2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
無料ブログはココログ

2017.02.27

実はこんなものを買ってしまったのでした……

K-3IIの後継機は出るのかと気になっていたPENTAXのデジタル一眼レフカメラですが、発表された新製品はまさかの「KP」でした。
K3-IIの後継というよりも、K-70の上位機種といった感じです。
スペックもK-3IIより落ちている所も多いですし、K-3からの買い替えとしては微妙な部分もあります。
しかし、(数字的には僅かですが)サイズが小さくなったのが嬉しい所。K-7、K-5、K-3と少しずつ大きくなってきたボディには若干の不満がありました。最初からシルバーが選べる所も嬉しいです。ネットで出ている写真を見て、かなり気になっていました。
K-3IIの後継機はこれとは別に出してくるようです。しかし、そちらは値段も上がってしまうでしょうね。K-1より高くなることは無いでしょうが、K-1とKPの中間くらいとなると、初値で18万くらいになってもおかしくはないのかも。


そんなわけで、なんと予約購入してしまいました。


Img_6429


カメラのキタムラにて購入。
発売は2/23で、店頭に届いたのは前日の22日。23日のお昼には商品到着のメールも来ていたのですが、キタムラは閉まる時間が早いので会社帰りに取りに行くことはできず、土曜になってようやく取りに行くことができました。
購入価格は123,930円から壊れたコンデジを3,000円でなんでも下取りに出して120,930円でした。しばらくすれば10万を切った価格になりそうですが、欲しい時が買い時です。
というのも、K-3の持病(?)であるミラーのパタパタが最近になってまた多発するようになってきていたのです。寒くなってきたからなんでしょうかね。ファームウェアの更新で、発生時にはリセット(?)がかかってすぐに復帰はするのですが、あまり気分のいい物ではありません。
KPが高感度に強そうだという所も決め手でした。
先日のSDカード購入はこの布石だったのです。
ただ、K-3は下取りには出さず、壊れたモードダイヤルを修理に出すことにしました。
壊れた状態で下取りに出しても二束三文でしょうし、これまでK-100D、K-7、K-5、K-3と買い替えてきたときとは違って、スペック的には落ちている部分もありますから、買い替えでは無く買い足しとしたのです。
修理金額次第で修理せずに放置する可能性もありますし、ボディ2台を同時に持ち出すことは果たしてあるかどうかは甚だ疑問ではあるのですが……


色はシルバーです。


Img_6393


これまで限定品のシルバーが出る度に羨ましく思っていたので、ついに念願のシルバーとなりました。

本体と同時購入したのは「グリップM」です。


Img_6432


本体には「グリップS」が標準で付いてきます。
実際に使ってみると、グリップSも悪くはありません。DA Limitedレンズ付けて、ストラップはハンドストラップというお手軽な雰囲気にはピッタリです。
ただ、常用レンズはDA 16-85mmとなりますので、グリップSだとちょっとバランスが悪そうだったので。


Img_6442


見た目にはあまり変わらないようにも見えますが、指の掛かりはグリップMのほうが多くなるので、大きめのレンズを付けたときにはこちらの方が持ちやすいです。
グリップを外すとこんな感じになります。


Img_6434


六角レンチで締め付けないといけないので、スタイルに合わせて取り替えというほどにお手軽では無い所が残念かも。


また、ネックストラップもDOMKEのFA-741を事前に買っていました。


Img_6459


これまでは少し太めのFA-742(右側のやつ)を使っていたのですが、コンパクトなKPには少し細めのFA-741が似合いそうでしたので。


液晶保護フィルムはHAKUBAのEX-GUARDを購入。


Img_6408


K-70用となっていますが、KPにも使えます。
標準タイプの物はパッケージに対象機種としてKPを追加した物が発売されるようですが、EX-GUARDはこのままのようです。




まだ本格的には使ってませんが、思ったほどK-3との操作性の違いは気になりませんでした。取説は全く見ていない状態で使い始めましたが、問題無く使えましたし。
OKボタン長押しによる測距点移動モードとダイレクトキーモードの切り替えは、K-3よりも使いやすく感じたほどです。
肩液晶が無くなってしまったのが一番の違いかもしれません。これまではF値や露出補正値を肩液晶で見ていたので、ついつい肩の部分を見てしまいます。
また、バッテリーが小さくなってしまったので、1つのバッテリーでの撮影可能枚数が少なくなることは判っていたのですが、思っていた以上にバッテリーの持ちが悪そうです。今回は設定のメニューを見ている時間が長かったりしたことも影響しているでしょうし、バッテリーも数回充放電を繰り返すと本領を発揮してくるでしょうから、しばらく様子見ですけどね。


サイズはかなり小さく感じます。
数値的にはK-3と比べて劇的に小さくなっていると言うほどでは無いはずですが、グリップが小さい事もあるのか、持った感じではかなりの変化がありますね。
グリップは高さもあまり無いので小指は完全に余ります。グリップMに変えると指の掛かりが多くなって持ちやすくなりますが、高さは変わらないので小指は相変わらず余ったままです。
また、十字キーの位置が微妙にK-3とは違うのか、ファインダーを覗きながら十字キーを操作しようとすると、思ったよりも外側をさわっていた事が多かったですね。
多少の慣れは必要でしょうね。


シャッター音はK-3より若干大きいかもしれません(K-3は修理に出してしまったので直接比較は出来てません)が、K-70よりはかなり静かです。外で使っている分には全く気になりませんでした。




さて、発売されてからもうかなり経つK-1ですが、ようやく実機に触れることが出来ました。
さすがに重いですね。サイズも大きいので(それでも他社のフルサイズに比べると小さいですが)、小指も十分に掛かります。その点だけはいいなと思いましたが、やはり私にはフルサイズは宝の持ち腐れでしょうね。

2017.02.26

金沢の老舗洋食屋「グリル中村屋」はカツ丼が有名です

土曜はメガネを修理に出すために片町へ行くことになったので、昼食は柿木畠にある「グリル中村屋」へ行ってきました。


Img_6352


昭和13年創業という、金沢の老舗洋食屋さんです。
名前はよく聞いていたのですがこれまで行ったことはありませんでした。
メニューは豊富ですが、名物はカツ丼とコキール巻だそうです。


Img_6359


カツ丼は他のメニューと比べてもリーズナブルな価格設定ですから、尚更人気なんでしょうね。
今回はカレーもちょっと食べて見たかったので、「ミックス丼」を頂いてきました。


Img_6365


『丼』と言ってもどんぶりではなく皿で出てくる所が洋食屋さんらしいです。
一般的なカツ丼とはちょっと違って、とろみのある餡がかかっています。餡はかなり甘めの味付けで、やはり普通のカツ丼とはちょっと違った感じですね。
カレーは見た目は所謂金沢カレーに近いですが、色はさらに黒いです。味は金沢カレーとは全く違いますね。焦がしたような苦さも若干あり、ちょっと変わった味です。
カツは薄い肉を巻いたものです。


Img_6367


値段の安さもこのためかもしれません。しかしこれが柔らかくて美味しいのです。


観光客が行列を作るようなお店ではありませんが、地元の人に愛され続けているお店ですね。
次はもう一つの名物コキール巻を食べて見たいです。

2017.02.25

『あります』じゃなくて……

『ありません』でした。


Img_6296


セルフのガソリンスタンドでしたが、灯油の販売は行っていないお店のようです。それでも燃料店ということで灯油を求めてやって来るお客さんが多かったのでしょうか。


『○○あります』とか『○○はじめました』という看板はよくありますが、『ありません』というのはちょっと珍しいような気がします。

2017.02.24

繋がらなくなったのではなく、切れなくなった?

先日、家のネットが繋がらなくなりました。
ほんの10分くらい前までは何事も無く繋がっていたのですが、ちょっと席を外して戻って来ると、ページの表示にやたらと時間が掛かるようになり、時にはタイムアウトを起こすようになってしまいました。
何かが調子悪いようで、一旦プロバイダとの接続を切って再接続を試みました。
すると、PPPoE認証エラーとなって繋がらなくなってしまったのです。
スマホでNTT西日本やプロバイダの障害情報を見てみましたが、障害は起きていません。


家のネット環境は、昨年の7月にBフレッツファミリー100から移行した『フレッツ光ネクスト隼』です。
ホームゲートウェイはPR-500MIというONUとルーターが一緒になったものですが、無線LANが別売りなのと、工事の1ヶ月前に無線LANルーターを買い替えたばかりだったため、無線LANルーターはそのまま使い、ホームゲートウェイはPPPoEブリッジを設定して2段ルーターのような形で使っています。プロバイダの設定は無線LANルーターにのみ行い、ホームゲートウェイには設定していません。
DHCPサーバーが2つになってしまうという問題はありますが、特に問題なく使えていたのでそのまま使っていました(ちなみにIPアドレスは無線LANルーターから振り分けられているようです)。工事に来たお兄さんも、速度が出ているのならそのままで構わないと言ってましたし。


とりあえず問題を切り分けるため、パソコンをホームゲートウェイに直結してPPPoE接続を行ってみました。
しかし、接続タイムアウトになってしまって繋がりません。
どうやら問題はホームゲートウェイ以降ということになりそうです。
ちょっと面倒ですが、パソコンからのPPPoE接続では無くホームゲートウェイにプロバイダの設定を行って繋いでみようと思ってブラウザから「http://ntt.setup/」で設定ページへ接続してみました。
すると、最初に表示される接続一覧がどれも選択できなくなっていました。今は設定は行っていませんが、通常はここから各接続の設定や接続・切断の操作が行えるのですが、それらが全てdisableの状態になっていて、設定することも出来ません。スマホを使って少し調べて見ましたが(こんな時はネットへの接続インフラが複数あるというのは便利です)、そもそもここで操作ができないという状況は見つかりませんでした。


途方に暮れて、何気なくパソコンのブラウザで別のページを開いてみました。すると、あっさりとページが表示されました。


なんだ、問題は無線LANルーターだったのか。


と思いかけましたが、いやいや、それはちょっとおかしい。一体どうやってどこに繋がっているんだ?


パソコンからのPPPoE接続は失敗しています。状態も「切断」になっています。


ホームゲートウェイにはプロバイダの情報は設定されていません。


無線LANルーターはパソコンにもホームゲートウェイにも繋がっていません。そもそもデスクトップPCには無線LAN機器は一切無く、有線のみです。


この状態で何故ネットに繋がっているんでしょう?
一体どこに繋がっているんでしょう。


Img_4988


ここまででホームゲートウェイは何度か再起動させていますが、それでも繋がったままの状態は続いています。
はっきりとした理由は判りませんが、最初に問題無く繋がっていた時の状態がまだ残っているのではないか?
無線LANルーター経由でプロバイダとの接続は切りに行きましたが、この時点で切断が上手くいかず、プロバイダとはまだ繋がったままだったのでは無いかと(無線LANルーター上の表示は切断になってますが)。
もしそうであれば一旦プロバイダとの接続を切ってやれば無線LANルーターからPPPoE接続出来るのではないか、と思ったものの、無線LANルーター上では既にPPEoE接続は切れたことになっていて、これ以上切断のしようがありません。接続しようとしても相変わらずPPPoE認証エラーで繋がりません(これは既に繋がっている所に同じIDが繋ぎに行こうとしているから拒否されているんじゃ無いかと想像します)。
そでこ、パソコンを再起動したりもしてみましたが、状況は変わらず。
こうなったらしばらくネットに繋がないで、プロバイダとの接続が自然にタイムアウトしてくれるまで待つくらいしか方法が思い当たりません。
パソコンの電源を切り、しばらく放置します。
プロバイダとのPPPoE接続がどれくらいの時間でタイムアウトするのかは判りませんでしたが、10分少々放置してパソコンを再起動。この時点ではまだネットに繋ぎに行かないように、パソコンは無線LANルーターともホームゲートウェイとも繋げていません。
そして接続を全て元に戻し(パソコン→無線LANルーター→ホームゲートウェイ)、無線LANルーターからPPPoE接続してみたところ、上手く繋がってくれました\(^0^)/


Imgp2875


結局、原因は何だったのは判りません。
2段ルーターがあまりよろしくないのかも。少なくとも、今回のような状態になった時にはちょっと面倒ですね。
その後は問題無く繋がっているのでまだそのままですが、無線LANルーターはあくまで無線専用にしたほうがいいのかもしれません。
ただ、ホームゲートウェイの設定ページは相変わらず操作できないままです。無線LANルーターを無線専用にするには、ホームゲートウェイにプロバイダの設定をしないといけないですが、この状態ではその設定が出来ません。最悪の場合、ホームゲートウェイを初期化しないといけないかもしれませんが、あまりやりたくないですね。ホームゲートウェイは光でんわでも使っているので、あまり電源断とか初期化とかしたくないのです。電話が繋がらなくなってしまうとまた面倒ですから。ホームゲートウェイが光でんわと共用でなければいいのですが。


やっぱり電話とインターネット環境は別々のほうがいいですね。光でんわ自体に不満はありませんが、機器が一つになっているのはやはり不便です。

2017.02.23

富山のセルフうどん「氷見うどん 美濃屋」

土曜の昼食は、高岡古城公園近くの「氷見うどん 美濃屋」へ行ってみました。


Img_6283


セルフのうどん屋さんで、氷見市で「美乃氷見うどん」を作っている「美濃屋」さんの直営店です。
「はなまるうどん」や「丸亀製麺」といった全国チェーンのセルフ讃岐うどん店はあちこちにありますが、「氷見うどん」のセルフ店というのは富山にしか無いでしょうね。
システムは一般的なセルフのうどん屋とほぼ同じで、入口を入った所にある麺の受け取り場所でうどんを受け取ります。定食やカレーうどんもここで注文します。
うどんを受け取り、お好みのトッピングを取り皿に取ってレジで会計した後、レジ横でうどんの丼に出汁を入れます(『出汁は多めに入れてください』と書かれていました)。


今回はうどん(大)を頂きました。


Img_6285


氷見うどんは讃岐うどんに比べると細い麺ですが、つるつるでもちもちとした食感が特徴です。
讃岐うどんほどではないもののコシもありますし、とても美味しいうどんです。
出汁は薄口の関西風で、私の好みです。富山では関東風の出汁を使っている店も多いですが、氷見辺りは石川とも隣接していますし、富山の中では関西風の味付けが多いですね(お店は高岡市内ですが)。
トッピングは天ぷらが多いのですが、アジフライがとても美味しそうだったので、アジフライと高岡コロッケを頂きました。


Img_6289


セルフのうどん屋さんはどこでもそうですが、トッピングは出来上がった物を店頭に並べているので、冷めてしまっている事が多いです。今回もコロッケはちょっと冷めてました。アジフライはちょうど出来上がって並べたばかりの物を頂くことが出来たので、熱々で美味しかったです。
セルフのうどん屋さんって、うどんそのものは安いのですが、ついついトッピングをたくさん選んでしまって値段が上がってしまうんですよね。今回の合計金額は600円でした。


大変美味しくいただきました。

2017.02.22

高岡古城公園自然資料館は動物園の中にあります

高岡古城公園動物園の事務所の横には「自然資料館」があります。


Imgp2664


中にはたくさんの剥製が展示されています。


Imgp2666


鳥類が多いですが、哺乳類もいます。


Imgp2679


ワニなどの爬虫類も。


Imgp2681


Imgp2687


カブトガニなんていう変わり種もあったりします。


Imgp2685


魚類はホルマリン漬けにされているのかな?


Imgp2688


そんな中で一番目を引くのがメスのライオンの剥製です。


Imgp2674


Imgp2672


このライオンは昭和42年にソ連船の船長が寄贈したもので、昭和54年に死亡するまでこの動物園で飼育されていたそうです。


Imgp2669


今は大型の肉食獣は飼育されていませんが、以前にはライオンもいたんですね。


他にも公園内に生息している昆虫の標本などもありました。


Imgp2690


入口にあった大きな魚拓は公園内の池で捕獲されたライギョです。


Imgp2692


公園内には自然も多く残っているので、いろんな生き物も生息しているんですね。


動物園ほどの人気は無いようですが、動物園へ行ったついでにちょっと立ち寄ってみるのもいいのではないでしょうか。

2017.02.21

ペンギンたちは巣作りの真っ最中

高岡古城公園の動物園といえばやはりペンギンを外すわけにはいきません。


Imgp2546


そのペンギンたち、今は繁殖期に入って巣作りの真っ最中です。


Imgp2606


オスのペンギンたちによって、巣材の争奪戦がおこなわれるのだそうです。


Imgp2617


巣材を運ぶペンギン。


Imgp2624


どこへ持って行くのか?


Imgp2603


夫婦仲睦まじく。


Imgp2557


ただ、血縁関係や飼育羽数の都合で今年も繁殖制限中なのでした。


Imgp2620


メスはニセモノの卵を抱いているんだそうです。

2017.02.20

冬の古城公園動物園

高岡古城公園の動物園は冬でも営業しています。


Imgp2533


雪があっても営業していますが、この日は雪もありませんでした。
但し、冬場はふれあい広場はお休みです。


Imgp2590


雪も全く見当たらないので、動物たちも普段と変わりません。


Imgp2592


Imgp2597


ただ、寒くなってきての変化はあるようです。
タヌキは脂肪を蓄えてムチムチになってるそうです。


Imgp2578


ポニーは背中に毛布を掛けられています。


Imgp2562


ただ、馬は寒さには強い動物なんだそうです。


Imgp2563


急に寒くなるとお腹を壊すことがあるそうで、このようにしているそうです。


カピバラのニコはクリスマスが誕生日。


Imgp2564


でも、カピバラは写真を撮りにくい所にばかりいたので、ほとんど写真は撮れませんでした。


Imgp2566


冬のシカは怖いそうです。


Imgp2633


シカは冬が繁殖シーズンなんですね。


Imgp2636


メスと子供は一緒にいることが多いですが、オスだけはいつもちょっと離れた所にいることが多いですね。


二本足ですっくと立つフラミンゴ。


Imgp2584


なんだかちょっとイメージと違いますね。
ここの動物園には鳥類も多いですが、鳥が木から落ちないのは足の構造のためなんですね。


Imgp2586


横にはそのしくみが模型で展示されています。


Imgp2587


この手作り感がステキです。
そんな鳥類ですが、鳥インフルエンザが流行っているため、小屋には細かいネットとビニールがかけられています。


Imgp2631


そのため中はほとんど見えなくなってしまっていますが、動物園の鳥たちに鳥インフルエンザが移ってしまっては大変ですからね。


遊具のすべり台も鳥類です。


Imgp2694


大きな白鳥ですね。動物園に白鳥はいませんけど。

2017.02.19

雪はすっかり無くなってましたが……

先週末は兼六園の梅を見に行ってきましたので、今週末は高岡古城公園の梅園へ行ってみました。
先週はかなり積もっていた雪も、もうすっかり無くなっています。


Img_6277


芝生広場の一部などにはまだ雪は見られますが、それでもその量は少ないですね。


Imgp2030


富山の方は石川よりも雪が多かったと思いますが、木曜辺りから気温がかなり上がったのと、金曜には雨も降りましたので、それでほとんど溶けてしまったんでしょうね。
梅園にも雪はほとんどありませんでしたが、梅はかなり咲いています。


Imgp2050


Imgp2037


日中は天気も良く青空が広がっていたので、写真を撮りに来ている人も多かったです。


Imgp2099


Imgp2496


ただ、かなり傷んでいる花も多かったです。


Imgp2083


早く咲いた花は先週の雪で傷んでしまったのでしょうか。


紅梅と白梅で咲く時期に差は無いという事ですが(時期の違いは品種の違いで、色の違いではないということらしい)、兼六園などでは紅梅の方が先に見頃を向かえるように感じられます。
しかし高岡古城公園の梅は紅梅も白梅も同じように咲いていました。どちらかというと白梅の方が多く咲いているくらいです。


Imgp2225


Imgp2143


Imgp2248


撮ってきた写真も白梅の方が多くなりました。


Imgp2355


Imgp2315


Imgp2209


同じ木に赤と白の花が咲く品種の木は、まだまだ花は咲いていませんでした。


Imgp2517


Imgp2518


まだまだつぼみもたくさんあります。


Imgp2465


今年は梅の咲き始めが早く、高岡古城公園では1月4日に早咲きの梅が開花したそうです。
例年は3月上旬から下旬に見ごろを迎えるとのことですが、今年はもう少し早くなるかもしれませんね。

2017.02.18

アマチュアもいるのか?

金沢市内で見かけたタクシーです。


Imgp5668


タクシーって白タクで無い限りは全部プロだと思うんですが、アマチュアもいると言うことなんでしょうか?

«SanDisk Extreme PRO SDXCカード購入

にほんブログ村

Amazon.co.jp