2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »

2007.09.30

日本GPはハミルトンが勝利

富士スピードウェイで開催されたF1日本グランプリは大雨のためセーフティーカーの先導によるスタートとなり、リスタートまで20周ものあいだセーフティーカーの先導が続くという異例のレースとなりました。

結果はハミルトンの勝利となり、アロンソがノーポイントに終わったため、ワールドチャンピオンの可能性がかなり高くなりました。

ホンダのバトンはリスタート前には4番手につけていたのですが、リスタートして数周でフロントウィングを失い後退してしまいました。結局最終ラップで止まってしまい、11位という結果に。
バリチェロも終盤8位でポイント獲得のチャンスがあったのですが、あと8周ほどのところで給油のためピットイン。ポイント獲得はなりませんでした。
佐藤琢磨も完走15台中15位でしたし、かなり力が入っていたトヨタ勢も残念な結果に終わっています。
山本左近が自己最高の12位で完走というのがせめてもの救いでした。

最終ラップでのマッサとクビカの6位争いはなかなかすごいバトルでしたね。


しかし土曜からの雨はすごかったですね。
富士での雨のレースはそれほど珍しいものではありませんが、序盤20周もの間セーフティーカーの先導が続くようなレースはちょっと残念ですね。
シャトルバスが渋滞で4時間以上遅れたり、仮設スタンドのC席では指定席なのにレースがよく見えないというクレームがあって指定席料金分の払い戻し決めたりと、運営のほうもいろいろ問題が出たようです。

富士スピードウェイとF1というのは相性が悪いのでしょうか?
'76年は大雨、'77年は大事故、そして'07年はまたも雨。
来年は大きな事故がなければいいのですが。

夏タイヤ購入

夏タイヤを交換しました。
6月の車検のときに既に溝の残りが少ないことは判っていたのですが、なんとか冬まで持ちこたえてくれれば来年の春に新しいタイヤに交換出来ると思っていました。
しかし、左フロントの一本だけが他よりも多く減っていて、ほとんどスリップサインが出ているような状況になったため、思い切って交換することにしました。
他の3本は左フロントのものに比べると少しはましなので、左の前後を入れ替えてあと2ヶ月ちょっとを乗り切るという手もあったのですが、どうせ買わなきゃならないことにかわりはないですから。
春に購入するメリットはタイヤ交換が一回楽できるというところですが、夏タイヤへの交換は冬タイヤへの交換より楽なので、あきらめて自分でやることにしましょう。

交換直前のタイヤです。
左側が左フロントで、右側が右フロントです。


Imgp3523


写真だとあんまり判りませんね。


前のタイヤはBRIDGESTONEのREGNO GR7000でした。静かなタイヤが欲しかったからです。
次のタイヤも静かなタイヤ狙いで、YOKOHAAMのDNA dBやDUNLOPのLE MANS LM703も検討しました。しかし、ちょうどREGNOの新製品(GR9000)が出たばかりということもあって、今回もREGNOにしました。
今まで履いていたGR7000は、細かく記録を取っているわけではないので正確なところは判りませんが、計算では約4年半で50,000kmほど走ったことになります。POTENZAなんかは20,000kmから30,000kmで目がなくなると聞きますし、REGNOも似たような物だと言われていたので、かなりよく持ったと思います。これも今回もREGNOにした理由の一つです。

こちらがNewタイヤ。
溝が深いです。最初はこんなにあったんですね。


P1070829




そもそもREGNOクラスのタイヤはもっと重量のある車に履かせないと本来の性能は出ないのかもしれません。しかし、私の車に純正装着で付いていたタイヤはYOKOHAMAのASPECでしたので、この手のコンフォート系タイヤが無駄であるというわけでもないでしょう(と思いたい)。
POTENZAもいいのですが、私の車には明らかにオーバースペックでしょうし、コンフォート系に比べるとうるさいタイヤですので(グリップ重視なので仕方ない)、やっぱり選外となりました。
前の車にDUNLOPのFORMULA W10を履いていたときは、高速を走っていると助手席の人とも会話が出来ないくらいうるさかったのです。当然音楽など聴けた状態ではありませんでした。もちろんタイヤのノイズだけのせいではなく、エンジン音もうるさかったのですが。

タイヤ交換後、駐車場から出るときに感じたのはハンドルの軽さです。まるでスタッドレスに交換したときのような軽さです。
まだ新品なのでグリップしていないと言うことでしょうか。1,000kmくらい走れば変わってくるでしょう。


やはり新しいREGNOは静かです。車が車なのでそれなりに車内に音は入ってきますが、特に高めの音が抑えられているところがうるささを感じにくくしています。
まあ、前のタイヤも新品の時は静かだったと思います。使っているうちにだんだんとうるさくなってきているのでしょうが、少しずつ変化していくのでなかなか気がつかないですね。

交換時点での走行距離は82,822kmでした。
今回も50,000kmくらい走ってくれる事を期待しています。

2007.09.29

大野市内にて

先日大野へ行ったときに越前大野城周辺で見つけたものをいろいろと。


◇その1◇
道に埋め込まれていたタイルです。越前大野城がモチーフになっているのでしょう。


Imgp3868




◇その2◇
側溝のカバー(と言うのか?)には何故か星座が描かれています。

Imgp3869_2




◇その3◇
越前大野城周辺の道は昔ながらの細い道が多いのですが、この六間通りだけは別格です。
夏祭りなどもここをメインに行われているようです。


Imgp3908




◇その4◇
名水百選にも選ばれている湧水の御清水(おしょうず)です。
何人かが水を汲みに来ていました。近所の子供たちも水を飲みにやって来ます。
もちろん無料です。
水汲み用の杓とじょうごが置いてあります。私もちょうど空になったお茶のペットボトルに入れて飲んでみましたが、とてもおいしい水でした。先にここへ来ていれば2本目のお茶は買わなくて済んだのに……


Imgp3885




◇その5◇
期間限定の駐車禁止標識です。
冬場は駐禁になるみたいですね。
雪が降るからでしょうか。路駐の車のせいで除雪が出来ないという話は聞きますので、そんな理由もあるのかも。
時間限定の標識はよく見かけますが、期間限定は珍しい?
(しかも日付を変更した形跡がある)


Imgp3866




ところで、越前大野城の周辺には無料の観光用駐車場が何カ所かあります。
電車だと最寄駅は越前大野駅になりますが、城まで少し距離がありますし、電車の本数もそんなに多くはないので車のほうが便利です。なので無料の駐車場というのはとてもありがたいです。
他の観光地も見習って欲しいくらいですね。

2007.09.28

加藤いづみ New Album作成中

ただいま作成中という加藤いづみのNew Albumはカバーアルバムになるそうです。
昔、オールナイトニッポンでアンティークメロディーというコーナーをやっていましたが、その当時から是非コーナーで歌った歌などを集めたアルバムを出して欲しいと思っていましたので、15年近くかかってようやく願いが叶ったというところですね。

発売は来年の初めくらいでしょうか?
それまでは10月20日に発売される'07ツアーのLive Albumを聞いて待つことにしましょう。

2007.09.27

どんだけぇ~ボタンストラップ

これまで「へぇ~」ボタンのストラップや長井秀和の「間違いない!」、波田陽区の「残念!」、レーザーラモンHGの「フォー!」などのしゃべる系ストラップ、マツケンサンバのストラップなど音の出る物をいくつか買ってきましたが、最近はこれと言ったものがなくしばらくご無沙汰となっておりました。

そんな中、こんなのを見つけました。


P1070740




「どんだけぇ~」


TBS系で放送されている「リンカーン」という番組の「どんだけぇ~の泉」というコーナー(元ネタはもちろん「トリビアの泉」です)に出てくる「どんだけぇ~ボタン」がストラップになったものです。ちなみに大きいサイズ(高さ9.5cm)のものもあるそうです。

久々のヒットですね。

2007.09.26

健康診断と岩本屋

健康診断で福井へ行ってきました。
なんで石川県の会社なのに健康診断でわざわざ福井まで行くんだと思うでしょうが、いろいろ事情がありまして。

健康診断は「ふくい健康の森」というところで行われます。家からは高速使って1時間半ほどかかります。
受付は8時30分から8時40分。10分しかありません。遅れていくと面倒なので、8時20分には着くようにと思って家を出たのですが、高速に乗ってすぐくらいから土砂降りの雨になってきました。ほとんどスリップサインが出かかっているタイヤには厳しい天気です。
そのうち雨は土砂降りではなくなりましたが、福井市内で道が混んでいたこともあり、予定より少し早めに家を出たにもかかわらず、健康の森に着いたのは8時25分を過ぎていました。

健康診断の結果は、基準値を超えた項目がいくつかあったものの、去年よりはましになっていましたし、再検査は不要だったので良しとしましょう。

健康診断で何が辛いと言って、胃の検査が一番辛いです。
バリウムと胃カメラを選択できるのですが、どっちもどっちです。今回はバリウムを選択しましたが、バリウムの嫌なところは飲むのが辛いのと、早く出さなければいけないから下剤を飲んだりして、なんだかんだとその後2、3日は腹の調子がよくないのが辛いです。健康診断に行って不健康になっている感じです。

健康診断はだいたい午前中で終わりますので、昼飯を途中で食べて会社へ戻ります。
せっかく福井まで来たので、福井のラーメンを食べて帰ろうということで、「岩本屋」へ行くことにしました。
10月の「北陸ラーメン博」にも出店しますし、近々金沢にも店を出すようですが、一度福井で食べてみたかったのです。
店に着いたのは11時50分。12時前なのでまだ空いているかと思ったら大間違い。既に駐車場は満杯で、近くの道路には路駐の車もたくさんいました。特に駐禁ではなさそうでしたが、できれば路駐は避けたかったので、駐車場が空かないかと近くをぐるぐると回っていました。空きそうにないのであきらめて別の店に行こうかと思ったそのとき、駐車場から一台の車が出て行くのが見えました。
今がチャンス! と駐車場へ向かうと一台空きがあり、そこに車を止めることが出来ました。


P1070819


店に入ると待ちが5人。この程度ならそれほど待たずに食べられそうです。
まずは食券を購入。初めての店なので、普通にラーメンを食べようと思います。ラーメンだけでは少し寂しいので、あぶりチャーシューごはん(小)もいただきます。
ちなみに「魚介とんこつラーメン」は、本日スープ作りに失敗したのでありませんという張り紙がありました。

ラーメンは麺硬め、油多め、ネギ多めで注文。
待つこと5、6分で席に着くことが出来ました。そしてさらに2分ほどでラーメンが出てきました。


P1070820


背脂の量がすごいですね。
健康診断に向けて油ものを控えていたので、久しぶりの油ものです。
おいしかったのですが、初回で油多めはちょっと失敗だったかも。背脂の味が強すぎて、スープ本来の味がいまいち分かりませんでした。
あぶりチャーシューごはんもあぶったチャーシューが香ばしく、とてもおいしく頂きました。
周りではつけ麺を注文している人も多かったので、今度はつけ麺も食べてみたいですね。それと魚介とんこつラーメンも。金沢の店が出来たら是非とも行ってみたいです。
しかし、ホントは油ものは控えないといけないので(毎年中性脂肪が高いと言われているのです)、次は一ヶ月後くらいでしょうか。

しかし、昔に比べると油っこいものには弱くなりましたね。これで大盛りとかチャーシュー麺だとちょっと辛いです。


福井からの帰りにこんな店がありました。


P1070827


全国チェーンの「餃子の王将」とはまた別物なのでしょうか?

2007.09.25

鳥越のそばの花

24日は鳥越へそばの花を見に行って来ました。
前日の23日は「そば花まつり」というものをやっていたそうです。イベントがあると人も多そうですが、終わった直後ならその反動もあってあまり人がいないのではないかという読みもありました。

場所は鳥越の「にわか工房」のすぐ横です。


Imgp4205


ところが行ってみると花はほとんど咲いていません。


Imgp4191


今年は猛暑の影響で時期がずれているのでしょうか?
それとも前日のイベントで刈り取ってしまったのでしょうか?
微妙に1列だけ咲いているようなところもあるので気になります。

先の坂を少し上ったところにも広いそば畑があります。下からは畑があることが判らないので、看板が出ています。


Imgp4216


しかし、花の咲く時期がそんなにずれるほどの差はないと思いますので、下がこの状況では上も期待は出来そうにありません。天気もちょっと曇ってるし……
それでもせっかくここまで来たのですから、とりあえず上ってみます。

すると……


Imgp3969


なんと、満開じゃないですか!!
「いちめんなのはな」ならぬ、「いちめんそばのはな」です。
小さな花ですが、ここまでになるとなかなか見事です。


Imgp3975


花は今週いっぱいくらいまでが見頃だそうです。

2007.09.24

真名川ダムと越前大野城(後編)

さて次は大野城です。


Imgp3742


小さな城ですね。丸岡城よりも小さいかもしれません。
天守閣自体はコンクリート製の新しい建物ですが、石垣は当時のものが使われているそうです。

大野城へは4年ほど前に一度行ったことがあるのですが、そのときは天守閣のところへ着いたのが夕方5時頃だったため、既に天守閣の営業時間(?)は終わっており、中へは入れませんでした。
天守閣への入場料は200円です。200円もするのか、と一瞬思いましたが、せっかく来たのですから入ることにします(一度入ったら次からは入らないと思いますが)。
ちなみに中学生以下は無料、30人以上の団体は一人100円だそうです。30人もの団体が入ったらいっぱいになりそうですけどね。

中には昔の篭や着物、鎧、刀などいろんなものが展示されています。
おもしろかったのはウサギのマスコット(とは言わないだろうけど)が付いていた兜です。バックスキンのような素材で作られているようで、ぬいぐるみみたいでかわいいです。冗談で付けてあるのかと思いましたが、本当に付いていたものらしいです。まじない的な意味合いがあるようですね。
カモシカの剥製や大野の名産品といった城と直接関係のないものも展示されてました。
なお、城内には撮影禁止と書かれた紙が貼ってあったので、写真は撮りませんでした。ウサギ付きの兜は撮りたかったですね。ちょっと残念。


天守閣の近くには、大野のHERO、金森長近の像があります。


Imgp3815


この人がいたからこそ今の大野があるのだそうです。
しかしこの像、頭が大きくてちょっと漫画っぽいです。
うる星やつらの錯乱坊を思い出します。「定めじゃ」とか言いそう。


他には三角点もあります。


Imgp3778




ところで、ネットで「大野城」を検索してみると、ヒットするのは「福岡県大野城市」ばかりです。ここにも大野城という城があったようですね。飛鳥時代の城だったそうです。さすがに建物は残っていないようですが。
では福井の大野城はというと、どうやら正式には「越前大野城」と言うようです。これは今回初めて知りました。また、亀山城という別名があるそうです。確かに城のある公園は亀山公園って名前です。
他にも大野城があったなんて事も知りませんでしたね。一つ勉強になりました。


しかし、ダムがメインで城がついでというのはやっぱり普通じゃないですよね……

2007.09.23

真名川ダムと越前大野城(前編)

土曜は福井の大野にある真名川ダムへ行ってきました。
先日富山の刀利ダムへ行ったときに、アーチ型ダムというのがとても気に入ったのでした。
そこで他にもないかと探してみたところ、近いところでは大野の真名川ダムがなかなか良さそうでしたので、行ってみることにしました。
また、せっかく大野まで行くのですから、ついでに大野城にも寄ってみます。

まずは福井ICを降りてR158を東に進みます。
第一の目的地は上新橋を渡ったところにある「福井豪雨の記憶」というモニュメントです。


Imgp3411


これは2004年の福井豪雨で崩壊した越美北線の橋梁を基に作られたものだそうです。
崩れた橋脚や曲がってしまった線路が当時の状況を物語っています。


さて次は本命の真名川ダムです。R158からR157へ入り進んでいくと、真名峡隊道(真名峡トンネル)を抜けたところで左手にダムが見えてきます。
ちょっと先に道が広くなっているところがあったので、そこに車を止めて写真を撮りました。


Imgp3493


なかなか見応えのあるダムのようです。
噴水は観光用だそうです。かなりの高さまで上がっているようですね。出来れば近くで見てみたいものです。

すぐ先の若生子隊道(若生子トンネル)を抜けると左手にダムがあります。
駐車場かどうかは判りませんが、車を止めておけるようなところがありましたのでそこで車を降りてダムへ向かいます。

堤高は127.5mとなかなかの高さです。アーチ型ダムのこの曲がり具合が何とも言えず好きですね。


Imgp3615


反対側からも。


Imgp3582


ゲートの上の部分を工事していたのがちょっと残念でしたが、なかなか見応えのあるダムでした。
今度は放水しているところを見てみたいですね。あとは、できればあの噴水を近くで見てみたいです。


ダム湖の様子はこんな感じです。


Imgp3572


このダム湖は「麻那姫湖」という名前が付いています。
麻那姫の像というのもあるようですので、ダム湖を目的に行く場合はもう少し上流まで行った方が良さそうです。
この先に雲川ダムというのがあるようなので、今度はそこへ行ってみたいです。そのときには麻那姫の像も探してきたいですね。


山はそろそろ紅葉が始まって来ているようです。
アマチュア無線の反射板と思われるものがありました。


Imgp3613




さて次は大野城へ向かいます。

(後編へ続く)

2007.09.22

マクロスZIPPO

「たのみこむ」で販売されていた「マクロス オリジナルZIPPO」が届きました。
限定300個だそうです。限定という言葉に弱いんですよね。


P1070643


ブラックミラーコートということでなかなかカッコイイのですが、反射するので写真を撮るのは大変です。
最近はオークション用の写真を撮るために物撮り用のスタジオボックスみたいなものがいろいろと発売されています。そういうのを使えばもう少しましに撮れそうな気がします。買う気は無いですけど。

2007.09.21

寝てはいけません

車椅子用トイレの入り口にて。


Imgp2243


ふつうのトイレより広くなっていますし、確かに寝られそうな台もありました。
雨の日や冬の夜などはここで雨風や寒さをしのいでいる人もいるのでしょう。

2007.09.20

さらば宇宙戦艦ヤマトのDVD

先日購入した「劇場版 宇宙戦艦ヤマト DVDメモリアルボックス」ですが、中身は単品発売されたものを寄せ集めただけで特に目新しい物はありません。ディスクのレーベルは30周年記念とかで新しくなっているようですが、どうせなら個々のパッケージも新しくして欲しかったですね。私は単品発売のものは持っていなかったので(一作目の「宇宙戦艦ヤマト 劇場版」だけは持っていましたが、先日売ってしまいました)、まとめて安くなるからお買い得ということで購入しましたが、既に単品を持っている人には全く不要なものですね。

さて、「さらば宇宙戦艦ヤマト」を見ていて思ったのですが、この作品はビスタサイズで公開されていると思ったのですが、DVDへの収録は4:3となっています。
もともと作画は4:3で、擬似ワイドだったという話もあるようですが、どうなんでしょう。もしそうだとして、DVDが4:3になったのは上映時にマスクされている上下も入っているからということなのでしょうか。見たところそうではないように思えますが。
ロール交換を示す穴(名前はあるんでしょうか?)の位置を見ていると、上映時のビスタサイズの両側をトリミングして4:3にしているようにも思えます。

実際の所はどうなんでしょう?
可能ならビスタサイズで収録したものの発売を望みます。
一作目ですらビスタサイズで収録されているんですから、是非ともなんとかして欲しいですよね。


「ヤマトよ永遠に」の「ワープディメンション効果を完全再現」っていうのもちょっと微妙です。
結局前半部分は額縁になっちゃうんですよね。予想通りではありましたが。

2007.09.19

カッコイイ芝刈機

河川敷で芝刈をやっていたようで、芝刈機が残されていました。


Imgp3196


ラジコンで操作するようです。ちょっとカッコイイですね。


Imgp3120


角度によっては昔のグループCのスポーツカーみたいに見えなくもないです。
タイヤじゃなくてキャタピラですが。

2007.09.18

大滝

月曜は夕方から雨が降るかもしれないという話もあり、どこかへ出かけようかどうしようかと考えているうちに午後2時になってしまいました。
結局どこかへ出かけようと言うことになったのですが、時間も時間なのでそんなに遠くへは行けません。そこで津幡の大滝へ行ってみることにしました。
ここは夏休み中は流しそうめんをやっていて、人がたくさん来ています。そんなに広いところではないのでとても写真どころではないという状況になってしまいます。せめて平日なら少しはましなのでしょうが、土日ともなると大変なようです。
そんなわけで夏休みが終わったら行ってみようと思っていたのでした。

4年前に一度行ったことがあるのですが、いまいち道を覚えていません。有名な観光地というわけではないので、ナビにも登録されていません。ネットで調べると地図サイトへリンクしているところがいくつかあるものの、みんな違うところが登録されていてどれが正しいのか判りません。2回目だし何とかなるだろうと思って出かけましたが、しっかり通り迷いました( ̄□ ̄;)。


ちなみにこのあたりの道路の看板は白鳥(?)のデザインです。


P1070593




迷ったおかげで予定より30分遅れで現地に到着。
その上、駐車場に車を止めて滝まで歩き出したとたんに雨が降ってきました。途中、だんだん雲行きが怪しくなってきていたので嫌な予感はしたのですが。道に迷ってさえいなければ……
それでもせっかくここまで来たのですからそのまま滝へ向かいます。


Imgp3375


雨が降ってきたおかげで5・6組来ていた人たちも早々に引き上げていき、滝には誰もいなくなりました。
流しそうめんをやっている小屋の下に入れば雨はしのげそうです。そこでしばらく写真を撮ることにしました。


Imgp3251


水量は4年前に来たときよりも少し少なめに感じます。時期的なものなのか、最近の天気の影響なのかは判りませんが。
そのうち雨が本格的になってきて、戻るに戻れない状況になってしまいましたが、30分ほどすると雨も上がり、なんとか濡れずに駐車場まで戻ることが出来ました。




<おまけ>
途中の道沿いにある看板です。4年前に来たときもありましたが、まだ残っていました。


P1070613


由美かおるはちょっと扱いがぞんざいですけど。

2007.09.17

けものが入りますので

大倉岳スキー場のトイレです。
シャッターが閉まっていたので使えないのかと思ったら、こんな注意書きが。


Imgp3034


けものってなんでしょうね。
キツネやタヌキならいいですが、クマだったら怖いですね。

2007.09.16

夕立

一ヶ月ぶりの洗車。
しっかりとワックスまでかけて、ようやく終わって家に入ったとたんパラパラという音が。


雨だ……


ワックスまでかけたのに _| ̄|○

そんなに大きな雨でもなく、5分ほどですっかりと止んでしまいましたが。


おかげでワックスの効きは十分に確認できました。
ぜんぜん嬉しくありませんが。


P1070582




雨が止んだ後の西の空。


P1070588

大倉岳のコスモス

毎年9月の下旬に大倉岳スキー場のゲレンデを利用してコスモスまつりが開催されます(今年は9月30日)。
花はもう咲いているという噂を聞いたので行ってきました。
今年は普通の(と言うのか?)コスモスだけでなく、キバナコスモスも植えられています。


Imgp2949


黄色というよりオレンジ色ですね。

まつり当日は人でにぎわいますが、今日はまだ人はほとんどいません。写真を撮るにはいい条件です。
しかし、肝心の花の咲き方が雑というか、いまいちです。


P1070554


そのため、花のクローズアップの写真が多くなったのですが、風が強かったので、ピンぼけ写真を量産してしまいました(;_;)。


帰りはすぐ近くにある「ポッポ汽車展示館」へ。
ここには尾小屋鉄道で使われていた蒸気機関車、気動車、客車が一台ずつ展示されています。


Imgp3055


気動車は動態保存されており、ほぼ毎月1回保存会(なつかしの尾小屋鉄道を守る会)の活動公開日として運転されています。


Imgp3082


運転席はこんな感じです。


Imgp3070


これで動くというのはなかなかすごいですね。


尾小屋鉄道の気動車は小松児童会館にも動態保存されており、毎週水曜と土・日・祝祭日に「なかよし鉄道」として館内で運転されています。




ちなみに大倉岳スキー場のパイゲンCのベンチはまだまだ現役でした。


Imgp3022

2007.09.15

車のアンテナ

ちょっと前になりますが、車のラジオ用アンテナを交換しました。
交換したのは1ヶ月ほど前なのですが、写真を撮っていなかったので……

これまではMotor-Technik Alumi Roof Antennaというのを付けていました。長さは純正アンテナとほとんど変わりませんが、デザイン的にはGUMP G-20などと同じくシルバーのアルミ製で、とても気に入っていました。
ところがある日、アンテナが曲げられているのを発見。最初はいたずらされたのかと思いましたが、なんと犯人は自分だったことが発覚したのです(;_;)。
私の車はハッチバックでルーフの後方にアンテナが付いているのですが、テールゲートを開いたときにアンテナの角度によってはテールゲートスポイラーがアンテナに接触してしまうことがあるのです。純正アンテナはゴム製(?)である程度自由に折り曲がります。また、スポイラーには開けたときにアンテナが通る部分には穴が空いています。そんなわけで純正アンテナであれば問題ないのですが、そうでないときには運が悪いとこんなこともあるんです。
その後、テールゲートを開けるときには気をつけていたのですが、それでも数回アンテナを曲げてしまったことがあります。


ある時Webを眺めていたら、ミラリード ZM-008 ビレッドアンテナ クルツM というのを見つけました。
これはなかなか良さそうということで買って取り付けてみました。


Imgp1235


見た目もGoodです。
アンテナの全長は65mmと、純正アンテナの1/3強といったところです。
アダプタ部分はシルバー・ブラック・ブルーの3色が用意されています。今回は青を付けてみました。

テールゲートを開けた状態です。これなら問題ないですね。


P1070255


普段ラジオを聞くことはほとんどないので感度が良くなったか悪くなったかは判りませんが、少なくともラジオが入らなくなったと言うことはなく、問題なく聞けています。


【追記】
残念ながら、雪のためにこんな姿になってしまいました(;_;)。

2007.09.14

マクラーレンに有罪判決

世界モータースポーツ評議会の聴聞会の結果、マクラーレンに2007年のコンストラクターズポイント剥奪と1億ドルの罰金という決定が下されました。
ドライバーにペナルティはなく、今期の残りもこのままレースを続けることが出来るとのことです。
また、2008年のマクラーレンのマシンに問題があれば2008年のポイントについても剥奪ということになるそうです。
詳細は14日に発表されるとのこと。マクラーレンは発表の内容によって控訴をするかどうかを決めるそうです。

安倍総理の辞任に続き、またもやビッグニュースですね。

ドライバーズポイントには今期の残りも含めて影響なしということで、その点については一安心です。
マクラーレンは当然控訴してくるでしょうね。
心配なのは2008年です。もし2008年のマシンに問題ありとなった場合、マクラーレンが2008年の参戦自体をやめてしまうという可能性もあるのではないでしょうか。そうはならないように祈りたいです。


さて、今回は携帯から書き込んでみましたが、うまく書き込めているでしょうか?

超時空要塞マクロスTV版 DVD-BOX

マクロステレビシリーズのDVD-BOXがHDリマスターで超時空要塞マクロス メモリアルボックスとして発売されます。
片面2層10枚組で39,900円。発売日は2008年2月22日で、2009年2月21日までの限定生産となるそうです。
マクロス25周年記念ということで、マクロスプラスやマクロス7のDVD-BOXがHDリマスターで発売されていますが、オリジナルのTVシリーズはなぜかDVD発売の話はありませんでした。昔発売されたDVDも既に廃盤となっているようですし、何らかの理由があって発売できないのかと思ったこともありましたから、待ってましたという感じですね。

第1話と第2話については、スペシャルとして連続放送されたものと、再放送用の個別のものがそれぞれ収録されるそうです。
また、特典ディスクには初回放送時の第11話が収録されるとか。あの紙芝居が見られるわけですね(笑)。

また、今年の12月には劇場版「愛・おぼえていますか」のDVDもHDリマスター版で発売されます。
通常版とメモリアルボックス版があるようで、メモリアルボックス版には特典ディスクやブックレットが付いてきます。
こちらはまだ以前に発売されたDVDが簡単に手に入りますので何度か購入を考えたことがありますが、ビデオを持っていたこともあって購入には至っていません。せっかくですから12月まで待ってHDリマスター版を購入したいですね。ただ、通常版で十分な気がしますけど。

2007.09.13

お昼寝中?

なぜかみんな石の上に上っています。
水の中に入っているのは一羽もいませんでした。


Imgp2231


お昼寝の時間だったのでしょうか?

2007.09.12

葉っぱが刺さってる

歩道のブロックの隙間に落ち葉が刺さっています。


Imgp2218


偶然刺さったのか、誰かが刺したのか……

2007.09.11

なんと木村拓哉の壁紙が!!

富士通のパソコンFMVのサイトで、木村拓哉の壁紙が公開されています。
これはかなりすごいことではないかと思います。

ジャニーズ事務所がネット上でのタレント肖像権に対して厳しい態度であることはよく知られています(芸能事務所のホームページで所属タレントのプロフィールページに顔写真が出ていないのはジャニーズ事務所くらいのものではないだろうか)。
ドラマなどの公式サイトで出演者の顔写真(それもほんの小さい物)が掲載されていても、ジャニーズ事務所のタレントだけは写真なしだったり、別のイラストなどで代用されたりしていました。
また、最近はCMのムービーをその企業のサイト上で公開していることは珍しくありませんが、FMVのサイトでは木村拓哉が出演しているCMのムービーは公開できないため、CMのイメージをイラストで掲載したり、サイドストーリーのようなムービーを公開したりしてました。

最近は多少緩和されたのか、一部の商品や映画のサイトでは顔が出ていることもあるようです。FMVのサイトでも最新のCMムービーは公開されています。
しかし、この壁紙のような大きなサイズの画像が公開されたのは初めてのことではないでしょうか。

単に緩和の方向へ進んでいるだけなのか、それとも何かの前兆なのか……




ところで、今、会社の昼休み時間中にこれを書いています。
昼休みとはいえ、使っているのは会社のパソコン。いいのかどうかはちょっと微妙……
そういえば、携帯からもブログへ投稿できるらしい。今度一回やってみよう。

Complete MOMOE PREMIUM

山口百恵のオリジナルアルバム全22タイトル収録した『MOMOE PREMIUM』というCD BOXが2003年に発売されました。私も購入しましたが、今回オリジナル・アルバム未収録の曲を集めたCDが2枚追加になったものが『Complete MOMOE PREMIUM』として発売されるそうです。

4年前に3万円も出して買ったのに、たった39曲のために今度は37,800円も出してほとんど同じものを買わせる気か、あくどい商売しやがって……と思っていたら、追加になったCDと追加の写真集のみを『MOMOE PREMIUM update』として発売するとのこと。
こういうのも珍しいですね。

良心的と言えば良心的ですが、そもそも未だに山口百恵で儲けようという考え自体がどうかとも思いますね。まあ、それに乗せられて買ってしまう私も私ですが。

というわけで、updateのほうを予約しました。はい。

2007.09.10

RS-D7XIII

やっと写真を撮りました。

ヘッドユニットRS-D7XIIIです。黒のフェイスがかっこいいですね。


P1070512


こちらはアンプの移設です。
フロント用のアンプは空いていた場所に設置しました。


P1070500


DSPはSW用パワーアンプの下の空間に設置。


P1070504


DSPとパワーアンプがすべてトランクに収まったため、ピンコードの交換が簡単にできるようになりました。これなら自分で好きなコードを買ってきて取り替えるのも簡単です。


音はうるささというかきつさが取れて、より好みに近づきました。
また、以前より少し落ち着いた音になったのはDEX-P01とRS-D7XIIIのキャラクタの違いのようですね。DSPも交換するとこの傾向はさらに強まるようです。低温の伸びもRS-D7XIIIのほうが良いですね。DEX-P01との差は思っていた以上に大きいです(光ケーブルの違いもあるかもしれませんが)。
しばらくは家のCDを順番に聞いてみることになりそうです。


音は良くなったのですが、あまりうれしくない事態も発生してしまいました。
フロントスピーカー(MID)のボイスコイル側に錆が出てきているというのです。今のところはまだ大丈夫ですが、そのうち突然音が出なくなったりするかもしれないとのこと。
MIDに使っているユニットはDYNAUDIOのMW-160GTです。店の人の話によると、同じユニットを使っている人で同じように錆が出て音が出なくなったということが何度も起きているんだそうです。
なお、MW-160GTは現在MW-162GTにモデルチェンジしているようです。

とりあえず、ちゃんと音が出ている間は使い続けたいですが、次の車へは持って行けなさそうです。それに、それまで大丈夫だという保証もないし。また金のかかる話が……

2007.09.09

F1日本GP、富士と鈴鹿で隔年開催へ

今年から富士スピードウェイで開催されるF1日本GPですが、2008年の富士に続き、2009年は鈴鹿で開催されることが発表されました。2009年以降は隔年で両サーキットで開催されるとのことです。
2008年までは既に富士が開催権を取得しているので、2009年からの隔年開催となったようです。
http://www.formula1.com/news/headlines/2007/9/6729.html

既にドイツがホッケンハイムとニュルブリクリンクでの隔年開催を行っているので不可能な話ではないと思っていましたが、富士側が了承しないだろうから実現は難しいと思っていました。富士スピードウェイの決断に拍手を送りたいと思います。

鈴鹿はドライバーからも人気のサーキットですし、再び鈴鹿でF1が開催されるのはとても嬉しいことです。
また、新しくなった富士スピードウェイでF1が走るというのもとても楽しみですので、両サーキットでの隔年開催はファンにとっても嬉しいことです。
トヨタとホンダには良きライバルとしてF1のみならずモータースポーツの発展に貢献していただきたいと思います。

映画「HERO」

台風一過、天気予報ではいい天気になると言っていたのに、いつ雨が降り出してもおかしくないような雲行きでした。
そこで写真撮影はあきらめて映画を見に行くことにしました。公開初日のHEROです。
初日は混みそうだし、公式サイトも繋がりにくいようです。ほんとは2週間くらい経って少しほとぼりが冷めてから行こうと思っていたのですが……

劇場に着くと、予想通りロビーには人があふれています。場内も300人以上入るところですが、2/3ほど埋まっています。
なんだ少ないじゃないか、と思うかもしれませんが、土曜の昼間ですよ。ここ数年、こんなに人が入っている映画を見に行ったことはありません。時には5、6人ということもありました(キャパ100人くらいのところでほぼ満席ということはありましたが、人数的には今回のほうが倍くらいです)。しかもここの劇場だけでも2スクリーンで上映していますし、金沢市内では計7スクリーンで上映されています。それを考えるとやはりすごいです。

ストーリーは2006年に放送された特別編の続きという形になっており、特別編で登場した中井貴一や綾瀬はるかも出てきます。ただ、この2人に関してはそれほど直接話に絡んではきませんけどね。そんなこともあって、特別編を見ていないと話が判らないと言うことはありません。
しかしTVシリーズの映画化ということで、レギュラーメンバーに関する説明的なシーンは一切ありませんので、TVシリーズを全く見ていない人にはちょっと判らないところもあるかもしれません。しかし、関東地区で全話30%以上の視聴率をマークし、民放ドラマ平均視聴率第2位という記録を持つ番組です。公開前には再放送も行われていましたし、映画を見に行こうという人であればTVシリーズを全く見たことがないという人はほとんどいないのではないかと思われます。

監督は鈴木雅之、脚本は福田靖と、TVシリーズでも一番多くの話数を勤めたメンバーです。
鈴木雅之が映画を撮るとどうなるのかというところに興味があったのですが、単にTVでの演出と同じ事をやっているわけではなく、ちゃんと映画として考えてますし、シネスコの画面サイズも上手く使っていると感じました。というのも、これが4本目の映画なんですね。知りませんでした。私は映画は初だと思っていたのです。

脚本も良かったです。中井貴一と綾瀬はるかは無理に出さなくても良かったのではないかとは思いますけど。
韓国ロケもちょっと無理矢理なところはありますが、ラストシーンへの複線にはなっていますのでまあいいでしょう。でも、イ・ビョンホンが出るというのは単に話題作りでしかないように思います。
田中要次が韓国でも出てきたりするとおもしろかったと思うのですが、ちょっと遊びすぎになってしまいますかね。

一言で言えば「HERO完結編」といったところでしょう。
TVシリーズファンは必見ですね。

2007.09.08

アンプ移設時の代車

先日のアンプ移設時に借りた代車がかなりバタバタの車で、運転席側のドアヒンジにがたつきがある、シートに穴が空いている、ルームランプが走行中に点滅する、極めつけはエンジンキーを刺してエンジンをかけるとき、キーを回すのにコツがいる(ようやくコツをつかんだのは最終日だった)という状態でした。走行距離は12万kmのちょっと手前ですが、年式はかなり古そうです。
2、3年前にも同じ代車を借りたのですが、そのときはまだここまではひどくなかったと思います。

そんな車ですが、さすがカーオーディオ専門ショップの代車です。オーディオ取り付けには力が入っています。

ヘッドユニットはcarrozzeriaのワンボディで、内蔵アンプを使ってフロントスピーカーを駆動。トランクにはアンプ内蔵のSWが入っています。
フロントスピーカーはキックにTW、純正位置にMIDを加工して取り付け(MIDはグリルを外して撮影しています)。


P1070473


使っている機器は特別な物ではありませんが(フロントスピーカーはX用の高いやつだけど)、出てくる音はワンボディの内蔵アンプを使った音とは思えません。音場もちゃんと上に上がっています。
カーオーディオは加工と調整がとても重要であるというサンプルですね。

でも車自体も少しましになってくれるとうれしいですけど。一度、キーが抜けなくなったこともあったし……

2007.09.07

スーパーシビック

懐かしいですね。スーパーシビックです。
かなり悲惨な状況ですが。


P1070429


私の最初の愛車はスーパーシビック3ドア1500 CXでした。もちろん中古です。
今から思えばブレーキは効かないしタイヤは細いし馬力は少ないし……という車でしたが、軽量でコンパクトなボディのため、走りはとても軽快でした。
車両重量は780kg。エアコン装着で800kgぐらいだったと思います(当時はまだエアコンが標準装備でない車も多かったんですよね。社外品の後付エアコンなんてのもありました。私が買ったシビックもエアコンは純正ではなく社外品の後付が付いていました)。
最近の車は重量が増える傾向にあります。Fitですら1tを超えますからね。安全性の問題などもあってそうなっているのでしょうけど、軽い車は馬力がなくてもよく走りますし、燃費も良くなるので利点はたくさんあります。車メーカーはもっと車を軽くすることに力を入れてもいいのではないかと思います。


車を買う前はほとんど興味がなかったので(スーパーカーブームには乗りましたけど)、就職前に免許は取るだろうけど、どんな車に乗りたいとかいうことは全く考えていませんでした。
しかし、このスーパーシビックのおかげで車の楽しさみたいな物を教えてもらった気がします。最初の車がこの車でなかったら、今ほど車に興味がないままだったかもしれません。そういう意味でも大変思い出深い車であります。

2007.09.06

ダルマヤラーメン

午後から富山で打ち合わせ。昼飯は飯野のダルマヤラーメンへ行ってきました。
店に入るときにデジカメを持って行くのを忘れたので写真は撮れませんでした。それに今回は一人ではなかったし……

ここは普通の醤油味の「元祖ラーメン」と富山ブラックの「ヤングラーメン」があります。
富山の人にはヤングのほうが人気があるのかもしれませんが、私にはちょっときついので(健康診断も近いし)元祖ラーメンとミニチャーハンセットを注文。
出てきたラーメンは一瞬間違ってヤングが出てきたのかと思うくらい濃いめのスープでした。しかし食べてみると、色から想像するほどにクドくはありません。富山の醤油ラーメンの中では十分に食べられるほうに入ります。
それでもあっさり醤油の中華そば系が好きな人にはちょっとクドめでしょうね。先に出てきたチャーハンがちょっと塩が強いように感じたのですが、スープを二口ほど飲んだあとにチャーハンを食べるとまったく塩辛さを感じませんでしたので。
麺は自家製麺だそうで、コシのあるちょっと縮れた中太麺です。また、どんぶりの半分くらいの大きさのチャーシューが1枚乗っており、これがなかなか旨いです。チャーシュー麺にはこの大きなチャーシューが5枚ほど乗っているようです。

テーブルには天かすとおろしニンニクが置いてあります。この後打ち合わせだったのでニンニクはやめておきましたが、ニンニクが合いそうなスープでしたのでちょっと残念。


店の中には魚拓が何枚も貼られていました。また、有名人(と思われる)のサインも何枚か貼ってありましたが、誰のサインなのかは判りませんでした。唯一判ったのは富山のヒーロー(?)立川志の輔のサインです。「ためしてガッテン」の文字が入っており、来店したときの写真が一緒に貼ってありました。

あと、ダルマサイダーというのを売っていました。瓶にダルマの絵がかいてあるようです。
でも1本250円というのはちょっと高いですよね。

2007.09.05

谷村有美CD BOX発売、なんだけど……

11月21日に、Crystal Time ~谷村有美 コンプリート・レコーディングス Sony Music Years BOX~というのが発売されます。
内容は、
  ・Sony時代のアルバム 12枚
  ・ボーナスCD 1枚
  ・ボーナスDVD 1枚
となっており、定価は25,000円だそうです。
なお、発売日の11月21日というのは谷村さんのデビューの日に合わせたようです。

しかしちょっと微妙ですね。
アルバムは全部持ってますから、目新しいところはボーナスCDとボーナスDVDだけになってしまいます。しかも、ボーナスCDの収録曲のうち、持っていないのは2・3曲程度。実質DVD 1枚に25,000円ですね。これはちょっと高すぎです。
CDは紙ジャケット仕様だそうですが、元々アナログ盤だったわけでもないのでLPジャケットの復刻というわけでもないでしょう。単にそのほうが場所をとらないというくらいでしょうか(最初の数枚はアナログ盤も出てたのかもしれませんけどね)。初回プレス分はデジパック仕様だったり、ブックレット付きだったりしたものも多いので、ある意味グレードダウンかも。

12枚のCDには限定版のミニアルバム「White Songs」も含まれています。これは(たぶん)再発売されていないので、欲しい人はいるかもしれませんね(私は当然持ってますけど)。
どうせなら「Hear」の予約特典に付いてきたメッセージカセットとか、そんなのをボーナスCDに入れてくれるとおもしろいのですが。

などと言いながらもポチってしまいそうになる誘惑と戦っています。最終的には負けてしまいそうな予感はしますが……
こういうのを「お布施」というのだとは判っているのですけどね。


なお、谷村有美デビュー20周年を記念して、Crystal Timeというスペシャルサイトが開設準備中です。どんなサイトになるのか楽しみです。

2007.09.04

まるびぃ

金沢の広坂にある金沢21世紀美術館です。


Imgp2296


現在は明後日朝顔プロジェクト21の一部として、建物のまわりが朝顔に覆われています。


Imgp2290


美術館というと昔の絵画や彫刻などが展示されていて、我々一般庶民にはあまり縁のないところというイメージがありますが、ここはちょっと雰囲気が違います。
特に展覧会やイベントになかなかおもしろいものがあるのです。
ちょっと前には「梅佳代写真展」なんてのもありましたし、現在はリカちゃん人形の展示会をやっています。
また、こんな映画の上映もあります。


Imgp2328


9月9日には映画監督の大林宣彦氏のトークショーも行われるとのこと。
以前に攻殻機動隊の上映と押井守氏の講演があったように記憶しています。残念ながら行けませんでしたが。

外にはこんなものもありました。日比野克彦アートプロジェクトの一部のようです。


Imgp2326


平日は仕事があるので行けませんし、場所が街中なので休日には駐車場が大混雑したりとなかなか気軽に行くことは出来ないのがちょっと残念です。


ところでこの美術館には「まるびぃ」という愛称があるそうです。
なんか、渡辺和博の『金魂巻』を思い出しますね。○金、○ビというのがずいぶん流行し、流行語大賞にもなりました。
そのせいか、「びぃ」というのが「美術館」の「美」ではなくて「ビンボー」の「ビ」に思えてしまうのです。
私だけでしょうか?

2007.09.03

白鳥路温泉

土曜の目的はラーメンともう一つは温泉でした。
目的地は兼六園からほど近い白鳥路ホテルです。


Imgp2401


ここにある白鳥路温泉はホテルの浴場なのですが、天然温泉を引いており、日帰り入浴も可能です。
なお、日帰り入浴はPM1:00~PM10:00で、入浴料は1,000円となっています。タオルとバスタオルを貸してもらえますし、300円のクーポン券が付いてきて、館内のラウンジや売店で使うことが出来ます。

フロントにて温泉に入りたいと告げ1,000円を払うとタオルとバスタオルを持ってきてくれます。初めてですかと聞かれたのでそうですと答えると、クーポン券の説明の後、わざわざ温泉の入り口まで案内してくれました。さすがホテルだな、と思いましたね。

泉質はこのあたりによくあるコーヒー色のお湯ですが、薄めの茶色でコーヒーと言うよりは紅茶といった感じで、少しぬるっとした感触です。温度は41度と少しぬるめなので、じっくりはいることが出来ました。
湯船は一つと水風呂があり、サウナもあります。男湯の湯船はそんなに大きくはありません。女湯のほうは大浴場なんだそうです。これは、ここのホテルが女性客の宿泊が断然多いということからそうなっているようです。
土曜と言うことで宿泊客も多かったようですし、夕方5時近くだったので人がいっぱいかと思いましたが、男湯は私が入ったときには先客が一人だけでした。入っているうちに何人かが入ってきましたが、最大で4人というところです。しかも、ほとんどが日帰り入浴の人だったようです。
久しぶりの温泉を十分堪能した後、クーポン券を使うべくラウンジへ。550円のアイスコーヒーを注文しました。クーポン券使用で支払いは250円です。


金沢市内には同じ泉質のお湯を使った銭湯も何軒かあります。銭湯ですので料金は銭湯の料金です。それを考えると1,000円という料金は高いようにも思えます。
しかしタオルとバスタオルを貸してもらえますし、シャンプーとボディシャンプーが置いてありますので手ぶらで行くことができます。また、銭湯はどこも循環だったと思いますが、ここは掛け流しのようです。スーパー銭湯へ手ぶらで行ってタオルとバスタオルを借り、シャンプーとボディシャンプーを買ったと思えばそんなに高くはないでしょう。しかも300円のクーポン付きです。
ただ、300円という金額は微妙です。ラウンジで使うと言っても300円で飲食できるものはありません。一番安いもので昆布茶が400円でした。結局は追加でいくらか払う必要があります。なお、クーポン券は有効期限が3ヶ月ありますので、その間にもう一度行くことがあるのなら2枚まとめて使うとコーヒーくらいは追加料金なしで飲むことが出来そうですね。

たまにはちょっと贅沢してこんなところもいいのではないでしょうか?

2007.09.02

やっと助屋へ行ってきた。

新しいラーメン店がぞくぞく開店する中、どこへも行く機会がなかったのですが、ようやく「十二代目 助屋」へ行ってきました。
場所は南町交差点を玉川公園方向へ入ったところにあります。駐車場もないので、近くの会社にでも勤めていて昼食時に食べに来るというのでもなければなかなか機会がないところです。
土曜の昼食としていただきましたが、朝食が遅めだったのでまだそれほど空腹ではありません。しかし、このチャンスを逃すと次にここへ来ることが出来るのはいつになるか判りません。


P1070530


店に着いたのは12時15分頃。土曜と言うことで先客は一人だけでした。しかし、食券を買って席に着くと、立て続けにお客さんがやって来て、8割ほどの入りとなりました。

初回の訪問ですので、店の看板商品と思われる「白らぅめん」をおすすめの「こってり」&「麺硬め」にて注文しました。トッピングには「味玉」を追加しました。


P1070532


まずは何も入れずにそのまま食してみます。
「こってり」を注文したのでかなり濃厚ですが、細麺がスープに良く絡んでおいしく頂きました。
半分ほど食したところで、今度はニンニクを入れてみます。
ニンニクを入れると味がかなり変わります。「こってり」とニンニクは最強の組み合わせですね。ニンニクが体質的に合わないとか、この後人に会うのでニンニクはちょっと、と言うようなことがなければ是非ニンニクを入れたほうがおいしいと思います。
なお、ニンニクを入れない場合は「こってり」よりは「ふつう」のほうが合うかもしれません。まあ、好みは人それぞれですけど。


ところで、ここってチェーン店のようですね。
こんなホームページがありました。
「全8店舗の紹介」と書いてあり、この店のことは出ていませんが、メニューを見るとたぶんここのチェーン店なんだろうと思われます。
また、博多とんこつ風のラーメンですが、これによると発祥は長野なんだそうです。
「十二代目」というのは12件目のお店なのではないかと思われます。

2007.09.01

8月は毎日更新を達成

8月の勝手な目標はblogを毎日更新することでした。
実は7月も同じ目標を立てていたのですが、1日だけ更新できなかった日がありました。そこで8月こそはと人知れず更新に励んでいたのです。
そして、ついに目標を達成しました\( ^o^ )/。

ちょうど車が購入後5年を過ぎて、あと5年は乗るための第一弾として車本体ではない部分での変更(ナビを付けたりシートを代えたり)をやっていたこともあって、うまい具合にネタがかなりあったことが要因の一つになっていますね(内容があったかどうかはまた別問題ですが、もともと内容なんてありませんから)。

とりあえず開始時の目標であった週に一回以上更新というところは達成できているので、これからは週に三回以上更新(そのうち一回以上は画像付き)というところを目標にしていこうと思います。
また、リニューアル後約半年が経過しました。少なくとも一年は続けていこうと思っていますので、あと半年は上記ペースで更新していきたいです。

車のほうは一段落しましたので、しばらくはネタは少なくなっていきそうです。新たなネタを探していかなければなりませんね。

« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »

にほんブログ村

Amazon.co.jp