2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

« F50fd に期待していたもの | トップページ | ミニゴリラ NV-SD200DT (まとめ編 前編) »

2007.08.06

F50fd に期待していたもの (補足)

1200万画素になったことへの批判も見受けられます。
一部の「高画素化 = 悪」といったものを除けば、やはり画質低下の原因が1200万画素化にあると考えている人が多いからではないでしょうか。
F31fdに手ぶれ補正を付けた機種の発売を願う人の気持ちというのもその辺にあるように思います。
単純に「1200万画素もいらない」という理由でそう思う人もいるでしょうが、その中にも画質さえ同等以上ならF50fdでもよいと考える人はいると思うのですが。


個人的には高画素化にはあまり賛成ではないのですが、マーケティングなどの理由からしかたないかと思っています。但し、画質を落としてまでの高画素化には絶対に反対です。
今回のF50fdにおいては、「画質より画素数」を優先したと見受けられてしまいます。同時に発表されたZ100fdやS8000fdではハニカムCCDを捨ててベイヤー配列のCCDを採用したのも、画質以外のものを優先した結果ではないのでしょうか。
そこが非常に残念であり、また、批判の多い理由ともなっているのではないかと思っています。

富士フイルムのコンパクトデジカメに対しては、「高感度での高画質」というこだわりを持ち続けて欲しいと願っているのは私だけではないはずです。

でもF50fdは売れそうな気がしますね。
そのために「画質を落としての高画素化は正解だった」などという考えがメーカの中に生まれてくることが懸念されますが……

« F50fd に期待していたもの | トップページ | ミニゴリラ NV-SD200DT (まとめ編 前編) »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/39755/17128684

この記事へのトラックバック一覧です: F50fd に期待していたもの (補足):

« F50fd に期待していたもの | トップページ | ミニゴリラ NV-SD200DT (まとめ編 前編) »

にほんブログ村

Amazon.co.jp