2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »

2008.06.30

にゃウンド肉球 9月発売

エポック社から、「にゃウンド肉球」という猫の肉球型キーホルダーが発売されます。
肉球を押す度にボイスが流れ、29(にく)回押すとシークレットボイスも流れるんだとか。
「しろにゃんこ」、「ちゃいろにゃんこ」、「グレーにゃんこ」、「くろにゃんこ」、「タイガー」の5色があり、色によってそれぞれシークレットボイスは違っているんだそうです。

肉球の感触を忠実に再現したということですが、どんなものなんでしょうね。
無限大プチプチとか流行りましたけど、やっぱり本物のプチプチとは感触は違いましたからね。
また、「ボイス」ということからも判るように、出る音は声優さんの声なんですね。
それはそれで良いんですけど、せっかく5種類も出るんだったらそのうち一つくらい本物の猫の鳴声を収録したバージョンなんていうのも欲しかったですね。

発売は9月からとまだ少し先ですが、ちょっと気になる商品です。
ちなみに価格は一個580円。全種類そろえると2,900円になります。
さすがに全種類購入は出来ないですが、一つや二つは買ってみたいですね。


ところで超大物声優って誰なんでしょうね。
初音ミクの藤田咲さんだという話もあるようですが。



ぷにぷにした触感とネコボイスがやみつきに!やみつき触感!にゃウンド肉球「しろにゃんこ」(9...
ぷにぷにした触感とネコボイスがやみつきに!やみつき触感!にゃウンド肉球「ちゃいろにゃんこ...
ぷにぷにした触感とネコボイスがやみつきに!やみつき触感!にゃウンド肉球「グレーにゃんこ」...
ぷにぷにした触感とネコボイスがやみつきに!やみつき触感!にゃウンド肉球「くろにゃんこ」(9...
ぷにぷにした触感とネコボイスがやみつきに!やみつき触感!にゃウンド肉球「タイガー」(9月末...

2008.06.29

婦中ふるさと自然公園(後編)

昨日の続きです。

ふるさと創生館前の駐車場へ行く道も狭い道でした。
ただ、駐車場まではせいぜい50mの直線ですので、対向車が来てもすぐに判りますし、バックするにしても大した距離ではありません。

創生館と言っても中に何かあるわけではなく、トイレと展望台があるだけの建物です。


Imgp21522


展望台からは立山連峰を望むことが出来ます。
天気の良い日には称名滝まで見えるということですが、この日は曇っていて立山すら見えませんでした。


Imgp21524




創生館の前には石仏がずらりと並んでいました。


Imgp21520


こんな由来があってここにあるそうです。


Imgp21525



近くにはフィールドアスレチックの用具もありました。


Imgp21528


残念ながら使用禁止でしたが。


Imgp21531


広場への入り口にある看板も草に隠れてほとんど見えない状態です。


Imgp21539


遊具広場のすべり台も解体されていましたし、あまり人気のないところなのでしょうか。
富山西ICからそれほど遠くないところにありますので、ロケーションは悪くないと思うのですが。
駐車場と駐車場までの道が狭いので、ちょっと行くのをためらってしまうというところはあるかもしれませんけどね。

ちなみに近くのゴルフ場にはとても多くの人が来ていました。


遊具広場からは隣の泉光寺にあるお地蔵さんの集団が見えました。


Imgp21546


全部で何体あるんでしょうか。

2008.06.28

婦中ふるさと自然公園(前編)

北陸では花菖蒲の時期も終わりのようです。
今年は福井(北潟湖)、石川(木場潟)と行ってきましたので、最後は富山のどこかへということで、婦中ふるさと自然公園というところへ行ってみました。


Dscf1544


こちらも残念ながらすでに時期は過ぎてしまっていて、あまりきれいなものは残っていませんでした。


Imgp21488


Imgp21420


Imgp21484


花は終わりに近かったのですが、虫はたくさんいました。
特に多かったのが蜂です。


Imgp21494


足にたっぷりと花粉を付けています。

そして、もう一つよく見かけたのがこの光景。


Imgp21500


ヤゴでしょうか。
この体勢でじっとしているのをあちこちで見かけました。


広さはかなりありますので、満開の時期にはかなり見応えがある場所なのではないかと思います。
ただ、菖蒲園近くの駐車場は十数台ほどしか止めるところはありません。
そしてなにより、菖蒲園に入ってくるところの道がとても狭く、軽自動車ですらすれ違いが出来ないほどです。
今日はほとんど車がいなかったのにも係わらず、運悪く対向車が来てしまって数百メートルも細い道をバックする羽目になってしまいました。

花の写真はそれほど撮ることが出来なかったので、この後は「ふるさと創生館」の辺りへ行ってみました。

(続く)

2008.06.27

風呂の椅子

東屋のベンチの下に何かが入っています。


Imgp21258


どう見ても風呂の椅子です。
かなり汚れていますので、何かに使われてはいるのでしょう。
しかし、何に使っているのかは全く想像がつきません。

2008.06.26

ポチッとなボタン

タカラトミーから発売中の「ポチッとなボタン」を購入しました。


Dscf1528


今回購入したのは、ボヤッキーバージョンとドクロベエバージョンです。
このほかにドロンジョ様バージョンもあります。

ドクロ型のボタンを押すと、「ポチッとな」のセリフが。


Dscf1535


セリフは全部で5種類あって、ボタンを押す毎に違うセリフが出てきます。

ドクロベエバージョンでは「おしおきだべぇ」などのセリフが(もちろん滝口順平さんの声で)入っていますが、「ポチッとな」の声だけはボヤッキー(八奈見乗児さん)の声で入っています。
やっぱり「ポチッとな」の声はボヤッキーじゃないと、ということなのでしょう。


車のコクピットにでも付けてみようかと思っていたのですが、以外と大きい(7cm x 5cmくらい)ので、どうしたものかと。

なお、対象年齢は15才以上となっております。





      


2008.06.25

左曲がりのダンディー

昔、右曲がりのダンディーという人気マンガがありましたね。
実写映画にもなったほどでした。

こちらは右曲がりではなく左曲がりのようです。


Imgp21295


そんな私はへそ曲がりsweat01

2008.06.24

出入口

駐車場の出入口です。
車の出入口は料金ゲートになっていますが、こちらは人が出入りするための出入口で「人専用」と書いてあります。


Dscf0544


幅は1mちょっとくらいで、どう考えても車が出入りできるようなサイズではありませんので、わざわざ「人専用」と書かなくても車が入るとは思えません。
それとも書いておかないと入ってくる車があるのでしょうか?
もし駐車場代をケチってここから車を入れたりしたら、修理代のほうがずっと高く付いてしまうでしょうね。下手するとフェンスの修理代まで請求されそうですし。

2008.06.23

仲の良い二羽

二羽の鴨が仲良く並んでいます。


Imgp21388


よほど仲が良いのか、どこへ行くのも二羽一緒でした。
餌を捕るため水の中に首を突っ込むのも二羽一緒です。


Imgp21387


一羽が首を突っ込むと、もう一羽も一緒に首を突っ込んで、一羽が顔を出すともう一羽も顔を出します。
そこまで一緒にやらなくても、と思うくらいでした。

2008.06.22

カヌーの花壇

木場潟はカヌー競技場にもなっていて、高校のカヌー部が練習していたり、いろんな大会が行われたりしています。
その競技場近くにこんなものが。


Imgp21297


壊れたカヌーを花壇にしています。
うまいことを考えたものだと思います。

2008.06.21

木場潟の花菖蒲園

今日は会社のソフトボール大会(と言っても「ソフトボールでもやりましょう会」くらいのものではありますが)がある予定でした。
ところが前日の天気予報では当日の降水確率が100%だったため、残念ながら中止となってしまいました。
しかし天気予報は見事に外れて朝からいい天気でした。午後からはちょっと曇っては来たものの、雨が降る様子はありません。せっかくなので、午後から木場潟の花菖蒲園へ行ってきました。


Imgp21061


先週行った北潟湖の花菖蒲園に比べると規模は小さいですが、それでもたくさんの花が咲いていました。
ただ、残念ながら見頃はちょっと過ぎてしまっていて、完全に萎れてしまっているものも多かったです。


Imgp21071


また、咲いているものでもきれいな花は少なくなってきていていましたし、きれいな花があってもすぐ横に萎れた花があったりするので、写真を撮るのにはやはり遅かったと思います。


Imgp21078


その代わりというわけでもありませんが、人は少なかったのでゆっくりと写真を撮ることは出来ましたけど。


Imgp21118




何の関係も無いと思いますが、蝶の羽もかなり傷んでいました。


Imgp21144




あじさいはちょうど見頃でした。


Imgp21242


結局雨が降り出したのは夜の8時を過ぎてからでした。
昼間は雨こそ降らなかったものの、さすがに梅雨入りしたとあってかなり蒸し暑い日でした。特に午後2時から3時頃には、じっとしていても汗が噴き出してくるほどでした。
この暑さの中でソフトボールなんかやっていたら……と考えると、中止になって良かったのかもしれませんね。

2008.06.20

こんなところにスニーカーが……

スニーカーの片割れです。


Dscf0495


土は付いていますがまだまだ新しそうに見えますので、捨てていったとも思えません。
しかも片方だけだし。
どうやったら片方だけこんなところに置いていけるのかがとっても不思議です。

2008.06.19

DB2でNULLを出力する方法

先日、DB2でSELECT句で固定値のNULLを出力するときに、

  NULLIF(0,0)

などというインチキくさい方法でやっていると書きましたが、もう少しましな方法を見つけました。
それはCASTを使う方法です。

  CAST(NULL AS INT)

とやると、INT型のNULL値(というのも変かもしれませんが)が返ってきます。
これのいいところは、データ型やサイズが明確になることです。
CAST(NULL AS CHAR(10)) とか、CAST(NULL AS DECIMAL(10,3)) という指定が出来るのです。
今回の目的はCSVファイルの出力だったのでそこまでの必要性は無かったのですが、必要とされる場面もあるかもしれません。

少なくとも NULLIF(0,0) よりはずっといいと思います。

ちなみにDB2のCASTは関数ではなく、CAST指定なんだそうです(指定って何なのだろう?)。
ここで使っているNULLも定数ではなく、キーワードという扱いになるみたいです。


でも、最初からNULLが定数として使えればこんな面倒なことはしなくていいんですけどね。

2008.06.18

パペサイDVD第3弾発売決定!!

パペットマペットのサイエンスでしょ!?のDVD第3弾が8/20に発売されます。
これまでにも番組ダイジェストを中心としたDVDが2枚発売されていて、今回第3弾がが発売されることになりました。
番組を視聴できないところに住んでいる我々にとってはとてもありがたいことです。

かなりマイナーな番組なので知らない人も多いかと思いますが、パペットマペットのサイエンスでしょ!?(通称パペサイ)は、テレビ神奈川(tvk)で毎週日曜の朝11:00~11:30に放送されている番組です。群馬テレビと岐阜放送でも放送されています。

うしとカエルのコンビであるパペットマペットですが、この番組では、存在しないはずの「後ろの人」がかなり前面に出てきているところがあって、パペマペファンにもんかなか貴重な番組ではないかと思います。
また、「おっつー」こと尾辻舞(tvkアナウンサー)の大ボケぶりが素敵で、とても面白い番組だと思います。
番組オフィシャルホームページでは前回放送分のコントを見ることも出来ます。


テレビ神奈川制作の番組と言えば、saku sakuの木曜放送分が各地で放送されていて、石川県でも昨年までは北陸放送でやっていたはずです。
パペサイも放送してくれると嬉しいですね。


      

2008.06.17

I-Oデータの携帯電話用キーボード

I-Oデータから携帯電話用ポータブルBluetoothキーボード CPKB/BTが発売されました。
対応機種はSH906iとSH906iTVとのことですが、Bluetooth 2.0準拠ということなので、端末側が対応していれば他の端末でも使える可能性はありそうです。
これでFOMA端末で使えるキーボードに望みが出てきました。

しかし、私が使っているSO902iはBluetoothには対応していないので使えません。
やっぱり携帯を買い換えるしかないのか……


I-Oデータは以前(今でも?)HONDAの「インターナビ・プレミアムクラブ」用にFOMAで使えるBluetoothアダプタを出していました。ということはBluetooth非対応のFOMAに接続できるBluetoothアダプタというものは作れるという事ですよね。
だったらCPKB/BTに対応したFOMA用Bluetooth 2.0アダプタというものを発売してくれると嬉しいんですけどね。



2008.06.16

松任駅近くの踏切にもビーム砲が……

以前に踏切で見かけた障害物検知装置ですが、松任駅に隣接する踏切にも同じ物がありました。


Dscf0521


やっぱりビーム砲に見えてしまいます。


Dscf0522


どこにでもあるもののようで、ちょっと驚きです。

2008.06.15

人気のないクジラ

北潟湖畔公園ではボートの貸出しをやっています。
クジラの足こぎボートは不人気なのか、誰も乗ってくれません。


Imgp20947


6人乗りの白鳥の足こぎボートは順番待ちになるほどの人気でした。


Imgp21026


この日は家族連れが多かったためか、3人乗りのクジラの足こぎボートは敬遠されたようですね。

2008.06.14

北潟湖畔花菖蒲まつり

今年も6/14から6/22まで、福井県あわら市の北潟湖畔花菖蒲園で花菖蒲まつりが開催されています。
というわけで、さっそく行ってみました。


Imgp20910


6/13現在で五分咲きとのことでしたが、もっと咲いているように感じます。


Dscf1508


たしかにまだまだ花が咲いていない一角もあったりするので全体で五分咲きと言うことなのでしょうが、見応えは十分です。
天気も良かったので、たくさんの人が来ていました。


ここのすごいところは300種20万本の花菖蒲が見られるところです。五分咲きと言えども10万本ですね。
しかも300種ということで、一列ごとに種類の違う花菖蒲が咲いていて飽きることがありません。


Imgp20630


Imgp20636


Imgp20649


Imgp20658


Imgp20672


Imgp20769


Imgp20835


Imgp20854


あじさいも咲いていました。


Imgp20765


まつり期間中は見頃が続きそうです。

残念だったのは、展望台へ上ることが出来なかったことです。
去年もそうだったのですが、何か理由があるのでしょうか?
来年は上れるようになっているといいのですが。

2008.06.13

映画「僕の彼女はサイボーグ」

僕の彼女はサイボーグを見てきました。
先にノベライズを読んでしまっていたのでストーリーのひどさは判っていたのですが、見に行ってしまいました。

日本人が出演している韓国映画ですね。
クァク・ジェヨン監督と聞いて、そんな予感はありましたが。
韓国のドラマや映画が好きな人には受け入れられるのでしょうかね?

だいたい、タイトルでは「サイボーグ」って言ってますけど、サイボーグじゃないですよね。明らかにロボットです。本人はロボットと呼ばれることを嫌がっていますけど。

時代感覚も何かずれてますね。
2008年に大学生のジローが小学生の頃って、たかだか十数年前のはずなんだけど、子供の頃の様子はどう見ても昭和30年代から40年代です。いくら田舎だといっても、そこまでの差は無いと思うが。

誕生祝いにケーキに顔を埋められるのはギャグなんでしょうか?


SFファンには絶対にお勧めできませんが、綾瀬はるかファンは必見の映画です。
一言で言うと「綾瀬はるかがカワイイ」という映画ですから。


ところで、金曜の夕方という時間帯のせいか、観客は5人でした。
最初は私一人しかいなかったので、「ひょっとして貸し切り状態!?」と思ったのですが、上映間際になってカップルが2組入ってきました。
私以外はみんな(と言っても2組だが)カップルだったというところがちょっと悲しいかも。weep

2008.06.12

「ニフティに通知して削除」って何?

トラックバックを許可していると、時々変なトラックバックが来ることがあります。

一応ポリシーも公開していますし、変な物はさっさと削除してしまうのでいいんですが、このときに「削除」というのと「ニフティに通知して削除」という2つの方法があるんですね。
コメントに対しても同じように2種類の削除方法が提供されていますが、この2つの違いって使い方ガイドなどを見てもあんまり説明が無いんですよね。think

試しに「ニフティに通知して削除」というのをやってみたこともありますが、その後も同じIPからあやしいトラックバックは来てましたので、ニフティがトラックバック元に対してなにかやってくれるわけでもないようです。
そもそも何を通知しているのかも良く判りませんけど。

他の人たちはこの2つをどう使い分けているんでしょうかね。

2008.06.11

こんなところを車が通る?

金沢城公園内にて。


Imgp19940


「スピード落とせ 歩く速さで」

と書いてあります。

「歩く速さで」ってことは、人に対して言っているわけではなさそうです。
でも公園内の通路に車なんか通るんだろうか、と思ったのですが、現在金沢城公園では河北門の復元工事をやっていますので、どうやらその工事車両なんかがここを通るようです。

2008.06.10

DB2のNULLは定数ではない?

現在仕事でIBMのDB2というRDBを使っています。
これまでいくつかの(と言ってもMS-Accessを含めても4つか5つほどですが)RDBを使ってきましたが、DB2は意外なところで意外な仕様があったりして驚いています。

一番驚いたのは、SELECT句でNULLが定数として使えないことでした。
普通はあまりやらないのかもしれませんが、UNIONの中やINSERT INTO~SELECTなどを使う場面では特定の列の値を定数にしたいことがあります。
そんなときは、
    SELECT ROW1, 100, 'ABC', NULL FROM TABLE1
などとやったりするわけですが、DB2ではこのようなところでNULLを使うことが出来ずにエラーになってしまうんですね。数値リテラルや文字リテラルは問題なく使えるのに。
試しにMS-AccessとPostgreSQLでもやってみましたが、どちらも問題なくNULLが使えました。
Oracleは試してみる環境がないのですが、たぶん出来るのではないかと思われます。

マニュアルを読んでいると、DB2の定数には全てNOT NULL制約がついていると言うようなことが書かれていました。
この制約に反するので、DB2ではNULLというのは定数ではないということになるようです。
しかし、INSERTやUPDATEではもちろん、CASE式などにもNULLは使えます。
どういうことなのかとさらにマニュアルを読んでみると、これらで使われているNULLというのは定数ではなくてキーワードなんだそうです。
そのため、CASE式でどの条件においてもNULLを返すような式はエラーになるという便利なんだか不便なんだか良く判らない仕様になっていたりします。
たとえば、
    CASE WHEN ROW1=1 THEN NULL ELSE NULL END
などというCASE式はDB2ではエラーになるんですね。
ちなみにPostgreSQLではエラーになりませんでした。


さて、それではNULLを返すにはどうすればいいのか。
結局、NULLIF(0,0)などというちょっとインチキくさい方法で逃げることになりました。
CASE式でも同じ事は出来るのですが、単にNULL値を固定で返したいだけなので記述が短い方を選んだのでした。
でもどちらにしてもスマートなやり方ではないですよね。
こんなときDB2ではどんな方法を採るのが定石なんでしょうか?

なお、使っているのはDB2のV7.2というかなり古いバージョンなので、新しい物では状況は変わっているかもしれません。

2008.06.09

なっとう

金沢市内を歩いているとこんな看板が。


Dscf0887


病院が何で納豆なんだろう?
納豆が好きな先生なのかな?
などと思っていたら、なんと院長先生が「納藤」さんという方で、「なっとう」と読むのだそうです。


Dscf0888


電話番号も語呂合わせになっていました。

初めて聞く名字ですが、北陸では富山には何件かあるそうです。
いろいろあるものですね……

でもこの先生に納豆が好きかどうかを聞いてみたい気もします。happy01

2008.06.08

映画「神様のパズル」

6/7から公開の神様のパズルを見に行ってきました。
原作は読んでいなかったのですが、全体的には面白かったと思います。
前半と後半では全く雰囲気が変わって、違う映画を見ているようなところも良かったですね。
とはいえ、誰にでも勧められるかというとそうでもありませんが。
かなり設定などは変えられていると言うことですが、原作を読んでみたくなりました。

あと、粒子加速機「むげん」のデザインがカッコよかったですね。
実際に加速機があんなふうに外に作られることがあるのかどうかは良く判りません。まあ映画なので、地中に埋まっていては絵になりませんけど。


【注意】
以下、多少のネタバレはありますので、これから見に行こうと言う人はご注意ください。


気になったのは、細かいところでは良く判らなかったところが多かった事です。
サラカがゴムチューブを撒いている意味が良く判りませんし、部屋の中に水たまりがあるのも意味不明です。
他にもサラカの流出映像の件りもちょっと良く判りませんでした。相理もこの件に関係していたようですが、その相理が最後にあんな事になってしまったのも理由が良く判りませんでした。
基一の弟のインドでのシーンも必要あったのか、という感じですね。
サラカが世間の批判を浴びて精神的に追い詰められていくところをもっと丁寧に作って行くと良かったのではないかと思いますが、時間的にも難しかったかもしれません。
ラスト近くの「マイク」の件に関しては、私はこの映画の雰囲気では「あり」だと思いましたが、受け付けない人はいるでしょうね。

市原隼人はなかなかいい味を出していたと思います。ただ、以前に「虹の女神」を見たときにも思ったのですが、いまいち何をしゃべっているのかが判らない部分があるんですよね。2つしか見ていないのでどちらもそういう芝居だったのかもしれませんけど、気になる部分ではあります。
谷村美月は文句なしに良かったです。ラストの笑顔も良かったし。
フットボールアワー岩尾は出番が少なくて残念でしたね。小島よしおのように一瞬しか出てこないのならばまだしも、一応役名もあるのに。
松本莉緒も妄想シーン(笑)のほうが目立ってましたし。


ネタバレ部分終了


さて、この映画の監督である三池崇史監督といえば来年公開予定の実写版「ヤッターマン」の監督でもあります。
楽しみなような不安なような。
面白くなりそうな感じはしますが、往年のヤッターマンファンに受け入れられるかどうかは微妙かもしれませんね。

2008.06.07

ハマヒルガオ

この時期、海岸にはハマヒルガオがたくさん咲いています。
今日は八田の海岸に立ち寄って写真を撮ってきました。


Imgp20534


時間が少し遅かったためか既にしぼんだ花も多かったですが、咲いている花もたくさんありました。


Imgp20527


蟻や蜂にまじってテントウムシもいました。


Imgp20509

しかしどういうわけか花の裏や葉の裏にいる事が多く、なかなか写真を撮らせてはくれませんでしたね。

2008.06.06

松任市の名残り

松任市の市章のモニュメントが撤去されていたり、駅前のD51の炭水車に付けられた市章が塗りつぶされたりと、白山市は合併前の旧市町の名残を残したくはないのではないかと感じられます。
なので、しぶとく生き残っている物を見つけると嬉しくなってきます。

今回のものは「松任総合運動公園」の周辺にありました。


P1090885


用水路のカバー(と言うのでしょうか?)に松任市の市章が残っています。


P1090882


古くなったりして交換されるようなことになると、白山市の市章が入ったものになるんでしょうけどね。

2008.06.05

空き缶の吸い殻入れ

地元では夜景で有名な展望台に、空き缶製の吸い殻入れがたくさん取り付けられていました。


Imgp13675


きれいに等間隔に並べられています。


別の展望台にも。


Imgp13366


こちらは雨水が抜けるようにでしょうか、底に穴が開けられています。
すっかり錆びてしまっていますが、フェンスの色と上手くマッチしていると言えなくもありません。


こちらはまた別の所にあったものです。


Imgp17380


特に工夫はなく、上の二つと比べるとちょっと手抜き感が感じられます。
しかも、上の二つは辺りに吸い殻入れが無い場所だったのですが、ここはすぐ横にちゃんとした吸い殻入れがあるんですよね。
これはいらないんじゃないか、とちょっと思ってしまいました。

しかし、所は違ってもみんな似たようなことを考えるものですね。

2008.06.04

キャンディーズ・タイムカプセルの予約が始まりました

キャンディーズ・タイムカプセルの予約が始まりましたね。

各ディスクのボーナストラックの内容も公開されています。
初CD化という曲もいくつかありますが、ほとんどがカラオケです。カラオケは別に欲しくはないし……
レアな曲と言えそうなのは、DISC 3 「キャンディーズ・ヒット全曲集」に収録される「霧のわかれ」という曲くらいではないでしょうか。この曲は「哀愁のシンフォニー」の初期ヴァージョンなんだそうです。これは聞いてみたいですね。

また、このDISC 3はレコードでは4chで発売された物ですが、今回SA-CDハイブリッドになるそうです。
どうせなら全ディスクSA-CDハイブリッドにしてくれれば良かったのにと思います。35,000円もするんですからね。

附属のブックレットは「全シングルのジャケットをブックレット仕様で完全復刻」だそうですが、これもそれほど物欲をそそる物ではありません。
Sony Music Shopでの先着予約特典はB2サイズポスターということですが、店頭予約でももらえるのでしょうか。
いまさらポスターなんか貼ったりすることもありませんし、そのうちAmazon.co.jpとかで扱うようになれば、いくらか安く(15%くらい?)ならないかな、と思ったりもしていますが。
基本的に欲しいものはライブ音源の3組だけですから、35,000円という金額は二の足を踏んでしまいます。


それよりも期待するのはやはり「ファイナルカーニバルの完全収録版」ですよね。


【6/6追記】
Amazon.co.jpでも予約受付中となりましたが、値引きはなしですね。ポイントが1,750pt(5%)のみです。
どうしたものか。



2008.06.03

ようやく車のアンテナを交換

冬場に折れてしまった車のアンテナですが、温度計を買いに行ったときにオートバックスでちょっと良さそうな物が見つかりましたので一緒に買ってきました。
SIMONI RACINGのASR/41Nというやつです。
イタリアのメーカーのようで、国内ではFETより発売されています。


Dscf1456


色はシルバーもありましたが、ブラックにしました。


長さは純正アンテナよりは短いものの、以前に付けていたものよりは長いです。


Dscf1467


材質がアルミということなので、前のように折れてしまうことはないと思っています。


付けたところはこんな感じ。


Dscf1471


やっぱりもう少し短い方がいいですね。
でも折れてしまうよりはずっとましですけど。


アンテナとしての性能は長さなりといったところです。それでも電波の強いところであれば受信には全く問題ありませんでした。
また、この製品はロッドアンテナになっていて、伸ばすことが出来ます。


Dscf1472


電波が弱い場所ではアンテナを伸ばすことができるので、性能の面で心配は無いと思います。


テールゲートを開けた状態ではアンテナがスポイラーと接触していますが、テールゲートを開けたときに曲がってしまうと言うことはなさそうです。


Dscf1476


但し、ロッドは縮めた状態にしておかないと曲がったり折れたりする可能性は十分にあります。
私の場合、伸ばすことはほとんど無いと思うので問題はないでしょう。

2008.06.02

違う温度計を付けてみた

先週取り付けた温度計が使い物にならなかったので、新しい温度計を金曜に買ってきました。
NAPOLEXFizz-790 VTメータークロックというやつです。


Dscf1453


オートバックスで、5月までの特価商品と言うことで、2,380円でした。

というわけで、昨日の日曜にさっそく取り付けてみました。


Dscf1462


表示部は3つあり、左側が時計とカレンダーの切り替え表示となっています。
中央と右側は、内気温度計、外気温度計、電圧計のなかから2つを自由な組み合わせで表示できます。
私の場合、電圧計はCDヘッドユニットに表示されているので、内気温度計と外気温度計を表示させています。

バックライトはブルーとオレンジの切り替えが出来ます。


Dscf1489


ブルーの方は実際にはもっと暗く感じます。
オレンジの方が視認性はいいですね。
ただ、どちらの場合も光源が左端にあって、左端が明るく、右端はちょっと暗くなってしまいます。
そのせいで文字が見にくいと言うほどではありませんが、ちょっと安っぽく感じる部分ではありますね。


デザインは可もなく不可もなくといったところでしょうか。
視認性も特に問題ありません。
実は前に付けた温度計を購入したとき、これとどちらを買おうかと迷ったんですよね。
結局、時計が不要だったことと、デザインが(どちらかというと)気に入ったので決めたのですが、こんなことなら最初からこちらを買っておけば良かったと思います。

これまで使ってきたいろんな温度計とちょっと違うところと言えば、温度計の動作が電池で行われているということでしょうか。そのため、エンジンを切っても(シガーライターからの電源が切れても)温度計は表示されたままですので、電圧計とバックライトが不要であればシガーライターからの電源供給が無くても使えます。
そのためか、電池寿命が他の製品に比べると少し短いような気がします。
ちなみにFizz-795 アウトインサーモクロックという商品もあって、電池のみで動作するのでシガーライターからの電源供給は不要です。そのため電圧計がなく、バックライトもボタンを押したときだけ点くようになっています。メインのパーツは基本的に同じ物なのでしょう。

2008.06.01

FREED見てきました

土曜は写真を撮りに行った後、任意保険の更新のためディーラーへ行ってきました。
ついでに(実はこちらがほんとの目的だったりしますが)5月30日から発売開始されたHONDAの新ミニバン FREED を見てきました。

第一印象は「以外とでかい」という感じです。
全長は4.215mと、私が現在乗っている車とほぼ同じ(厳密にはFREEDのほうが7cm短い)なのですが、全幅(1.695m)よりも高い全高(1.715m FF車)や、ほぼ垂直に切り落とされたリアエンドのデザインがそう感じさせるのでしょう。特に、運転席に座って後ろを見たときにはかなり長さを感じました。
7人/8人乗りということを考えると、十分にコンパクトですけど。
前方の車両感覚が全くつかめないというのは最近の車では珍しいことではないので、まあそんなものなのでしょう。

室内はヘッドクリアランスには十分余裕がありますし、このクラスとしては十分な広さです。しかし、3列目のシートに大人が3人乗るのはかなり厳しいように思います。
インパネのデザインはすっきりとしていてなかなかいいと思いますが、ナビ取付が前提となっているようなセンター部のデザインはちょっと微妙です。
ナビを付けたい人には見やすさの点などからも歓迎されると思いますが、ナビが不要な人にとってはちょっとうるさく感じられるかもしれません。

個人的に気になるのは5人乗りのFLEXです。
5人乗りでもリアドアはスライドドアなんですね。
5人乗りは普通のドアでも良かったのではないかと思ったりもします。スライドドアの利点はもちろんあるのですが、個人的にはあまり好きではないのです。


全体的なデザインとしてはMOBILIOよりもカッコよくなったと思うのですが、同時にミニバンっぽさも強くなった気がするのは残念なところです。
ディーラーでいつもの営業担当の人と話をしていると、既に何台か売れているとのことでした。確かに売れそうな車ですね。
しかし世の中ミニバンばかりで、私が欲しいと思うような車が少ない(少なくとも今のHONDA車にはない)のが悲しいところです。

« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »

にほんブログ村

Amazon.co.jp