2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 2007年7月 | トップページ | 2007年9月 »

2007.08.31

アンプ移設完了

アンプの移設とヘッドユニットの交換が終了しました。

とりあえず一聴したところでの感想ですが、うるささが少なくなりました。そのためかボリュームを上げて聴くようになりました。別に今までの音がうるさかったと言うわけではないのですが、特に高域の刺々しさが前よりも少なくなりましたね。これはDSP-パワー間のピンケーブル交換も影響しているのかもしれません。

一度にいろいろ変えてしまったので何を変えてどう変わったのかはいまいち判りませんが、DSPを変えずにヘッドユニットだけを交換するというのは少なくとも失敗ではなかったと思います。
一番驚いたのはRS-D7XIIIの取説ですね。なんと立派なカバーが付いています。

まだ聴いた曲も少ないですし、聴いたのはかなり録音のいいソースばかりですので、もう少しいろんな曲を聴いてみようと思います。
詳細は後日、写真を撮ったときにでも更新したいです。

2007.08.30

メガネ

メガネ(EYEMETRICS)が壊れました。購入後2年で3回同じところが壊れています。

軽くてずれにくいということでとても気に入っていましたが、購入後半年も経たないうちにブリッジのノーズパッドを付けている部分にひびが入ってきました。とりあえず、ノーズパッドが動くようなこともなかったのでそのまま使い続けていましたが、保証期間が切れる前に修理しようと言うことでブリッジを交換してもらいました。保証期間ということで無償でした。

そして3、4ヶ月ほど経った頃でしょうか、また同じ所にひびが入ってきました。
私の使い方に問題があるのかもしれません。何をしたらひびが入るのかが判れば注意することも出来るのですが、気がついたらひびが入っていたという状況だったので何が原因なのかは判りません。
今回もとりあえず使用に問題はなかったのでしばらく使い続け、前回の交換から10ヶ月ほど経った頃にまた交換しました。今度は保証期間も過ぎているので有償になると覚悟していましたが、同じ箇所で2回目ということと、調査の結果、ノーズパッド取り付け部分の加工が不十分だったということで無償で交換していただきました。

一応原因らしきものが判ったということで今度は大丈夫かと思いましたが、やはり半年を待たずにひびが。


P1070460


きっと使い方に問題がある思うのですが、何が問題なのかが判りませんし、修理を繰り返すのも面倒です。これまでは無償でしたが、今後は有償になるかもしれないです。安くはなかったメガネなのに、さらに毎年修理費がかかるようではやってられません。
ということで今回、ブリッジとヒンジを同じEYEMETRICSのMGというマグネシウムのものに交換することにしました。
これならもうひびが入ることはないだろうと期待しています。

ただ、MG にするとノーズパッド取り付け部分がネジ止めになります。せっかくのネジを使わないという利点がそがれてしまうことになります。それでも毎年修理するよりはましでしょう。

ブリッジとヒンジの交換で24,150円でしたが、150円は切っていただきました。テンプルとレンズは使い回しです。
今度は壊れないことを祈りたいですが、メガネを受け取りに言ったときに店員さんが言った一言。

「マグネシウムになると、今度はレンズのほうに負荷がかかって壊れるかもしれないので気をつけて下さい」

なんですと!?

レンズが壊れたらこんな値段じゃ済まないです。
お願いだからもう壊れないで欲しい……

2007.08.29

Caplio R7発表

ついにRICOHのCaplio R7が発表されました。9月14日発売だそうです。
デザインはR6とほぼ同じようです。細かいところは変わっているようですが、基本的には似てますね。ただ、赤がオレンジになったようです。写真で見る限りではかなり濃いめのオレンジで、赤に近い色に名なっていますが、実機を早く見てみたいですね。
以前に海外で流出(?)していた画像はやはりガセだったようですね。

CCDは1/2.5型有効815万画素ということで、R6の1/2.5型有効724万画素よりも増えていますが、無理に1000万画素にしなかったところに好感が持てます。というよりも、1/1.8型CCDには出来なかったのかもしれませんけどね。レンズも変えないといけなくなるし。
画像エンジンは新しくなったようで、「高感度撮影時に解像感を落とすことなくノイズの低減を図った」とのことです。公式サンプルにはISO100のサンプルしかないので、高感度撮影のサンプルが出てきてから判断したいですが、最高感度がISO1600ということから考えてもISO800が常用できるほどの画質にはならないでしょうね。R6は室内撮りが苦手でしたので、R7になってどの程度使えるようになっているかが一番興味のあるところです。

FUJIFILMのFinePix F50fdもそろそろ発売されますし、買い換えるとしたらこの2機種のうちどちらかには絞られてきました。ただ、想定外の出費もあったし、どちらの機種も買い換えるにはいまいちとなると、また半年待ちになる可能性も高そうですけど。
R7とF31fdのいいとこ取りになった機種があれば即買いなんですが……

残念!!

8月28日は3年ぶり(全国で見られるの6年半ぶり)となる皆既月食の日でした。
しかし、この日は明け方から雷雨。午前中は雨脚も強く、午後からも時折雨が降るという状態が続きました。
夜になって雨は上がったものの雲は晴れず、ようやく雲の切れ間から月を見ることができた頃には既に月食は終わっていました。


Imgp2211


月食の写真を載せたかったのですが、単に満月の写真になってしまいました。


北海道や東北の方では見られたところもあったようです。各地で月食観察のイベントが多数行われていたようですが、観測できなかったところも多かったのではないでしょうか。先週なら猛暑で天気も良かったのに……

2007.08.28

アンプ移設決定

アンプ移設の日程が決定しました。
8月27日に車を持って行きました。完成予定は8月30日です。

結局、ヘッドユニットにRS-D7XIII、光デジタルケーブルにaudio-technicaのAT7491を付けることになりました。

RS-D7XIIIはかなり迷いました。次に車を買い換えるときにはRS-P90X(あるいはその後継機が出ているかも)を付けることを前提としていますが、そもそもあと2回は車検を通したいので、5、6年先のことになります。そうなると、ヘッドユニット自体も買い換えにならないとも言えません。先のことは判らないという意味では、車検もあと1回通して買い換えるかもしれません。
結局は欲しいときが買い時ということでRS-D7XIIIになったという感じです。

取付が完了したら、天気のいい日に写真撮って書きます。

2007.08.27

DVDを売ってきた

先日の本のリベンジというわけでもありませんが、今度はDVDを売ってきました。

売ってきたDVDは以下の3組。


  • 宇宙戦艦ヤマト(劇場版)

  • ダーティペアの大勝負 ノーランディアの謎(初回限定版)

  • スター・ウォーズ トリロジーリミテッド・エディション(3枚組)

あまり期待するとこの前みたいにショックを受けそうなので期待しないことにしました。
枚数としては5枚になりますので、1枚あたり500円として2,500円くらいにはなって欲しいところです。
しかし、スター・ウォーズのDVDは元々の定価が安いのでそれほどの値段は付かないかもしれません。
なので1組あたり500円とすると1,500円になればいいところかもしれません。

前回はBOOK OFFだったので、今回は違うところへ持って行ってみようと言うことでBOOKMARKET野々市新庄店へ行きました。
受付はバイトと思われる男子学生風の人で、BOOK OFFのようなマニュアル通りの挨拶はありません(そんなものはいらないし)。
買い取りを依頼すると、まず書類を書かされます。免許証を提示し、住所・氏名を記入。さらに印鑑も必要とのこと。BOOK OFFでは印鑑は不要でした(少なくとも聞かれなかった)。本とDVDの違いなのか、店が違うからなのかは判りません。一応念のために認め印は持っていていましたが、印鑑が無ければサインでも良さそうな雰囲気ではありました。
しかし、金額を提示される前に書類を書かされるというのはちょっと納得いかないところです。もし金額に不満があって売らないと言うことになっても免許証の番号や印章が店側に記録されてしまうわけですから。今回は値段に関係なく売るつもりなので言われたとおりにしましたけどね。まあ、金額を聞いてから決めるので先に金額を出してくれと言えばそのようにしてくれるのではないかとは思いますけど。ただ先に書かせるのがデフォルトというところがちょっとね。

金額を出すのに10分くらいかかると言うことなので、しばらく店の中を見て回ります。
すると、スター・ウォーズのDVDは全く同じ物が4.280円で売られていました。うまくいけばこれ一つで1,500円から2,000円くらいの値段になるかもしれません。しかし、他の2枚については厳しそうです。店内には買取強化中の商品リストが貼ってありますが、アニメ関係の1枚ものは、強化中のものでも1枚800円から1,500円です。そうなると、それ以外の物はやっぱり500円くらいかも。
などと考えていると呼び出しがありました。


さて金額です。

なんと、合計5,000円になりました\( ^o^ )/。

想定の2倍です。しかも、全て新品を購入したものですが定価では購入していませんし、販売店のポイント値引きありで購入した物もあります。そのため、購入金額ベースの約1/3になったことになります。
これは嬉しい誤算でした。本のリベンジは果たせたかな。
ただ、個々の単価は伝票に書かれていなかったので判りませんでした。聞けば教えてくれたのでしょうか。

2007.08.26

アフィリエイトってやつを作ってみたけれど

最近買った本やCDのリスト(画像付き)を作ってみたかったので、アフィリエイトってやつを作ってみました。
アフィリエイトでなくても良かったのですが、自力で画像を表示するとなるとどうやって取得するかとか、画像を載せることによる著作権の問題だとかいろいろありそうですし、作成の手間もかかりそうです。アフィリエイトにしてしまえばその辺りがクリアされそうだったので。
もうひとつは、単にやってみたかったというのがあります。blog自体もそうですが、何か世間で話題になっているので実際にどういうふうにしてやるのかと言ったことを試してみたいと思ったのです。

まずはリンク先となる店に登録してIDを取得しなければいけないようです。
今回は本、CD、DVDのリストを作ってみることにしました。ということで、これら全てを扱っているAmazon.co.jpのアソシエイトIDを取得します。
登録画面でいくつかの項目を登録すると、IDを記載したメールが送られてきます。
しかし、そのメールには

「あなたのWebサイトを検証したうえで、改めてプログラムへのご参加について正式なEメールをお送りします。」

と書かれています。何を検証するのか判りませんが、こんなくだらないblogでは許可できませんとか言われたらどうしようという不安が。
結局、15時間後には参加が承認されたというメールが送られてきました。まずは一安心。

次はリンクの作成です。
ココログではプランがいくつかありますが、フリーとそれ以外のプランではアフィリエイトの扱いが大きく異なるようです。
うちはベーシックなので、マイリストにリンクが作成できるようです。まずは本のリストを作ってみます。
Amazon.co.jpのアソシエイトIDを持っていれば、本リストを作成し、ISBNコードを入力するだけで本の検索ができて、リストを簡単に作ることができます。
これはあっさりと出来てしまいました。

今度はCDとDVDのリストを作ってみます。
CDは音楽リストというのを作ってやると、タイトルやアーティストで検索してリストを作ることが出来ます。
ここで一つ問題が。音楽リストではCDは検索対象になりますが、DVDは対象となりません。直接タイトルなどを入力してリストを追加することは出来ますが、リンクにはならず、画像も表示されません。リンクにならないのは個人的には問題ないのですが、画像が出ないのはちょっと困ります。とりあえずここではDVDの登録はあきらめてCDだけを登録することにしました。

DVDは別の方法でリストを作らなければなりません。たぶん、メモのリストを作ってアフィリエイトリンクを貼り付けていけばいいんだろうと思いますが、リンクを作るのが面倒です。調べてみると、リンクを作る方法がいくつかあるようです。その中から、amazletツールというのを使ってリンクを作成することにしました。

一応これで目的のものは出来上がったことになります。
blogに表示させてみると、まあ、それらしく出てきます。気になるのはDVDリストだけが作り方が違うので画像の大きさが他のリストとは違うところでしょうか。また、画像がないときの表示もちょっと違ってきます。今回は、DVDは買う頻度が低いということで、リストの件数を減らして表示することにしました。
また、本リストや音楽リストは表示件数を指定出来るのに対して、DVDリストは汎用のメモリストを使っているため、表示する件数を固定したい場合は、1件追加したら1件削除するということを自分でやってやらなくてはいけないことになります。


どうせなら本とCD以外の商品にも対応してもらいたいですね。そうすれば、DVDだけでなくPCソフトやゲームソフトなんかも同じようにリストできるのですが。
実際、CDリストを作っているときに検索結果に出てこなかったCDがありました。しかし、タイトルとアーティストを入力してリストを作成すると、ちゃんとリンクが作成されていて、その商品のページへリンクしています。DVDではリンクにならなかったのに。
ということは、リスト作成時に検索結果に出てこない商品でもAmazon.co.jpで扱っている商品であれば見つけられる余地はあるのではないでしょうか。音楽リストをちょっと拡張して、本以外リストとしてくれると嬉しいんですけどね。

あとは、ブログツールなんかにも言えることですが、増やしていくとページの表示が遅くなります。当然と言えば当然ですけどね。
目的は画像付きのリストが簡単に作るというところにあるので、アフィリエイトである必要はありません。それに、今回のリストはAmazon.co.jpのアソシエイトなので、Amazon.co.jpで扱っていない商品は当然ながら画像の表示は出来ないでしょう。何かもっと別の方法も検討していかなければいけませんね。

内川ダム

またダムです。
別にダム巡りをしているわけではないのですが、他にも用事があって近場にしか行けなかったので。
そんなわけで内川ダムへ行ってきました。

寺町から陸上自衛隊前を通り、さらに直進します。自衛隊前を大桑方面に左折するルートは何度も通っていますが、ここを直進するのは初めてです。
この先はほとんど一本道です。
しばらく行くと、道が二股に分かれていて、左がダムへの入り口です。周辺案内の看板があります。


Imgp2087


特に駐車場はないので、この先の道の脇に車を止めて歩くとダムが見えてきます。


Imgp2098


ダム湖の様子です。


Imgp2125


やはり水は少ないのでしょうか。
それともこの時期はこんなものなのでしょうか。


Imgp2162


ちょうど色の変わっているところが普段の水位なのかもしれません。

天気が良かったので、布団が干してありました。


Imgp2187




さて、入り口の周辺案内を見ると、右手には望湖台があると書いてあります。
せっかくなので行ってみることに。
しかし、いくら行ってもそれらしいものはありません。
途中、ちょっとした広場みたいなものがありましたが、特に看板もありませんでした。なので無視して先に進みます。すると道がさらに狭くなり、すれ違いが出来なくなります。そんなときに限って来るんですよ、対向車が。
幸い、30mほど手前に90度近いカーブがあり、そこで端に車を寄せればなんとかなりそうです。
仕方がないのでバックしました。幸い、対向車も上手い具合にすれ違っていってくれました。
更に進みますが、やはりそれらしいものは見あたりません。とうとう給油ランプも点いてしまいましたので、あきらめてどこかUターン出来るところを探すことに。少し行くと、道がかなり広くなった一角があったので、そこでUターンして戻ります。

帰りに一応先ほどの広場へ寄ってみましたが、望湖台と言えるような見晴らしではありませんでした。
しかし、ここで車を降りたとたんに事件が。またまた蜂が集まってきました。しかも今回は車の中に入られてしまいました(;_;)。
ちょうど後ろのドアの窓の部分に止まってくれたので、窓を開けるとすぐに出て行ってくれましたが。
もう勘弁して欲しいです。

結局、望湖台がどこにあったのかは判らずじまいです。やっぱりあの広場がそうだったんでしょうか……

2007.08.25

案山子?

案山子の代わりでしょうか。


Imgp1238


緑の中のオレンジがとても目立っていました。

2007.08.24

アンプ移設の見積もり出してもらったが……

先日、助手席シート下からはみ出してしまったアンプをトランクに移設するのに幾らくらいかかるかを見積もってもらいました。運転席下のDSPも一緒に移設してもらう事にしたところ、10万円 + 光デジタルケーブル代という金額でした。
光デジタルケーブルは標準品で10,500円ですが、CarrozzeriaX用に発売されたというマルチコアケーブル(CD-AD601X)にすると31,500円。また、audio-technicaから発売されているAT7491にすると39,900円になります。
どうせならCD-AD601XかAT7491にしたいところですが、どちらが良いかは悩み所です。
なお、audio-technicaからは今年の4月にAT7491の上位機種となるAT7791というのが出ているようです。こちらは79,800円になりますが、さすがに予算オーバーですね。これが一番いいのは間違いないのでしょうけど。
上記光デジタルケーブルの価格はすべて6mの税込み金額です。また、CD-AD601XはCarrozzeriaXシステム専用となっていますが、P01/P01IIでも使用できます。

うーん、思ったよりちょっと高いです。8万円くらいで出来ないだろうかと思っていたのですがちょっと甘かったですね。
アンプ移設によってスピーカーケーブルを再配線することになるので、ドアの内張を外しスピーカーを出さなければなりません。また、DSP移設により光デジタルケーブルを交換するのでコンソールを外してヘッドユニットを出さなければなりません。当然シートの取り外しなんかも必要ですので、車内のバラしについては新規に取り付けるのと大して変わらないようです。

また、移設の金額次第でヘッドユニットもCarrozzeriaのDEX-P01II/DEQ-P01IIのセットに買い換えようかと思っていました。
現状は旧型のDEX-P01/DEQ-P01を使っていますが、CDが音飛びするようになってきたのです。以前に一度同じ症状で修理に出し、ピックアップ交換(15,000円もかかった)したのですがまた同じ症状が出てきたので、何度修理しても同じだと思い、どうせなら買い換えたいと思っていたのでした。
一応そんな話もしてみると、それならDEQ-P01は交換せずにDEX-P01をRS-D7XIIIに交換してはどうかという話が。DEX-P01II/DEQ-P01IIのセットは210,000円、RS-D7XIIIも210,000円と金額は同じです。アンプ/DSP移設と一緒であれば追加工賃はほとんど不要(バラしたりするところは同じなので)ということでした。

さすがにこのパターンは全く考えていませんでした。音飛びの問題さえなければDEX-P01をそのままにして、DEQ-P01をRS-P90Xに交換するというのは考えられましたが。
こちらも悩み所ですね。将来のことを考えるとRS-D7XIIIというのもアリだと思いますが、音の変化はDEQ-P01IIへのほうが大きいと思われます。RS-D7XIIIとRS-P90Xのセットが一番いいのは判っていますが、とてもそんな予算はありません。

あとはRS-D7XIII用のパワーラインフィルターRD-7Xというのも気になります。36,750円で、旧型のRS-D7X/RS-D7XIIはもちろん、DEX-P01/DEX-P01IIにも使えます。予算的に今回は見送りとなるでしょうが……

さて、どうしたものでしょうか。

2007.08.23

太っ腹

無断駐車は○○万円徴収とか書いてある看板は見かけますが……


040707


郊外で、周りは住宅地が多いこともあるかもしれませんけど。
それにても太っ腹です。




駐車場といえば、20年ほど前の話ですがこんな事がありました。

当時私は街中に事務所がある会社に勤めていました。ただ、勤務地は違う場所だったので事務所に行くことはほとんどありませんでした。
ある日事務所に行く用事があり、車で行くことにしたのですが、そこは貸しビルの一室で専用の駐車場などはありません。近辺の有料の駐車場に止めることになりますが、街中とあって駐車料金は高いです。最低でも5、6時間は止めておかなければならないので、数千円の駐車料金が必要になります。

どこかにいい駐車場はないかという話をしていたらある人が、

「○○の教会の所に止めておいても大丈夫だよ」

と言ったのです。
そこから事務所までは歩いて5分強というところでしょうか。これはいい話を聞いたと思ました。

当日(9時半ごろだったでしょうか)、その教会へ行くと2、3台の車が止まっています。私もその横に車を止めて会社へ行きました。

ふつうの定時時間にはまだ少し早い時間でしたが、用事が終わったので一緒に来ていた数名と共に帰ることに。私が車で来ているという話をしていたので、何人かを送って帰ることになりました。
車を止めた教会へ向かうその途中、道ばたでちょっと強面のオッチャンがものすごい剣幕で怒鳴っていました。
どうやらそのオッチャン、駐車場の入口に車を止められて入れなくなっていたようです。怒鳴られているのは免許を取ったばかりくらいの若い女性とその母親と思われる人でした。
若い女性のほうは泣いてましたが、そんな場所に止める方が悪いだろう、という所に止めていたので怒鳴られても仕方がないだろうと思いました。
と同時に嫌な予感がしました。私も無断駐車してきてるんですよね。さすがに他の車の出入りに邪魔になるところには止めてはいないものの、無断で人の敷地に止めてるわけですから五十歩百歩です。
心配しつつも車を止めてきた教会に着いて車に乗り込もうとしたとき、教会の中から神父さんが出てきました。

「やばい!!」

先ほどの怒鳴っているオッチャンの顔が浮かびます。嫌な予感は的中したか……

しかしもうどうにもなりません。
何食わぬ顔をして車に乗り込もうとすると神父さんが一言。

「止めるのならせめて1時間くらいにしてください」

をを、なんて心が広いのでしょう。
さすが神に仕えている人は違うなぁ、と感動しながら、同乗者共々何度も謝りながらその場を後にしたのでした。


人の迷惑になることはしてはいけないと強く感じた一日でした。

2007.08.22

第2回ラー博開催決定

第2回の北陸ラーメン博が10月6日(土)から10月8日(月・祝)の3日間で開催されるそうです。
昨年は都合が悪くて行けませんでしたが、行った人の話を聞いていると行かなくて良かったと思いました。
主催者側にもいろいろ問題があったようですし、出店していた店の側にもとんでもない店もあったと聞いています。
それでもイベントとしては成功だったようですが(主催者側から見て集客などの点で)。

今年は一応昨年の問題点をふまえながら準備しているとのことですが、どうもいまいち行きたいという気にはなりませんね。

今年は出店数を27店舗を目標にしているとのことです。
しかし、一度に食べられる量は大食いの人でない限り普通は2杯くらいではないでしょうか。
せっかくのこういったイベントですから、やはりいろんな店のものを食べてみたいと思います。ですので、通常の半分のサイズのミニラーメンを是非メニューに加えて欲しいですね。そうすれば、普通の人でも3店から4店のラーメンをいろいろ楽しむことが出来ると思います。しかし今年も前売650円、当日700円という値段が発表されていますので、これは無理なようですね。

石川の人にとっては、普段なかなか行けない富山や福井の店のラーメンが食べられると言うチャンスでもあります(まあ、県内の店にとってはその点が逆に不利な部分なのかもしれませんが)。そういう意味ではこういったイベントは歓迎なのですが、過度な期待はしない方がいいのかもしれませんね。イベント会場で作るラーメンが普段店で出している物と同じ味で作れるとは限らないわけですし。

2007.08.21

SANYO 携帯電話からカーナビに切替

鳥取三洋電機、カーナビ生産5割増に・海外展開も検討
http://www.nikkei.co.jp/news/retto/20070813c6b1301p13.html

売却を検討している携帯電話事業のかわりにカーナビ生産に力を入れるようです。
とりあえず、カーナビから撤退ということは今のところは無いようですね。

しかしSANYOのカーナビってそんなに売れているのでしょうか?
確かにポータブル型は他社よりも力を入れているようなのでそれなりに売れているように思いますが。それでも携帯電話のほうがよっぽど売れているように見えますけどね。そうでもないのでしょうか。単価の違いというのもあるでしょうけど。
また、SANYOのことですので、自社ブランドよりもOEMが多いという可能性は考えられます。

増産もいいですが、地図の更新などにも是非力を入れて欲しいですね。
そういったサポートの充実がシェアの拡大にも繋がると思いますし。

2007.08.20

とりあえずコンパウンドで磨いてみた

すこしでも傷が目立たなくなるようにと、バンパーをコンパウンドで磨いてみました。
使用したのは、すり傷消し用と書かれた液体コンパウンドです。バンパーなのでボディほど気を遣わずに磨いてもかまわないのですが、手元にはこれしかなかったので。もう少し粗めのコンパウンドがあったと思ったのですが、処分してしまったのか、それとも別の何かと勘違いしていたのか判りませんが、見つかりませんでした。

とりあえずこんな感じになりました。


P1070456


塗装がはげてしまった部分は塗らないとどうしようもありません。
写真で見る限りは傷は目立ちませんが、実際にはもっとはっきりと見えますね。それでも何もしないよりはずっとましになりましたけど。

なにせ磨く前はこんなだったので。


Imgp2080


もう少し粗めのコンパウンドで磨いてやればさらに傷は目立たなくなるかもしれませんが、今度は逆に艶がなくなって目立つようになるかもしれません。クリアを噴いてやればいいのかもしれませんが、そこまでやるなら先に塗装したいですね。
しかし、ちょっと変わった色の車なので、カーショップなどではこの色の塗料は売ってません。特注色を注文できるという商品もあったように思いますが、そこまでしようという気は起きないですね、今のところ。

まあ、少しはましになったし、ボディと違って錆が出る心配もないのでしばらくこのままにしておこうかと思います。

2007.08.19

刀利ダム

昨日の白岩川ダムが中途半端になってしまったので、どこかのダムへ行きたくなりました。
しかし、メガネの修理にも行かなくてはいけないのであまり遠出は出来ません。地図を見ていると、湯涌温泉のあたりから富山方面へ向かうとダムがあるようです。
この方面はあまり行ったことがないので行ってみることにしました。

湯涌温泉へは行ったことがあるので、まずはその辺りまで行ってみます。
温泉街へ入らずにそのまま県道10号線を進みますが、この辺りから道が細くなってきて、すれ違いも出来ないようなところが続きます。一応ナビでルート検索してみましたが、一本道なのでほとんど意味はありませんでした。

採石場を過ぎると、冬期通行止めのゲートがあります。今の時期はゲートは開いてますのでそのまま進みます。
反対側のゲートを超えると富山との県境になり、県境を超えるとダム湖が見えてきます。ここまで来ればダムはすぐそこです。

ナビの地図を見ると、県道10号線はまだ先へ続いていますが、道はありません。ダムの堤体があるだけです。どうやら、この堤体の上も県道10号線のようです。
とりあえず堤体の手前のちょっと広くなっているところに車を止めて歩き回ることに。

黑部ダムと同じアーチ型ダムということで、サイズは黑部ダムよりはかなり小降りではありますが、なかなかいい感じです。
上の方に見えるのが水門のようです。


Imgp1971


管理事務所の前に看板が。
昭和41年の竣工だそうです。40年以上前に出来たダムなんですね。


Imgp1977


ちょっと気になったのが「農林省」の文字。ダムってどこが管理しているとか考えたこともありませんでしたが、なんとなく国土交通省とかそんなところの管理になっているような気がしていました。
あとから調べてみたところ、そんなに珍しいものではないようですね。
Wikipediaに農林水産省直轄ダムという項目がありました。
これによると、近場では大日川ダムもそうなんですね。大日川ダムへは何度か行っていますが、全く気がつきませんでした。

暑い日が続き、雨も降らないためか、ダム湖の水量はかなり少ないように感じました。


Imgp2025


堤体の金沢側になにやら大きな物が展示してあります。


Imgp2050


説明によると、「ハウエル・バンガーバルブ」というものだそうで、水量調節のための予備放流バルブだそうです。ダム完成時から使われてきた物が平成16年に新しい物に交換され、展示されているとのこと。
どうやらこれがそのバルブのようです。


Imgp2046


まだ新しいためか、きれいですね。

このバルブからの放水画像がWikipediaにありましたが、なかなか豪快ですね。今度はぜひ放水しているときに来てみたいと思いますが、黑部ダムのように観光放水をやっているわけではないのでうまく放水しているときに行けるかどうかはわかりませんね。水量が多いときでないと放水しないでしょうから、春先の雪解け水が多い頃がねらい目のようです。


ところでダム手前の展望台のようなところに車を止めていたとき、昨日に引き続き車に蜂が集まってきていました。昨日より数は少なかったのですが、大きさはかなり大きめでした。
なんで蜂に好かれる(?)車になってしまったのでしょうか……

バンパーこすった(;_;)

メガネを修理しにメガネへ行きました。
街中にある店なので、駐車場が狭いのですが、その狭い駐車場でハンドルを左に切りながらバックしようとしたのですが、左側ばかり気にしていたら右側のフロントを思いっきりこすってしまいました


Imgp2080


やってしまった、と思ったときはもう手遅れです。

 _| ̄|○

バンパーだけで済んだのがせめてもの救いだとあきらめるしかありません。
左側も下の方をすこしこすっているので、いっそのことフロントバンパーを交換しようかという考えもよぎりましたが、バンパーだけでなくスポイラーも交換しなくてはいけないので、いい値段になりそうです。

どうしたものだろうか……

2007.08.18

岩室の滝

暑い日が続きます。
そこで涼を求めて立山にある「岩室の滝」というところへ行ってきました。
立山へは仕事で時々行くのですが、そこからさほど遠くはないところ(車で10分ちょっとくらいか)にこんなところがあるとは知りませんでした。

細い道を走っていくと看板があります。駐車場はありませんが、滝への遊歩道入り口あたりは道が広くなっており、路側帯も広いのでそこに2台の車が停まっていました。私もそこに車を止めて歩きます。


Imgp1796


遊歩道を5分ほど歩くと滝に着きます。


Imgp1837


うっそうとした中に一本の細い滝があります。
滝壺まで降りていくことは出来ませんが、近くまでは行けるようになっています。
遊歩道入り口にあった看板によると、

『滝に向かって右側に横穴があるが、これは、軟弱な泥岩が逆巻きながら落下する水や、滝の飛沫で削られてできたもので、ここから「岩室の滝」の名がついたものと思われる。』

とのことでした。


Imgp1879


滝壺の近くまで行くと、とても涼しいです。
ところがしばらく写真を撮っていると小雨がぽつぽつと降り出してきました。車まで少し歩かないといけないので、大きくならないうちに引き上げます。しかし、雨が降ってきたおかげで湿度が上がってしまったのでしょうか。とんでもなく蒸し暑いです。車まで5分程度歩いて戻っただけで汗だくになってしまいました。
さらに、車に戻ると何故か車の周りに大きな蜂がたくさん飛んでいます。何匹かは車に止まってるし。
汗をかいているせいなのか、私の周りにも集まってきます。「ぶぉーん」という低い羽音が大きさを物語っています。
私は昔蜂の集団に襲われたことがあるので蜂は苦手です。
早いところ車に乗ってしまいたいのですが、車内に入られるとやっかいなことになるのでなんとか蜂が近くにいないタイミングを見計らって素早く車に乗り込みました。乗り込もうとしたときに一匹近寄ってきてしまい、一瞬中に入られたかと思いましたが大丈夫でした。車に乗ってしまえば一安心です。


ついでにもう一カ所、「白岩川ダム」というところへ寄ってみます。滝から車で10分弱くらいのところにあります。


Imgp1941


ロックフィルダムなので、たいていの場合は堤体の上を通ることが出来るのですが、ここは立ち入り禁止になっていました。何故だろうと思って見てみると、堤体の上に柵などは見あたらず、ダム湖に落ちてしまうと困るので立ち入り禁止にしているようです。


Imgp1957


結局写真はほとんど撮れず。雨もまだ少し降っていたので帰ることにしました。
立山ICへ向かって走っていると雨は上がりました。というか、降った形跡もありません。雨が降っていたのは一部だけだったようです。富山IC近くまで行くと日差しも戻ってきました。


「涼を求めに」という目的はいまいち達成できませんでしたが、滝は十分に見る価値がある物でした。蜂が集まってきたのにはちょっと参りましたが。

2007.08.17

レカロシート購入 (番外編 その2 代車編)

シート取付の間オートバックスで借りた代車は軽のワゴンRでした。途中公園に寄り道して代車の写真を撮ります。記念写真ですね。
年式はかなり古そうです。初代ののワゴンRではないでしょうか。グレードも下の方みたいです。


Imgp1415


パワーウィンドウもありません。


P1070381


ハザードランプのスイッチがステアリングコラム上にあります。昔はみんなこの位置にあったように思います。


P1070378


10万kmをちょっと超えた走行距離の車ですが、そのわりにシートがしっかりしてますね。さすがに運転席は多少のへたりはありますが、それでも10万kmを走ったとはとても思えません。助手席に至ってはほとんどへたりも感じられません。運転席側には肘掛けが付いていましたが、生地の色や模様が微妙に違います。たぶん、廃車にする上級グレードの車からでも取ってきて付けたのではないでしょうか。私には位置が低すぎて使い物になりませんでしたが。

ちょうどタイミングベルトを交換したばかりのようです。交換後まだ100kmも走っていません。そのためか、エンジンはかなり調子がいいです。
足回りは走行距離相当というところでしょうか。
オートバックスでは車検もやっていますので、この代車も自店で車検を通しているようです。

走ってみると、出足が非常に鈍く、前の車からはどんどん引き離されていってしまいます。アクセルを踏み込んでも音がうるさくなるだけで加速はしません。エアコンを切れば少し改善されますが。
しかし、50km/から80km/hあたりへの加速はかなりいいです。全く別の車のように感じるくらいに差があります。
3ATということと、ローのギア比の関係かもしれませんね。


レーダー探知機が付いているところがカー用品店の代車らしさを醸し出しています。


P1070382




さて、新しいシートの座り心地についてですが、先日ようやく1時間半ほどノンストップで走り続ける機会がありました。前に使っていたシートよりも座面が少し柔らかめだったので、尻が痛くならないかとちょっと言うところが少し気がかりでしたが、1時間半程度では全く問題ありませんでした。
前のシートとの一番の違いはショルダーサポートが大きくなったところです。サイドサポートだけでなく肩の部分から体を固定してくれるので余計な動きが更に少なくなります。そのためか、交差点などでステアリングを大きく切るような場面でもハンドル操作が楽になりました。これは予想外でしたね。

残念なのは、やはりあと半年早く交換していれば、と言うところですね。
レカロは今年の4月から価格が値上げされており、特に今回運転席側に入れたSP-JCなどは2万円以上値上がりしています。元々去年くらいから交換したいと思い始めていたので、値上げすることを知っていればその前に交換できたのに。

2007.08.16

中居正広 倖田來未と10歳差熱愛(スポニチ)

http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2007/08/15/01.html

何が驚いたって、倖田來未ってまだ24歳だったんですね。
なんか「おばちゃんキャラ」的なところがあるからか、もっと上だと思ってました。
ダウンタウンの浜田(だったと思う)に、「綾戸智絵とキャラがかぶってる」と言われていたような気がするし。


この2人が交際していると言うこと自体には大して興味はないので特に感想もないのですが、まあお似合いなんじゃないかと思いますね。
少なくともフジテレビの中野美奈子アナよりは中居君には合ってる気がします。なんとなくですけど。

2007.08.15

レカロシート購入 (番外編 その1 買取編)

取り外した古いシートは中古パーツチェーンのUP GARAGEへ持って行きました。当初は一旦家に持ち帰り、後日売りに行く予定でしたが、2脚ものシートを置いておくところが家にはなさそうなので、取付を終えた帰りにそのまま持ち込むことにしました。
シート交換前に一度買い取り金額を概算で幾らくらいになりそうかを聞いてみたのですが、そのときは2脚で4万から5万と言われていました。そんな高く引き取ってくれるの? という感じです。特に運転席側は値段がつくかどうかすら心配だったので。
4万になれば御の字と思いましたが、先日の本の件もありますので安心は出来ません。
それに、車の中にあったときはさほど気にならなかった汚れや色あせですが、外して日の光にさらされるとかなりひどいのが良く分かります。一応事前にシートクリーナーまで使って掃除して、かなりきれいになったと思っていたのですが……

結局買い取り金額は45,000円でした。ST-JCが25,000円、TR-JSが20,000円です。運転席側のシートはサイドサポートのへたりがひどいとのであまり値段が出せないとのこと。とはいえ、事前に概算で出してもらった金額と同じくらいでしたので十分納得しています。
シートを積み込むために載せてあった大量の段ボールも引き取ってくれました。そのまま持ち帰ろうとしたところ、いらないのならこちらで処分しますよと言ってくれたのです。持ち帰っても捨てるしかなかったのでますますラッキーでした。

どちらかというとチューニングパーツが主流の店のようですので、バケットシートのほうが店としては売りやすのかもしれません。
翌日にホームページを見てみると、私が売った物と思われるシートとレールが在庫として登録されていました。シートは取説も渡してきたのですが、取説なしとなっているところがちょっと気になりますけど。
せっかくなので売れてくれると嬉しいですね。


これで差額は314,100円となり、予算を14,100円オーバーした形になります。
ぎりぎり許容範囲と言ってもいいのですが、オーバーはオーバーです。なんとかしなくてはなりません。
今回シート購入のためサマージャンボ宝くじの購入を見送ることにしていました。30枚購入予定だったので9,000円です。あと5,100円はどこから都合を付けようか。当てはありません。

来月にDVDを3枚売ってくる予定なのですが、これが2,500円くらいにならないかと思っています。何の根拠もない金額ですが。
まあ、現実は想像の半分以下という実績がありますので、1,000円を超えたらいいところかもしれません。いずれにしろ、5,100円なんてとてもじゃないけど無理でしょう。
どうしたものでしょうかね……

2007.08.14

SANYOが携帯電話事業を売却する方向で検討

ミニゴリラなどカーナビ部門はどうなるんでしょうね。
充電池や業務用機器に集中するということで、あれだけ売れている主力事業の携帯電話事業ですら売却を考えるくらいですから、カーナビなんて最初に撤退なのではないでしょうか。
しかも、携帯電話事業だからまだ売却という路線を取れますが、カーナビとなるとただ単に撤退ということになるでしょう。

機種を問わずに使える汎用の地図などというものでもあるのならまだいいのですが、そんなものはありません。撤退してしまうともう新しい地図が提供されることはなくなってしまいます。カーナビは地図が古くなるとハード的には問題がなくても使えなくなっていきます。
それでなくても新しい地図の発売に懸念があるミニゴリラなのに、一度も更新用の地図が発売されずに終わってしまう可能性も考えられますね。

そもそもPNDなどの安いナビは地図更新の代わりに新しい製品を購入させるように考えている物なのでしょうか。

2007.08.13

セミのぬけがら銀座

土日はいかにも「夏!!」という天気でした。
夏らしくていいんですが、熱中症や水の事故もあちこちで起きています。
夜になって少しは涼しくなってくれるといいのですが、土曜などは夜も温度が下がらずに大変でした。
まだ数日はこの暑さが続くということです。うちにはエアコンがないので、夜に暑いのはなかなか厳しいです。せめて夜くらいは涼しくなってもらいたいものです。


北部公園の奥の方は木がたくさん植えられていて、木陰にいると風がとても涼しいです。
しかしセミの鳴き声がすごい。
セミのぬけがらもあちこちに見られます。


Imgp1738


羽化するときに人気の場所(?)というのがあるのでしょうか。同じ場所で何匹も羽化してぬけがらが集まっている場所がいくつもあります。


Imgp1749


さしずめ「ぬけがら銀座」といった感じです。


しかし、最近は○○銀座っていう言い方はしないのかも。
何気ないことで年を感じる事が増えてきてるな……

2007.08.12

レカロシート購入 (その6 取付編)

8月9日、「スーパーオートバックス金沢店」より物が揃ったと電話が。翌週はなにかと都合が悪く、17日以降でないと行けないので、10日に取付てもらうことにしました。
ところが5分ほどあとにまた電話があって、10日だと代車が確保できないとのこと。仕方がないので11日に変更です。まあ、ディーラなどと違って代車なんて1台か2台くらいしかないんでしょうから仕方ないでしょう。

ということで11日の午前中に行ってきました。店は10時開店とのことでしたが、店に着いたのは10時5分前。微妙に早かったかと思いましたが、既に店は開いており、客もたくさんいました。
取付に際して、運転先側は出来るだけ低く、助手席側は出来るだけ高く付けてもらうようにお願いしました。助手席側は低いことで評判が悪かったものですから……
なお、運転席下にはDSP、助手席下にはパワーアンプが入っています。助手席側は高くしてもらうので問題ないでしょうが、運転席側は低くするとDSPに干渉するかもしれません。そのときは干渉しない範囲で出来るだけ低くということにしてもらいます。それと、車種によってはスライドレールの足をカットする必要があるということなので、切断しない範囲でという条件も付けておきます。
また、ベースフレームも交換するので、もしかしたら今付いているDSPやアンプが同じ場所に付かないかもしれません。ベースフレームの形状が正規品と社外品で異なる可能性が考えられるからです。これは実物を見てみないと判りません。一応店員には一言言ってありますが、どうしようもなかったらどうしようという不安が残ります。

14時過ぎに完了したと連絡がありましたが、17時頃に取りに行くことに。
まずは支払いを済ませ、車を受け取ります。
運転先側のSP-JCはバックレストサイドとドアアームレストが数mm干渉するということだったので心配していましたが、全く問題ありませんでした。シートを一番前までスライドさせても干渉するどころかcm単位で隙間があります。
ところが、一番懸念していたシート下のアンプですが、やはり問題がありました。付かないことはなかったのですが、今までと同じ付け方は出来ませんでした。結果、アンプの2/3以上がシートの後ろにはみ出すことになってしまい、後部座席の足下にどっかりと置かれてしまいました。


P1070401


今まではアンプを横置きにしていたのですが、ベースフレームの形状から横置きにすることが出来ずに縦置きになりました。しかし、シート下の床はずっとフラットではなく、前方にシート固定に使われる大きな出っ張りがあります。そのため、アンプをあまり前のほうへ持って行くことが出来ないのです。
これはちょっと参りました。しかしどうにもなりません。ベースフレームの横方向に渡っているバーに干渉しなかっただけでも良しとしなければならないくらいです。これに干渉していたら完全に後部座席に載せるしかありませんでしたから。
実際にはDSPのほうも同じ問題を抱えています。ただ、サイズがアンプより小さいのでなんとかシート下にはまっただけと言えるでしょう。
解決策としてはアンプをトランクへ移動するしかないでしょうが、シートを換えたばかりでそんな金はありません。それに、そんなことをしようとするとたぶんそれだけでは済まなくなりそうです。最近CDヘッドユニットの音飛びが再発してきました。2年半ほど前に一度音飛びがひどくなってピックアップ交換修理となったのですが、結局再発してしまったということで、修理してもまた起きるようなら今度は買い換えたいと思っていたのです。アンプを移動するなどとなったら絶対にヘッドユニットの交換もしたくなります。
とりあえず、後部座席は助手席以上に使用頻度が少ないので当面はこのままにしておくしかないですね。

シートの高さは前のベースフレーム/レールと比べると若干高くなっているように感じますが、許容範囲でしょう。助手席側はもう少し低くても良かったかと思うくらいです。私は身長はさほどではないのに(;_;)坐高が高いので、普通の人が座るとちょうど良いかもしれません。それでも中央位置にしても良かったかも。
座面は普通のAM19シリーズと比べて柔らかめです。これはやはりシート生地の違いなのかもしれません。AM19シリーズに限らず、LXやエルゴメドでもアルティスタを使ったものは硬めに感じます。
サイド素材のカムイは感触もいいですし、かなり気に入っています。センター素材も含めて耐久性が多少心配ですが……
SP-JCはショルダーサポートが大きいので型の部分がしっかりと固定されます。なかなかいい感じです。前より運転しやすくなりました。座面はSTよりタイトだと言うことでしたが、ほとんど違いはなく、窮屈さはありませんでした。
今度長時間乗ったときに最終的な感想を書きたいと思います。


今回付けたシートはこちら。


P1070393

2007.08.11

ショウワノート

ジャポニカ学習帳で有名なショウワノート。私も小学生の頃に使ってましたね。最近はあまり見かけませんが、昔はテレビでCMもよくやってましたし。

ところで、ショウワノートの本社って高岡にあったんですね。知りませんでした。
さすがに今では事実上の本社機能は東京にあるのかもしれませんが、もともと高岡市内で創業された会社なんだそうです。意外と近いところにあったんだな。ちょっと驚きです。

ちなみにジャポニカ学習帳の発売が始まったのは昭和45年だそうです。

2007.08.10

80,000km

走行距離が80,000kmになりました。


P1070371


5年と1ヶ月ちょっとでこの距離です。
多いんだか少ないんだか判りませんが。


周りには年間20,000kmくらい走ると言う人がたくさんいるので、それに比べたらずいぶん少ないです。
しかし、地域による違いなんかもあるでしょうけど、以前ディーラーで聞いた話ではだいたい月1,000km、年間で10,000~12,000kmというところが平均だということでした。
下取りの査定なんかもだいたいこの辺りを超えると過走行車扱いでマイナスになるようです。

私の場合はどうせ乗り潰すので下取り査定なんかは気にしないのですが。

90,000kmを超えたらタイミングベルトの交換を考えないと……

2007.08.09

ミニゴリラ NV-SD200DT (まとめ編 後編)

感想の続きです。

画面は4.5型ワイドで、最近の7型や8型といったものにくらべると小さいですが、地図上の文字も大きめですし、使っていて不満はありませんでした。ワンセグ視聴にはこちらのほうが向いているくらいだと思います。
使う前はもう少し詳細な地図や大きな画面があったほうがいいかと思いましたが、ルートガイドという目的で使うにはこの程度でも十分だと思いました。地図を見たいという目的であればもっと詳細な地図や大きな画面が欲しいと思いますが、その場合はロードマップを用意するべきだと思います。
とはいえ、徒歩ナビに使うにはもう少し詳細な地図があるほうがありがたいでしょうね。
また、地図上でグレーで表示される道はルート検索の対象となりませんので、抜け道を探したいというような用途にはあまり向かないかもしれません。

また、車種によっては取付場所を考えないといけないかもしれません。特殊ガラスなどを使っていない限りはダッシュボード上に取り付けていれば問題なさそうですが、私のようにDIN-BOXに取付基台を使って取り付けたりすると内蔵のGPSアンテナでは十分な衛星捕捉ができない場合もあります。外部GPSアンテナを付けると解決しますが、取り付けの際の手間が一つ増えます。

ワンセグは使っている場所が場所なのでエリアの問題なのか感度の問題なのか判断できないところがあります。
確かに感度は高くはないと思いますが、内蔵アンテナとしては十分なようにも思います。
富山県内の北陸道を走っているとかなり山間部でもしっかり受信できていましたが、石川県内の北陸道では金沢の市街地以外での受信状態は良くなかったりします。こういうのはエリアの問題ではないかと思いますが、富山県内での受信状況を考えると感度もそれほど悪くないのかもしれません。
これもGPS同様、外部アンテナを使用することでかなり改善できると考えられますが、ますます取り付けの際の手間が増えますね。


大きな不満点というのはほとんど無いのですが、唯一大きな不満はシミュレーションです。使い物にならないと言ってもいいでしょう。
シミュレーションのスピードを変えられないし、スキップもできないので、ずっと眺めているしかありません。
たとえば自宅からどこかへ行く場合、自宅付近はいいからもっと目的地に近いところを見たいのに、と思っても最初からずっと見ていなくてはなりません。約1時間半のルートをシミュレーションしてみましたが、終わるまでに1時間近くかかったように思います(計っていたわけではないけど、30分くらい経ったところでまだ半分ちょっとくらいだった)。もっと長い距離だったらどうなるんだろう。
ルートの確認自体は手動で地図を移動していけば出来ますので、いっそのことシミュレーションなんて無くてもいいくらいだと思います。


希望はいくつかあります。
まずは地図の更新です。
地図の更新はSDカードを販売することを想定しているようですが、ダウンロード販売のような形にも対応して欲しいですね。
さらには全国版だけではなく、「北海道・東北」とか「四国・九州」といった感じで5つから6つに分割した地域単位に更新できると、必要な箇所だけ購入できるのでコストも低減できます。
また、SDカードスロット自体をもっと有効活用してほしいですね。詳細地図が入るとか、経路データを保存できるとか……使い道はいろいろあると思うのですが。
地図更新専用なのはもったいないと思います。

次にルート案内です。
ルート案内時には右画面に交差点名(高速ではIC名など)を出すことが出来ます。3つ先の交差点まで表示され、▲ボタンで先に進めることも出来ます。信号待ちなんかの時に先を確認するのに便利なのですが、ここで表示されている交差点名をタッチしたときに地図もその交差点を中心とした場所へ移動してくれる機能があるともっといいですね。やはり交差点名だけでなく地図を見たいと思います。


取付基台を別途購入したり、オプションを後から追加で購入したりしたため、トータルの金額は8万円弱となりました。予定していたよりも多少高く付いてしまいましたが、満足度は高いです。今後は地図の更新がどうなるか、幾らくらいかかるのか、といったところがすこし心配です。

しかし、ナビを使っていると道を覚えなくなってしまいそうですね。

2007.08.08

懐かしいぞ。「常駐タキシード山本仮面さま」

窓の杜にこんな記事が。


常駐タキシード山本仮面さま


懐かしい……


PC-9801でWindows3.1を動かしていた頃に使っていた記憶があります。

早速インストールしてみました。
あの頃と変わってませんね。
XPでも動くのにはちょっと感動。

でもWindowsも3.1の頃に比べるとエラーは少なくなりましたね。
タキシード山本仮面さまの出番も昔ほど多くはないかもしれません。


ダウンロードはTAKIPAGEから。

2007.08.07

ミニゴリラ NV-SD200DT (まとめ編 前編)

購入して1ヶ月ほど経ったミニゴリラ NV-SD200DT ですが、これまで使ってみた感想をまとめてみます。

○良かったところ


  • 取り外して持ち出せるため、事前に家で目的地や経路を検索しておくことができる。

  • 地図には思っていたよりも新しい道が載っている。

  • ナビの電源を入れたままエンジンキーSWをOFFにし、次にキーをACCに入れるとナビの電源がONになる。ポータブルナビではナビの電源を別途入れなければならないものもあるので、これは便利(バッテリ非搭載の恩恵か?)。

○いまいちだったところ


  • ルート検索の「おまかせ」がやたらと高速道路に乗せたがる。高速ICの入り口までルート検索させたら、一つ手前のICから高速に乗せて目的のICで降りるルートが検索された。高速に乗るためにICを検索させているのに。

  • シミュレーションの速度が固定なので、長い距離だと使えない。速度を変えられたりスキップできたりすると使えるのに。

  • 高速のETCスマートICが地図にない(少なくとも北陸道の一部で)。期間限定の場合もあるので仕方がないかもしれないけど。

  • ルート保存ができるのはいいのだが、名前が変えられない。

  • 経路データが外部へ取り出せない。これはもったいないと思う。

  • 地図の更新がどうなるのかが不明確。未だにミニゴリラ用の更新地図は発売されていない。

  • リモコンのジョイスティック部分、斜め方向が押しにくく、斜めを押していても垂直・水平方向が押されたように反応する。

○人によって評価が分かれそうなところなど


  • VICSに非対応。私には不要だが欲しい人には不満か。秋には対応モデルが出るという噂もあるようですが。

  • リモコンと電池ボックスは附属品にしてほしい。でも、車での使用以外がメインの人(バイクで使う人など)にとっては別売の方が喜ばれるのかもしれない。

  • ワンセグの感度が低いという話も聞くが、比較できる物が無いのでちょっと判らない。それよりも田舎ではそもそも地デジのエリアが狭いことのほうが問題。

今まで車載固定ナビを使ったことがないので、DVDナビやHDDナビと比べてどうかと言うところはわかりません。なので、いまいちだと思ったところがHDDナビにすれば解決できるのかどうかも判りません。それに走っている場所も限られている(たとえば首都高なんかを走ったことはない)ので、あくまで限定された使用での感想です。


なお、今回の購入および取付などについては、ポータブルカーナビのススメが大変参考になりました。パーキングブレーキの件についてもこちらで詳しく説明されています。

(後編へ続きます。)

2007.08.06

F50fd に期待していたもの (補足)

1200万画素になったことへの批判も見受けられます。
一部の「高画素化 = 悪」といったものを除けば、やはり画質低下の原因が1200万画素化にあると考えている人が多いからではないでしょうか。
F31fdに手ぶれ補正を付けた機種の発売を願う人の気持ちというのもその辺にあるように思います。
単純に「1200万画素もいらない」という理由でそう思う人もいるでしょうが、その中にも画質さえ同等以上ならF50fdでもよいと考える人はいると思うのですが。


個人的には高画素化にはあまり賛成ではないのですが、マーケティングなどの理由からしかたないかと思っています。但し、画質を落としてまでの高画素化には絶対に反対です。
今回のF50fdにおいては、「画質より画素数」を優先したと見受けられてしまいます。同時に発表されたZ100fdやS8000fdではハニカムCCDを捨ててベイヤー配列のCCDを採用したのも、画質以外のものを優先した結果ではないのでしょうか。
そこが非常に残念であり、また、批判の多い理由ともなっているのではないかと思っています。

富士フイルムのコンパクトデジカメに対しては、「高感度での高画質」というこだわりを持ち続けて欲しいと願っているのは私だけではないはずです。

でもF50fdは売れそうな気がしますね。
そのために「画質を落としての高画素化は正解だった」などという考えがメーカの中に生まれてくることが懸念されますが……

F50fd に期待していたもの

現行のコンパクトデジカメはPanasonicのDMC-FX7を使用しています。
昨年からそろそろ買い換えを考えていますが、なかなか希望する仕様の製品がありません。

次期デジカメとして希望する仕様は、


  • 使い物になる高感度での画質

  • 手ぶれ補正機能

  • 35mm換算で28mm-100mm以上の焦点距離

  • 胸ポケットに入る程度のサイズ

と言ったところです。焦点距離に関しては、できれば望遠側が200mm程度欲しいのですが、広角側が28mmであれば望遠側は妥協できます。
これまで候補に挙がった物はいくつかありますが、全ての要望を満たす物はなく、結局買い換えには至っていません。

F31fd、F40fdについては、広角側の焦点距離、手ぶれ補正機能、サイズ(厚さ)の点で候補からは外れていました。しかし、高感度での画質はまさにオンリーワンと言えるもので、次の製品にはかなり期待していました。
そしてF50fdが発表され、手ぶれ補正機能が付き、サイズも薄くなり(代償としてバッテリの持ちが悪くなってしまいましたが)、焦点距離以外の要望は満たされました。スペックが発表された時点では、今買い換えるならもうこれしかない、という感じでした(1200万画素になったことに一抹の不安はありましたが……)。

ところがサンプル画像が出てきてびっくり、高感度での画質が明らかに旧機種に比べて悪くなっています。さすがに他社製品と比べるとまだ良い方だと思いますが、旧機種より悪くなるとはやはり残念です。
F50fdはあちこちの掲示板などでもかなり批判的な意見が多く書かれています。許容範囲は人それぞれなので、すべての批判的意見に賛成するわけではありませんが……

私がFinePixに一番期待するのは高感度での画質です。目安としてはISO800が常用出来ることですが、F31fdはその期待に十分答えてくれたと思います。ですから、後継機種についても少なくとも同等の画質は期待しますよね。ところがその部分がスペックダウンしてしまっているのです。
高感度での画質については、同じように思っている人が多いのではないでしょうか。


手ぶれ補正の効きが今ひとつだという話もあります。
また、レンズ性能が画素数に追いついていないためか、F8に絞ったときの画質がいまいちだったりもします。
そこで次の製品(F60fd?)では、


  • 新設計の28mm-100mm相当レンズ

  • F31fdと同等かそれ以上の高感度での画質

  • さらに効果の高い手ぶれ補正機能

というところを実現させてくれたら間違いなく「買い」なんですが。
大きさもF50fdと同じサイズでね。

2007.08.05

八田のオニユリ

白山市八田町のオニユリが見頃になっています。


Imgp1052


地元の保存会の方々により育成されており、約15,000株が群生しているそうです。
緑の中にあるオレンジの群れはなかなか圧巻です。


Imgp1165


とてもきれいな花なのですが、近くでずっと見ているとちょっと気味が悪い感じもしてきます。
花が赤鬼の顔のようなので「オニユリ」という名前が付いたという説もあるそうで、納得させられる気がしますね。

花粉の色がまた強烈な赤で、白っぽい服を着ていくと花粉が付いたときにちょっとドキッとします。


Imgp1205


自分の葉が巻き付いて花が開かなくなってます。ちょっとおもしろいですね。

2007.08.04

前世の脳内メーカー

前世の脳内メーカーというのが出来てました。
脳内メーカーシリーズ第三弾だそうです。

早速やってみましたが……


Nounai_zensei




!Σ( ̄ロ ̄lll)




同じじゃねーかよ……




前世も子孫も全部同じだったりして。
せめて子孫には受け継がれないことを祈りたいです……


ちなみに「脳内メーカー」の結果はこちら

って言っても同じなんだけど。

2007.08.03

意味ないじゃん

ここの建物は「防犯連絡所」になっているようです。


Imgp5260


でも、「連絡は110番」って……


110番に連絡しろと言うのなら、この「防犯連絡所」は何のためにあるんでしょう?
少なくともこの建物は交番ではありませんでした。

2007.08.02

FinePix F50fd は期待はずれか?

FinePix F50fdの実写速報がデジカメWatchに掲載されました。
量産試作機ということで、製品版ではないものの、かなり製品版に近いものなのではないかと思います。

で、その画質ですが、正直言って期待はずれですね。
F31fdの同一ISO感度の画質と比べてかなり悪くなっています。
特に高感度での画質がひどいです。
ISO6400は撮れること自体に意味があるので画質の悪さはあまり気になりませんが、ISO3200がF31fdよりもかなりひどくなっているのは残念なところです。
また、ノイズもひどくなってますが、それ以上に気になったのは解像感です。1200万画素になって600万画素よりも解像感がないというのはどういう事なんでしょう。


製品版ではもっと改善されることを祈っていますが、このままだったら購入はちょっと躊躇しますね。
RICOHのCaplio R7も海外サイトでリーク画像(?)が出てきています。本物かどうかちょっと怪しいところもありますが、秋までにはたぶん発表されるでしょう。でもあまり室内撮影向きではないところはR6と変わっていないような気がしますけど。

全ての要求を満たしてくれるデジカメはなかなか出てきませんね……

2007.08.01

レカロシート購入 (その5 購入編)

家に戻ろうと車を走らせていると、先ほどのオートバックスから電話が。
ハンズフリーではないので、ちょっと車を脇に止めます(運転しながらの通話はやめましょう)。

私が店を出た後、営業の人を捕まえて在庫確認をしてくれたそうです。
その結果、SP-JCの100周年モデルは在庫有り、入荷は7月末から8月初めになるということです。
但し、助手席用に考えていたLX-VS ELLISSE IIやLX-VSは早くて8月10日頃、それに間に合わなければ盆休み明けになると言うことでした。
付けると決めたら早く付けたいのが人情です。盆休み明けか……どうしよう。

また、SP-JCの100周年モデルの値段が間違っていた(もっと高かった)ということです。何じゃそりゃ。でもそれもあったのですぐに電話してきてくれたのでしょう、と良い方に解釈しておきます。
一瞬、LX-VS Proを助手席側にという考えも浮かんだのと(在庫有りでしかも10% OFF)、値段の確認もしたいのでUターンして店に戻ることにします。

店に戻ると、値段を訂正した見積もりを作って待っていてくれました。SP-JC 100周年モデル + LX-VS ELLISSE IIで約36万円。2万円ほど高くなっています。さっきの値段は4月の値上げ前の値段だったのでしょうか?
LX-VS Proはもう一度実物を見て、やっぱりセンターの色が運転先側とかなり違ってくるの却下となりました。LX-VS Proのセンターが黒なら良かったんですけどね。ELLISSE IIはセンターが黒なんですが、生地が運転先側と異なるので。それでも色が違うよりは違和感が少なかったですが。

店頭在庫がないかぎりはどこの店でも届くのは同じ時期になるでしょう。値段も展示品など特に理由がない限りは定価販売でしょうし。違ってくるのは工賃くらいでしょう。
ということで、ここ「スーパーオートバックス金沢店」で購入することにしました。店の対応も好感が持てましたし。
運転先側がSP-JC 100周年モデル、助手席側がLX-VS ELLISSE IIです。
先に行った野々市ではLX-VS ELLISSE IIの展示品があったので野々市で購入すればもっと早かったかもしれませんが、金沢店と違って展示品でも特に値引きはありませんでした。安いものではないので同じ値段を出すのなら展示品ではなく新品が欲しいですから。展示品は中古品ではありませんが、どれくらいの期間展示されていたのかも判りませんし。


なお、今のシートは中古パーツ屋へ売る予定です。
事前に概算で幾らくらいで買い取ってもらえそうかを見てもらったのですが、2脚で4万から5万になるだろうと言われています。4万になってくれれば差し引き32万ほど。予算をわずかにオーバーしますがなんとかなりそうです。
当初は助手席側のシートは部屋で使おうかとも考えていました。今は純正シートの片方を部屋で使っているので、それと入れ替えようかと。しかし新しいシートの購入金額が予算を超えているので2脚とも売ってしまおうと思います。

実際に取付が可能になるのがいつになるかはまだはっきりしません。そこで物が揃ったら連絡してもらい、取付日を決めると言うことにしました。
また、金額が大きいので手付け金を少し入れて欲しいとのこと。手持ちがあまりなかったので、1万円未満の端数を払うことで了承してもらいました。


ようやく現実の時間に追いつきました。

(取付編へ続く)

« 2007年7月 | トップページ | 2007年9月 »

にほんブログ村

Amazon.co.jp