてありましたけど、ここで仰向けになっても空しか見えないような……


土曜の午後4時頃という時間帯でしたが、釣りや犬の散歩に来ている人はたくさんいました。


Imgp22192


中にはカヌーの練習(?)をしていた人も。


Imgp22127


芝生広場ではラジコンで遊ぶ子供(?)がいたりと、人はそれなりにいるのですが、水辺プラザという施設の意味はやっぱり解りません。


さらに上流へ100mほど行くと、水害記念碑というのが建っています。


Imgp22156


Imgp22166


建てられたのは明治32年で、明治29年の洪水の状況が記されているとのことです。


Dscf1976


水辺プラザとは直接関係のないものですが、水辺プラザの案内板にもその存在が記されていました。

2008.07.09

すずめばちのすがあります

公園の入り口が封鎖されていました。


Dscf1686


なにやら書かれているので見てみると、


Dscf1683


スズメバチの巣があるので入るなとのことでした。


巣を見てみたいという思いも多少はあったものの、やっぱり怖いので近寄れませんでした。

なんともヘタレな話ですが、小学生の頃スズメバチの集団に襲われたことがトラウマになっていて、蜂をはじめ、毒を持った生き物は全般的に怖いのですよ。
そのときは5カ所か6カ所刺されて病院へ行きましたが、単に消毒しておしまいという今になって思えばかなり適当な扱いをされたものです。
また、最近になって知ったことですが、疫系の記憶システムによって引き起こされる「アナフィラキシーショック」というのがあって、過去に刺されたことがある場合、次に刺されると死に至ることもあるそうです。
その話を聞いてからは、ますますスズメバチが怖くなりました。

花の蜜を集めにきているミツバチ程度ならこちらから何もしなければ攻撃してくることもないので怖くはないのですが、スズメバチともなるとこちらが何もしていなくても近寄っただけで攻撃してくることもありますし、ましてや巣の近くとなると攻撃してくる可能性も高くなります。

この写真も思いっきりズームで撮りましたし、際にはさらにトリミングまでしています。


ちなみに数日後に訪れたときには封鎖は解除されていました。
巣は撤去されたようですね。よかった、よかった。happy01

2008.07.08

またまたDB2ではまった

またまたDB2でCSVファイル出力をしようとしたときの話です。


ある条件では空白を固定で何文字か出したかったので、

  CASE WHEN ROW1=1 THEN ROW2 ELSE SPACE(2) END

みたいなSELECT句を書いていました(ここでROW2はCHAR(2)の列です)。
すると、CSVファイルに出力するときに、「254バイトを超えている」という警告が出るのです。
ROW2を出力しても2バイトだし、半角スペース2つでも2バイトなので、どう考えても254バイトを超えているはずがありません。
実際に出力されたCSVファイルを見てもそんなに長い文字列は出力されていません。ちゃんと2バイトの空白が出力されています。
ちなみにDB2の固定長文字列列の最大長は254バイトですので、このあたりの絡みで警告が出ているようです。

マニュアルを見てみると、SPACE関数の戻り値の型はVARCHAR(4000)になるのだそうです。
4000というのが254を超えているからということで警告が出るように思えます。

しかし、実際に出力されているのは2バイトなのに、254バイトを超えているという警告が出るのはちょっと困ります。
出力されるCSVファイルには期待通りのものが出力されているので問題ないのですが、テスト結果の報告には出力されたCSVファイルだけでなく実行した証拠として実行時のメッセージなども提出しないといけないのです。なので、警告が出ているというのはあまり好ましいものではありません。
結局今回も(前回のNULLに続いて)CASTのお世話になることになりました。

  CASE WHEN ROW1=1 THEN ROW2
    ELSE CAST(SPACE(2) AS CHAR(2)) END

とすれば警告は出なくなります。
しかし、2バイトだと言っているのに254バイトを超えていると言われるのはやはり納得いきませんね。

もっと簡単に文字列定数で '  ' とすれば警告は出なくなりますが、何十バイトとかになってくるとやっぱりSPACE関数を使いたいですよね。
それに、同じ事はLEFTやRIGHTの関数にも言えるのです。

  LEFT('ABCDE', 3)

の戻りもVARCHAR(4000)なので、同じ警告が出てしまいます。
3バイトにしたいからLEFT関数で3バイトだけ取ってきているのに……

ただ、SUBSTR関数だけはちょっと様子が違います。

  SUBSTR('ABCDE', 2, 3)

は、戻り値の型が戻り値のサイズ(この場合はCHAR(3))になるのです(但し254バイト以内の場合)。
LEFTやRIGHTというのは特殊な条件のSUBSTRと考えることも出来るので、ますます納得いかない仕様です。

なお、CSV出力を行わずにSQLだけを実行した場合は警告は出ません。
また、INSERT INTOでテーブルに追加する場合にも警告は出ません。もちろん、格納先のサイズが小さい場合は警告どころかエラーになりますけど、それはごく普通の動作でしょう。

なぜCSV出力のときにだけ、こんなありがたくない特別扱いになっているのでしょうか。

2008.07.07

のみでん広場

能美市立博物館には、能美線で走っていた車両が静態保存されており、「のみでん広場」として公開されています。


Imgp22029


Imgp22084


この車両は実際に能美線でも走っており、能美線の最終日にも「さよなら能美線」のヘッドマークを付けて走った車両なんだそうです。


P2154178


上の写真は石川線鶴来駅に留置されていた頃のもので、2003年に撮影したものです。


火曜から日曜の9時から16時30分までは車内を公開しており、中へ入ることが出来ます。


Imgp22063


車内には路線図が貼られていました。


Imgp22048


また、当時の各駅が写真付きで紹介されています。


Imgp22045


さらにこんなものも。


Imgp22047


鉄道唱歌の能美線版みたいなものですね。

2008.07.06

九谷焼のビッグモニュメント

能美市にある九谷陶芸村には、九谷焼資料館や作陶体験が出来る「九谷焼陶芸館」などの九谷焼に関する施設が集まっています。
また、16のショールームが並んでおり、販売も行っています。


Dscf1974


九谷焼陶芸館の裏手には登窯もあります。


Imgp22001


しかし、九谷焼どころか焼き物にも興味があるわけでもないのになぜそんなところへ行ってきたのかというと、「陶壁ビッグモニュメント」なるものがあると聞いたからです。


Imgp21950


写真では判りづらいですが、これがとても大きいのです。
高さ12.9m、幅11mもあります。


Imgp21963


鉄筋コンクリート4階建で、使われている陶板は約6万枚にも上ります。
なんとかこの大きさを伝えられるような写真が撮れないものかと試行錯誤していましたが、私の技術では無理でした。coldsweats01


Imgp21937


Imgp21922


竣工は1993年10月ということですので15年ほど前ですが、つい最近までこんなものがあるとは知りませんでした。


Imgp21944


こういうところまで陶板で作られているのがすごいですね。


かなりのインパクトがあるのですが、あまり人気は無いようでした。
なんだかんだと20分以上この前で写真を撮っていましたが、その間にも見に来る人は誰もいません。
陶芸村には数組の団体客も来ていて、資料館や陶芸館には入っていったんですけどね。
確かに、これだけをわざわざ見に行くような物好きは私くらいなのかもしれません。sweat01
しかし、県内の人でも存在自体を知らないという人も多いのではないかと思いますので、近くを通った際にはちょっと寄り道して覗いてくるのも一興ではないかと。加賀産業道路の和気交差点から車で5分もあれば着くところにありますし。

ちなみに照明施設もありましたので、イベント時にはライトアップなども行われているのかもしれません。


ショールームの並ぶ通りには陶芸村のモニュメントもあります。


Imgp21908


こちらも高さ4.9mとかなり大きなものですが、陶壁ビッグモニュメントの前では霞んでしまいますね。

2008.07.05

高坂公園

あじさいが見頃だと聞いたので、能美市の高坂公園というところへ行ってきました。


Imgp21740


公園の周囲にあじさいが植えられていて、見頃を迎えていました。


Imgp21806


Imgp21839


Imgp21775


Imgp21876




また、園内には高坂堤と呼ばれる池があります
約300年前に農民の手により灌漑用水として掘られたもので、現在は日本庭園として整備されています。


Imgp21763


堤に架かる真っ赤な太鼓橋がきれいです。


Imgp21754


園内中央部の遊具ゾーンがには木製大型遊具が整備されていますが、遊んでいる子供達を見かけることはありませんでした。
児童館やグラウンドで遊んでいる子供達は居たんですけどね。
最近はこのような遊具は人気が無いのでしょうか。

2008.07.04

特急ひだ号

越中八尾駅にて。


Imgp21617


撮っているときには何も思わなかったのですが、後から見てみるとなんだかすっきりしている感じがします。


Imgp21626


なぜだろうと思ってずっと見ていて気付きました。

架線が無いからですね。

なんとか本線という名前が付いているので、電化されていて当然という勝手な思い込みがあったようです。
走っている列車もディーゼル車には見えないですし。

ディーゼル車というと、20年以上前に七尾線を走っていたような列車のイメージがあるんですよね。

2008.07.03

BDFバス

越中八尾駅の前に「BDFバス」と書かれたバスが止まっていました。


Imgp21730


BDFとは「バイオディーゼルフューエル (Bio Diesel Fuel)」のことで、廃食用油から作られる燃料を使用しているとのことです。


Imgp21731


八尾市では2006年から通勤シャトルバスとして運行されているそうです。
天ぷら油で走る車の話は聞いたことがありましたが、そんなに前から実用化されているとは知りませんでした。

2008.07.02

小矢部川SAの猫

北陸道小矢部川SAではよく猫を見かけます。多いときは4、5匹見かけることも。
この日見かけたのは一匹だけでしたが、まだ仔猫ですね。


Dscf1576


Dscf1565


最近はここへ寄ったらトイレに行ってから猫を探すというのがパターンになっています。

2008.07.01

気が早い?

7月5日に東海北陸道が全線開通します。
地元の期待はかなり大きいようです。

東海北陸道は片側一車線の区間が長く制限速度も低いため、富山から名古屋まで行く場合の時間短縮はせいぜい15分程度だという話を聞いたことがあります。金沢からとなると小矢部まで行く必要がありますので、米原経由のほうが早いのではないかと思われます。
距離はかなり短くなるので、ガソリン高のご時世には喜ばれそうですけど。
高山あたりへはかなり行きやすくなりそうですので(金沢からだと50分短縮になるそうです)、開通したら一度高山へ行ってみようと思っていますけど。


そんな東海北陸道との分岐点である小矢部JCTには、早くも「名古屋」の看板が出ています。


Dscf1541


ひょっとしたら以前からあったのに私が気付かなかっただけなのかもしれません。
全線開通していなくとも、途中下道を通って名古屋までは行けるわけですから。

« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »

にほんブログ村

Amazon.co.jp