2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

« ようやくK200Dにさわってきました | トップページ | 「王様の本」野々市店跡は「うつのみや」に »

2008.03.02

乙丸陸橋

乙丸陸橋上の北陸新幹線高架も繋がって、あの辺りだけを見ていたら、すぐにでも新幹線が走るのではないかと錯覚してしまうくらいです。


Imgp12754


乙丸陸橋から東金沢駅方面を見たところです。


Imgp12765


かなり出来上がっているように見えますね。


以前にも乙丸陸橋工事のネタを書いたのですが、今でも時々このページにサーチエンジンからのアクセスがあるので不思議に思っていました。
先ほど「乙丸陸橋」でググってみたら、私のblogが3件目に出てきてびっくりしました。
それで判ったのですが、乙丸陸橋って金沢の心霊スポットだったんですね。
20年ほど前に一家心中で亡くなった中学生のきょうだいがよく出ていたそうで、当時は北国新聞の記事にもなっていたそうです。
アクセスしてくれた人はきっとその手のネタを探しに来たのではないでしょうか。
期待に添えずに申し訳ないですm(_._)m。

金沢総合車両所あたりへ写真を撮りに何度か行っており、乙丸陸橋付近の写真も撮ったりしていたんですけど、何にも写ってはいませんでしたね。
この前の雄島のときもそうでしたが、私は心霊とかに興味がないので、そういう人には姿を見せてはくれないのかも。


そんな乙丸陸橋ですが、作られたのは昭和45年なんですね。


P1090807


等級は一等橋だそうです。
陸橋にも等級があるということすら知りませんでしたが。

陸橋の端にはことじ灯籠を模したモニュメントが。


P1090812


何度も通っている場所なのですが、全く気付いていませんでした。
照明も付いているので、夜にはライトアップされているのでしょう。

« ようやくK200Dにさわってきました | トップページ | 「王様の本」野々市店跡は「うつのみや」に »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/39755/40332425

この記事へのトラックバック一覧です: 乙丸陸橋:

« ようやくK200Dにさわってきました | トップページ | 「王様の本」野々市店跡は「うつのみや」に »

にほんブログ村

Amazon.co.jp