2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

2017.04.23

今年のにゅうぜんフラワーロードは菜の花ロードだった……

先週、先々週と土曜は曇りの日が続きましたが、今週の土曜はようやく晴れの予報だったので、入善で開催されている「にゅうぜんフラワーロード」へ行ってきました。


Imgp7516


しかし予報と違って朝から曇り空。しかも時々小雨が降ってきたりしています。現地に着くまでに晴れるといいなと思っていましたが、残念ながら到着時にはまだどんよりとした曇り空で、まだ僅かに小雨が降っていたりもしました。


「にゅうぜんフラワーロード」へは2年前に一度行っています
開催場所は固定されている訳では無く、入善スマートインターチェンジ近くと言うことだけは共通のようですが、毎回違う場所で開催されています。
今年は入善町中央公園陸上競技場南側で開催されていました。


Imgp7452


前回行った時に比べると会場の広さもかなり広く、駐車場も(ちょっと歩きますが)かなりの台数が準備されていました。前回は駐車場の数が少なくて駐めるのにちょっと苦労しましたからね。
入善はちょっと遠いですが、それでも前回は行った甲斐があったと思えたので今回も期待していましたが、今年は時期が悪かったのか、花の数も少なく、ちょっと残念なフラワーロードでした。


Imgp7453


Imgp7515


Imgp7556


また、前回は畑の畝の間に入っていける所がいくつもあったのですが、今回はそのような所もほとんどありません。農道と花が植えられている畝の間もかなり距離があり、あまり写真を撮るには向いていなかったですね。


Imgp7674


先週の強風や雨も影響しているのかもしれませんが、花も傷み始めているものが多かったです。


Imgp7679


イベントエリアでは花の販売も行われていましたが、そちらの花の方がきれいでした。


Imgp7439


近くに寄れるので、アップの写真は売り物の花ばかりです(^^;)


Imgp7717


Imgp7728


Imgp7753


21日から23日にはライトアップも行われるとのこと。


Imgp7792


しかしこれではライトアップもちょっと寂しいかもしれません。


Imgp7793


訪れている人の数も前回よりも少なかったように思います。きときと君フワフワドームの係員さんも暇そうでしたww


Imgp7868


会場の一番端のほうでは黄色のチューリップが見事でした。


Imgp7884


Imgp7909


メインのエリアからは少し歩かないといけないので、ここまで来ている人はさらに少なかったですが、今回はこの辺りが一番の見頃でしたね。


Imgp7949


Imgp7951


Imgp7988


チューリップはちょっと残念でしたが、野球場側の菜の花はかなり広い範囲に植えられていて、こちらはかなり見事でした。


Imgp7829


Imgp7659


近寄ってみると、花が咲いているのはまだ上の方ばかりです。


Imgp7591


この様子だとまだしばらく見頃が続きそうな雰囲気ですね。
菜の花畑の向こうには北陸自動車道が通っています。


Imgp7845


これが北陸新幹線だった良かったのに、とは思いましたけど。


天気はだんだん回復してきて、お昼近くになると青空が広がってきました。


Imgp7858


人も少しずつ増えて来ましたが、それでも前回の時ほどではなかったように思います。
あまり撮るものも無かったので、屋台やケータリングカーの軽食をちょっと早めの昼食代わりに食べて、予定よりもかなり早く会場を後にしたのでした。

2017.04.22

善妙寺の銅像と桜

400年の森からの帰りはバスでJR金沢駅まで移動しました。


Img_7197


バスの本数は少なく、平日も土日も一日三往復しかありません。


Img_7193


観光客向けにダイヤを組んでいるのではないということでしょうけどね。
望湖台といえば展望台がある所です。


Imgp6809


駐車場もありますがそれほど広くは無いので、桜や紅葉の時期などはすぐにいっぱいになってしまいます。
もっとバスの便が良ければバスで行こうという気にもなるのですが、この状態ではなかなかバスで行こうという気にはなりません。今回は上手い具合に予定とバス時刻が合ったので良かったですが。
駐車場の向かいには屋台も少し出ていました。


Imgp6824


バス停への坂道には桜の花びらが。


Imgp7412


先日も雨が降ったりしたので、落ちた花びらが流れていった跡でしょうね。




バスが来るまで10分少々時間があったので、バス停のすぐ横にある善妙寺に立ち寄ってきました。


Imgp7405


泉鏡花となにやら所縁があるお寺のようです。


Imgp7408


入口を入ってすぐ左手には、大きな日蓮聖人の銅像が建っていました。


Imgp7387


Imgp7384


高さは約8mあるそうです。
この銅像の手前両脇に見事な桜が咲いていたのが印象的でした。


Imgp7378


ソメイヨシノではなく、しだれ桜のような感じでしたけど、ちょうど見頃だったこともあってきれいでした。
御清水にも桜の花びらが。


Imgp7394


こちらは境内の方にあるソメイヨシノの花びらかもしれません。
ここにお寺があることは以前から知っていましたし、卯辰山に写真を撮りに来たときに寄ったこともあるはずですが、桜の時期に来たのは初めてだったかもしれません。

2017.04.21

夜桜

話は10日ほど前に遡りますが、会社の帰りに松任総合運動公園横の北国街道の桜を見に行ってきました。


Imgp6082


会社帰りなので当然ながら真っ暗なのですが、ライトアップが行われていてぼんぼりも設置されています。


Imgp6109


月がきれいだったので月と一緒に撮ってみました。


Imgp6121


この北国街道の桜並木の向かいに見事な桜が一本あって、こちらも毎年ライトアップが行われています。


Imgp6089


下の方から照らしていて、全体が照らされるほどの照明は無いので中心部だけが照らされているような感じではありますが、実際に見てみるとそれなりにきれいです。


Imgp6010


かなり大きな木ですので年数もかなり経っているのだと思われます。何かの磐余がある物なのかどうかはわかりませんが、毎年きれいな花を咲かせていて、車で通った人もわざわざ降りてきて写真に撮ったりしているほどです。
今年はもう桜も終わってしまいましたが、来年もまた見事な花を咲かせてくれることでしょう。

2017.04.20

コロナロードは昭和の雰囲気が残る飲食店街です

土曜は武蔵ヶ辻で昼食でした。
めいてつエムザの地下に「コロナロード」という飲食店街があります。


Img_7165


Img_7186


これが見事に昭和の雰囲気の飲食店街なんですよね。
すぐ向かいの近江町市場にはたくさんの観光客が訪れていますが、こちらは観光客の姿は全くありません。地元の人達が食べに来る食堂という感じのお店が並んでいます。
今回は、「ささはら」というお店に行ってきました。


Img_7170


店内はL字型のカウンター10数席のみ。私が入店したのは12時10分ほど前だったのでまだお客さんはいませんでしたが、注文した品を待っている間に次々とお客さんがやって来ました。
人気なのは「日替り弁当」で、多くの人(というか、私以外の人はみんな)注文してました。


Img_7168


今回は「あなご天丼」を注文。


Img_7177


大きな穴子が2切れ。あわせて一匹分になるのでは無いかと思われます。
他には茄子、サツマイモ、かぼちゃなどの天ぷらも乗っていて、なかなかボリュームがあります。
味噌汁と茄子の漬物が付いてきます。
タレはちょっと甘めでちょっと濃い目ですが、見た目の濃さほどしつこくはありません。
これで850円という値段が嬉しいですね。
他の皆さんが食べていた「日替り弁当」もいろんな天ぷらがあって美味しそうでした。
リーズナブルな価格で美味しい天ぷらが食べられる貴重なお店ですね。




食べ物ネタでもう一つ。
兼六園の桂坂口ではたくさんの屋台が出ていました。


Imgp6180


Img_7160


昔はよく見かけたのですが最近では見かけなくなったので、もう屋台は出なくなってしまったのかと思っていたのですが、桜の時期には出ているようです。真弓坂口にも2件ほどの屋台が出ていました。
昼食前でしたが、ちょっと何か食べたくなったので、「まるまる焼き」(300円)というのを頂いてきました。


Img_7162


お好み焼きに似たものですが、中には目玉焼き状の玉子が一つ入っていました。
サイズもお好み焼きよりは小降りで、ちょっと小腹が空いた時やいろんなものを食べたいと言うときにはなかなかいいサイズです。




【おまけ】
園内の寄観亭では「金沢かれいぱん」が販売されていました。


Imgp6674


高速道路のSA、PAや道の駅などで同じような形態のものを売っていますが、同じものでは無いかと思われます。
プレーンの他、竹炭&黒こしょうやたっぷり野菜といったバリエーションがあります。
ただ、兼六園に来てこれを食べようと思う人がいるのかというのはちょっと疑問ですけどね。

2017.04.19

ついに石川県にもICOCAが導入されました

15日の土曜からJR北陸本線の金沢-大聖寺間などでICOCAの運用が開始されました。
そこで早速ICOCAを購入してみました。


Img_7232


購入したのはJR松任駅です。
金沢駅ではJR西デザインのICOCAとIRいしかわ鉄道デザインのICOCAのどちらでも購入する事が出来ましたが、最寄り駅は松任駅ですし、今の所はまだJRの駅ですから、JR西デザインのICOCAを購入しました。
しかしケースに使っているのはIRいしかわ鉄道の「いしてつ愛あーるクラブ」の更新時にもらったものです。


Img_7131


改札エラー防止機能付きということで、ケースの中央に銀色のシールが貼ってあります。


Img_7138


原理はよく判りませんが、これが何か効果があるんでしょうね。


JR西のICOCAを購入すると、「ICOCAエリア拡大 記念プレゼント」として記念台紙がもらえました。


Img_7216


こうやって使うらしいです。


Img_7224


でも、わざわざこんな事をして家で飾っておく人はいないと思いますけど。
ちなみに裏側は後ろ姿でした。


Img_7228


裏側と言っても、飾る際には底になってしまうんですが……


松任駅のきっぷ自販機でもICOCAのチャージが可能です。


Img_7212


購入時はデポジットの500円を引いた1,500円分の利用が可能ですが、追加で2,000円チャージしてきました。
金沢駅のきっぷ自販機ではICOCAそのものの購入も可能なようです。




せっかく購入したので早速使ってみようと金沢駅まで電車移動します(これが今回金沢へ行こうと思った理由だったんですけどね)。
金沢駅の改札ではHABのテレビカメラが取材に来ていました。


Img_7151


ICOCA運用開始初日のニュース映像を撮りに来たんでしょうね。
ただ、ICOCAを使っている人の割合はまだまだ少ないようです。たまにしか鉄道を利用しない人はきっぷを買ってますし、定期を使っている人達はまだ紙の定期のままの人が多いようです。今使っている定期が切れたタイミングでICOCAの定期券にしようと思っている人が多いんじゃないでしょうかね。
松任駅でも私以外にICOCAを買いに来ている人は見かけませんでしたし、金沢駅でもICOCAを買っている人の姿というのは見かけませんでした。


今回はJR西デザインのICOCAを購入しましたが、IRいしかわ鉄道デザインのICOCAでは、提示すると観光施設の入館料等が割引になるサービスも行われているようです。
但し、2ヶ月間の期間限定なので、使う機会も無いうちに終わってしまいそうだったので、素直にJR西デザインのものを購入したのでした。




来年の夏には福井の牛ノ谷-新疋田間でもICOCAが使えるようになる予定です。
石川県に自動改札機が導入され、JR西が管轄する府県で自動改札機が導入されていないのは福井だけになったそうです。福井県民としては、北陸新幹線よりも自動改札とICOCAの導入の方が嬉しいのかもしれませんね。
また、ICOCAって基本的に近郊の普通電車での利用を想定したものなので、あまり長距離での利用は考えてないみたいですね。JR西日本の中でもエリアがいくつかに分かれていて、エリアを跨ぐ利用というのは出来ないとのこと。
石川は「石川・富山エリア」になっていますが、福井がこのエリアに含まれるようになるかはまだ未定とのこと。
福井の場合は近畿圏エリアとも隣接することになるので、単純に石川・富山エリアに含むのも難しいのかもしれませんが、エリア外になってしまうと福井へ行くのにICOCAは使えない事になります。
会社境界で使えないというのならまだしも、同じJR西エリアの中なのに使えないというのはなんだかな、と言う気がしますね。

2017.04.18

金沢城公園の桜はかなり散ってました

順序がちょっと前後しますが、兼六園を出た後は金沢城公園にも寄ってきました。


Imgp6177


Imgp6691


遠目にはまだきれいに見える桜ですが、兼六園に比べるとかなり散っています。中にはこんなに花が無くなっている木も。


Imgp6174


次の目的地へ向かうための移動に通ってきた程度であまりあちこち見て廻っては来ませんでしたが、全体的にかなり散っていますね。


Imgp6723


Imgp6735


Imgp6773


お堀の横の通りも遠目にはまだきれいですが、緑が見えてきています。


Imgp6741


道の上には花びらがいっぱい。


Imgp6754


お堀にもたくさんの花びらが浮いています。


Imgp6752


しかしここでもまたPFフィルターを持ってくるのを忘れた失態のため、一番いい所からの写真は上手く撮れませんでした。


Imgp6760


兼六園のすぐ隣なのですが、咲き具合にはかなり差がありますね。やはり兼六園の方が僅かに高い所にあるからでしょうか。


しだれ桜はまだまだ見頃です。


Imgp6781


この後は武蔵ヶ辻で昼食を取り、400年の森に向かったのでした。

2017.04.17

卯辰山400年の森の桜は満開でした

土曜の一番の目的は、卯辰山にある400年の森の桜を見に行くことでした。


Imgp6924


昨年も来ているのですが、少し時間が遅かったため日陰になってしまい、今度はもっと早い時間に行きたいと思っていたのでした。


Imgp6932


Imgp6985


ただ、午後1時過ぎに現地に到着したものの、この日は曇り。午前中は降っていた雨こそ上がったものの日差しは無く、あまり早く来た意味は無かったかもしれません。


「400年の森」という名前通り、桜の森といった雰囲気があります。


Imgp6988


Imgp7007


Imgp6951


坂の上から見ると、東屋が桜に埋もれているように見えます。


Imgp6909


ここにはソメイヨシノだけでなく、何種類かの桜が植えられています。
奥の方には濃いピンク色の桜も。


Imgp7037


Imgp7050


ソメイヨシノとはまた違った感じで見事でした。


桜は散り始めてはいたものの満開でした。


Imgp7344


しかし風が強く、寄りの写真はほとんど撮れません。


Imgp6976


強い風が吹くと見事な桜吹雪となりますが、写真にはなかなか写らないですね。


Imgp7248


帰りのバスの時間が近づいてきて、そろそろ戻ろうかという頃になって日が差してきて、青空も少し見えてきました。


Imgp7279


今年もまたちょっと時間的なタイミングは外してしまったようです。こことはあまり相性が良くないのかな?




晴れては来たものの、危惧した通り帰りの電車には遅れが生じていました。
金沢から福井方面へ行く電車に遅れは無かったので影響はありませんでしたが、福井方面から金沢へ向かう電車に15分ほどの遅れが生じていました。
原因は判らなかった(ホームで遅れているという放送を聞いただけだった)のですが、乗り換えで富山方面に向かう電車も到着を待つために5分ほど遅れて出発していきました。
北陸線は風に弱いと言う印象はやはり間違ってはいない気がします。

2017.04.16

兼六園の桜はぎりぎりで見頃でした

今年の桜は開花から満開までの期間がとても短かったですね。福井では開花宣言から2日後に満開になり、史上最速を記録したそうです。ちょうど開花した時期から最高気温が20℃を超える日が続いたのが大きな理由のようです。
ただ、満開になった頃からは逆に気温が下がったため、満開の期間がちょっと長めになったようです。週の初め頃に満開になったため、週末にはもうかなり散っているのではないかと思っていたのですが、なんとか週末まで持ちこたえている所もありますね。


そんな土曜日は兼六園の桜を見に行ってきました。
兼六園も満開になったのは週の初め頃でしたので、週末にはもうかなり散っていると思ったので、今年は行かない予定でした。
当初は能登さくら駅か勝山弁天桜を見に行くつもりでいたのですが、どうも天気が怪しいです。特に福井は日中雨が降る時間が多そうな予報でしたので、まず勝山が候補から外れました。
では能登さくら駅はどうかというと、今度は風がかなり強そうな予報だったのです。能登さくら駅へ行くなら移動は電車の予定でした。しかし風が強いと電車に遅れが出る可能性が高いです。特に帰りが心配だったので、あまり遠くへは行かないほうがいいのかもと考えて、能登さくら駅も諦めることに。
ではどこへ行こうかと悩んだのですが、今年はまだ先週の松川べりくらいしか桜を見に行っていないので出来れば桜を見に行きたい所です。しかし持ちこたえているとは言うものの近場では散り始めの所が多く、金曜からまた気温も上がってきているので、一気に散ってしまう可能性もあります。
結局、別の目的でちょっと電車に乗りたかったので、とりあえず金沢へ行くことにしました。
では金沢のどこへ行こうかと考えると、やっぱり兼六園かなと言うことで、まずは兼六園へ向かいました。


桜の時期の兼六園は無料開放です。


Imgp6186


土曜なので石川県民は無料なのですが、入口で免許証などを見せたりする手間も無いので楽です。
目的の桜はやはり散り始めてはいます。


Imgp6672


Imgp6243


あちこちで桜の絨毯も見られます。


Imgp6201


用水には桜の花びらが溜まってすごいことになっています。


Imgp6326


旭桜は半分近くの花が散っているように見えます。


Imgp6252


しかし小立野側に進むにつれて、まだ満開に近い木が増えて来ました。


Imgp6341


僅かながらでも標高が高くなっているので、その差が出ているんでしょうかね。


Imgp6405


金沢城公園の白鳥堀辺りではかなり葉桜になってきていたのに比べると、兼六園はまだ今週末はぎりぎりで見頃という所です。
ただ、風がとても強かったので、この日でかなりの花が散ってしまったかもしれません。桜吹雪が見られたのは良かったんですけどね。
風が強かったので、寄りの写真はほとんど撮れませんでした。


Imgp6458


また、途中から雨が降ってきてしまい、それもかなり大きな雨だったりしたので、しばらく小雨になるまで雨宿りをしていたほどでした。


Imgp6586


雨のせいで、お土産屋さんの前にある休憩所もガラガラです。


Imgp6532


ベンチもすっかり濡れていて座れませんしね。


Imgp6541


それでも今年は行けないと思っていた兼六園の桜を見に行けたので良かったです。


遅咲きの熊谷桜などはまだ三分咲き程度と言った所。


Imgp6291


八重桜もまだまだ咲き始めです。


Imgp6558


カキツバタも咲き始めていました。


Imgp6478


唐崎松は雪吊りを外すとかなりイメージが変わりますね。


Imgp6266


結婚式の写真を撮っているカップルもいました。


Imgp6205


ことじ灯篭の手前に桜の花びらが集まって来ています。


Imgp6236


水面の反射がきつかったのでPLフィルターを使おうと思ったのですが、ここで大失態。
雨の予報だったので、いつものカメラバッグでは無く普通のバッグを持って行ったのですが、バッテリーやクロスは忘れずに入れ替えたのに、フィルターを入れるのを忘れてしまったのです。
この失態はこの後にも響いてきたのでした……

2017.04.15

金沢-富山間の北鉄バスに乗ってみた

今回、富山までの移動に高速バスを使ってみました。
北鉄バス富山地方鉄道が共同で運行しており、平日は1日18往復、土日祝日は1日20往復が運行されています。
運賃は片道大人930円、小人470円と、電車で富山まで行くよりも大人で片道300円弱安いです。東京や大阪などの長距離バスに比べて元々の運賃が安いので、電車との差額はあまりありませんから、メリットは少ないかもしれません。
ただ、電車と違って、乗降できる場所が複数あるのは便利なこともあります。今回はJR金沢駅から富山市役所前までの区間を利用しましたが、もし電車で行ってJR富山駅から松川あたりまで電車やバスで移動したとしたら、金額の差はさらに大きくなります。
ただ、バスと言うことであまりダイヤに信用がおけないですし、予約不要の自由席で、混み具合がどの程度なのかも判りません。そこで一度使ってみて、良ければ今後もまた使おうと思って一度乗ってみることにしました。




行きはJR金沢駅を9:20発のバスに乗ります。やって来たのは地鉄のバスでした。


Img_7035


始発は兼六園下なので、金沢駅に着く時間が既に遅れてしまうのでは無いかと思いましたが、ほぼ定刻通りに金沢駅に到着。既に10人弱の乗客がありました。
金沢駅では利用客も多く、乗車率は50%ほどになったようです。4列シートの型落ち観光バスを使っての運行のようですが、一人で乗ってもぎりぎり相席にはならずに済みそうな程度の乗客数でした。
意外だったのは、金沢駅以降の金沢東インターまでの停留場(東署前、高柳)でも2名ずつの乗車があったことです。兼六園下や香林坊から乗車する人はそれなりにいるだろうと思っていましたが、金沢駅以降には乗客はいないだろうと思っていたのです。


高速バスということで、座席前のポケットにはこんなシートが。


Img_7042


実際にシートベルトを着用している人は周囲を見回した範囲ではいなかったようですが……
北陸道金沢東インターから富山インターまでの移動はしょっちゅう通っている道ですし、特に風光明媚な所でもありませんから、特に車窓からの眺めがいいという事はありませんが、車高の高いバスの座席からの眺めはいつもとはちょっと違った風景に見えました。


富山インターを降りると、R41を通ってJR富山駅へ向かいます。
さすがにR41はちょっと混んでいて、各停車場への到着時刻は定刻より遅れ気味になっていきます。こちらもで途中の停留場で降りる人がかなりいました。ほとんどの人が総曲輪以降で降りるだろうと思っていましたが、富山インターを降りて最初の停留場(西上袋、アピタの辺り)で7~8人の人が降りていったのにはちょっと驚きです。
今回は終点の一つ前となる富山市役所前で降りました。到着したのは定刻から7分遅れの10:25。もう一つ手前の総曲輪で降りて歩いても良かったかもしれません。実際、総曲輪では数人の人が降りていきましたが、市役所前で降りたのは私一人でした。
R41や総曲輪以降の混み具合を考えると、7分遅れ程度はしょうがないと言う気はします。しかし、JR富山駅到着はさらに遅れが拡大したのではないでしょうか。降りた所が目的地であればいいのですが、さらに別の電車やバスに乗り継ぎとなる場合は、それなりに余裕を持っておかないと厳しいですね。




帰りは富山市役所前を16:02発のバスに乗りました。
やって来たのは北鉄バスです。


Img_7092


地鉄のバスには付いていなかったコンセントが付いています。


Img_7094


但し、利用は携帯電話の充電に限るとのこと。


Img_7097


あまり大きな電力が必要となる機器の接続は考慮されていないのでしょう。この辺りは新幹線などに付いているコンセントに比べるとやや見劣りするかもしれません。
バス自体は地鉄のバスよりもやや新しめのものを使っているように思いました。
帰りのバスは富山駅で既に50%くらいの乗車率となっていて、ぎりぎりで相席にならない席を確保することが出来ました。確実に相席にならないようにするには、富山駅から乗車した方がよさそうです。
ただ、帰りも途中で乗る人がかなり多く、結局富山インターで高速に乗る前には相席となってしまいました。
金沢駅への到着は、定刻から5分遅れの17:10。やはり定刻通りに運行するのは難しいようですね。しかも夕方の時間帯、終点の兼六園下まではかなりの混雑が予想されますので、到着時刻はさらに遅れていったのでは無いかと思われます。




運賃は電車利用よりも安いですが、劇的に差がある訳でもありません。JR金沢駅からJR富山駅までの所要時間は、電車利用に比べるとやや長いほどです。
両駅間の利用であれば電車利用に比べてメリットはあまり感じられませんが、途中からの乗降の場合は料金的にも時間的にもメリットがある場合がありますね。
次回も利用するかどうかは判りませんが、思っていたよりも多くの人が利用していました。定期券や回数券の設定もあるようですので、一定の利用客はあるんでしょうね。回数券(10枚つづり、大人のみ)の場合、片道の運賃は770円となるので、頻繁に利用するのであれば回数券を使う事で電車よりもかなり安くなります。
概ね1時間に1本(多い時間帯は30分に1本)と便数もそこそこありますので、使い勝手は良さそうです。高速バスですが予約も不要ですので、いきなり思い立って使う事も可能ですから、往復では無くても片道だけでも使う事はあるかもしれません。
座席は521系電車と比べてもやや窮屈ですね。乗車時間は1時間程度なのでなんとかなりますけど、補助席に座らないといけないような事になったらちょっと辛いかもしれませんね。
乗車率は便によって差があるでしょうし、平日だとまた違ってくるでしょう。到着時間についても、平日や日曜ではまた変わってくると思います。平日だとほとんど定刻で運行されているのかもしれませんし、日曜などはさらに遅れが広がるかもしれません。


なお、運賃の支払いについて、30円は小銭で事前に準備しておいた方が無難です。
支払いは北鉄の路線バスと同じで降りるときに支払いますが、支払い方法も路線バスと同じで、料金箱に料金を入れる方式です。当然お釣りは出ませんので、ちょうどの金額を入れる必要があります。
両替機は千円札の両替機がありますが、行きの地鉄バスで使ってみたところ、500円玉が1枚と100円玉が5枚に両替されました。つまり、10円玉は出てこないのです。以前、北鉄の路線バスで千円札を両替したときには、500円玉1枚に100円玉4枚、50円玉1枚と10円玉5枚というパターンで両替されたことがあったような記憶がありますが(記憶違いかもしれませんけど)、少なくとも地鉄のバスはそのような両替はしてくれませんでした。帰りの北鉄バスでは両替をしなかったので判りませんが、やはり100円未満の分の小銭は事前に準備しておいた方が無難だと思います。
ちなみに降りるときは降車ボタンを押して次の停留所で降りることを知らせます。路線バスと全く同じですね。違いと言えば、乗るのも降りるのも前(というか、観光バスと同じで前にしかドアが無い)ということと、均一料金なので整理券がいらないということくらいです。
Icaが使えるといいんですが、地鉄との共同運行なので難しいでしょうね。ICOCA等の交通系カードの利用はもっと無理でしょうし。

2017.04.14

松川で食べたもの

松川へ桜を見に行った時の楽しみの一つがたくさんの食べ物の屋台です。
今年も富山城址公園にたくさんの屋台が出ていました。
また今年はチンドンコンクールの日と重なったので、チンドンコンクールの出店というのもたくさん出ていました。
兼六園や金沢城公園へ桜を見に行くと、昼食にはちょっと困るんですよね。金沢城公園で食べ物系のイベントでもやっていればまた別ですが、兼六園や周辺には屋台とか出ないのです。兼六園も昔は桂坂口の手前に2、3軒程度の屋台が出ていたと思うのですが、最近では全く見かけなくなりました。どうせ金沢のことですから、景観にそぐわないとか何とかの理由で禁止してしまったんでしょう。
総曲輪近辺で行きたいお店は2軒ほどあるのですが、やはりこの日は屋台でいろいろと食べてきました。




まずは「はしまき」です。


Img_7059


はしまきを始めた食べたのは福井の足羽川ででしたが、それ以来すっかり気に入ってしまい、あると必ず食べています。


Img_7057


今回で城址公園の屋台での昼食も3回目となりますので、基本的にはこれまで食べていない物を中心にと考えていましたが、これだけは外せませんでした。
300円(玉子乗せは400円)と安いのも嬉しいです。


次は「たまたこ焼き」(500円)です。


Img_7062


たこ焼きを売っているお店だけでも何軒もあって、どこのを食べようかと悩むほどですが、こちらのたこ焼きは玉子をたっぷりと使っているとのことです。
でも、食べた感じではあまり普通のたこ焼きとの違いは感じられませんでしたけど。


次は「黒豚肉巻きもちもち棒」(500円)です。


Img_7069


餅米を柔らかく炊いたものを棒に巻き付け、その外側に豚肉が巻いてあります。中の炊いた餅米にも味がつている上に、肉にもたっぷりとタレがかかっているので、全体的に味が濃いですが、美味しかったです。ただ、500円はちょっと割高かも。


次は「牛タン塩串」(600円)です。


Img_7064


牛串などの屋台も複数件出ていて、若干値段にも違いがあります。こちらのものは600円と、他のものよりも100円高かったのですが、量はその分多かったです。
ただ、ちょっと焼きすぎで、焦げて苦い所もあったのと、ちょっと堅くなりすぎてしまったのが残念な所。正直、これはちょっと外してしまいましたね。


チンドンコンクールの出店からは、東条うどんの「もちもちカレーパン」(2個500円)です。


Imgp4729


以前、東条うどんのカレーうどんを食べに行ったことがありますが、その東条うどんが作っているカレーパンです。イベントなどで販売されていて人気だと言うことは聞いていたので、一度食べて見たいと思っていました。
普通のカレーパンとは違って、外にパン粉が付いていません。


Img_7051


サイズも普通のカレーパンより小さめで、大きな餃子のようにも見えます。
外の生地は薄く、中のカレーにはチーズがたっぷり入っていました。


Img_7054


これはとても美味しかったです。
チンドンコンクールの出店には「まるたかや」と「俺のブラック」の「えびすこ」が来ていましたが、いろんなものを食べたかったので今回はラーメンは食べませんでした。




とりあえず昼食として食べたのはここまで。
この後はまた写真を撮りに川沿いを歩いてきたのですが、ちょっと小腹が空いたのでなにか軽いものを一つと思っていると、「富山第一ホテル『白楽天』特製特大肉まん」というのが目に入りました。


Img_7074


普通の肉まんよりも2周りくらい大きい感じです。


Img_7076


値段は1個500円と肉まんとしてはかなり高価ですが、蒸したての肉まんはとても美味しそうに見えたので、一つ買ってみました。


Img_7078


大きいだけで普通の肉まんです。中の具材も特に変わった感じはありませんでしたが、味付けが普通の肉まんよりやや薄味のように思いました。サイズは大きいですが、案外あっさりとお腹に収まってしまいました。
それでももっと軽いものを食べようと思っていたので、かなりお腹いっぱいになってしまいましたが(^^;)。




屋台を見て廻っていると、ついつい食べ過ぎてしまいます。
また、一つ々々はワンコイン程度の金額なのですが、いくつも食べると金額的にもかなり高く付いてしまうのが辛い所ですね。

«もう少し桜と城を一緒に撮れる場所があれば……

にほんブログ村

Amazon.co.jp