2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 祈りの道 | トップページ | 線路脇の湯沸かし器 »

2008.05.13

ヤマブキイロ

山吹色というのは濃い黄色のことで、山吹の花の色が由来となっています。


Imgp16844


大判小判の黄金色を山吹色と呼ぶなど日本には縁のある色であるためか、小学校の時に使っていた絵の具のセットにも「きいろ」のほかに「やまぶきいろ」というのが入っていたりしました。
子供の頃は意味を知らなかったので、「やまぶきいろ」は「やまぶ・きいろ」という黄色の種類だと思っていて、「やまぶ」って何だろうと疑問に思っていたものです。


絵の具と言えば、なぜ絵の具の「緑」は「ビリジアン」なんでしょうね。

« 祈りの道 | トップページ | 線路脇の湯沸かし器 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/39755/41188525

この記事へのトラックバック一覧です: ヤマブキイロ:

« 祈りの道 | トップページ | 線路脇の湯沸かし器 »

にほんブログ村

Amazon.co.jp