2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

« 小松空港の滑走路 | トップページ | エリカ様ご乱心? »

2007.10.03

PENTAX DA 18-250mmF3.5-6.3ED AL[IF] 10月下旬発売

PENTAXからDA 18-250mmF3.5-6.3ED AL[IF]が10月下旬に発売されると発表されました。
デジタル一眼レフ専用レンズで、TAMRONのAF18-250mm(Model A18)と同じ焦点距離のレンズです。
スペックも似たようなものですが、OEMなのでしょうか?
SONYのDT 18-250mm F3.5-6.3はTAMRONと中身は同じだと思うのですが、PENTAXだから違うと思うんですけど、どうなんでしょう?
しばらくは様子見ですが、良さそうなら現在使っているSIGMA 18-200mm F3.5-6.3からの買い換えも検討したいです。

高倍率ズームは便利なので、一度使うと手放せません。
目的を持って写真を撮っている人は、事前にある程度のイメージがあって、そこから必要な焦点距離のレンズを選んで撮っているのでしょうが、私みたいに行き当たりばったりで撮っている人には事前に何ミリのレンズを使うかなんてことは予測できないのです(だからいつまで経っても上手くならないのだと言われると返す言葉はありませんけど)。
それに、荷物を出来るだけ減らしたいときにも高倍率ズームはありがたい存在です。

また、以前に使っていたデジカメがOLYMPUSのC-2100 Ultra Zoomで、35mm換算で38~380mm相当というものでした。これを4年半使っていたというのも大きいのではないかと思います。撮影スタイルが高倍率ズーム前提のものになってしまっているのです。

« 小松空港の滑走路 | トップページ | エリカ様ご乱心? »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/39755/17128682

この記事へのトラックバック一覧です: PENTAX DA 18-250mmF3.5-6.3ED AL[IF] 10月下旬発売:

« 小松空港の滑走路 | トップページ | エリカ様ご乱心? »

にほんブログ村

Amazon.co.jp