2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

2017.03.27

十割そばカフェ 乃庵

話は前後しますが、20日の春分の日の昼食は高岡でした。
以前から一度行ってみたいと思っていた「十割そばカフェ 乃庵」へ行ってきました。


Img_6756


Img_6758


十割そばを提供するような蕎麦屋さんは値段も高く、ちょっと敷居が高いようなお店も多いですが、こちらのお店は「カフェ」と店名にあるように、気軽に入りやすいお店になっていて、価格もかなりリーズナブルです。
美味しい蕎麦を安く提供するために、注文は食券制となっています。


Img_6775


また、水はセルフですし、そば湯は各テーブルやカウンターにポットに入れられた物が置かれています(席に着いた所で蕎麦茶が出てきますが、これは持ってきてくれます)。


Img_6767


また、そば湯で淹れたコーヒーや自家製の揚げそばもセルフで飲み放題・食べ放題です。


Img_6776


Img_6763


Img_6761


こちらも大変人気で、新しいのを持ってきてもすぐに無くなってしまうほどでした。


この日は蕎麦をがっつり食べたかったので、「三色そば ご飯セット」(1,130円)を頂いてきました。


Img_6783


更科、田舎、石臼引きの3種類の蕎麦が一度に味わえます。
ボリュームも十分で、高級な蕎麦屋の大盛りか、下手すると2倍くらいの量があります。


Img_6786


ご飯は日替わりの炊き込みご飯です。


Img_6788


この値段でこの量の十割蕎麦が食べられるお店というのはなかなか無いのでは無いかと思います。
蕎麦の香りはちょっと弱かったですが、とてもコシのある蕎麦は大変美味しかったです。機械打ちのため、蕎麦がとても長いというのも特徴かもしれません。


蕎麦を食べるのに、食券制やポットに入ったそば湯というのは面白く無いと思う人もいるようです。
しかしここのお店はとても人気で、この日も中待ちの人も出るくらいでした。店員さんの接客も十分ですし、一人でも気軽に入りやすいというのはとても嬉しいですね。
駐車場は店の前に8台ほどの他、50mほど先の交差点の所に広い駐車場があります。国道8号線沿いになので、富山方面から来た場合は交差点の所にある駐車場の方が入りやすいかもしれません。




この日の昼食、実は蕎麦は第二候補でした。
高岡には魚のすり身をお好み焼きのように焼いた「ととまる」という食べ物があると聞いて、それを食べたかったのです。
食べられるお店はいくつかあるようですが、多くが居酒屋のような所で、昼間はやっていないお店がほとんど。道の駅万葉の里高岡にもあるということだったのですが、以前に行ったときにそのようなメニューを見た記憶はありませんでした。そもそも道の駅のフードコートのメニューはかなり頻繁に入れ替わっているようですし。
そこで、まずは道の駅へ行ってみて、「ととまる」があればそれを食べ、無ければ蕎麦屋へ行こうと考えていました。
しかし予想通りというか、道の駅には「ととまる」のメニューは無く、蕎麦屋へ行くことにしたのですが、メニューの中に気になる物が。


Img_6751


「白えび塩天むす」というものがあるではありませんか。
元々「白えび天むす」というメニューはあったようです。


Img_6748


道の駅カモンパーク新湊のフードコートにも「白エビ天むす」というメニューがあって食べたことがありますが、それと似たようなものです。
しかし新メニューの「白えび塩天むす」には富山らしくとろろ昆布も使われていますし、なんだかとても美味しそうに見えたので、そばを食べる前にこちらを頂いてきました。


Img_6737


細長いおにぎりはそこそこのサイズがあります。
ちょっと小腹が空いた時や、蕎麦やうどんの麺類とセットにも良いのでは無いでしょうか。
お持ち帰りも可能とのことです。

2017.03.26

チューリップ公園はチューリップフェアのための公園なんでしょうね

元々は高岡へカタクリを見に行こうと思っていた25日ですが、前の週に下見に行った時に25日ではまだ見頃にはなっていないだろうと思われたため、どこへ行こうかといろいろ探していました。
すると、砺波のチューリップ四季彩館にて原種系のチューリップが咲き始めていて、見頃は3月22日から1週間ほどと出たいたので、それをメインとして砺波チューリップ公園へ行ってみました。


Imgp3672


チューリップフェアまであと1ヶ月ほどとなった園内では、フェアへ向けた準備が少しずつ始まっています。
正門のゲートとなる建物は新しくなっています。


Img_6846


トイレも付いていますが、まだ立ち入ることは出来ませんでした。
大花壇には既にチューリップは植えられていますが、遮光ネットが掛けられています。


Imgp3686


花の咲く時期を調整しているんでしょうかね。
チューリップパノラマテラスは入口の看板こそ掛けられていますが、入口は施錠されていて中に入ることは出来ません。


Imgp3688


大花壇の隣にある池の水もかなり抜かれた状態です。


Imgp3668


池には白鷺が一羽と数羽の鴨がいました。


Imgp3568


フェアの時には多くの人でごった返しているフードエリアもまだシャッターが閉まっています。


Imgp3700


お店はチューリップフェアの期間中にしか開いていないのでしょうね。




さて、メインの目的であったチューリップ四季彩館の前にある700品種花壇へ行ってみると、こちらも花壇には遮光ネットが掛けられています。


Imgp3617


しかも、咲き始めていると聞いてきた原種系のチューリップですが、それらしき物はなかなか見つかりません。
ようやく見つけたのは、まだつぼみの品種が一つ。


Imgp3621


さらにしつこく探していると、やはり開花前の品種が一つ。


Imgp3626


結局、見つけられたのはこの2つのみで、開花しているチューリップは見つけることが出来ませんでした。
どうしてもチューリップが見たければ入場料を払ってチューリップ四季彩館に入れば年中チューリップの花を見ることができますが、そうまでしてチューリップを見たかったという訳でもありませんので、中には入ってきませんでした。
チューリップ四季彩館の周囲には水を張った池や用水にチューリップの球根を乗せたトレイがたくさん浮かべられていました。


Imgp3630


Imgp3632


チューリップフェア用の花を準備しているのか、あるいは色彩館で展示するチューリップをこうやって育てているのでしょう。




原種系チューリップはちょっと当てが外れてしまいましたので、チューリップ公園のほうへ戻ります。
公園内で所々梅の花が咲いていました。


Img_6880


散り始めのものが多いですが、まだ遠目にはきれいです。
砺波郷土資料館横の薄いピンクの紅梅が花の状態が一番良かったです。


Imgp3721


Imgp3763


まだまだつぼみもたくさん来ています。
同じ場所にあった白梅は散り始めのものが多かったです。


Imgp3750


どちらかというと白梅よりも紅梅の方が咲き始めが早く、散り始めも早い品種が多いという印象がありますが、ここの梅は逆のようです。




チューリップ公園でもう一つ写真を撮ってきたかったのが、「中越弁慶号」と呼ばれている蒸気機関車です。


Imgp3708


Imgp3702


立派な建物の中に静態保存されています。
チューリップフェアを見に来たときに写真を撮ったりはしているのですが、建物の中と言うこともあってあまり後ろに下がれず、もっと広角のレンズが欲しいと思っていました。そこで今回は10-20mmレンズを持って行って写真を撮ろうと考えていたのです。
ところが建物の入口はしっかりと施錠されていて、中に入ることが出来ませんでした。


Imgp3706


ガラス越しに機関車は見て来たものの、写真は撮らず終いでした。




なんだかなだといろいろ外したチューリップ公園と色彩館でした。
チューリップフェア期間中以外にチューリップ公園へ行ったのはこれが2度目でしたが、結局チューリップ公園というのは『チューリップフェアを開催するための』公園なんだな、とつくづく感じたのでした。

2017.03.25

らうめん侍の黒香味

先週の土曜は映画を見に行った後に少し遅めの昼食で、イータウン金沢にある「らうめん侍」へ行ってきました。


Img_6705


金沢百番街にある「らうめん侍の侍」と同じ系列のお店で、確か以前は違う場所にお店があって、そこに一度だけ行ったことがあるような気がします(かなり前ですが)。
博多ラーメンのような細麺でスープは豚骨ですが、「金沢流和風とんこつ」だそうで、博多の豚骨とは違うようです。
今回は「黒香味」(750円)とトッピングのねぎ(150円)を頂いてきました。


Img_6707


麺はバリカタで、油の量は普通で注文。
スープが黒い訳では無く、香味油がかかっていて黒く見えるんですね。
ベースの和風とんこつスープは臭みも無く、意外とさっぱりしているようです。香味油を加えることで香ばしさが増します。
替え玉(100円)はハリガネで頂いてみました。


Img_6710


替え玉1個だとちょっと多いんですよね。半玉の替え玉があると嬉しいのですが。
店の前には「食し方七ヶ条」なる看板が。


Img_6719


ゴマはかけたほうが美味しいですね。




【おまけ】
お隣にあった「ささら屋」さんは、あられやかきもちを販売しているお店です。


Img_6713


その入口にこんな石像が。


Img_6715


日の出屋製菓のキャラクターなんでしょうか?

2017.03.24

ROWAの互換バッテリー購入

K-3に比べてバッテリーのサイズが小さくなったKP。
とりあえず純正バッテリー2個と互換バッテリー1個で運用していますが、これまで何度か撮影に行ってバッテリーの持ちがあまり良くないことから、もう一つバッテリーを買おうかと考えていました。
4個目のバッテリーが必要になるような状況は年に一度くらいかもしれませんが、互換バッテリーなら値段も安いので、保険代わりと言うことでもう1個互換バッテリーを購入する事に。
今回はROWAのバッテリーを購入しようとAmazonを見ていたら、ROWAのD-LI109互換バッテリーは2種類ありました。
一つは純正バッテリーと同じスペック(7.4V 1050mAh)のもので、1,070円です。
もう一つは純正バッテリーよりやや容量が大きい(7.2A 1150mAh)のもので、1,380円でした。
安いほうはBAKのセルを使用していて、高い方はLGのセルを使用しています。LGのバッテリーって火が出たりしたんじゃ無かった? などと心配になりましたが、BAKよりはまだましなのか、などと考えた結果、高い方のバッテリーを買ってみることに。


Img_6586


電圧が純正バッテリーよりやや低い7.2Aというところが気になりますが、前に買った互換バッテリーも7.2Aで特に問題は無かったので、今回も大丈夫でしょう。
当然ながらMADE IN CHINAです。輸入元がロワジャパンとなっています。


Img_6589


純正バッテリーもMADE IN CHINAなので気にしないことにしましたww
前に買った互換バッテリーと違って、端子カバーは付いてませんでした。そこがちょっと残念だったかも。


早速、バッテリーを大量消費しそうな予感のしていたトヨタ博物館での撮影に使ってみましたが、これがなんと予想を遙かに上回る1,682枚の撮影が可能で、結局バッテリー交換は行わずに現地を後にしたのでした。バッテリーの目盛りは赤になっていますが、まだもう少し撮影は可能ですので、1,700枚くらいは撮れたかも。
ただ、3時間半くらいの間に立て続けに撮影していたこともあり、ちょっと普段とは違った使い方だったようにも思います。それでも純正バッテリーと遜色ない程度の持ちなのではないかと思っています。
今度はもう少し普通に撮影した状況でどれくらい持つのかを調べて見ないといけないですね。

2017.03.23

トヨタ博物館のカレーなど

トヨタ博物館に着いたのはちょうど12時でした。
周辺にはこれと言って食べるような場所もないので、博物館のレストランで昼食を取ることに決めていました。


Img_6618


こういう場所なので決して安くはないのですが、それでもカレーが名物だと聞いていたので、ビーフカレー(辛口)を食べてきました。


Img_6644


まずはランチマットが運ばれてきます。


Img_6629


使うのがもったいないくらいです。
絵柄は時々変わっていくようで、企画展に合わせた絵柄になる事もあるようです。
そしてサラダが登場。


Img_6631


ドレッシングがとても美味しかったです。
サラダをつまんでいると、メインのカレーが出てきました。


Img_6648


Img_6652


カレーが別の器に入っています。こんなカレーを食べるのはかなり久しぶりでした。
ご飯の量はやはり少ないですね。
カレーにはビーフがたっぷり入っています。


Img_6657


辛口と言う割にはそれほど辛くはありませんでしたが、スパイスはかなり利いているようで、食べているとどんどん汗が出てきました。
量的に安いとは言えませんが、味はとても良かったです。それに、他のメニューに比べるとカレーはまだ安いほうでしたしね。


壁に掛かっているオブジェも車関連でした。


Img_6642


レストランは無料エリアにあるので、入場料を払わなくてもレストランだけを利用することも可能です。




昼食の量が少なめであることは想定していたので、途中の養老SAでちょっとなにか軽い物をと思っていたら、「津ギョーザ」(300円)というのが美味しそうだったので食べて見ました。


Img_6607


巨大な揚ギョーザです。普通のギョーザ5個分の大きさだとのことですが、そこまで大きい感じはしませんね。ただ、具の量は5個分くらいになるのかも。
味は付いているので、タレなどは付けずにこのままいただきます。
パリッと揚がった皮とジューシーな具がとても美味しかったです。




今度は帰りの養老SA。
やはり昼がちょっと少なめだったので、また何か軽く食べていこうかと思ってフードコートのメニューを見ていたら、オリエンタルカレーのお店がありました。


Img_6671


Img_6693


焼きスパというのがなんだかとても美味しそうです。
しかし、昼もカレーだったし、夕食までの時間を考えるとあまりガッツリと食べるのはどうかと思います。ところがメニューの写真をみていると、量はかなり少ないように見えました。


Img_6695


これくらいなら食べても大丈夫かと思い、カレーとスパのあい盛りを食べる事に。
ところが出てきたのは見事な大盛り状態でした。


Img_6681


あい盛りなので、カレーだけや焼きスパだけと比べるとそれぞれの量は少ないはずですが、ご飯の量だけでも昼に食べたカレーのご飯と同じくらいの量があるのでは無いかと思われるほど。ちょっとカレーが足りなくなるくらいでした。
メニューの写真は豪華なのに実際に出てきた物はちょっとショボいなんて事はよくありますが、全く逆でしたね。
とても美味しかったのですが、お腹もいっぱいになってしまい、結局家に帰ってから夕食は食べられませんでした(^^;)


スプーンとフォークの柄にはオリエンタルカレーのキャラクターが付いています。


Img_6684


名前はあるのかな?

2017.03.22

水道つつじ公園のカタクリはまだまだでした

連休最終日の20日、特に予定も無く家でのんびりしていようかとも思ったのですが、天気が良かったのでドライブがてら高岡の水道つつじ公園へカタクリの咲き具合を見に行ってきました。


Img_6729


ところが全く咲いていません。
所々芽は出ているのですが、咲いている花は見当たりません。


Imgp3401


さらに周囲を見渡してみると、斜面の所に数輪の花が咲いてるのを見つけました。


Imgp3419


Imgp3434


Imgp3469


また、斜面の上の方にはある程度の数の花も咲いています。


Imgp3460


しかし、全体的に見頃になるにはまだしばらくかかりそうです。
元々今週末に水道つつじ公園と万葉歴史館へでも行ってこようかと思っていたのですが、ちょっと当てが外れましたね。


梅の花はきれいに咲いていました。


Imgp3396


白梅はまだつぼみもあるのでもう少し見られるでしょうが、紅梅はもう終わりに近く、新たなつぼみもあまり見当たらなかったのでもう終りに近いですね。


Imgp3378


Imgp3404


少し高台にあるためか、他の所よりも若干見頃が遅いようにも感じますね。




水道つつじ公園を出た後は昼食を食べて帰る予定だったのですが、あまり撮るものも無かったので予定よりかなり早く公園を出ることになりました。
昼食にはまだちょっと早いので、おとぎの森公園に寄ってみました。
ところがとても多くの人が訪れており、駐車場もいっぱいで駐める所がありません。駐める所を探して駐車場内をぐるぐると回っている車も何台もいます。
諦めて帰ろうかと思ったとき、ちょうどいいタイミングで出ていく車がいたので、空いた場所に車を駐めることができました。それでも10分弱駐車場をさまよってましたね。
特に何かを撮ろうという目的も無かったので、とりあえず「ドラえもんの空き地」へ向かいます。


Imgp3525


しかしあまりに人が多く、とても写真を撮れるような状況ではありません。


Imgp3539


Imgp3512


Imgp3515


個々の人形ならちょっと人が途切れたタイミングで撮ることも出来るのですが、全体を撮ろうと思っても人が途切れることはありませんでした。


Imgp3542


案外ジャイアンに人気があるんですね。隣に座って写真を撮っている人が多かったです。
一番人気が無かったのはスネ夫かな?
中には怖がっている子供もいましたね。小さな子供にとっては自分より大きな人形ですから、ちょっと怖い感じがするのも判るような気がします。


バラ園もバラの時期ではないので花は咲いていませんし、なにか写真のネタになるような物を探して歩いていると、マンサクの花がたくさん咲いていました。


Imgp3557


Imgp3560


何度見ても変な形の花です。


小さな子供も大勢いますし、付けているレンズが望遠レンズだったので、何か勘違いされて疑われても困るので早々に帰途についたのでした。




しかし、今週末はどこへ行こうかな……

2017.03.21

5年半ぶりのトヨタ博物館・後編

前回からの続きです。


エスカレーターを上ると、トヨペットクラウンRS型がお出迎えです。


Imgp2339


初代のクラウンはトヨタにとっても重要な位置づけの車なんですね。


3階には懐かしい車も多いです。


Imgp2369


Imgp2384


また、2階にはほとんど無かった国産車も数多く展示されています。


Imgp2496


Imgp2765


所謂「スーパーカー」という類いの車はほとんど無いのですが、フェラーリの512BBが唯一展示されています。


Imgp2802


スーパーカーブーム世代としてはもっとスーパーカーがたくさん展示されていると嬉しいのですが。
国産のスポーツタイプの車は何台かあります。


Imgp2599


Imgp2731


Imgp2753


TOYOTA 2000GTとTOYOTA SPORTS 800が並んでいます。


Imgp2658


前回来たときは、この場所にカローラとサニーが並んでいました。
TOYOTA 2000GTはやっぱりカッコイイです。


Imgp2668


レクサス車も3台展示されていましたが、一番の注目はLFAですね。


Imgp2917


ちなみにレクサス車は全て左ハンドルでした。


初代プリウスと初代インサイトが並んでいます。


Imgp2998


MIRAIのコンセプトモデルFCV-Rです。


Imgp3039


このエリアにはハイブリッド車や電気自動車、燃料電池車などが集められていました。


2階の吹き抜けになったエリアは3階から下を見ることが出来ます。


Imgp3053


ちょうど団体さんが係員の説明を受けながら見学していました。
3階にあった顔ハメ看板はカローラです。


Imgp2529


フロントガラスの所から顔を出すようになってます。


この後は一旦1階まで戻ります。
休憩所にはミニチュアモデルなども飾ってありました。


Imgp3070


そして連絡通路を通って新館へ。


Imgp3079


現在はここが企画展示のエリアになっているようです。
リニューアル記念展として、バックヤードに収蔵されている車の一部が展示されていました。


Imgp3109


その奥は常設展示エリアです。


Imgp3165


ここは前回来たときとあまり変わってないですね。


Imgp3181


Imgp3188


一部の車両が入れ替わっているような気もします。


この後はミュージアムショップをちょっと覗いて帰ってきました。
前回来たときはちょっと駆け足気味に2時間半で回って来ましたが、今回は3時間半ほどかけて前回よりもゆっくりと見て廻ってきました。
じっくり見て廻るにはやはり3時間以上は欲しいです。
平日だったので人もそれほど多く無く、写真を撮るならやはり平日に行ったほうが良さそうですね。
ただ、平日だとETC割引が無いので、車移動の際は土日などと比べて高く付いてしまいますが……

2017.03.20

5年半ぶりのトヨタ博物館・前編

先週の金曜は年休を取って「トヨタ博物館」へ行ってきました。


Imgp1697


Imgp3374


年休を取ることに決めたのが水曜の夜に家に帰ってからだったので、全くのノープラン状態でした。
しかしせっかくの平日休みですから、土日には行きたくないような所へ行きたいと考え、思いついたのがトヨタ博物館でした。


Imgp1711


トヨタ博物館へ行くのはこれが2度目になります。前回はなんと5年半ほど前でした。
こういう所はあまり頻繁に行っても同じ物ばかりで飽きてきますが、ちょうど昨年にリニューアルも行われたようです。また、PENTAX KPでの屋内撮影も出来ますし、いいタイミングだと思いました。


入口横にはボンネットバスが展示されています。


Imgp3361


中に入ることも出来ます。


前回はホームページに割引券が掲載されていたのを印刷して持って行きましたが、今回はそのような物は見当たりませんでした。そこでJAFの会員証を提示し、2割引の800円で入場です。
展示は2階と3階になっています。受付を通って2階へ上がるエスカレーターの前にはシンボル展示の豊田AA型が展示されています。


Imgp1714


Imgp1730


前回来たときもこの場所にあったと思いますが、色は黒でした。塗り替えたんでしょうかね。
そしてエスカレーターを上って2階の展示場へ。


Imgp1733


順路通りに進んでいくと、車の歴史を過去から現在に向かって見ていくことになります。


Imgp1742


これなんかは自動車と言うより動力付きの三輪車という感じです。


Imgp1738


こちらは蒸気で動く車です。


Imgp1757


日本の人力車もありました。


Imgp1773


前回来たときには新館のほうに展示されていた物だと思います。


ロールスロイスは昔も今も豪華ですね。


Imgp1795


順路を進んでいくと、だんだん車の形が変わってきます。


Imgp1844


Imgp1915


Imgp2020


Imgp2100


昔の車は豪華なエンブレムが付いているものが多いです。


Imgp1895


これを見ているだけでも楽しいですね。自分の車に欲しいかと言われたらいらないですけど(^^;)
ジャガーかと思ったらフォードでした。


Imgp1924


こちらがジャガーです。


Imgp2554


展示スペースはとてもゆったりとしており、後ろの壁に貼られているポスターなんかもオシャレです。


Imgp1942


Imgp2049


メルセデスベンツ300SLクーペはとても注目を集めていました。


Imgp2282


まさに『ガルウィング』ですね。


Imgp2306


前回来たときは、2階に企画展示用のエリアがあり、その時は「働く車」を集めた企画展示が行われていましたが、エリア自体が無くなってしまったようです。企画展示は新館の方で行うことになったみたいですね。その分、展示されている車両が増えているようにも思います。


そしてまたエスカレーターを上り、3階へ向かいます。


(続く)

2017.03.19

映画「ひるね姫 ~知らないワタシの物語~」

3月18日から公開の映画「ひるね姫 ~知らないワタシの物語~」を見て来ました。


世間の評判はあまり良くないようですね。
言われているほど判りにくいとは思いませんでしたが、夢と現実の繋がりがちょっとあやふやというか、気になる所はありましたね。
それでも私は面白いと思いましたが、人に勧められるかというとちょっと微妙。
所謂「アニメオタク」向けの作品ではないですが、かと言って一般向けとまでは言えないですしね。「君の名は。」を見てアニメに興味を持った(普段アニメを見ない)一般の人が見に行ったら「何か思っていたのと違う」と感じるかもしれないです。
どこかのアニメで見たようなシーンもいくつか出てきたりします。神山監督がジブリを意識しているとは思えませんが、製作委員会が『第2のジブリ』を要求しているのかなと思ったりもします。
設定に無理がある所もありますね。夢と現実がリンクしているというのはこの話の根幹なのでいいとして、たかが一企業が警察に対してそこまで権力を持てるとは思えません。もっと国家権力みたいな組織なのかと思ってました。
岡山の風景はとても良かったです。特に瀬戸大橋に力が入っていたように思います。高山みたいに聖地巡礼が盛り上がるとは思えませんけどね。


Img_6602


初日で、劇場でも一番大きなキャパ300以上のスクリーンで上映されていましたが、観客は20人に満たない状況でした。興行的にはかなり厳しそうですね。


Dsc_0310


こっちのほうが興行収入は大きいんだろうな。

2017.03.18

バッテリーはもう一つ欲しいかも

PENTAX KPを購入して何度か写真を撮りに行きましたが、概ね満足しています。
それでもK-3と比べて明らかにスペックダウンしていると感じるのが連写性能とバッテリーの持ちです。
連写はMモードでもすぐにバッファを使い切ってしまい、書き込み速度が(UHS-Iの中では)早いExtreme Proを使っているにもかかわらず、撮影速度が落ちてしまいます。K-3ならMモードであれば何十枚でも連写できたのに比べると、かなりのスペックダウンですね。せめて記録メディアがUHS-IIに対応していればいいのかもしれませんが。
個人的には連写を使う場面というのは多くは無いのでまだいいですが、連写を多用するような用途には向かないですね。


バッテリーはK-3に比べると容量が半分くらいになってしまったので、持ちが悪くなるのは想定していましたが、KPはK-3よりもバッテリーを食うような気がします。同じバッテリーを使うK-70よりもKPのほうが持ちが悪いような話も聞きますし。
K-3は純正バッテリー2個で運用していましたが、フル充電のバッテリー2個を使い切ったことはありません。それでも、使いさし(それでも半分以上は残ってた)のバッテリーを使い切った後、フル充電のバッテリーで赤になるくらいのことは何度かあります。現在KPは純正バッテリー2個と互換バッテリー1個で運用していますが、若干心許ない気がしないでもありません。せいぜい年に1度か2度のことだとは思いますが、互換バッテリーをもう一つ買っておいてもいいのかなと思ったりしています。
また、バッテリー4個での運用となると、装着外のバッテリーを3つも持ち歩くことになるので、何かまとめて入れておけるようなケースが欲しくなりますね。今度百均にでも行ってなにか探してこようかと思ったりもしています。


どちらも購入前から判っていたことなので納得はしていますが、バッテリーの持ちはいいに超したことはないですよね。




昼間の月がきれいに見えていたので撮ってみました。


Imgp1683


手持ちで、こちらはかなりトリミングしています。


Imgp1652


月に露出を合わせると、周囲が実際に比べるとかなり暗くなってしまいました。

«猫は1匹しか見かけなかったけど……

にほんブログ村

Amazon.co.jp