2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »

2008.03.31

あられ!

夜の8時ちょっと前、あられが降りました。

明日から4月だというのに。
あさっては金沢の桜の開花予想日だというのに。


今日はちょっと寒いな、とは思っていましたが、まさかあられが降るとは思いませんでしたね。
降っていた時間はせいぜい10分ほどでしたし、そんなに多くの量が降ったわけでもありませんけど。


P1090892


車のワイパーの上にうっすらと。


ここ2、3日はまだ、ぐずついた天気が続くようです。
早く暖かくなって欲しいですね。

2008.03.30

清水山の一等三角点

小松の清水山には一等三角点があります。
憩いの森の遊歩道から行くことができるので、何年か前にも一度見に行ったことがありました。
順路を示す看板もあり、距離もさほどありませんので手軽に行くことが出来ます。とはいえ、未舗装の坂道を登っていくわけですから、サンダル履きで行くのはちょっと厳しいでしょう。

ところが久しぶりに行ってみると、憩いの森の外からの新しい道が出来ていました。


Imgp14730


こちらも未舗装ですが、階段も作られていますし、入り口までは舗装された道路です。
これならサンダル履きでも行けそうですね。さすがに高いヒールの靴では無理でしょうけど。

そこで今回はこの新しいルートから行ってみました。

入り口から三角点まではわずか130m。
憩いの森の遊歩道から行くよりもさらに近くなっています。


Imgp14741


辺りはすっかりと整理され、ベンチまで作られています。
さらには三角点の説明が書かれた看板まで建てられていました。


Imgp14743


ところがこの看板、説明の字が間違っているようです。
気付いた人がマジックで訂正を入れています。


Imgp14760


わずか標高63.47mの場所ですが、小松市内を一望でき、日本海を望むことも出来ます。
また、小松空港を離着陸する飛行機や、空港に駐機している飛行機も見ることが出来ます。


Imgp14756




ちなみにこちらは前回(2002年)に訪問したときの写真です。


P4060209


この頃は今のように整備されてはおらず、草木が多くて見晴らしも良くありませんでした。


新しいルートからはとても手軽に行くことが出来ますので、近くへ行くことがありましたら寄ってみてはいかがでしょうか。

2008.03.29

憩いの森のミズバショウ

ミズバショウというと山奥へ行かないと見ることが出来ないという印象があるのですが、小松の憩いの森は手軽にミズバショウを見に行くことができる場所として重宝しています。


Imgp14391


去年は行くのが少し遅かったのでかなり花が痛んできていましたが、ことしはとてもきれいな状態で見ることが出来ました。


Imgp14578


しかしいつも思うのですが、とても不思議な形をしていますね。

花の見頃は3月下旬からだそうで、ちょうど良い時期に行くことが出来たようです。


Imgp14588


4月の上旬くらいまではきれいな状態で見ることが出来るのではないでしょうか。

カタクリの花はまだ開いていませんでした。


Imgp14870


平栗などでは既に花が開いているらしいですが、ここはまだなのでしょうか。こちらのほうが早そうな気がするんですけどね。

モクレンもまだまだ蕾です。


Imgp14820


桜が咲く頃には咲いているでしょうか。


しかし、どうも最近天気に恵まれず、今日も朝のうち雨rainでその後は曇りcloudという予報だったにもかかわらず、午後から移動して憩いの森に着いたときには小雨が降っていました。
そのうち雨はなんとか上がりましたが、初めのうちは傘を差しながらの撮影となってしまいました。
ショウジョウバカマも雨に濡れています。


Imgp14454


晴れたときには撮れないような写真が撮れると言えばそうなのですが、暗いのでシャッタースピードは上がらないし、カメラが濡れないように気を遣うし……
やっぱり雨は降っていないほうが嬉しいです。


おまけ。
白鳥ボートも健在(?)でした。


Imgp14931

2008.03.28

ブレーキテスト

下り坂が続いている道にこんな看板が。


Imgp13694


この看板の20~30m先がT字路で一旦停止になっています。
ずっと下り坂なので、ブレーキが効くかテストしなさいということで、「ブレーキテスト」と書かれています。
しかしT字路までの距離を考えると、この看板を見てブレーキを踏んだときにほんとにブレーキがフェードして効かなくなっていたら、T字路では止まれないような気がします。

かなり錆も出ている看板なので、設置されたのはずいぶんと前なのでしょう。
最近の車なら、この程度の下り坂ではブレーキが効かなくなるほどのフェードは起きないように思います。

2008.03.27

マッチの碑

マッチと言っても近藤真彦ではありません。
火を点けるマッチ(燐寸)です。

卯辰山には德田秋声の墓碑やキリスト教殉教者の碑など多くの碑がありますが、日本のマッチ産業の創始者である清水誠が金沢生まれだということで、「清水誠先生顕彰碑」というのが建てられています。


Imgp13712


Imgp13722


最近ではなかなか見かける機会が少なくなったマッチですが、国内では約80%が姫路で生産されているそうです。
姫路の「電子じばさん館」の中にある「マッチの館」というところにマッチにまつわるいろんな話が出ています。
それによると、清水誠がフランス留学のために横浜港を出航した日の5月12日が「マッチの日」となっているそうです。

2008.03.26

またメガネが壊れた……

またメガネ(EYEMETRICS)が壊れました。weep


P1090860


今度はイヤ―ピースのところが切れてしまったのです。しかも両方とも。
片方は完全に切れてしまっていますし、もう片方もちぎれかけで、いつちぎれてしまうか判らない状況です。

交換には両方で6,300円かかりました。パーツも高いんですよね。痛い出費です。店に在庫があって、その場で交換してもらえたのがせめてもの救いでしたが。


EYEMETRICSって、高い割にはよく壊れる気がします。
前にもブリッジの部分にひびが入るということが3回もあって、結局MGにしてしまいました。
今回のイヤ―ピース部分はもともと肌に直接触れる部分ですので痛みやすい場所ではあるんでしょうが。
EYEMETRICSは調整などもあるので修理は通常メーカー送りになりますが、店に在庫を持っているということは、交換頻度が高いためなのかもしれません。

普通のメタルフレームのメガネならこんな壊れ方はしませんし、先セルを交換したとしても片方100円ほどでしょう。
それでもEYEMETRICSのフィット感はすばらしく、一度使うと他のメガネを使う気にはなれないほどに気に入っています。
なので、これ以上壊れないことを祈っています。

2008.03.25

ドナドナ

ドナドナされて、24日から勤務場所が変わりました。

通勤距離は自社までの半分以下なのですが、渋滞の中を走っていくので時間は多くかかります。
初日は月曜日で雨という最悪の条件だったので、自社へ通っていたときの1.5倍以上かかりました。
その上始業時間が早いので、今までよりも1時間以上早起きしなくてはなりません。
さらに勤務場所のセキュリティが厳しく、部屋からの出入りもままならない状況です。
仕事そのものよりも環境などの面で気疲れします。despair
今までがあまりに楽過ぎたのかもしれませんけど。

そんな感じで、うれしいことはあまりないのですが、通勤距離が短くなることによって車の走行距離が少なくなるのが朗報です。
年内に10万kmを迎えそうな予定だったのですが、単純に走行距離が半分になれば、車検の1ヶ月前くらいに10万kmになる計算となります。
ただ、休日の走行距離が変わらないと単純に半分にはならないでしょうし、半分になったとしても10万kmを超えるのは車検前になりそうです。なので、タイミングベルトの交換は予定通り車検前に行うことになりそうです。
当初は12ヶ月点検を兼ねて車検の1年前に交換を予定していましたが、それだと少し早すぎるかも。いつ交換するかという新しい悩みが増えてしまいましたね。

それに燃費がかなり悪くなりそうなので、距離が短くなった割にはガソリン代の節約にはならないようにも思います。

やっぱりあんまりいいことは無いな……weep

2008.03.24

もりもり寿司

土曜の夜は友人達と寿司を食いに、藤江の「もりもり寿司」へ行ってきました。
ここへ行くのは初めてです。
そもそも、寿司を喰いに行くこと自体が何年ぶりか判らないくらい久しぶりでしたので、いろいろカルチャーショックを受けることとなりました。

店に着いたのは午後7時50分頃。
客席はいっぱいですが、順番待ちの客の姿は見えません。いつもかなり混んでいると聞いていたので、これはラッキーかもと思ったのですが……
入り口の所にある「受付機」を操作すると番号を書いた紙が出てきます。
店員さんが、
「これを持って、2階の待合室でお待ちください」
と言うではありませんか。
待合室って、病院じゃないんだから……などと話しながら階段を上がると、なんと

順番待ち専用の部屋

があるんですね。そこそこ広い部屋で、椅子もソファーがずらりと並んでいます。中には既に20人ほどの人たちが順番を待っていました。
部屋の壁には現在呼び出しされている番号と待ち時間が表示されるパネルが掛けてあります。ますます病院か銀行のようです。
また、テレビや無料のお茶のサービスもあります。今時の回転寿司屋はすごいことになっているんだな、とみんなで感心していました。

部屋に入ったときに表示されていた待ち時間は40分でしたが、20分少々で呼び出しがあり席に着くことが出来ました。


席には液晶タッチパネルがあって、これで注文できるようになっています。


P1090869


こういうのはテレビでも見たことがあります。
ここから注文すると注文履歴が残るので、何を頼んだかが判るところがいいですね。


P1090863


私たちが座ったテーブルはコンベアに隣接していましたが、コンベアの通っていないテーブル席へは新幹線の形をした台車がテーブルまで寿司を運んでくれていました。


通常は一皿二貫ですが、高級なネタの場合は一皿一貫のものもあります。
そのため、一品ものの場合は一番高い皿でも360円というのがうれしいところです。

途中で「シャリが切れたので少しお待ちください」などと言われたりもしましたが(笑)、久しぶりの寿司を十分に堪能しました。
一番のお気に入りは「平目縁側」で、コリッとした食感が良かったです。
また、珍しかったのは「のどぐろ」でした。塩焼きしか食べたことがありませんでしたが、いかにも脂がのっていそうな白い身は、脂はありますが意外と淡泊な味でした。


そして宴の後。


P1090867


これは私の皿ではなく、一番たくさん食べた友人の皿です(これでもいつもよりは少ない?)。
3人合計では72皿となりました。
最近人気の100円寿司で同数の皿を食べたのと比べると2倍近い値段になってしまいますが、味の点ではそれ以上の満足感があると思います。

ちなみに車でしたのでアルコールはなしでした。


会計のときも最先端(?)の機能を垣間見ることが出来ます。
皿にはRFIDタグが埋め込まれていると思われ、店員さんが6、7枚づつまとめてハンディターミナルで皿を読み取っていきます。
そして、厚さ2、3ミリのプラスチックカード(これもRFIDタグが入っているのか、あるいは非接触のICカードみたいなものと思われます)にハンディターミナルでなにか(明細なのか合計金額なのかは判りませんが、合計金額ではないかと思われます)を書き込んだものを渡され、それを会計場へ持っていくというシステムになっています。

久しぶりの回転寿司で、時代は変わっているんだな、と実感した夜でもありました。

2008.03.23

映画「人のセックスを笑うな」

3月になってやっと今年の初映画です。ようやく金沢でもシネモンドにて公開になりました。
話題作ということで整理券を出すほどの状況。場内はほぼ満席でした。

見終わった最初の感想は「長い」ということでした。
もう少し短くてもいいのではないでしょうか。あと15分くらい短くしてもいいような気がします。
特に大きな山場もなく、ゆったりとした時間が流れるような映画ですのでよけいに長く感じるのかもしれませんが、エンドタイトルが始まると席を立つ人がちらほらと。シネモンドってそういう人は比較的少ない劇場なんですけどね。
長回しのシーンなどは良かったと思いますが、細かいところで、このシーンは無くてもいいんじゃないかと思うところもありましたし。

好き嫌いがかなり別れそうな映画ではありますね。
若い人よりもある程度の年齢になった人に人気が出そうに思えました。


えんちゃんはいい娘だよねぇ。

2008.03.22

九谷ダムと我谷ダム

今年の初ダムは、加賀市山中温泉の九谷ダムと我谷ダムです。
まずは九谷ダムへ。


Imgp14258


九谷ダムは2005年に完成した、まだ新しいダムです。
これまでに訪問したダムの中では一番新しいのではないかと思います。

重力式コンクリートダムですが、堤体は緩いカーブを描いています。


Imgp14182


ダム湖側から。


Imgp14228


天気が良く、ダム湖がとてもきれいでした。


Imgp14201




続いて我谷ダムです。
九谷ダムの下流にありますが、ダムそのものはそれほど大きくありませんし、さほど目を引くものはありません。


Imgp14366


珍しいといえば、堤体の上が国道359号線になっているところでしょうか。


Imgp14370


大型のダンプカーやトラックもよく走っていました。
乗用車ならなんとかすれ違い出来ますが、ダンプやトラックは無理なのではないかという程度の道幅なのですが。


ここへ寄ったのは九谷ダムのついでということもありますが、ダム湖にかかる我谷吊橋が目当てでした。


Imgp14315


この橋は富士写ヶ岳の登山道への入り口となっていて、作られたのはダムと同じ昭和39年だそうです。
吊り橋と言っても木製ではないので、渡っていても揺れるようなことはありません。


Imgp14297


周辺には桜の木が植えられているそうなので、桜の時期に行ってみたいですね。


【4/5追記】
今年初だと思ったのですが、1月に小牧ダムへ行ったのをすっかり忘れていました。
物忘れがひどくなっていく自分が情けない……

2008.03.21

せっかくの休日なのに……

せっかくの休日だというのに天気がすっきりとしません。
午後からはなんとか雨も上がったようなので、樹木公園の梅の様子を見に行ってみました。

樹木公園へ向かう途中からぽつぽつと雨が降り出してきました。
とりあえず梅林へ向かいますが、雨は少しづつ大きくなってきます。

梅林の梅はまだまだ蕾堅しというところ。ごく一部の木に花が咲いていましたが、見頃は4月に入ってからでしょうか。


Imgp13790


雨が大きくなってきたので早々に退散します。
駐車場に戻ったときには傘なしではつらいほどの雨になっていました。
滞在時間は15分ほどでしょうか。


このまま帰るのももったいないので、雨が降っていないところへ行こうと、徳光海岸へ行ってみました。
雨は降っていないものの、風がかなり強いです。海岸の砂が顔に当たって痛いほどです。
砂が風に舞って砂浜の先が霞んで見えます。


Imgp13813


風のため、波もかなり大きくなっています。


Imgp13895




海岸にはいろんなものが打ち上げられていました。
明らかに日本語ではない文字が書かれたものもあります。


Imgp13963


長い旅をしてきたんでしょうね。


こんな謎の包みもありました。


Imgp14124


打ち上げられたものなのか、誰かが捨てていったものなのかはちょっと微妙ですね。
あまりにしっかりと梱包されているので中身が何なのかが非常に気になりましたが、開けてみる勇気はありませんでした。coldsweats01

2008.03.20

電子辞書が欲しい

何を血迷ったか、突然電子辞書が欲しくなりました。
別に海外旅行へ行くわけでもなく、TOEICの試験を受けるわけでもないのですが。
(ところでTOEICって何て読むの? とえいっく?)


ネットで調べてみると、SHARPのPW-M800というのが売れているようですね。
発売は5年ほど前の製品ですが、最安値で8,000円くらいという安価ながら、機能は十分なところが人気の秘密のようです。

しかし、最新機種の中には今年10年ぶりに改版された広辞苑の第六版が既に収録されているものもあり、どうせなら新しいほうがいいかな、などと思ってしまいます。
ところが現在売れ筋の電子辞書というのはハガキを横にしたくらいの大きさがあり、実物を見てみると、これが以外と大きいのですね。

他にPW-M800並みのサイズのものはないのかと探していると、売れ筋機種に比べると種類は少ないものの、コンパクトサイズと呼ばれる製品が各社から発売されていることが判りました。
その中でも気に入ったのが、セイコーインスツルのSR-ME7200です。1年半ほど前に出た機種なので広辞苑は第五版ですが、それ以外は申し分ありません。


SR-ME7200購入を決意した18日の夜、通販で注文する前に何気なくセイコーインスツルのホームページへアクセスしてみました。すると、SR-G7000MSR-G6000Mの2機種がちょうどこの日に発表されていました。
これがまた私の希望にぴったりのコンパクトサイズ。しかも液晶画面がTFTのVGAになっていますし、デザインもカッコイイです。
こうして購入機種はSR-G6000Mに変更になりました。

唯一気がかりなのは、電源がリチウムイオン充電池だということです。
TFT液晶採用とのトレードオフなのかもしれませんが、ノートPCのリチウムイオンバッテリが1年ちょっとで劣化した経験を2度も持つ者としてはリチウムイオンってあまり信用していないんです。
それに、使おうとしたときにはバッテリ切れなんてことも考えられますので、単4電池が使えるほうがうれしかったんですけどね。

問題は発売が4月下旬予定だということ。
できれば来週から使いたいのですが……




      


2008.03.19

八方塞がりでお困りの方へ

いろんな願い事や厄除けで祈祷してもらう事があると思いますが、中にはこんな祈祷を受け付けてくれる神社もあるんですね。


Imgp13298


できれば祈祷せずに済む人生であって欲しいものですが、必要になってしまった場合はお願いしてみましょうか。

2008.03.18

懐かしい外灯

15年以上前のことですが、当時勤務していた会社の事務所が小松駅のすぐ近くにありました。
当時と比べると小松駅の駅舎が高架になり、事務所があった建物もなくなり、すっかり様子が変わってしまっています。

それでも、駅から少し離れたところには、まだまだ昭和の雰囲気が残っているところもあります。
こんな外灯が残っている家も。


Imgp13237


こういうのを見ているとなんだか癒されます。

しかし、この近くでも新しい家がどんどん建てられていました。
だんだんと古いものがなくなっていくのは寂しいですね。

2008.03.17

F1開幕戦、中嶋一貴6位入賞!!

22台中15台がリタイヤ、SC導入3回という大荒れのレースとなった2008年のF1開幕戦オーストラリアGPは盤石のレースでマクラーレンのL.ハミルトンが制しました。

フェラーリは2台ともリタイヤ、ポイントもK.ライコネンの1ポイントのみとなり、H.コバライネンも5位入賞となったマクラーレンに大きく差を付けられてしまいました。
2強と言われていたフェラーリですが、マシンの信頼性が心配される結果となってしまいましたね。

期待の日本勢はTOYOTA、HONDAともノーポイント。
HONDAはバリチェロが終盤は表彰台も狙えるところを走っていたのですが、失格(赤信号でのピットアウト)という残念な結果に。去年の車よりは良さそうだというところが救いでしょうか。
佐藤琢磨はマシントラブルでリタイヤ。テストもほとんどしていない車でしたが、スタートの混乱をうまく抜けてジャンプアップするなどいいところも見せてくれました。
そして今年からフル参戦の中嶋一貴はサバイバルレースをしっかりと生き残って完走し6位入賞、ポイントを獲得しました。
接触によるピットインもあり、2度目のR.クビカとの接触がSC出動中だったために次戦マレーシアでは10グリッド降格というペナルティを受けてしまうなどまだまだ課題はありますが、今後ますます期待できそうです。

その他ではBMWもなかなかいい状態のようです。N.ハイドフェルドが2位表彰台、クビカも最後は接触してリタイヤとなったものの、予選は2位でしたし、今後も上位に食い込んできそうです。

来週は早くも第2戦のマレーシアGPです。
来週が楽しみですね。


また、国内ではスーパーGT開幕戦が鈴鹿で行われ、XANAVI NISMO GT-Rが優勝しました。
注目のGT-Rは予選では1位から3位を独占、決勝もワンツーといきなりの強さを発揮しています。
NSX勢はTAKATA童夢NSXの7位が最高と苦しい結果となっています。50kgの性能調整ウエイトが積載されているNSXには厳しいレースが続きそうです。


さて、日曜は自分の車のタイヤを夏タイヤに交換しました。
物置からジャッキと夏タイヤを出してきてタイヤ交換と空気圧調整、その後で冬タイヤを物置にしまって……と一通り作業を終えるのに40分ほどかかってしまいました。
急ぐ理由はないので別にかまわないのですが、F1のタイヤ交換がちょっと羨ましく思えますね。

2008.03.16

卯辰山の梅林

土曜は天気予報は晴マークだったのですが、朝のうちはまだ雨も残っており、午前中はずっと曇っていたのでどうなることかと思いましたが、午後からは日も差してとてもいい天気になりました。
ということで、先週に引き続き梅を見に行ってきました。

今回は卯辰山工芸工房近くの梅林です。


Imgp13390


みごとに満開です。
写真を撮りに来ている人もちらほら。

先週の芦城公園と比べると木の数は少ないですが、密集しているので満開になるとかなり見応えがあります。
芦城公園ではまだ咲いていなかった真っ赤な梅もこちらでは咲いていました。


Imgp13415


何種類もの梅が咲いていて、白梅の八重のものもありました。


Imgp13396


しかし、個人的には梅といえばやはり花弁が5枚のものがいかにも梅という感じがして好きですね。


Imgp13448




小松の時と同じく白梅には蜂が集まっていましたが、紅梅にはやって来ません。
しかし、一匹だけ紅梅に止まっている蜂が……


Imgp13641


と思ったら、ハエでした。
ハエも蜜を吸うんでしょうか?


歩いていると汗が出るくらいのいい天気で、望湖台からは日本海も見ることができました。


Imgp13682


望湖台の駐車場では猫がひなたぼっこをしていました。


Imgp13763

2008.03.15

CheckedListBoxにも問題が

先日のVB .NETでのリストボックスの件でCheckedListBoxを使うことにしたのですが、ここでもまた問題が。

CheckedListBoxのSelectionModeを "One"、CheckOnClickを "False" とすることで目的を達することができたのですが、今度は選択数の取得に問題が発生しました。
選択(チェック)されている数を表示するため、CheckedListBoxのSelectedIndexChangedイベントにて選択数(CheckedItems.Count)を取得していたのですが、ダブルクリックのような速度で選択した場合にはイベントが一度(カレント位置の移動時)しか発生しません。
CheckedListBoxにはItemCheckというイベントがあったので、今回のような場合はこちらのイベントで取得するのが正しいようです。

しかし、ここでもまた問題が。
ItemCheckイベントが発生するタイミングはチェックボックスの状態が変わる前のようで、ここで取得した選択数は実際に求めたい選択数とは違ってしまうのです(直前の状態しか取得できない)。
チェックボックスの状態が変わった後で発生するItemCheckedみたいなイベントがあればいいのですが、そんなのはなさそうです。

逃げとしてはCheckedItems.Countに対して、
GetItemChecked(SelectedIndex)がTrueの場合は(非チェックになるはずなので)-1、Falseの場合は(チェックされるはずなので)+1を行ってやれば良さそうです。
でもちょっとインチキくさいやり方ですよね。think

2008.03.14

アブナイ形?

公園にあったモニュメントです。


Imgp12984


キノコがモチーフですが、下にある小さい方は、なんかアブナイ形に見えなくもありません。sweat01

2008.03.13

Anchor機能はとっても便利なんだけど……

Visual Basic 2008 Express Edtionを使っていると、VB6に比べるといろいろ便利な機能が増えているのに驚かされます。

Anchor機能は親フォームのサイズ変更に合わせてコントロールの位置やサイズが追従するという優れもの。これまでVBではサイズ固定のフォームしか作ったことはありませんでしたが、この機能があるとサイズ変更可能なフォームを作ってみようという気にさせられます(Visual Studio 2003でもあったのですが、使ったことが無かったので)。

このとっても便利なAnchor機能なのですが、デザイン時に不満な点が一つ。
デザイン時にもAnchor機能が有効なので、親フォームのサイズを変更すると、配置されたコントロールの位置やサイズが変更されます。
しかし、画面にコントロールを追加したいのでフォームのサイズを大きくしたい場合などには、配置済みのコントロールの位置やサイズは変わってほしくないこともあるんです。
全てのコントロールのAnchorプロパティを "Top, Left" に設定すれば良いのですが、後でまたAnchorプロパティを設定し直さなければなりません。コントロールの数が10個くらいまでなら我慢もできますが、多い場合には設定し直すのがとっても面倒です。間違いないか確認もしないといけないし。

デザインモードで一時的にAnchorを解除する機能があるとうれしいんですけどね。
あるいは、画面デザインに対する考え方を根本的に変えないといけないのかも。

2008.03.12

一台だけのコインランドリー

アパートに設置されていたコインランドリーです。


P1090804


一見普通の家庭用洗濯機のようにも見えますが、ちゃんと料金を入れるところがありました。
階段下スペースを有効活用してますし、なかなか上手いことを考えたものだと思います。
こういったものはやはり近くにある方が便利ですからね。

2008.03.11

銀色のスズメ(?)

車止めの上にスズメのような鳥が。


Imgp11101


明らかに本物ではありませんけどね。
動かないし、色も銀色だし。

色も塗ってあればさらにGood!なんですけどね。

2008.03.10

ListIndexとSelectedIndexは違う

VB .NETへの移行でまたまた問題が発生しました。今度はリストボックスです。

MicrosoftのVB .NET移行ガイドを見ると、

「ListIndexプロパティがSelectedIndexプロパティに変更されています。」

と書いてあります。ところがこれが曲者でした。


複数選択リストボックスの場合、VB6では選択・非選択に関係なく、カーソル位置がリストボックス上のどの行にあるかを取得するためにListIndexプロパティを使っていました。
ところがSelectedIndexプロパティはあくまで選択されている項目しか返しませんので、選択数が0の場合は-1しか帰ってきませんし、複数選択されている場合はそのうちの一番最初のインデックスしか帰ってきません。
ListIndexプロパティとは違って、SelectedIndexプロパティでは現在のカーソル位置のインデックスは取得できないのです。代わりになるようなものも見つかりません。

CheckedListBoxというやつを使うと、SelectedIndexプロパティに希望する(VB6のListIndexと同じ)値が帰ってくるということがわかったのですが、今度はタブ位置を設定できません。
タブ位置の設定はAPI(というか、SendMessage()でLB_SETTABSTOPSメッセージを送っている)でやっているのですが、CheckedListBoxではこのメッセージを処理してくれないのではないかと思います。VB6のときも、Styleプロパティをチェックボックスにしたときは同じくだめだったような記憶が微かにあります。

タブ位置に関してはCustomTabOffsetsというプロパティがあるのですが、ReadOnlyなので設定できないのですね。どこがカスタムなんだか。


結局、CheckedListBoxを使って、タブを使わないで済むように表示を変更するという感じで逃げることにしましたが、今度はSelectedIndexを除くSelectedなんとかのプロパティをCheckedなんとかに書き換える必要が出てきて、作業が増えました(;_;)。

自分が使うために作ったしょぼいツールだから、こんな適当(というか強引)な仕様変更も通るというところがせめてもの救いです。

2008.03.09

土曜は天気が良かったので、小松へ梅を見に行ってきました。

まずは芦城公園です。
桜の時期には花見でたくさんの人が来ていますが、梅の時期にはそれほどではありません。
私が行った時にはほとんど人がいませんでしたので、ゆっくりと写真を撮ることが出来ました。

ここにはいろんな種類の梅がありますので、既に満開となっている木もありますが、


Imgp12901


まだまだ蕾の木もあります。


Imgp12884


桜に比べると地味な印章がありますが、梅の花もなかなかいいものです。


Imgp12899


小さな蜂がたくさん蜜を集めに来ていました。


Imgp12915


しかし、なぜか白梅にばかり集まってきていて、紅梅にはほとんど見かけませんでした。


次は、小松のもう一つの梅の名所である小松天満宮へ向かいます。
芦城公園からだと、ゆっくり歩いても15分もあれば着く距離です。
最近あまり運動していないのと、小松天満宮には駐車場がない(入口付近に数台止められる場所はありますが)ので、歩いていくことにしました。

こちらはほとんどが紅梅で、見事に満開でした。


Imgp13152


芦城公園の梅とはまた種類が違うようで、桜で言えば八重桜のような、花びらの数が多い花です。


Imgp13076


花が咲いた後に雪が降ったりしたためか、傷みかかった花も見受けられます。
日曜はまだ見頃でしょうが、来週になるともう遅いのではないかと思います。

2008.03.08

何のために持ってるの?

とある駐輪場にて。


P1090270


せっかくのチェーンロックなのに、カゴの中に入れただけじゃ意味ありません。
お守りにもならないですよね?

2008.03.07

サイバーショットDSC-W170国内発表で購入候補に変動が……

既にアメリカでは発表済みのCyber-shot DSC-W170が国内でも発表されました。発売は4月11日だそうです。

広角28mmからの5倍ズームレンズに光学式手ぶれ補正もついています。
ITmediaのレビューを見ると、高感度の画質もハニカムCCD搭載のFUJI FILM製品にはかなわないものの、かなり頑張っていると思います。
さすがにISO400での常用は無理のようですが、用途によってはISO800でも使えそうです。とにかくシャッタースピードを稼ぎたい場合にISO3200が設定できるというのも嬉しいです。
また、最近のコンパクトデジカメには珍しく、光学式ファインダーが付いているところがいいですね。
背面が液晶と操作ボタン類でいっぱいなので、親指をかける場所が無さそうで、ちょっと持ちにくいのではないかというのが気になるところです。


さて、カメラのキタムラ佐世保・四ケ町店のblogに、購入候補の一つであるDMC-FX35の高感度撮影サンプル画像が掲載されていました。
旧機種のFX33や、CanonのIXY 910ISとの比較を行っています。

 ・新旧対決!!DMC-FX35 vs FX33

 ・ライバル対決!!DMC-FX35 vs IXY 910IS

これを見る限りはDMC-FX35の高感度画質はあまり良くないですね。
IXY 910ISに負けているだけでなく、旧機種のFX33より悪くなっています。
ノイズは少ないのですが、解像度が低いというか、携帯の極小CCDカメラで撮ったような画質です。
これでFX35は次期コンパクトデジカメ購入の候補からは一歩後退しました。


W170はメディアがメモリースティックDUO/PRO DUOなので、今使っているSDカードを使い回すことはできなくなるのが痛いですが、携帯に使っている1GBのメモリースティックPRO DUOを使うことにすれば新たにメディアを購入する必要はないでしょう。
当初はF100fdでほぼ決まりかと思われた次期コンパクトデジカメ購入候補ですが、F100fd、R8、DSC-W170の三つどもえの争いとなってきました。

2008.03.06

"else if" と "elseif"

いろんな言語でプログラムを書いていると、

"else if" か "elseif" か?

というところでよく悩みます。
Cなどは "else if" と書かないとエラーになるし、VBなどは "ElseIf" じゃないとエラーになります。
わずか空白一つなのですが……
(Perlみたいに "elsif" だと迷いはしないものの、何か据わりが悪い感じがしてあまり好きではありません)


先日もPHPでどっちだったか悩んで、とりあえず "elseif" と書いてみたところ、エラーにならずに正常に動きました。
「これで合ってたんだhappy01」と思って別のソースを確かめてみると、なんと "else if" って書いてあります。

どっちが正しいんだ?
"elseif" でちゃんと動いたぞ??
今までのソースが間違っていたのか???
だったら何で今まで動いていたんだ????

頭の中は「?」マークでいっぱいです。


結局、PHPではどちらでもいいということがわかりました。
"elseif" という構文も用意されているし、"else if" と書くとCと同じように "else" の次に "if" がネストしているという意味になるようです。
どっちでもいいというのは便利かもしれませんが、結局どちらを使えば良いのかという悩みは解決しないのですよね。
同じソース中で異なる記述が混在するのは気持ち悪いし、プロジェクト中でも統一したいと思いますよね。

他の人たちはどうしているのか気になります。

2008.03.05

何の番号?

海岸の防波堤に謎のナンバープレートが。


Imgp12706


99って何の番号なんでしょう?


数十メートル先には100番が。


Imgp12713


いくつまで続いているのかちょっと気になります。

2008.03.04

未だによくわからない書き込み型DVD

今更ですが、書き込み型DVDってなんであんなに種類があるんでしょう。
+やら-やら、しまいにはRAMなんてのも。
いったいどれを使えばいいんでしょうか。
再生するときはどれでもDVDなんじゃないのか? と思うんですけど。
CDなんて、CD-RであろうがCD-RWであろうが、再生機器にとってはCDでしょ?
でも、どうやらDVDの場合はそうでもないらしいのですが……

特に、ビデオ用には+と-のどちらを使えばよいのか、未だに判りません。
+のほうが互換性が高いという意見と、逆に低いという意見があって、どっちが正しいのやら。


Blu-rayとHD-DVDはBlu-rayで決着が付いたようですが、書き込み型のメディアについては、変な規格の乱立はやめて欲しいものです。
多層化や、書き込み回数(RとRWのような)・速度の違いというのは許せますが、+と-みたいなものは混乱させるだけで利点が見えませんから。

2008.03.03

「王様の本」野々市店跡は「うつのみや」に

「王様の本」野々市店跡に「うつのみや」がオープンしていました。


P1090823


うれしいのは文具関係が充実していることです。
文具を販売しているのは「田井屋吉兵衛」という店です。
書籍を扱っている「うつのみや」との共同店舗のようなものなのでしょうか。


ちなみに松任店跡は相変わらず「王様の本」の看板が残ったままの状態でした。
しかし、工事の車両が出入りしていますし、店の前の道路にグルメプラザなんとか(名前失念)という店の社員募集看板が出ていたので、ひょっとしたらその店になるのかもしれませんね。

2008.03.02

乙丸陸橋

乙丸陸橋上の北陸新幹線高架も繋がって、あの辺りだけを見ていたら、すぐにでも新幹線が走るのではないかと錯覚してしまうくらいです。


Imgp12754


乙丸陸橋から東金沢駅方面を見たところです。


Imgp12765


かなり出来上がっているように見えますね。


以前にも乙丸陸橋工事のネタを書いたのですが、今でも時々このページにサーチエンジンからのアクセスがあるので不思議に思っていました。
先ほど「乙丸陸橋」でググってみたら、私のblogが3件目に出てきてびっくりしました。
それで判ったのですが、乙丸陸橋って金沢の心霊スポットだったんですね。
20年ほど前に一家心中で亡くなった中学生のきょうだいがよく出ていたそうで、当時は北国新聞の記事にもなっていたそうです。
アクセスしてくれた人はきっとその手のネタを探しに来たのではないでしょうか。
期待に添えずに申し訳ないですm(_._)m。

金沢総合車両所あたりへ写真を撮りに何度か行っており、乙丸陸橋付近の写真も撮ったりしていたんですけど、何にも写ってはいませんでしたね。
この前の雄島のときもそうでしたが、私は心霊とかに興味がないので、そういう人には姿を見せてはくれないのかも。


そんな乙丸陸橋ですが、作られたのは昭和45年なんですね。


P1090807


等級は一等橋だそうです。
陸橋にも等級があるということすら知りませんでしたが。

陸橋の端にはことじ灯籠を模したモニュメントが。


P1090812


何度も通っている場所なのですが、全く気付いていませんでした。
照明も付いているので、夜にはライトアップされているのでしょう。

2008.03.01

ようやくK200Dにさわってきました

先週に引き続き、K200Dを探しにカメラ屋へ行ってきました。
先週行けなかった店でようやくさわれる展示品を発見しました。

さわってみた第一印象は、やはり「でかくなった」ということですね。
K10Dよりは小さいですが、K100Dよりは一回り大きくなったと感じます。
D60のサイズがうらやましいですが、私の大きな手にはK100Dくらいのサイズが持ちやすいと言うのも事実。
あのサイズで防塵・防滴だということを考えると、K200Dは十分に小さいのでしょうけど、K100Dにしても*istDの頃よりは大きくなっているので、せめてK100Dと同じサイズに止めておいて欲しかったという気がします。
また、グリップ形状が変わったせいか、サイズが大きくなった割には小指のかかりが悪くなったように感じます。

そのほか大きく変わったのはシャッター音です。
私はシャッター音にこだわりはないこともあって上手く表現できませんけど、K100Dの「パコン」って感じの音に比べると、カメラのシャッター音らしい音になったように思いました。
防塵・防滴のシールドで音が小さくなっていること期待していたのですが、それほどではなかったですね。


ボディのみで79,800円という値段はやはりちょっと手が出ません。
理想は598ですが、すぐにはそんなに下がらないでしょうね。せめて65,000円になってくれるといいんですが。
まずは5月頃まで様子見です。

コントロールメニューの「閉じる」とCloseメソッドが同じ扱い!?

最近、VB6で作った自作ツールをVisual Basic 2008 Express Edtionを使ってVB .NETへ移行(というか作り直し)して遊んでいます。
単純なプログラムばかりなので簡単にできるだろうと思っていたのですが、それでもいろいろあるものです。

VB6では、コントロールメニューの「閉じる」をキャンセルさせるために、フォームのQueryUnloadイベントに以下のようなコードを書いていました。
    If UnloadMode = vbFormControlMenu Then
        Cancel = True
    End If
これと同じ事をVB .NET(.NET Framework 2.0以降)でやろうとすると、フォームのFormClosingイベントで
    If e.CloseReason = CloseReason.UserClosing Then
        e.Cancel = True
    End If
とやればよいそうです。


で、やってみたところ大問題が発生。
VB .NETのUserClosingというのは、コントロールメニューの「閉じる」だけでなく、Closeメソッドによる場合も含まれてしまうのです。
コントロールメニューから閉じられたのか、プログラム中から処理として閉じたのかを判断させたいのに、これでは判断できません。crying

ダイアログボックスなどの子画面ならDialogResultを使えるかな、と思いましたが、コントロールメニューの「閉じる」をクリックすると、勝手にCancelが設定されてしまうんですね……
さらに、コントロールメニューの「閉じる」を一度キャンセルすると、その後のFormClosingに渡ってくるCloseReasonは、DialogResultにOKやCancelを設定して流れてきた場合であっても必ずUserClosingになっています。
変な仕様ですね。
結局、インチキくさいフラグでも使うしかないのか?

VB .NETは便利なところも大いにある反面、大きな仕様変更に苦労することも多いですね。

« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »

にほんブログ村

Amazon.co.jp