2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

« 狐山古墳の彼岸花 | トップページ | PENTAX DA 18-250mmF3.5-6.3ED AL[IF] 10月下旬発売 »

2007.10.02

小松空港の滑走路

小松空港の展望台は、入るときに50円取られます。
羽田の展望台なんかはあんなにたくさんの飛行機が見られるのに無料なのに。
そのせいもあってか、飛行機を見に多くの人がやってくる場所が空港外にあります。


Imgp3321


ちょうど滑走路の延長上にあるため、離着陸する飛行機が真上を通っていきます。
滑走路からはかなり距離がありますので、よく写真で見るような目の前を飛行機が通るというほどの大きさでは見えません。それでも小松で離着陸する飛行機をじっくりと見ることが出来る場所自体多くはないので、人気スポットになっているようです。
小松基地の戦闘機なども見ることが出来るのではないでしょうか。私は残念ながら見たことはありませんが。

ところが、風向きの関係などで逆方向からの離着陸となることがあります。
この写真を撮りに行った日はそんなときに当たってしまったようで、残念ながら頭上を通る飛行機を見ることはできませんでした。


もう一カ所離着陸する飛行機が見られる場所として、北陸自動車道があります。ちょうど小松空港の滑走路と平行して走っているため、運が良ければ離着陸する飛行機が真横に見えます。場合によっては併走できます。
しかし、高速道路の走行中になりますので、決しておすすめできるポイントではありません。タイミングを合わせるのも難しいだろうし。
富山空港近くの北陸自動車道には「わき見注意」の看板が出ていますが、それよりもこちらのほうに看板を出した方が良いように思います。


小松空港といえば、先日小松基地の航空祭がありました。
一度行ってみたいと思うのですが、今年の入場者は13万人だったとか。とても写真どころではなさそうです。新聞に記事と写真が出ていましたが、身動きも取れないくらい(に見える)人の数でした。
空を飛んでいるブルーインパルスの写真とかなら人がいても関係ないかもしれませんが、そんな写真を撮るようなレンズと技術(特にこれが大事)はありませんので……

« 狐山古墳の彼岸花 | トップページ | PENTAX DA 18-250mmF3.5-6.3ED AL[IF] 10月下旬発売 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/39755/17673641

この記事へのトラックバック一覧です: 小松空港の滑走路:

« 狐山古墳の彼岸花 | トップページ | PENTAX DA 18-250mmF3.5-6.3ED AL[IF] 10月下旬発売 »

にほんブログ村

Amazon.co.jp