2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »

2008.01.31

LUMIXのNewモデルとSONYの35mmフルサイズセンサー

PanasonicからLUMIXのNewモデルが発表されました。
コンデジ広角28mm化の先駆となったLUMIXですが、他社製品も広角28mmからというものが増えてきたためか、今回のモデルではさらに広角にシフトしています。
中でもDMC-FX35は広角25mm(35mm判換算)からの4倍ズームということで、一躍次期購入デジカメの候補に上がってきました。
高感度での画質次第ではありますが、富士のF100fdよりも手ぶれ補正の効き具合については期待できますし、サイズは明らかにコンパクトです。

FX35以外の新製品も全体的に広角にシフトしており、これまで37mmだった機種が33mmになったりしています。
ただ、広角化以外にはさほど目立った部分は無いようにも思えます。
それに、「きみまろズーム」の後継機は発表されませんでしたね。
販売継続なのか、それとも少し遅れて発表されるのか。もし後継機が出るのであれば、こちらも気になるところです。


ソニーからはデジタル一眼レフ向けに、35フルサイズCMOSイメージセンサーが発表されました。
画素数は約2,481万画素で、2008年中に量産するとのこと。

私はフィルムカメラを使ったことが無いということもあって、35mmサイズを有り難がる気持ちというのはあまり理解できないんですけどね。
もちろんセンサーサイズが大きいことで有利な部分はありますけど、画角がどうのこうのという点に関しては、35mmの経験がないので意味がないのです。
それでも、今後35mmが主流になってくるのか、それともいろんなサイズが混在した状況が続くのかというところには興味はあります。

2008.01.30

思わぬ所に伏兵が

現在メインで使用しているデスクトップパソコンは購入してから2年を超えています。
昨年末、ちょうど丸2年を迎えた頃に新しいものを購入したいと考えていたのですが、昨年はいろいろと出費がかさみ、パソコン購入は延期となったのです。
春頃には新しいパソコンが欲しいと思っていますが、どうなることやら。


新しいパソコンを購入したら、OSはやはりWindows Vistaを入れたいと思っています。
普段使っているソフトもVista対応版が出そろいましたし、そろそろ大丈夫だろうと思っていました。

ところが、予想外の所に伏兵がいたのです。
プリンタでした。
現在使用しているプリンタはEPSONのPM-930Cで、5年前に購入したものです。
写真印刷においても不満なく使えていますし、最近のプリンタは複合機がメインになってしまい買い換えたいと思う機種もないので、まだまだ使い続けるつもりでした。
ところが、PM-930CのVista用ドライバはEPSONからは提供されていないことが判ったのです。
OS附属のドライバで使用することは可能なのですが、フォトプリンタとしての性能は純正ドライバあってのものだと思うのです。
ですから、年賀状印刷などには使えるでしょうが、写真印刷に使うのは厳しくなると思われます。
さらに、附属ソフトのVista対応がどうもはっきりしません。
附属ソフトで使っているのはCD/DVDレーベル印刷用の「EPSON CD Direct Print」だけなのですが、このソフトのVista対応がEPSONのホームページに出ていません。対応とも非対応とも出ていないのですが、このソフト自体が後継の「EPSON Multi-PrintQuicker」に切り替わっていることを考えると、対応版がリリースされる可能性は低そうなので対応していないと考えた方が良さそうです。
「EPSON Multi-PrintQuicker」のほうを使えるといいのですが、EPSONの附属ソフトは製品同梱のCDでのみ提供され、ホームページではアップデートのみしか提供されないので、本体に付属していないソフトを使うことは出来ないのです。

レーベル印刷は別のソフトからでも可能かもしれませんが、純正ドライバが提供されないのはかなり痛いです。
パソコン購入時にはプリンタも購入しないといけなくなるかも。
そうなるとパソコン購入そのものがさらに遠のきそうです(;_;)。

2008.01.29

東京以外で見る「はとバス」は……

はとバス」といえば、東京都内を走る観光バスというイメージがあります。
なので、都内以外で見ると違和感があるというか、新鮮みを感じるというか……


Imgp10833


もちろん都内観光専門ではないですし、貸切バスなどもやっているので、見かけても不思議ではないのですが、あまりにも都内観光のイメージが強いものですから。

2008.01.28

メモリアルボックスは売ってしまいました

先日購入した「超時空要塞マクロス 愛・おぼえていますか HDリマスター版」のメモリアルボックスですが、中古屋に売ってしまいました。
前に書いたとおり、場所をとるだけであまりいいことはなかったので。
それでも本編は見たいので、通常版を買い直すという愚挙に出てしまいました。
無駄遣いもいいところですね。今度からはもっと慎重に考えて購入しなければ。


ところで通常版とメモリアルボックスの1枚目というのは内容的には同じものです。
しかし、意外なところに違いがありました。


P1090402


左がメモリアルボックスで、右が通常版です。
メモリアルボックスがカラーレーベルなのに対して、通常版は単色になっています。
通常版といえども安い値段ではないので、レーベルくらいカラーでもいいんじゃないかと思うんですけどね。
あるいはそこまで差を付けるのであれば、通常版の値段をもっと安くして欲しいです。

2008.01.27

雪の一日

土曜はずっと雪が降っていました。
特に予定もなかったのであちこちをぶらついていたら、野々市の「王様の本」跡になにやら動きが。


P1090407


駐車場入り口の看板などはまだそのまま残っていましたが、外装が塗り直されています。
また何かの店にでもなるのかもしれませんね。

ひょっとして松任のほうにも動きがあるのではないかと思って行ってみると……


P1090415


外装はそのままですが、業者の車が何台か来ていて内装の工事をやっているようでした。
こちらも次の店が決まったのでしょうか?

ちなみに「虹色ママ」はあれ以来ずっと休業中のままでした。


P1090434




雪が降っているとはいえ、うちの近所あたりでは積もっているというほどのものではありません。
そこで雪を見に行こうと、「樹木公園」へ行ってみました。


P1090460


駐車場は除雪されていて雪はありませんでしたが、芝生広場は一面真っ白です。
しかし積雪量は多くはありません。


P1090468


雪だるまも泥だらけの雪で作られていました。


さらに山のほうへ行ってみようと言うことで、「道の駅瀬女」まで足を伸ばします。
時間も夕方近かったので、対向車線はスキー帰りの車がたくさん走っていました。
気温も-2℃まで下がってきて、ワイパーが凍ってきました。周りの景色も冬らしくなってきます。


P1090519


道の駅で隣に止まっていた車。


P1090543


スキーの帰りでしょうか。
サイドステップの下は珍しくありませんが、リアフェンダーの所にまでつららが出来ていました。

2008.01.26

ビーム砲の発射口?

踏切のそばになにやら怪しげなものが並んでいます。


P1090215


それぞれ微妙に方向が違っているので、ビーム砲でも発射されるのかと思ってしまいます。

調べてみましたら、これは「踏切障害物検知装置」と言って、踏切内に障害物があるかどうかを調べるものだとのこと。
写真のものは光センサー式だそうです。
ビーム砲っていうのもあながち間違いではないような。

しかし、これまで何度も踏切を通ってますし、踏切から写真を撮ったり(もちろん電車や車が通っていないときにですよ)していますが、こんなものを見たのは初めてのような気がするのですが。
他にも超音波センサー式だとかループコイル式などの方式もあるようですので、他の踏切では別の方式のものが使われているんでしょうね。

2008.01.25

富士フイルム、FinePix F50fdの後継機を発表

春のデジカメ新製品発表が相次いでいますね。

富士フイルムからはFinePix F50fdの後継機、FinePix F100fdが発表されました。

ようやく広角側が35mm判換算で28mmからとなり、スペック的には私が望んでいたものが全て揃ったことになります。
あとはF50fdで期待はずれだった高感度での画質がどうなっているかです。
少なくともF50fdよりは良くなっていることを期待したいものです。
また、F50fdでは画素数に対してレンズ性能が追いついていない感じがありましたが、F100fdでは新設計の28mm~140mm(35mm判換算)の5倍ズームレンズになっていますので、改善されていることを期待しています。

画質以外の部分では手ブレ補正の効きがどの程度かというところも気になります。
富士フイルムのCCDシフト式手ブレ補正は、カタログスペックに比して効果が低いという話を聞きますので。

残念なところは、F50fdよりわずかに大きく・重くなってしまったところですね。
それに、何か糸巻き型に歪んだように見えるデザインもあまり好きではありません。本体デザインはF50fdのほうが好きでした。
あと、F50fdもそうでしたが、3:2のアスペクト比で撮影したときの画質モードが固定なのも残念ですね。何か理由があるのでしょうか?
デジ一で撮ったものとアスペクト比が統一できるので、3:2のモードがあるのはうれしいんですけどね。ちょっと残念な仕様です。

発売は3月中旬予定とのこと。
サンプル画像がいろいろ出てきてから考えることになりますが、そろそろコンパクトデジカメを買い換えたいと思っているので、大いに期待しています。


また、CANONからはEOS Kiss X2が発表されました。
発売は3月下旬予定ということで、CANONとしては珍しく発表から発売までの間に時間があるな、と感じました。
1220万画素CMOSセンサ、ライブビュー、3型液晶モニタ、自動センサークリーニング付きダスト除去機能と最新機能満載。
ライブビューは今後のデジタル一眼レフカメラでは必須の機能になっていきそうですね。

それにしても、同日発表されたPENTAXのK200Dがかすんでしまいそうなスペックです。
しかも、K200DがK100Dに対して大きく・重くなったのに対して、EOS Kiss X2はEOS KissデジタルXよりも35g軽量化されていますし。
PENTAXがシェアを拡大できるかどうかは、製品の出来ももちろんですが、発売直後から潤沢に製品を供給できるかどうかにもかかっているように思います。

2008.01.24

PENTAXの新製品発表

PENTAXの新製品、K20DK200Dが発表されました。
25日に新聞の一面広告を行うということだったので、25日にならないと発表はないのかと思いましたが、24日の午前中には既にホームページ上に掲載されていました。


世間的に注目はやはりK20Dでしょうね。
K10Dの機能を引き継ぎ、その上ライブビュー機能も搭載されていますので、スペックとしてはクラス最強ではないかと思います。
APS-Cサイズで14.6MピクセルのCMOS(サムスン電子製)というのがどうなんだろうというのはありますが。
特に高ISO時の画質が気になりますね。


K100Dユーザの私としては、注目はK200Dです。
K10Dの機能が多く引き継がれており、K10Dの廉価版といった趣もあります。
またK20Dで採用された機能の一部も搭載されています。

撮像素子がAPS-Cサイズで1020万画素CCDという、K10Dや他社製デジタル一眼レフでよく使われているソニー製のものになっています。そのためか、ISO感度も100~1600とK10D同様の設定になっています。
カスタム設定でかまわないので、ISO3200に対応して欲しかったですね。

うれしいところはK10Dから採用されているRAWボタンです。
RAWでしか撮らない人には不要のものでしょうが、私のようにJPEGメインで撮影している場合はとても便利な機能です。
電源として単三電池使用が引き継がれているところもうれしいところです。
ただ、カタログスペックからはCR-V3の記述がなくなっているのが気になります。うちには買い置きのCR-V3がまだ2セットほど残っているのですが……
ダストリムーバル機構(DR)も搭載されていますので、K100Dからの買い換えとしては最高ではないでしょうか。

残念なところはサイズが少し大きくなってしまったところ。
*istDを初めて見たときの衝撃はやはりあのサイズでした。
CANONの初代Kiss DigitalがKissの名前を冠しながらも意外と大きかったのに比べて、*istDのコンパクトさは大変魅力的でした。
K100Dになって、既に*istDほどの衝撃はなくなっていましたが、だんだん大きくなっていくのは残念ですね。
しかし、防塵防滴ボディになっていると言うことなので、この程度の大きさ・重さに収まっているのはすごいのかもしれません。


1000万画素が必要なのかという気持ちはありますが、K200DはK100Dからの買い換えとして魅力的な製品です。
これで、K100Dで最大の不満点であった「ISO AUTO時に露出補正を行うとISO200固定になってしまう」という点が改善されていれば文句なしなのですが、どうでしょうね。
画像処理エンジンがK10Dと同じPRIMEになっているので期待しているのですが。

なお、K200Dは2月下旬、K20Dは3月上旬に発売予定とのこと。
初期ロットは避けたいのと、発売直後は値段も高めでしょうから、5月から6月頃の購入を目指してお金を貯めたいと思います。
発売当初は手に入りにくい状況が続く可能性も高いので、実際の購入はもう少し後になるかもしれませんが。
今のところはK200Dとsmc PENTAX-DA18-250mmF3.5-6.3ED AL[IF]の組み合わせを考えています。
デジカメWatchの記事ではシルバーボディも用意されていると出ていたのですが、後に訂正されており、シルバーモデルは海外のみの発売なんだそうです。
黒の方がカッコイイとは思いますが、シルバーの方が世間の風当たりが弱そうな気がするので、持ち歩くにはシルバーのほうがありがたいんですけどね。


また、デジタル専用マクロレンズsmc PENTAX-DA35mmF2.8 Macro Limitedも正式発表されました。
3月中旬発売予定だそうです。
これも欲しいですね。

何故ここに置く?

駐車場出入り口のゲートの上に潰れた空き缶が。


P1090018


この場所で潰されたということは考えづらいので、潰したものをわざわざここへ載せたんでしょうね。
なぜこんなところに載せたのかがよく判りませんが。
どうしたかったんでしょうか?

2008.01.23

現役で活躍するナンバー君を発見

JIS X 0213やUnicodeにも登録されている「郵便マーク(〠)」ですが、今では郵便番号7桁化のときに登場した「ポストンくん」にその座を奪われてしまい、ほとんど見ることは無くなりました。
昔は切手の図案に何度も描かれるほどメジャーだったのに。

しかしまだ現役で活躍しているところがあったのです。


P1090141


懐かしの「ナンバー君」です。
さすがに体の部分に書かれている郵便番号は3桁ですね。


でも、「ポストンくん」も最近はあまり見かけないような気がしますね。

2008.01.22

灯台もと暗し

会社への通勤コース中にこんな看板があります。


P1090303


これに気がついたのは1年ちょっと前のことでした。
通勤では8年以上前から通っている道にもかかわらず。
車で通るとちょっと判りづらい場所に貼ってあるとはいうものの、なぜずっと気がつかなかったのかが不思議です。


そしてこちらも以前通勤で使っていたコースにある看板です。


P1090322


これに気がついたのは、3年近く前のことでした。
20年ほど前から5年近く通勤コースとして毎日通っていた道なのに。
さらに、通勤に使わなくなってからでも休日にはたびたび通っている道なのに。
こちらは車で通っても非常に目立つ場所に貼ってあるにもかかわらず、全く気づいていませんでした。


何故気づかなかったのでしょうか?
少なくとも後者の看板はとても目立つところにありますので、目に入っていなかったとは思えません。
たぶん、目には入っていたものの、全く興味がなかったので意識に上らなかったのではないでしょうか。

そう考えると、これまで長いこと生きてきたにも関わらず、見逃してきたものや気づかなかったものがずいぶんとたくさんあるのではないかと思います。
残念というか、もったいないことをしてきたなというか。

既に人生の折り返しは(たぶん)過ぎているので、せめて残りの人生はもっといろんなものに目を向けて行きたいですね。

2008.01.21

雨晴海岸周辺で見かけたもの

<その1>

車は通れないと書いてあるのに、入ってくる車がいます。


Imgp11464


結局入れずにバックで戻っていきましたが。


<その2>

高岡市のマンホールのフタです。


Imgp11628


雨晴海岸周辺限定かもしれません。
色なしバージョンと色つきバージョンがあります。
車道にあるものは色がなく、歩道にあるものは色が付いているように思えました。
車道に色つきだと走行の邪魔になるのかも。
ところで、雨晴海岸って高岡市だったんですね。
どうも、あの辺りは既に氷見だという気がしていたので。


<その3>

矢印の先には……


P1090364


別にこれを指している訳ではありませんが、ちょうどいい場所にあったのが面白かったので。


<その4>
海で作業するショベルカーです。


Imgp11531


「水の中を走ってる!」
ってちょっと感動してしまいました。
エンジン部分さえ水につからなければ大丈夫でしょうから、作業している人にとってはごく当たり前の状況なんでしょうけどね。

2008.01.20

雨晴海岸

土曜は天気が良かったので、雨晴海岸へ行ってきました。
立山連峰は少し霞んでいましたが、写真を撮りに来ている人もたくさんいました。

今回の目的は、立山連峰をバックに走るハットリ君列車を撮ることでした。
いいロケーションが見つかったと思ったのですが、写真を撮ってみると線路の部分がちょうど影になってしまい、背景に露出を合わせると電車が影になってしまい写りません。
露出補正を上げていくと山が飛んでしまい、せっかくの立山が消えてしまいます。


Imgp1352


少しレタッチしてみました。
小さいサイズならなんとか見られるかも。

時間帯が悪かったんでしょうね。
列車の本数が少ないので、撮影のチャンスも少ないです。
今度は場所を変えてみます。
光の角度を考えると、立山とは反対側からの撮影が良さそうです。
当初の目的とは変わってしまいますが、致し方ありません。


Imgp01415


縮小するとわかりにくくなりますが、今度は電車にピントが合っていません。
動くものは難しいです。


次の列車が来るまでは30分以上あります。
じっとしていると寒いですし、そろそろ列車は諦めて次のポイントへ移動します。
空には飛行機雲が出ていました。


Imgp1322




雨晴駅の先から海岸へ降りていきます。
駅の横には大きな看板が。


Imgp1453


天気の悪い日に来た人はここで記念写真を撮っていくのかも。


海岸は工事中のため、重機が何台も海辺で作業していました。
それでも立山はきれいでした。


Imgp1495




列車撮影は惨敗でした。
もう少し本数が多ければチャンスも増えるのですが……

2008.01.19

ローカルヒーローのテーマ曲がCDに

決定盤!ローカルヒーロー大全集」というCDが発売されています。
各地に存在するローカルヒーローのテーマ曲を集めたCDです。

収録されているのは、
  1. パワーシティOITA!/パワーシティオーイタ(大分県)
  2. 爆音戦隊スンプレンジャー(静岡県静岡市)
  3. 三地直装イワシマン!!/三地直装イワシマン(鳥取県境港市)
  4. ハルニレンジャーのテーマ/どさんこ戦隊ハルニレンジャー(北海道豊頃町)
  5. Meat You/伊賀牛集団部位3(三重県)
  6. 環境戦隊ステレンジャーのテーマ/環境戦隊ステレンジャー(東京都北区)
  7. 群馬の応援歌~超速戦士G-FIVEのテーマ~/超速戦士G-FIVE(群馬県)
  8. 環境戦士アースマン(福岡県北九州市)
  9. 君の明日を守る者/未来環境防衛隊ドラゴンマン(香川県)
  10. ゆめ100戦士ソイガイヤー(新潟県長岡市)
  11. 必ずできる/強力戦隊グレイトレンジャー(長崎県大村市)
  12. オモチャキッドのテーマ(虹のプリズム)/オモチャキッド(鹿児島県)
の12曲です。

このCDは昨年の12月に発売されたのですが、当初は昨年9月に発売予定だったものが延期になっていたのです。
このときはDVD(6曲収録予定)も付くことになっていましたが、今回発売されたものにDVDは付いていません。
また、当初収録予定だった曲のうち、「地域戦隊カッセイカマン」のテーマ曲が収録されなくなったようですし、「埼京戦隊ドテレンジャー」のテーマ曲が「オモチャキッド」のテーマ曲に入れ替わっています。
発売が遅れた事と何か関係しているのでしょうか?

全国で400も存在すると言われるローカルヒーロー達ですが、「戦隊もの」のパロディが多いですし、テーマ曲なんかも替え歌になっているものが多いのではないかと思います。
そういったものはCDとして販売するにはいろいろ問題もあるでしょうし、権利関係が絡んできたりしそうなので、収録曲の選定は大変だったのかもしれませんね。
中には秋田の「超神ネイガー」のように秋田放送でドラマ化されていて、水木一郎アニキがテーマソングを歌っているようなものもありますが、かなり例外ですね。


ローカルヒーローではありませんが、戦隊もののパロディといって最初に思い出すのは、何と言っても「愛国戦隊大日本」ですね。
DVDで発売してくれないでしょうか。「快傑のーてんき」や「帰ってきたウルトラマン」なども一緒に。
それから、DAICONのOPENING FILMなんかも出して欲しいですね。
以前、「快傑のーてんき」のビデオが発売されていて、レンタルショップに置いてあったという話を聞いたことがありますし、「帰ってきたウルトラマン」は期間限定でDVDが発売されていたことがありますので、不可能ではないのでは?
大日本は難しいかもしれないですけど。

      

2008.01.18

どうやって帰ったの?

「鍵のなる木」なんてものは無いでしょうけど……


Imgp10475


だれかが落としていったものを下げてあるんでしょうね。
車のキーのようにも見えますが、だとしたら落としていった人はどうやって帰ったんでしょうか?
近くに止まっていた車と言えば除雪車くらいなのですが、もしかして……

2008.01.17

「ヤッターマン」がずいぶんと騒ぎになっていますね

1月14日から「ヤッターマン」の新作放送が始まりました。
旧作をリアルタイムで見ていた私としては期待も大きく、ちょうど放送日が休日だったのでテレビの前で放送開始を今や遅しと待っていました。

公式BBSや2chでずいぶんと騒ぎになっているようですが、読んでいると私が感じたことと同じようなことを思った人が多かったんだなと思いましたね。
以下、遅ればせながら私の感想を少し。


本編に関しては(今後への期待も含めて)良かったと思います。
絵は今風にブラッシュアップされていますが、旧作のイメージを崩すことなく、うまく作られていると思います。
BBSの書き込みにもありましたが、ガンちゃんとアイちゃんのキャラ設定については多少の疑問はあります。しかし、このあたりは今後話の中で成長していくことも可能でしょうから、しばらくは様子見といったところでしょう。
それよりも気になったのは「おだてブタ」の声です。
今更どうしようもないと思いますけど、かなり違和感がありますね。
「説明しよう」の声が富山敬さんでないところはちょっと悲しかったですね。もうあの声は聞けないんだな……っていう思いがこみ上げてきました。
三悪とドクロベエ様については文句なしですね。最高です。
「ストーン」が「リング」になったことに対する批判も見られましたが、これは本質的な部分ではないのでかまわないと思います。
そもそも全く同じものを作るのであればリメイクの必要はなく、再放送を流せばいいんですからね。本質的なところをきちんと受け継いでいてくれれば、他の部分での変化はあって当然でしょう。
ただ、30分番組の本編中に2回もCMが入るというのはどうでしょうか。
サザエさんみたいに3本の話に分かれているのなら自然ですが。
YouTubeなどにUPしやすいように3回に分けているのかとも思いましたけど、そんなわけはないでしょうね。


EDについては特に感想なし。
そもそも現在のアニメのED(時にはOPすら)はタイアップのためのものであって、制作費の面ではスポンサーの次くらいに重要なものかもしれませんけど、作品そのものとは全く関係のないものだと思っていますので。
バラエティ番組などのエンディングで流れるタイアップ曲と同じです。
もちろん、(前作と同じ歌かどうかにかかわらず)三悪のテーマ曲だったりすれば最高だったと思いますけど、これはもう必要悪とでも言いましょうか、仕方ないですね。
予告が文字だけなのはちょっと寂しいですけどね。


やはり一番の問題はOPでしょう。
BBSでも不満に思っている人の書き込みが多いですし、2chでもこのOPについてのスレが目立ちます。
山本正之氏のホームページでの書き込み(現在は削除)も影響しているのかもしれません。

曲自体(編曲)は悪くないと思います。
曲単体で聞くのであれば全く問題ないです。
しかし、この番組のOPとしてはやはり「合っていない」というのが正直な感想です。
いっそのこと、全く新しい曲を作った方が良かったのではないでしょうか。
そうすればここまで批判は起きなかったでしょう。
OPの絵はPOPな感じでなかなか良いと思うのですが、曲と合っていないところがOPへの不満を増大させているのかもしれません。
曲をオリジナルに差し替えろなんていう意見もありますが、それは無理でしょうし、必要もないと思います。
ただ、作品のイメージに合わないものや、旧作のイメージを壊すようなものにはして欲しくないです。

10話からはOPが変わるようです。
これは今回の騒ぎのせいではなく、元々決まっていたことであり、現在のアニメではごく普通のことです。
どんなものに変わるのかは判りませんが、せっかく公式BBSに多くの意見が寄せられているんですから、スポンサーの声だけでなく視聴者の声も聞いて欲しいと思います。
なお、批判的な意見であっても公開している公式BBSには敬意を表します。
そして、この姿勢が制作にも反映されることを期待します。


放送時間の関係で次回からは録画でしか見ることが出来ませんが、今後も楽しみにしています。
前作の「偉大なるマンネリ」を引き継いで、いい作品を作っていただきたいです。


アニメとは直接関係ないですが、来年には実写版の公開も決定しています。
ドロンジョ様が深田恭子というのがちょっとどうだろう? という感じはありますが、ボヤッキーの生瀬勝久というのはなかなかすばらしいキャスティングだと思います。
こちらも公開が楽しみです。

2008.01.16

庄川ダム巡り(後編)

さて後編です。
次は「庄川合口堰堤」です。別名、「舟戸ダム」とも呼ばれています。
小牧ダムからは車で15分ほどの所にあります。


Imgp11050


ダムと言うよりちょっと大きな水門のような感じですが、区分としてはダムになるそうです。
小牧ダムもそうでしたが、こちらも国の登録有形文化財に指定されています。

ダム湖の様子。


Imgp11021


ゲートは一つだけ開いていました。


Imgp11018


また、庄川はこのダムを境に管轄が変わるようです。


Imgp10999


どちらも関西電力なのですが、上流側が中野発電所、下流側が雄神発電所の発電用となっているようです。


ダムの付近一帯は「庄川水記念公園」として整備されており、遊歩道の他、ウッドプラザや水資料館といった施設、庄川特産品の販売店などいろんなものがあります。


Imgp11176


毎年8月初めには「庄川水まつり」が開催されており、2007年はムーディ勝山が来ていたそうです。

水記念公園広場には公園のシンボルである大噴水があります。


Imgp11106


高さ36mにまで噴き上がるそうですが、この日はシーズンオフだったためか、あるいは時間が遅かったのでもう終わってしまっていたのか、噴水は上がっていませんでした。


遊歩道には「船戸公園クイズ板」と称するクイズが書かれた看板が所々に置かれています。
答えは、下の板をめくると見えるようになっています。


Imgp11183


全部でいくつあるのか判りませんが、第8までは見かけました。
遊歩道はまだまだ先へ繋がっていたので、もっとあるのかもしれませんね。


といった感じで、今年最初のダム訪問は庄川の2つのダムとなりました。
次のダムはどこになるでしょうか。

2008.01.15

庄川ダム巡り(前編)

連休最終日、ようやく天気が良くなりました。
前日の夜から雪が降り出しましたが、少し積もっていた雪もすっかり溶けてしまいました。
どこへ行こうかと悩んだのですが、庄川へダム巡り(と言っても2カ所だけですけど)へ行くことに。

まずは「小牧ダム」です。


Imgp10957


重力式コンクリートダムですが、緩やかなカーブを描いており、なかなか美しいダムです。


Imgp10899


ただ、ダムの近くからではあまりいい撮影ポイントが見つけられませんでした。
もう少し下流のほうからダム全体を見渡せるところで撮った方が良さそうです。
ダムの下流には旅館が見えますので、あの辺りからダムを見るといいかもしれません。


Imgp10911


しかし、ダムから大量に放水すると水没してしまうんじゃないかというところに建ってますね。
帰りに近くを通ってみましたが、車を止めておけそうなところが見つからなかったので、下流からの撮影は次回への宿題ですね。


ダム湖の様子です。


Imgp10951


庄川船舶の船着き場が見えます。
その庄川船舶の船着き場には、庄川ダムで以前使われていた「ジョンソンバルブ」が展示されています。


Imgp10800


昭和5年から昭和53年まで使われていたものだそうです。
この穴から放水されるんでしょうか?


Imgp10948


放水されているところを是非見てみたいですね。


この日は天気が良かったので、山の上の方に積もった雪がとてもきれいでした。


Imgp10926


(後編へ続く)

2008.01.14

「暴想」さんのココログ最強カレンダー

ココログをしばらく使ってきていますが、不満というのはそれほどありません。
そもそも要求がそれほど多くないと言うこともあるのですが、デザインテンプレートも豊富ですし、概ね満足しています。

それでも全く不満がないというわけでもなく、一つや二つは「こうなればいいのに」と思うものはあります。
その内で一番大きなものがカレンダーに関してです。
私が不満に思う点は3点。
  1. どのページでも現在のカレンダーしか表示されない
  2. 前月、次月への移動(リンク)がない
  3. カレンダーの日付をクリックしたときに単記事ページが表示されるので、同一日に複数の記事を書いている場合に最初の記事しか表示されない
というものです。
ただ、3番目についてはカレンダーの問題と言うよりは、そもそもココログには日別のページという概念がない(月別の次のレベルが記事別になっている)ためではないかと思います。
設定によっては出来るのかもしれませんが、少なくとも私のblogの設定では、同一日の全記事を1ページに表示することは出来ませんでした。
また、2番目は1番目が解決されないとそもそも意味はありませんね。
そういった意味では1番目の不満点が根本であると言えるでしょう。


ココログのカレンダーに不満がある人は私だけではないようで、似たような意見をいくつか見かけたことがあります。
また、JavaScriptを使ったりして自前のカレンダーを作成・公開してくださっている方々もいらっしゃいます。
今回、公開されているいくつかのカレンダーの中から、「暴想」さんのココログ最強カレンダーを使わせていただくことにしました。
いくつかのデザイン上の制限はありますが、私が不満に思っている点の1番目と2番目は解消されます。
さらに、カレンダー内のエントリがある日付にマウスオーバーすると、その日の記事タイトルがツールチップに表示されるという機能もあります。
ブログパーツ扱いになっているところも簡単に使えるのでいいですね。

たいへん優れもののカレンダーを提供していただいた「暴想」さんに感謝します。


しかし、実はこれって私の不満の根本的な解決にはなってないんですよね。
私が欲しいのは、あくまで「他の人のblogを見るとき」の機能であって、自分のblogに欲しい機能ではないのです。
もちろん、誰かが私のページを見てくれたときに便利だと感じてくれればいいのですが、それはまた別の話。
だからこのような機能はシステム側で標準的にサポートして欲しいと思います。
実際、ココログ以外のblogのカレンダーを見ると普通に実装されている機能だと思うんですけどね。

2008.01.13

寺井は根上にあって今は能美

三連休初日だというのに一日中雨でした。
午後からは予定も無いので、一度写真を撮りに行きたいと思っていた寺井駅周辺の下見に行くことにしました。


P1090172


寺井駅という名前ですが、その名の元になった「寺井町」は隣の町で、駅は「根上町」にあります。
さらに、平成の大合併でこの両町と辰口町が合併して、現在は「能美市」となっています。

この駅はカーブの途中にあるため、停車中の列車が傾いた状態で止まっています。


P1090248


乗っていても傾いていることが判りますが、外から見るとすごいですね。
カーブにある駅は他にもあるでしょうけど、ここまで傾いて止まっているのは珍しいのでは?


さて、「根上町」といえば、石川県で一番有名人であると言っても過言ではない「松井秀喜」選手の出身地です。
なにせ、能美市に合併するときの新市名の候補に「松井市」や「ゴジラ市」があったと言うくらいですから。
そのため、駅周辺は松井選手一色といった様相です。

駅のホームから見える大きな看板には松井の写真が。


P1090163


顔が映っていないのは、肖像権とかいろいろあるんでしょうか。


駅前の大通りです。


P1090147


ここは「ホームラン通り」という名前が付けられています。


P1090185


また、別の通りでは、歩道に「ホームランロード」の文字が。


P1090196


そのホームランロード沿いのお店にて。
松井選手にちなんだお菓子と言えば、「メジャー松井秀喜サブレ」が有名ですが、他にもあるんですね。


P1090192


応援歌ならぬ、応援「菓」だそうです。


下見もできましたので、今度は天気のいい日にデジ一持って撮りに行きたいですね。

2008.01.12

メモリアルボックス購入は失敗だったかも

「超時空要塞マクロス 愛・おぼえていますか HDリマスター版」のDVDが11月に発売されました。
メモリアルボックスと通常版のどちらを購入するかで悩んだ結果、メモリアルボックスを購入しましたが、ちょっと失敗だったかなと思っています。
元々メモリアルボックスは不要だとは思っていたのですが、購入金額が26%引きだったため、通常版の定価+500円でメモリアルボックスが買えるのであればメモリアルボックスを買った方がいいかと思って購入したのでした。
しかし、購入後にちょっと後悔しましたね。
特典ディスクはあまり面白くなかったですし、絵コンテや設定資料集などは劇場公開当時に購入した書籍なんかもありますので、いまさら特に必要とはしません。サイズも小さいし。
場所をとるだけで、いいことはありませんでした。


4月には「仮面ライダー THE NEXT」のDVDが発売されます。
こちらもコレクターズエディションと通常版の2種類が発売されるのですが、どちらを購入するかで悩んでいます。
私にとって一番の目玉はマルチエンディング仕様なのですが、これは通常版でも見ることができるようです。
そうなるとボーナスディスクの中身次第なのですが、メイキング以外はさほど興味がわきません。
「FIRST」のときは特製ソフビ人形につられてコレクターズエディションを購入しましたが、今回はどうしたものでしょうか。

2008.01.11

BODYとSHOP99のテーマソングにハマっています

M-1GP2007で優勝したサンドウィッチマンには取材やテレビ出演などのオファーが殺到しており、既に3月末までのスケジュールはぎっしりなんだとか。
ただ、テレビ出演が増えてくると、ネタをやることが少なくなってくるのではないかというのがちょっと心配。もっとネタを見せて欲しいと思うので、トーク番組やひな壇芸人のような番組出演ではなく、ネタをやる番組に出て欲しいですね。


サンドウィッチマンも好きなのですが、私が今一番ハマっているのは、何と言っても「BODY」です。
増谷キートンと椿鬼奴のコンビですが、これが何ともシュールで最高ですね。
増谷キートンは全身ピンクタイツでムチと芋を持ち、頭には「愛」と書いたはちまきを巻いて、SHOP99のテーマソングに乗ってステップを踏んでいます。
椿鬼奴は横で「イーヤー!!」と絶叫するだけ。
インパクトだけと言ってしまえばそれまでなんですが……

また、BGMに使われているSHOP99のテーマソングがいいですね。

キュッキュキュキュ

のフレーズが頭から離れません。

このSHOP99のテーマソングですが、数量限定でCDも発売されていたそうです。
見つけたら買ってしまいそうですが、SHOP99の店舗が近くにないことと、CDが発売されていたのはしばらく前のことのようですので、現在はもう販売されていないのかもしれません。時々オークションで見かけたりもしますが、かなりいい値段になっています。
現在は着メロや着うたが配信されていますが、携帯でしか聞けないというのはちょっとね。できればCDが欲しいのですど。

2008.01.10

「捨てないで」って言っているのに

ちょっと前の写真ですが……
昨日の写真に続いて、こちらも怒っています。


Dscf0407


親父の顔が怒りを表しています。
また、貼り方が雑なところがいいですね。テープの契り方とかにも怒りが表れているようで。

でも、ちょっとユーモラスな親父の顔を見ると、怒りと言うよりも笑みがこぼれてきますね。
そんなことを言うと書いた人には怒られそうですけど。

2008.01.09

「入れないで」って言っているのに

郵便受けに勝手に入れていくチラシっていうのは迷惑なものです。
ここにも怒っている人が。


P1090006


かなり迷惑しているようですね。

しかし、ポストの上に貼ってある紙を見ていると、「ここの文字はどの色にしようか?」とか言いながら文書を作っている姿が想像されて、ほほえましくさえ思えてきますね。
もちろん、これを作った人は怒っているんでしょうけど。

2008.01.08

デジカメ画像2008年版

昨年もデジカメで撮った写真を「デジカメ画像2007」として公開してきました。
何も考えずに2007などというタイトルを付けてしまったので、今年の写真は「デジカメ画像2008」として新しくアルバムを作成することにしました。

去年と同じでは芸がないということで、今年は写真にタイトルを付けてみることにしました。
しかしこれがなかなか難しい。
試しに去年の写真でタイトルを考えてみたのですが、それらしいタイトルを思いついたものはせいぜい1割程度。
ほとんどはそのままのタイトルしか思い浮かばなかったり、全く考えつかないものばかりです。
自分で言い出したことなのですが、なかなか苦労しそうです。

そんなわけで、そのままのタイトルは容認することにしました。
その代わり、1年間で同じタイトルを二度使わないことを条件にしようと思っています。
いつまで続くかという不安はありますが……


デジカメ画像2008は右上のリンクからどうぞ。
2007年版も当面は残しておきます。

2008.01.07

懐かしのビッグバンド

長い正月休みでしたが、結局何もしないうちに終わってしまいました。
やっていたことと言えば食べることとテレビやDVDを見ることくらい。
おかげで2kgも太ってしまいました。
それでなくてもメタボ状態なのに……


家にあるDVDの半分以上は、買ったときに一度見ただけという状態ですので、休み中はそんなDVDをかなり見てました。
その中で、「キャンディーズ・トレジャー」というDVDを見ていたら、昔のテレビ番組の映像で「スマイリー小原とスカイライナーズ」が演奏していました。
スマイリー小原の指揮がとっても素敵でした。
また、「MOMOE LIVE PREMIUM」のラストコンサートDVDを見ていたら、演奏は「小野満とスイング・ビーバーズ」って紹介していました。

そういえば昔はテレビ番組毎に専属のバンドが演奏していて、8時だよ! 全員集合の「岡本章生とゲイスターズ」や、夜のヒットスタジオの「ダン池田とニューブリード」など、数々のビッグバンドが活躍していました。

ほかにもたくさんいましたよね。
「高橋達也と東京ユニオン」
「チャーリー石黒と東京パンチョス」
「豊岡豊とスウィングフェイス」
「原信夫とシャープス・アンド・フラッツ」
などなど。

ちょっと調べてみると、
「宮間利之とニューハード」
「前田憲男とウインド・ブレーカーズ」
なんていう名前も出てきました。他にもまだまだあったでしょう。

出演者にバンドが増えてきたり、ソロアーティストも専属のバンドを伴って出演するようになったりしてだんだん歌番組での活躍の場が少なくなっていきました。そのうち歌番組自体が少なくなってしまい、最近ではテレビでその姿を見ることはほとんどありません。
紅白歌合戦にはまだ出てきているでしょうか。最近見ていないので判りませんけど。昔は紅組・白組にそれぞれバンドがいましたよね。


元々はJazzのバンド形式であるためかホーン系の楽器が多く使われています。
私がホーン系の音が好きなのも、子供の頃に見ていた歌番組の影響がかなり大きいのだと思います。
私の音楽のルーツがここにあると言ってもいいくらいだと思います。

2008.01.06

尼御前

昨日に引き続きいい天気です。
天気予報では雨マークが出ていますが、雨が降るとは思えないほど。日も差しています。
昨日は山のほうへ行ったので、今日は海のほうへということで尼御前へ行ってみました。
しかし、家を出て少しすると、西の方から黒い雨雲が。
やはり天気予報は当たってしまうのでしょうか。


Imgp10611


尼御前といえば北陸道の尼御前SAが有名です。
SAから尼御前の岬へ出ることが出来ますが、この通路を通って岬からSAへ入ることも出来ます(当然ですが)。


Imgp10706


岬のほうにはトイレ以外には自販機も何もありませんが、尼御前SAで飲食物や土産物まで調達できるのはなかなか便利だと思います。


さて、この時期に海へ来たのですから、『冬の日本海』という絵を期待していたのですが、見事に凪ぎの状態です。


Imgp10644


波打ち際には微かな波が見られますが、至って静かなものでした。


ここから少し歩いて橋立港あたりを散策します。
ところが港に着いた頃からぽつぽつと雨が降り出してきました。
やっぱり天気予報は当たってしまいました。


漁港で見かけた猫です。


Imgp10741


親子か兄弟かもしれませんね。


神社も正月の装いです。


Imgp10785




やがて雨も本降りになってきて、写真どころでは無くなってきたので、尼御前に着いてから1時間弱で引き上げることになってしまいました。
雨さえ降ってこなければ、もっと港の近辺を回ってみたかったのですが……

2008.01.05

今年のパリダカは中止!!

1月5日からスタート予定の2008年ダカールラリーが中止になったという発表がありました。
理由はモーリタニアにおける治安上の問題だそうです。

モーリタニアでは昨年12月24日に武装集団によるフランス人観光客襲撃事件が起きており、4人が死亡、1人が怪我をしています。
この事件にはアルカイダの一派と考えらる組織が関係していたといわれており、犯人は現在も逃走中。フランス外務省は同国への訪問を控えるよう警告していたそうです。
パリダカの主催者もフランス外務省からの勧告をうけていたそうで、協議の結果大会を中止するとの決定されたとのこと。
一部報道によると、テロ組織から直接的な脅しを受けたことが最大の理由であるとの記事もありました。

これまでも一部のSSがキャンセルされることは度々ありましたが、大会の全面中止はパリダカ開始以来初めてのことだそうです。
今回、モーリタニアでは8ステージ(SSの約7割)が行われる予定になっていました。
これほどのSSをキャンセルするわけにもいかず、今更別のルートを設定するもの無理でしょうから、中止は仕方ありませんね。

特に三菱はパジェロでのワークス参戦が今回で最後ということもあって、ドライバーの増岡選手もかなり力が入っていたようです。
今年が30回の記念大会になるはずだったパリダカがこんなことになってしまうとは残念ですね。

2008年の初撮り

冬型の気圧配置も緩んできたようで、昼間はいい天気でした。
せっかくなので、今年の初撮りにどこかへ行こうということで出かけました。
既に午後2時をまわっており時間もあまりありません。
何のあてもなかったのですが、とりあえず雪が見えるところへ行こうと国道157号線を山のほうへ向かって進みました。
しかし、正月だというのに雪が全くありません。
この調子なら綿ヶ滝あたりへ行っても大丈夫なのではないかと思いましたが、さすがに吉野あたりまで行くとそれなりに雪があります。


P1090131


道はきれいに除雪されていますし、天気もいいのでノーマルタイヤでも走れるくらいなのですが、さすがに田んぼのあたりは一面真っ白です。綿ヶ滝へ入る道も雪に埋もれていました。

そこで、近くの手取渓谷あたりで少し撮影。
この時期としては雪が少ないのではないかと思います。


Imgp10433




その後は「吉野工芸の里」へ。
ここには「御仏供杉(おぼけすぎ)」という樹齢660余年といわれる杉の木があります。
国指定天然記念物になっており、日本の名木百選にも選ばれているそうです。


Imgp10530


Imgp10526


これで一本の木だというのですから、なかなかたいしたものだと思います。


バス停の近くには何かの動物の足跡が。


Imgp10565


道路の近くなので、猫か何かかもしれませんけど。

2008.01.04

Best of 2007 その3(最終回) <お出かけ編>

2007年ベストの最終回はお出かけ編です。

どこからが「お出かけ」なのかという定義がはっきりしませんが、ごく近場だったり、年に何度も訪れる所なんかは除外しました。また、今回はblogに書いたものだけを対象にしました。
こうして選ばれたエントリーは、以下の通り(訪問順)。

 ・海王丸パーク (富山県射水市)
 ・高岡古城公園高岡大仏 (富山県高岡市)
 ・富山港展望台 (富山県富山市)
 ・近江鉄道ミュージアム (滋賀県彦根市)
 ・彦根城・玄宮園 (滋賀県彦根市)
 ・薬勝寺池公園 (富山県射水市)
 ・北潟湖・北潟湖花菖蒲園 (福井県あわら市)
 ・越前大野城 (福井県大野市)
 ・新幹線高速試験車両保存場 (滋賀県米原市)
 ・長浜鉄道スクエア (滋賀県長浜市)
 ・有峰口駅 (富山県富山市)
 ・越前陶芸公園 (福井県丹生郡越前町)
 ・神通峡 (富山県富山市)
 ・那谷寺 (石川県小松市)
 ・養老公園 (岐阜県養老郡養老町)
 ・西山動物園 (福井県鯖江市)

一般的で、人にもお勧めできる所は「彦根城」や「養老公園」などですね。
鉄道好きの人には「近江鉄道ミュージアム」や「長浜鉄道スクエア」などもオススメです。
しかし、ここは極々個人的なお気に入りナンバーワンということで、「有峰口駅」を選びたいと思います。


Imgp6085


古くて趣のある駅舎がとてもすばらしいですね。
また、駅があるとは思えないような立地も気に入っています。


そして「薬勝寺池公園」の看板の落書きに特別賞を贈りたいと思います。


Imgp0112


Imgp0113


公園で遊ぶなと言う大人に対する子供たちの思いが刻まれています(たぶん)。

2008.01.03

Best of 2007 その2 <ダム編>

2007年ベストの第2回目はダム編です。

エントリーは、以下のダムです(訪問順)。

 ・龍ヶ鼻ダム (福井県坂井市丸岡町)
 ・赤瀬ダム (小松市赤瀬町)
 ・子撫川ダム (富山県小矢部市)
 ・手取川ダム (白山市東二口地先)
 ・白岩川ダム (富山県中新川郡立山町)
 ・刀利ダム (富山県南砺市刀利)
 ・内川ダム (金沢市小原町)
 ・真名川ダム (福井県大野市)
 ・神一ダム (富山県富山市片掛)
 ・神二ダム (富山県富山市岩稲)
 ・我谷ダム (加賀市山中温泉)
 ・九谷ダム (加賀市山中温泉)

比較的近場ばかりですが、1年の間にこれだけのダムを訪れたのは初めてです。


この中でベストを選ぶとすると、「刀利ダム」と「真名川ダム」のどちらにするかで悩みますね。
どちらのダムも堤高が100mを超えるアーチダムで、とても美しいダムでした。
「真名川ダム」の噴水も良かったのですが、ここは「刀利ダム」をベストとしたいと思います。


Imgp1971


オレンジのキャットウォークがいいですね。
また、ここがダム本体に興味を持つようになったきっかけとなるダムでした。
これまでにもダムへ写真を撮りに行ったことはありましたが、別のものを撮りに行くついでだったり、メインはダム本体ではなく付近の風景やダム湖だったのです。
今年こそはハウエル・バンガーバルブからの放水を見てみたいものです。

2008.01.02

Best of 2007 その1 <滝編>

去年はどういう訳か滝とダムへの訪問が多かった1年でした。
そこで、去年訪れた滝とダム、そしてこれら以外の訪問先からそれぞれ個人的なベストを選出してみようと思います(一部ブログには書いていない訪問先もあります)。


まず1回目は滝編です。

エントリーは、以下の滝です(訪問順)。

 ・七ッ滝 (能美市辰口町)
 ・綿ヶ滝 (白山市下吉谷町)
 ・十二ヶ滝 (小松市布橋町)
 ・五太子の滝 (福井県福井市)
 ・一乗滝 (福井県福井市)
 ・岩室の滝 (富山県立山市)
 ・大滝 (津幡町木の窪)
 ・養老の滝 (岐阜県養老郡養老町)

あれ?

こうやってリストアップしてみると大したことありませんね。
何かもっとたくさん行ったような気がするのですが。
しかも、「七ッ滝」、「綿ヶ滝」「十二ヶ滝」といった所は毎年一回は必ず行っているような場所ですし、初訪問の場所は3カ所しかありません。
この企画は失敗か……


気を取り直して……


この中でベストは何と言っても「五太子の滝」です。


Imgp9937


落差と水量がとてもダイナミックで感動的でした。
訪問のタイミングが良かったこともあり、滝壺付近の虹もとてもきれいでした。

未訪問の滝で行ってみたいところがいくつかありますので、今年はそれらを訪問したいですね。
また、去年は渋滞で断念した称名滝へのリベンジも果たしたいところです。

2008.01.01

あけましておめでとうございます。

あけましておめでとうございます。

毎年目標などというものは立てたりもしませんし、年が変わったからといっていきなり何かが変わるわけでもありませんが、今年も健康で一年が過ごせるといいなと思います。
blogのほうも、相も変わらず中身のないことをぐだぐだと書き続けていけるといいなと……


さて、31日も風は強かったものの、雪は降りませんでした。
30日夜にわずかに降った雪もすっかり溶けてしまい、雪のない正月になりそうです。


新年とは全く関係ありませんが、31日に届いたパペットマペットの携帯ストラップです。


P1090119


裏はクリーナーになっています。

DVDを2枚購入して応募すると応募者全員にもらえるものなのですが、ハガキを送ったのが9月だったので、送ったことすら忘れていました。
一足早いお年玉という事を考えてこの時期に発送されたのかもしれませんね。

« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »

にほんブログ村

Amazon.co.jp