2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

« 本を売る | トップページ | レカロシート購入 (その1 現状編) »

2007.07.23

本を売ってきた

68冊の本をバッグ2つに詰めて、野々市のBook offへ行ってきました。

13番という不吉な(笑)番号札を持って店内を覗きながら待っていると、10分少々で呼び出しがかかりました。
窓口へ行くと、

「本日はたくさんの本をお持ちいただきありがとうございました」

という感情のこもっていないマニュアル通りの言葉の後、

「40冊で830円となります」

へ?

はっぴゃくさんじゅうえん??


( ̄ロ ̄lll)

あれ? 40冊って言ったよね?
持って行ったのは68冊だと思うんだが。

と思っていると、「こちらのほうはお値段つきませんでした」という山が2つ。
ちなみに理由をきいてみると、背表紙が焼けているものは買い取りできないと言うことでした。
やっぱりそうなのか。

既に830円という金額にノックアウトされていたので、あんまり細かいことを聞く気にもなれませんでしたが、どうやらその内訳は4冊の本がほとんどを占めているようです。ダブりで処分したコミックス1冊と文庫2冊、つまり新品の3冊と、なぜだか判らないが「これを英語で言えますか?」という本が別に並べられていました。きっとこの4冊以外はほとんど1冊5円とかそんな計算なのではないでしょうか。

どうせ持って帰るつもりはなかったので830円を受け取り、値段の付かなかった本も引き取ってもらえると言うことなので引き取ってもらい店を後にしました。


結局、購入金額の1%しか戻ってこなかったわけです。
まあ、そんなものかな……

今度は数百冊ある文庫本を処分しようかと考えていたのですが、文庫は単行本以上に値段が付かないでしょうね。
しかも、古い本も多いので、

「あんた、背中が焼けてるぜ」

っていうような本が多いんですよね。

押し入れの中に箱詰めされている文庫が何冊あるのかは把握していないのですが、100冊はかるくあるでしょう。
本棚の中の文庫も200冊はかるく超えています。
全部を処分するつもりもありませんが、200冊処分して、そのうち6割が値段付いたとしましょう。文庫なので1冊1円とすると、予想金額は

120円。


こんどは違うところへ持って行ってみようと思います。
どこへ行こうが、値段は一緒なんでしょうけど。

« 本を売る | トップページ | レカロシート購入 (その1 現状編) »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/39755/17128705

この記事へのトラックバック一覧です: 本を売ってきた:

« 本を売る | トップページ | レカロシート購入 (その1 現状編) »

にほんブログ村

Amazon.co.jp