2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

« 割れたフロントガラス | トップページ | ぶし屋 »

2007.10.28

仮面ライダー THE NEXT 公開

公開初日の「仮面ライダー THE NEXT」を見てきました。

以下、できるだけネタバレにならないようには書いているつもりですが、多少なりとも内容に触れてはいますので、これから見に行こうと思っている人は読まない方がいいと思います。






あのポスターは詐欺だ(笑)。
一文字隼人はどうなってしまうのか心配していたのに。
あと、学校での本郷猛がちょっとヘタレ過ぎじゃないでしょうか。
素性がばれないようにわざとああいうふうにしているという設定なんでしょうかね?
小さい子も見に来てましたけど、「ドーテイって何?」とか聞かれたら親はなんと答えたらいいんだろうな……


かなり期待していただけに、ちょっと残念でした。
特に気になったところは、

  • 怪奇性を強調するためのPG-12指定だと言うことでしたが、なんか気持ち悪いものを出せばホラーだとかいうのはちょっと違うと思いますけど。ストーリー自体はホラー的なものですが、それだけならPG-12指定の必要は無いはず。

  • 本物のChiharuがどうしてあんな風になってしまったのかが良く分かりませんでしたね。彼女もナノロボットの改造を受けていることになるので、その影響なんでしょうかね。それとも単にこの世に未練があったのか?

  • 石田未来は、ああいうちょっとつっぱった風のキャラはあんまり似合わないように思います。他のドラマとかを見たことがないのでどんな役柄をやっているのかは知らないのですが、何かしっくり来ないものがありましたね。

  • 戦闘シーン自体は迫力もあって良かったのですが、戦闘員が戦闘シーンにはほとんど出てこないので、ショッカーライダーが戦闘員の代わりみたいになってしまったところがちょっと残念。

  • また、レストランでの戦闘シーンでは画面が全体的に暗いため、1号・2号ライダーとショッカーライダーの区別が付きにくい。

  • エンドロール後のあのシーンはいらないと思うんですけど。「3作目に続く」って事なのですかね。3作目でショッカーを倒して終わり?
など。

ショッカー首領の声がワンシーンしか出てこなかったのもちょっと寂しいところです。
ナノロボットによって改造されるというのもちょっと絵的に寂しいですね。やっぱりあの手術台に貼り付けられて改造手術を受けているという絵が欲しいです。
田口トモロヲさんはいい味出してました。Firstの津田寛治さんと甲乙付けがたいくらい良かったです。

First以上に子供たちには退屈な映画だったのかもしれません。
土曜だったので小さい子もかなりいましたが、だんだん飽きてきたのか、途中で親と話し出したり、ぐずり出したりした子供も見受けられました。


見る前はこれで終わりにして欲しいと思っていたのですが、是非3作目を作って欲しいですね。
こんどはホントに最後ということで、ショッカーを全滅させて終わりにして欲しいです。クリフハンガーは無しで。


もう一つ残念だったのは、初日にもかかわらず、DVD付きパンフレットが既に売り切れだったこと。
初日の2回目上映に見に行ったのに既に売り切れというのはちょっとひどいですね。
地方に配布される部数はかなり少ないのでしょうね。

« 割れたフロントガラス | トップページ | ぶし屋 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/39755/17128775

この記事へのトラックバック一覧です: 仮面ライダー THE NEXT 公開:

« 割れたフロントガラス | トップページ | ぶし屋 »

にほんブログ村

Amazon.co.jp